DSC_1113[1]
 仕事、投資、お疲れさまでした。

結果論ではありますが、
昨日の日経平均543円高が、
上がり過ぎだったってことになるでしょうね。

今日はほぼ半分の276円安。
まあ、こうなるか・・・といったところです。

懸念された米国の昨年12月消費者物価指数(CPI)の上昇率。

7%でした。

これは市場予想通り。

そのため米国市場にはほとんど影響なかったものの、
東京市場にはマイナスに働いたといえます。

日経平均は寄りつきから
一日中下げ続けだったですからね。

そんな中で堅調そのものの動きだったのは

トヨタ自動車株。

引き続き米中での販売好調が好感されました。

コロナ禍の暗雲が晴れない中、
世界一の販売台数を記録しているのですから
株価上昇は当然でもありますよね。

ファンダがしっかりしている

こういうことになりますので。

ただ、ファンダがしっかりしているからって
株価が必ず上がるとは限さらないので、
困るンですけどね。


で、ですね、

トヨタ株といえば、
私はトヨタ本体株より
関連企業株への投資をしたくなります。

トヨタ紡織とか、
デンソーとか。

結構、値動き良いですからね。
今日はデンソーが上がれなかったけれど。

株式投資は、自分の代わりに株に働いてもらう。
これが基本策なので、

トヨタ本体株でなくても、

しっかり働いて
利益を増やしてくれさえすれば良いのに、
トヨタ株でなくてはならない、
と頑張るのは

就職活動と株式投資を混同しているようなものです。

就職するならトヨタ本体でしょうが、
株式投資では上昇力さえ強ければ、

トヨタ本体株じゃなくて、

関連企業株でも構いません。
上がってくれさえすれば。