韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を決めた件について、

韓国大統領府の金鉉宗(キムヒョンジョン)・国家安保室第2次長は、

「韓日間で基本的な信頼関係が損なわれている。
維持する理由がなくなった」と。

日本は韓国に抗議したりしたが軽率、不用意だ。

離婚する場合、相手を、

なぜ離婚するんだ。

離婚すると損するぞ、

と言うようなもので、見苦しい。

相手が勝手に出て行くのに、
抗議してなんになるだろう。

相手は離婚を望んでいて、
分かれた方が新たな人生を過ごせる、
と喜んでいる場合もある。

相手が困るだろうと思うのは、
別れたくない側の思い上がりということもあるのだ。

日本はこの点、考えが浅いのではないか。
協定を破棄したら韓国が困るだろうという議論ばかりが目立つ点にも、
それが現れている。

これでは自らの弱点をさらしているようなもの、
韓国にそれを突かれる。

それに元々韓国は、

カウンターアタックに強い。