画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、木、屋外、自然


仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

■株で作ろ1億円!!

● 好業績でテーマにも乗っているのに株価は下げ続けているのはなぜ?

投資の基本は、

好業績銘柄は上がる、

です。好業績なら収益が増加、
株式市場はそれを正当評価し、
株価は上がる。

こうなるはずだからです。

しかし実際にはなかなかそうはなりません。
もちろん上がることはあります。

しかし下げてしまうことも結構多いのです。

なぜそんなことになるのか。
投資の基本を無視したような動きになるのはなぜか。

いくつか理由が考えられます。

(1)実際は好業績ではなく、収益が低下しつつある

(2)隠れた不祥事などのマイナス材料が隠れている

(3)買われすぎ、上がり過ぎで、それ以上は上がれない

(4)金融機関など、大口投資家がお家の事情から、
   一斉に売りを出した

(5)投資家が信用取引で失敗、損失を埋め合わせるために、
   儲かっている中小型企業株を売却せざるを得なくなる。

などがあります。
これらのうち予測が非常に困難なのは、
(5)になります。

その銘柄に問題がないのに売られるため、
理由がなかなか分かりにくいのです。

そんな銘柄の利益をなるべく確保する、
損失を小さくするには、
どうすればよいのか。

まだ問題が生じないうちに、
ここまで下げたら売ろう、
という水準を決めておく。

そしてその水準を割り込みそうになったら、
機械的に売る。

こうするのが一番です。