仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

日経平均、また上昇でした。

上げ幅は106円で大したことはなかったものの、
水準は一時23000円台に乗りました。

東証1部の出来高も13・2億株台。
機関投資家の中に、
買わないリスクを意識するところがあったようです。

実際指標が着実に上がり続けているので、
ただ眺めているだけでは、
後日後悔することになりそうですからね。

■株で作ろ1億円!!

ただ常識的には、
目先は誰だって高値警戒感を持つのではないでしょうか。

特に日経平均が節目の23000円台に届いただけに、
目先、いいところまで上げた、
感が出て来て不思議はありません。

そのため目先はいつ反落があってもおかしくない状況ですが、
かといって、そこからずるずるといつまでも下げる、
なんて展開は考えなくても良さそうです。

いまは特に大きな売り材料がないからです。

しかも東京市場への影響力が大きいドル円。
これが108円台の後半に下げていますしね。

目先日経平均の上昇に限界が来るとすれば、

ドル円が107円台、
さらには106円台に上昇する。

こうなると、現在上昇中のトヨタ自動車、
ソニーなどが下げてしまうため、
それらの銘柄ばかりでなく、
ハイテク、機械、精密など、
輸出関連企業の多くも売られてしまいます。

これまで買い遅れている人は、
そんなところが新規の出動タイミングになります。

株の逆転勝利を狙うなら、
そんなところでの待ち伏せ投資がお勧めです。