仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

11月相場、始まりましたね。

プラススタートして欲しかったのですが、
もちろん市場は投資家の期待や思惑など、
無関係に動いているので、

日経平均は76円安でした。

円が対ドルで108円前後に上昇したにしては、
小さな下げですんだのじゃないでしょうか。

地合いはなお強い。

こう言えますし、

それだけ株は儲かりやすいともいえます。

■株で作ろ1億円!!

正直、今日はホッとしました。

日経平均がさほど下げなかったからではありません。

四半期や前期決算の発表が終わった会社が
多かったからです。

決算は企業の経営状態を知るための最良データなので、
その発表はあって当然であり、
楽しみでもあるのですが、
株主にとっては怖いものです。

決算発表に対する投資家の投資姿勢がさっぱり読めないからです。

決算が予想より悪化する場合、
株価が売られてしまうのは当然としても、
好業績であるにも関わらず、
売られてしまう銘柄も多数です。

投資の原理原則は、

  好業績=株高

ですが、実際はそうならないこともたびたびです。
投資家であればそれを承知の上で投資をしているはずながら、

好決算が発表されたことを切っ掛けに株価が急落、

こうなっては、通常は唖然とするばかりで、
効果的な対処法もないのが実際です。

そのため私は発表前に持ち株を売る。

これをお勧めしているわけですが、
ほとんどの人は実行しないはずです。
面倒だし、決算発表で株が必ず下げるわけではないからです。

そのため大抵は持続し、
そしてやられています。

しかしそんな対応困難な決算発表がピークを越え、
来週から少なくなります。

これは非常に嬉しいこと。
株をやりやすくなるため、
ここはそのつもりで狙い銘柄を絞り、
チャートで投資チャンスを見極めたいですね。