画像に含まれている可能性があるもの:電車、屋外

仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

■株で作ろ1億円!!

キャノン株は立ち直れるのか。

に続き、今度はZOZO株は立ち直れるのか、

です。

ZOZOは昨日、19年3月期の業績と、
20年3月期の予想を発表しました。

19年3月期は売上こそ20・3%増だったものの、
営業利益、経常利益、そして利益といずれも減益でした。

しかしこれは以前から予想されていることで、
特にサプライズはなかったのですが、
株価は急落してしまいました。

今期(20年3月期)がさらに悪化するのか。

それはありません。

今期予想を見ると、売上14・9%増となり、
営業利益、経常利益、そして純利益、
これら3つもそれを追って、

24・7%増、経常利益24・4%増、利益40・8%、

そして1株利益。前期の52・2円が、
73・7円まで拡大する予想でした。

この内容なら、株価は上昇してもおかしくない。
こう思えたものの、実際は201円安、9・28%もの大幅下落でした。

今期収益が回復見込みにも関わらず急落。

これはなに故?

前澤社長がツイッターを再開すると表明したから。

と見てよいでしょう。

社長にすれば、業績回復の見通しが立ったので再開。
こういうことなのでしょうが、
市場はツイッターを再開すれば、
また炎上するような書き込みをするのじゃないか。

女優さんとのラブラブぶりを
見せつけるようなつぶやきもあるかも・・・。
と懸念したと考えられます。

いまは一度悪評に見舞われると、
なかなかそれを払拭できない時代です。

マスコミも評価を変えることなく、
いつまでも批判&非難を繰り返します。

ZOZOと前澤社長に対するマスコミの厳しい評価。
それは当面好転困難と見てよく、
株価の再生もかなり時間がかってしまいそうです。