DSC_0768
仕事、投資、お疲れさまでした。

日経平均、2月につけた30714円の高値を抜き、
年初来高値を付けました。

しかも31年ぶり(1990年)の水準。

当時はもちろんお互い若かったわけですが、
失われた30年は戻らないものの、
資金はすでに戻り、
一段増となっている人も多いはず。

今後もそれをさらに増やす努力を続けたいですね。


(1)ここ数年、米国株でなければ株じゃない。

こんな雰囲気でしたが、
ここに来て日本株が騰勢を取り戻したのは喜ばしい限り。

自分年金を作る意欲だけでなく、
実際に資金も増えやすくなっているので、

大事に市場と付き合って行くようにしたいですね。

その先に爆益あるので。


(2)今日の東証1部新値更新銘柄は、
実に378株もありました。

現在東証1部銘柄数は2189社(8月末)。
一部上場企業の約17%が新値更新したことに。

100銘柄中1・7銘柄。
少々少ない感じしますが、

Myポートフォリオなら10銘柄中3〜5銘柄が新値更新した。
こうなると嬉しいですね。

(3)やはりいまでも決算またぎは
かなりリスキーです。

昨日21年10月期第三4半期決算を発表した神戸物産。
内容に問題はなかったものの、
寄りつきからいきなり売られて490円安。

実に10・13%の下げでした。

今後売られすぎを理由に買い戻される可能性はあるものの、
急落した以上
決算またぎはやはり怖いですね。


(4)東証1部に個別銘柄の新安値銘柄が
0となっています。

一時は新安値銘柄だらけだったのに、
様変わりの状況です。

山の天気のように、ちょっとしたことで急好転。
もちろん反対に急悪化もあるので
当然気をつけたいですが、

具体的には、まずは4〜7連騰銘柄の
追いかけ買いは控える。

こうしたいですね。