写真の説明はありません。


仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

■株で作ろ1億円!!

● ドローン事業はもはや立派なビジネス。新ビジネスに着目です。

自律制御システム研究所って株、
ご存じですか。

市場では時々、思いがけない銘柄が、
思いがけない上昇ぶりになることがあります。

自律制御システム研究所株もその一つと言ってよいでしょう。

そもそもこの会社、どんな会社なのか。

昨年12月にマザーズに上場されたばかりのベンチャー企業。

何をしているのかといえば、

ドローンの専業メーカーです。

ドローンが最近では商業用に利用され、
高度撮影や物品の運搬などに活用され始めていることは、
マスコミで時々報じられているため、
誰でも知っていることながら、

それでも正直、
まだ一般的なビジネスとして成り立つものではあるまい。
遊びが多少進化したものに止まっていると見てよい。

実は私はこう思っていたのですが、
かなり違いました。

ドローンはすでに大きなビジネスに育っていて、
特に中国のDJIが市場のほとんどを制し、
他メーカーはなんとか生き残っている状態、
こうなっているのです。

そんな状態に一石を投じる形になっているのが、
自律制御システム研究所。

同研究所は2013年、千葉大学の野波健蔵・名誉教授が率いる大学発ベンチャー企業として設立され、
フライトコントローラーと自律制御技術がドローンを制御、
安定飛行に成功していることで知られています。

そんな同社株が、ようやく脚光を浴び始めたようで、
今日のストップ高には納得ですが、

残念ながらなにしろ最近の小型株は、
急騰の継続力が非常に弱くなっていて、
いまはもうレッドゾーン。

レッドゾーンは次はデッドゾーンに入ってしまうことも多いため、
ここはもう外野席から今後の展開を眺めるしかないが、
成長力を秘めた銘柄が東京市場にまだ埋もれている事実は、
しっかりおさえて投資するようにしたい。

米中貿易戦争が激化しても、
儲けさせてくれるお宝株はあるってことです。