こんな局面への対処は、

前述した私の「リスクヘッジ投資法の極意」なら問題なく対応出来ますが、

それ以外は結局は様子を見るになってしまいます。

自律反発を待つってことに。

ただ自律反発するまで不安、人によっては恐怖に耐えねばなりません。

下落に備えたシステムがない以上これはやむを得ません。