写真の説明はありません。


仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

■株で作ろ1億円!!

● 自分の思いや評価に自信があっても、市場総意に沿っているかどうかの念入りに

この会社は有望だ、
この株は上がる、

こう思えるだけでなく、

さらに次元を越えて、


この株こそ時代にマッチした銘柄であり、
上昇しなければならな

上がらないとすると、
それは時代が間違っているんだ、

とまで思えることさえあります。

当然そんな銘柄が上がるはずなのですが、
現実はなかなかそうはならない。

上がらないだけならまだしも、
期待したのをあざ笑うように下げてしまうことさえ多々です。

そうなると、思い入れが激しかった場合など、
ショックも大きく、心が折れて、
株はやるんじゃなかった、
もう止めよう、

なんてことになったりします。

こんな不幸(?」を避けるにはどうするか。

自分の思いや予想を優先するのではなく、

市場の総意。

これに従う。

こうすることです。
株式市場で最も大事なのは、
市場が下す評価であり、
それがプラス評価なら買いが集まり、
株価は上昇します。

しかしマイナス評価なら株は売られ、
株価は下げてしまいます。

株価の値動きは市場の総意が握っているのです。
それに従うか、
逆らうか。

もちろん前者が正解です。

たとえ自分の思いや見方は、

右方向であっても、

市場が左に進路を向けるなら、
自分もその方にカジを切る。

これが正解です。

市場の見方に従え。

株の女神はこう言っているのです。