写真の説明はありません。

仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

私が株リッチプロジェクトを立ち上げて、
もうかなりの年数がたちますが、
その間、多くの投資家のご相談に乗りながら、

残念だなあ、

と強く思わせられたのは、

親の遺産として株を引き継いだ方の投資です。

大抵は大失敗していて、
天国の親御さんはそれをどう思うだろうかと思うと、
気の毒になってしまったことがたびたびです。

いや、過去形ではなく、
いまでも時々、対応策を求められることがあります。

■株で作ろ1億円!!

株を遺産相続したという方の時価総額は、

数十万円から億を越える方もおられます。

多額の場合、証券会社や信託銀行などに運用を任せている、
という方もおられるのですが、
成績を見ると儲かっていないのです。

いや、ほとんどが減少していて、
正直どうすればこんなに損するんだろうと思うことがたびたびです。

しかしそれ以上に問題なのは、
はやりご自分で運用されている場合です。

親御さんは株式投資に熱心で、
株についてよくご存じだったのでしょうが、
株を相続した息子、娘さんの場合は、
それほど株に詳しくなく、
大抵は相続した株を見て、

運用してみよう。

こうなるからでしょう。
その成績は見るも無残。

こうなってしまっている方が多く、
それを見るたびに、

株式市場はお金持ちの財産が、
そうではない人の懐に移るところなんだ、

と改めて思わせられます。

親の遺産として株を受け継いだ場合、
株について詳しくない人は、
しばらく親が残してくれた株はそのままにしておき、

その中には長期低迷中の銘柄があるでしょうから、
それを、自分が選んだ有望と思える銘柄に、
少しずつ乗りかえてみる。

これがお勧めです。

間違っても、大量に売却したり、
乗りかえたりしないことです。

合計した評価額が大きければ大きいほど、
ゆっくりと対応する。

こうするのが資金を守る良策になります。