1. どうも理解しにくいのは、急騰数日銘柄に大量の買いが入ること。怖いもの知らずとはこのこと。9月にはKLab、直近では三桜工業が急騰後急落です。問題はどう考えても危ないと思えるのに、買いを入れる人が多いこと。株はどこで買おうが自由とはいえ、急騰3〜7連騰の怖さは知っておきたいですね。



  2. 株で儲けて資金倍増を狙う場合、急騰株を手がけるのは全部リスキーということではありません。売買技術が優れていれば問題ありません。逆行したら速効で売るとか出来れば助かることも多いのですが、実際には売ると決断するにも、そして実行にも時間がかかります。結局は逃げ遅れて大損となるのです。