昨夜の米国市場の下落要因は逆イールド。

これは債券市場で通常は長期金利が短期金利に対して高いのに、

逆に長期金利が短期金利より低くなっている状態のこと。

先行きの経済に対する悪化失速懸念からそうなるため、

市場は警戒感を強めているところです。

トランプ大統領はFRBのせいと「逆切れ中」です。