仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

■株で作ろ1億円!!

● 誰でも分かる好材料だけなく、意外材料を秘めた株が上がりやすい。

株価が上がるためには、
株価を刺激する材料があった方がよいのですが、
それは具体的にはどんなものか。

分かりやすいものとしては、
好決算の発表があります。

現在、日々決算の発表があり、
それが好ましい内容だったら、
株価は上昇確率が高くなるわけですが、
動きを加速するには、

自社株買いや、

株式分割などの材料が加わればなお好ましい。

こうなります。

市場テーマとの関係がある。

これももちろん株価を押し上げる材料になります。

ここまでは、まあ、よく知られていることで、
実際の投資でも意識してこれらを調べたりしている人も、
多いことでしょう。

それも好ましく、私も努めてこれらを実行しているつもりです。

そしてもう一つ忘れないようにしているのが、

意外材料

です。多くの企業にそれがありますが、
意外なのですから、あまり知られないまま。
こんな材料も多数です。

しかし「会社四季報」などを使って意外材料を探すと、
時々見つかることがあります。

たとえば、

2875 東洋水産です。

この会社は水産食品会社。
即席麺にも強いことでも知られていて、国内2位です。

首位は日清食品です。

これらは誰でも分かっていることで意外性はありません。

しかしメキシコや米国ではどうか。

ともに圧倒的に首位なのです。

いまは米国経済は絶好調ともいえる状況。
そんな米国で販売首位なだけに、
収益も好調。

こう読めることになり、
株は上がるかもしれない・・・。

こんな予想が出来ます。

意外材料に着目した結果です。