株で1億円作ろ 悠々人生実践会

株で1億円作り。達成するには大別して2つの方法があります。1つはデイトレなどの超短期投資によるもの。もう1つは数週間〜数カ月、銘柄によっては数年をかける中長期投資によるものです。私が詳しいのは後者。当ブログでは兼業で1億円達成を目指す個人投資家に、これまで多数の儲かる投資家を養成してきた実績を持つ私(北浜流一郎)が、「株で稼ぎ続け」悠々人生を楽しむのに欠かせない裏技や最新情報をセレクトして紹介します。ヤフーカテゴリ登録承認ブログ。リンクは自由に可です。

東京株式市場、今日は次のようになりそうだ

おはようございます。米国市場安への連動安避けられそうにない。

2月22日[朝刊

NYダウ166・97ドル安、NASDAQ16・08ポイント安

米国市場、FOMC議事録要旨好評で乱高下

東京株式市場、米国市場安に連動安確率高い
主力株、中小型株ともに急反落


NYダウ166・97ドル安、NASAQ16・08ポイント安。
21日の米株式市場はNY市場、NASDAQともに下落となりました。
1月30〜31日開催分のFOMC議事要旨の公表があって、その内容を巡り市場の見方が割れ、
一時300ドル以上も上昇したものの、結局はマイナスで終わりました。
会議に出席した委員たちは、「経済活動や労働市場の拡大が相当な賃金や物価の上昇圧力につながるとの確実な証拠が乏しい」
としたものの、「利上げは今後も必要」との声もあったことで、
強弱感が対立する形になったといえます。
市場は今後利上げのペースが早まる恐れがあるとして10年物国債の利回りも2・95%まで上昇し、
節目の3%まであとわずかとなったことも投資を躊躇わせる要因に。

以上のような状況を受けて今日の東京市場はどんな展開に?
米国両市場が下げたこともさることながら、
長期債利回りの上昇、これに強く反応すると見てよく、
日経平均の反落は避けられないでしょう。
計算上の下落幅は155円程度ですが(NYダウの下落率0・7%が基準)、
米国市場の下げに弱い東京市場、もっと大幅になることが考えられます。
200円以上とか・・・・。


株式投資のブログランキングに参加しています。
 お手数ですが下のランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ応援クリックで次回の投稿にも力が入ります。

無料メルマガ(まぐまぐ殿堂入り。読者10000人以上)では限定記事を随時配信しています。

登録すると内容更新ごとに新たな記事が自動的に送られてきます。

よろしければ、登録してみてください。

以下から無料で読めます

メルマガ登録・解除

おはようございます。昨日大幅高した反動安を想定。

2月20日[朝刊

米国市場、プレジデントデイの休日で休場

東京株式市場、手掛かり材料乏しく利益確定売り優勢
主力株、中小型株ともに軟調展開へ


NYダウ、NASAQともにPresidents' Dayで休日休場でした。

以上より今日の東京市場は手掛かり材料に乏しい上に、
昨日の日経平均が大幅高したことから、
利益確定売りが出やすいと見るのが自然。
基本的には昨日の瞬間風速的上がり過ぎが修正される動きになると見てよく、
トヨタ自動車など主力株だけでなく、
個人投資家好みの中小型株も反落する銘柄が多くなりそうです。
ただし日経平均は昨日上昇した分を吹き飛ばすことは考えられません。
下げても昨日の上昇分の範囲内におさまる。
こう見てよい状況です。
特に大きなマイナス材料もないからです。

株式投資のブログランキングに参加しています。
 お手数ですが下のランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ応援クリックで次回の投稿にも力が入ります。

無料メルマガ(まぐまぐ殿堂入り。読者10000人以上)では限定記事を随時配信しています。

登録すると内容更新ごとに新たな記事が自動的に送られてきます。

よろしければ、登録してみてください。

以下から無料で読めます

メルマガ登録・解除

おはようございます。NYダウ6連騰に追随してくれそうだ。

2月19日[朝刊

NYダウ続伸、NASDAQ小反落
ヘルスケア株に買い

東京株式市場、アジア市場休場で動きやすく安心買い
主力株中心に買い戻し主流へ


NYダウ19・01ドル高、NASAQ16・96ポイント安。
16日の米株式市場は両市場がまちまちの動きになった。
ただNYダウは小幅ながら続伸、これで6連騰となった。
5日続伸したことで投資マインドがかなり改善、出遅れ感のあったヘルスケア株が買われた。
ただプレジデントデーの3連休を控えていたことで積極的な売買は手控えられた上に、
トランプ米大統領に関わるロシアゲート疑惑問題で、
モラー特別検察官が複数のロシア企業とロシア人を起訴したと伝わったことも少し重荷になった。

以上のような動きを受けて今日の東京市場はどうか。
NYダウが上昇し、しかも6連騰となったことは、
やはり買い安心材料。
市場マインドはまだ好転したとはいえないものの、
売られすぎ銘柄を中心に買い戻しが入りやすい状況といえる。
それを実行する可能性が高いのは、
これまで待ちの姿勢に徹していた個人投資家たちであり、
主力株はもちろん、中小型の成長株にもそれが及ぶ可能性があり、
激乱相場の風向きが変わりつつあることを実感できる一日になりそうです。

株式投資のブログランキングに参加しています。
 お手数ですが下のランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ応援クリックで次回の投稿にも力が入ります。

無料メルマガ(まぐまぐ殿堂入り。読者10000人以上)では限定記事を随時配信しています。

登録すると内容更新ごとに新たな記事が自動的に送られてきます。

よろしければ、登録してみてください。

以下から無料で読めます

メルマガ登録・解除

おはようございます。さすがに反発してもおかしくない日です。

2月15日[朝刊

NYダウ、NASDAQともに続伸
1月の消費者物価指数発表終わり安堵買い
東京株式市場、連日の下げでさすがに反発確率高い
主力株中心に買い直し優勢へ


NYダウ253・04ドル高、NASDAQ130・10ポイント高。
14日の米株式相場は両市場ともまたまた上昇だった。
NYダウはなんと4日続伸、順調に回復となっている。
これまで市場は1月の消費者物価指数がどうなるか、
上昇しているなら利上げの理由となるとの考え方から警戒感が強かったものの、
実際には特に問題なく消化した。
物価指数は上昇していて、利上げの理由になりかねないのだが、
市場は目先の懸念材料の発表が終ったことで安心買いが入った格好に。
それを受けて原油先物価格、資源エネルギー株が上昇し、
金融株まで軒並み高で終った。

以上のような展開を受けて今日の東京市場はどうか。
国内には残念ながら買い材料はない。
しかし前述したように米国市場が連騰している。
これまでは同市場が上昇しても東京市場は円高を理由に上がれなかった。
それでもいつまでもそれが続くとは考えられず、
そろそろ少しは反発してもおかしくない。
主力株中心にさすがに買い戻しが入ると見ています。


株式投資のブログランキングに参加しています。
 お手数ですが下のランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ応援クリックで次回の投稿にも力が入ります。

無料メルマガ(まぐまぐ殿堂入り。読者10000人以上)では限定記事を随時配信しています。

登録すると内容更新ごとに新たな記事が自動的に送られてきます。

よろしければ、登録してみてください。

以下から無料で読めます

メルマガ登録・解除

おはようございます。今日も円高が怖い。

2月14日[朝刊

NYダウ、NASDAQともに小幅続伸
模様眺め気分の強い展開に終始

東京株式市場、なお騰勢戻らぬ恐れ
下値確認の下げ続く


NYダウ39・18ドル高、NASAQ31・54ポイント高。
13日の米株式市場で両市場は小幅ながら続伸となった。
特に支援材料があったわけではない。
個別に好決算発表銘柄、具体的にはキャタピラー株などが買われ、
他銘柄も上昇というより、持ち合いを保った形になった。
14日に消費者物価指数の発表を控えていることも、
結局買いを躊躇わせる要因になったと見てよい。

以上のような展開を受けて今日の東京市場はどうか。
正直、期待が持てない。
昨日はまず間違いなく上昇すると見られたものの、
実際は途中から急失速、マイナスに沈んでしまった。
為替市場で円が対ドルで107円台に上昇したのを懸念した下げになったが、
今日も円は高水準を保っている。
その要因はなにか。
株式市場が低迷を続けているため、資金が株式市場から円買いに流れている。
これが一般的な見方ながら、私は別の見方だ。
黒田日銀総裁続投の可能性が高まったことで、
先行き金融緩和の解除から中立、そして引き上げへの進む。
つまり出口作戦を考えざるを得ない状況となるだろう。
こんな見方が円を押し上げている恐れがある。
今日も昨年10〜12月期のGDPが発表され、
年率換算で0・5%成長だった。
日本経済全体にとっては好ましい数値ながら、経済が順調であることは、
金融緩和を続ける必要はないのではないか、
こんな考えに道を開くことにもなるため、
今日も円は下りにくく、日経平均も上がりにくくなってしまう。
結果的には下値確認の下げが続いてしまうことに。

株式投資のブログランキングに参加しています。
 お手数ですが下のランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ応援クリックで次回の投稿にも力が入ります。

無料メルマガ(まぐまぐ殿堂入り。読者10000人以上)では限定記事を随時配信しています。

登録すると内容更新ごとに新たな記事が自動的に送られてきます。

よろしければ、登録してみてください。

以下から無料で読めます

メルマガ登録・解除

おはようございます。日経平均、反発して当然の一日に。

2月13日[朝刊

NYダウ、NASDAQともに大幅続伸
アップル株の急騰に安心買い

東京株式市場、さすがに反発へ
トヨタ自動車など主力株中心に買い直し主流に


NYダウ410・37ドル高、NASAQ107・47ポイント高。
12日の米株式相場は両市場とも大幅続伸となった。
買いの切っ掛けになったのはアップル株の買い直し。
世界最大の時価総額を誇るとともに、最大の人気株となっている同社株も、
このところ軟調だった。アイフォン10の販売が思わしくないとの理由から売られていたのだ。
しかし昨夜は逆張りの買いに急騰、4%ほどの上昇となったことで、
他のハイテク株、そして主力株のほとんどに安心買いが入り、
強い動きになった。
長期債利回りの上昇懸念はなお根強いものの、
昨夜に限ってはアップル株の上昇にその懸念は吹き飛んだ形になった。

以上のような展開を受けて今日の東京市場はどうか。
米国市場が単なる上昇ではなく大幅高となると、
反応の鈍い東京市場でも反発しないわけには行かないだろう。
アップルの上昇で、ハイテク部品株が反発しやすいのも好ましい。
もちろんトヨタ自動車など主力株もリバウンド狙いの買いが入ると見るのが自然で、
日経平均はNYダウ並みに上がると360円前後上昇してもおかしない。
しかし下げる時はNY市場以上に下げ、上がる時には同市場以下になりがちな東京市場、
360円高は無理かもしれない。
強くて250円〜300円高と見ています。


株式投資のブログランキングに参加しています。
 お手数ですが下のランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ応援クリックで次回の投稿にも力が入ります。

無料メルマガ(まぐまぐ殿堂入り。読者10000人以上)では限定記事を随時配信しています。

登録すると内容更新ごとに新たな記事が自動的に送られてきます。

よろしければ、登録してみてください。

以下から無料で読めます

メルマガ登録・解除

おはようございます。日経平均、次第に落ち着く方向です。

2月8日[朝刊

NYダウ、NASDAQともに小幅反落
長期債利回り上昇を警戒

東京株式市場、昨日の上昇幅小さく見直し買いへ
なお不安定な状況続く


NYダウ19・42ドル安、NASAQ63・89ポイント安。
7日の米株式相場は両市場ともに反落した。
長期金利の上昇が上昇したことで、改めてそれに対する警戒感が強まり、
売り優勢のままに終った。
しかし下げ幅は小さく、前日の大幅反発と合わせると、
なおまずまずの回復ぶりと見ることは出来る。
ただ原油先物価格が下落、資源エネルギー株が総じて弱かった。

以上のような動きを受けて今日の東京市場はどうか。
昨日の日経平均は一時740円を越える反発を見せたものの、
引けはわずか35円高に終った。
正直戻りが鈍く、今日は見直し買いが入ってもおかしくない。
前述したように米国市場は反落したものの小幅であり、
今日の東京市場はそれをあまり意識しないだろうと見る。
かといってまだ1昨日の大幅下落によるショックは消えておらず、
買い戻しにパワーなどない。
しかし昨日の35円は越えると見ています。
もちろん断言は出来ませんが。
要するに東京市場は次第に落ち着く方向です。


株式投資のブログランキングに参加しています。
 お手数ですが下のランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ応援クリックで次回の投稿にも力が入ります。

無料メルマガ(まぐまぐ殿堂入り。読者10000人以上)では限定記事を随時配信しています。

登録すると内容更新ごとに新たな記事が自動的に送られてきます。

よろしければ、登録してみてください。

以下から無料で読めます

メルマガ登録・解除

おはようございます。日経平均、計算上は1000円前後の下落が想定されます。

2月6日[朝刊

NYダウ、NASDAQ記録的大幅続落
長期債利回り続伸を懸念

東京株式市場、米国市場安に同調安へ
昨日に続き全面安必至


NYダウ1175・21ドル安、NASAQ273・42ポイント安。
5日の米株式相場はともに続落、しかもNY市場に至っては過去最大の下落幅となった。
大暴落とまでは行かないまでも、一応暴落の考えてよい下落になる。
原因はこのところ下落要因となっていた長期債利回りの上昇。
それが2・88%まで上昇したのだ。
前日は2・85%が最高で、それにわずかに0・03%加わっただけだが、
市場の反応は一種パニック的になった。
金利の上昇で好調な経済が失速してまうだろう。
こんな見方が多くなったことによるが、
実際にはそんなことにならないだろう。
しかし現時点では市場はそう考え一方的に売りに傾いているのだから、
それに従う他ないというのが正直なところだ。

以上のような展開を受けて今日の東京市場はどうか。
改めて書くまでも厳しい状況が避けられない。
日経平均はNYダウの下落率4・60%から考えて、
東京市場も同程度下げることが考えられるため、
具体的な下落幅として1043円前後下げてもおかしくない。
要するに1000円ほどの下げは覚悟しておきたい。
計算上はこういうことになります。


株式投資のブログランキングに参加しています。
 お手数ですが下のランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ応援クリックで次回の投稿にも力が入ります。

無料メルマガ(まぐまぐ殿堂入り。読者10000人以上)では限定記事を随時配信しています。

登録すると内容更新ごとに新たな記事が自動的に送られてきます。

よろしければ、登録してみてください。

以下から無料で読めます

メルマガ登録・解除

嵐はいつまでも続かない。じっと自律反発を待てばよい。

2月5日[朝刊

NYダウ、NASDAQ大幅急落
長期債利回り上昇を懸念

東京株式市場、米国市場安に同調
全面安避けられず


NYダウ665ドル安、NASDAQ144・91ポイント安。
2日の米株式市場は両市場とも大幅安となった。
長期債利回りが2・85%まで上昇したことで一斉売りが出た形に。
では、なぜ長期債利回りは上昇したのか。
このところ上昇続きであったところへ1月雇用統計の発表があり、
非農業部門の雇用が20万人増となった。
これは米国経済が好調であることを示していて、好材料視されても良かったが、
金融市場はインフレ懸念を持ちはじめたと見てよく、
国債が売れたことで長期債利回りの上昇となった。
3%台も見えてきただけに機関投資家たちは売らざるを得なかったと推測されます。

以上のような動きを受けて今日の東京市場はどうか。
考えるまでもなく、大幅下落は避けられない。
それも主力株中心に売り先行となり、結局は全面安になってしまう。
こう見ておきたい、というより、他に見方はないといえるほどの状況、
今日に限るなら打つ手なしになる。
このような状況には耐える他なく、
このところ繰り返し書いているように、
ここは引き続き自律反発待ちになる。
止まらない嵐はない。
このことばを信じて、風雪に耐えることです。
冬山と違い、凍死はありません。


株式投資のブログランキングに参加しています。
 お手数ですが下のランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ応援クリックで次回の投稿にも力が入ります。

無料メルマガ(まぐまぐ殿堂入り。読者10000人以上)では限定記事を随時配信しています。

登録すると内容更新ごとに新たな記事が自動的に送られてきます。

よろしければ、登録してみてください。

以下から無料で読めます

メルマガ登録・解除

おはようございます。連日の下落にさすがに歯止め。

2月1日[朝刊

NYダウ、NASDAQともに上昇

FOMCの結果を受けて目先気掛かり材料解消を好感

東京株式市場、米国市場上昇と円の下落に安心買い
主力株だけでなく一斉買い戻しへ


NYダウ72・50ドル高、、NASDAQ9・00ポイント安。
1月31日の米株式相場は大幅高ではなかったものの、両市場とも上昇して終えた。
FOMCがどんな決定を下し、声明がどんな内容になるか、
ここ数日市場は大いに気にしていたが、
金利の引き上げはなく、「物価上昇率は今年は高まっていく」との認識を示したことで、
市場の見方とほぼ一致したことになり、
急変が回避された形で、(といっても勝手に市場が市場が急変があるかもしれないと見ていただけだが)、
安堵の買いが入ったと見てよい。
個別には売り込まれていたボーイング株が好業績の発表で急騰した。

以上のような動きを受けて今日の東京市場はどうか。
昨日までの6営業日続落に歯止めをかけられるか、
これが問われることになるが、
とんでもないことで起きない限り、さすがに反発が見込める状況だ。
米国市場高に加え、対ドルでの円が109円台に下げているのが好ましく、
ハイテク、自動車、機械などの主力株を中心に一斉に買い戻されるだろう。
それに連動して中小型株も精気を取り戻す。
こんな展開が想定され、やはり自律反発を待て、
で良かったことになりそうです。


株式投資のブログランキングに参加しています。
 お手数ですが下のランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ応援クリックで次回の投稿にも力が入ります。

無料メルマガ(まぐまぐ殿堂入り。読者10000人以上)では限定記事を随時配信しています。

登録すると内容更新ごとに新たな記事が自動的に送られてきます。

よろしければ、登録してみてください。

以下から無料で読めます

メルマガ登録・解除
成長株投資で資産形成するための専門性の高いメルマガです。
北浜の無料メルマガ。成長株投資で資産形成するための専門性の高いメルマガです。▼最新号を無料で読めます。こちらからどうぞ。⇒
■無料メルマガ、北浜流一郎の「一株開運」資金倍増株リッチ新聞最新号を読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
Profile


■成長株で自分年金作り ! の株プロセレクター
北浜流一郎 プロフィールはこちらです
携帯でも読める有料メルマガです。


■北浜の無料メールマガジン
■ブログの約束
「資金倍増」を毎日サポートします
■リンクフリーです
■当ブログはリンクフリーです。
当方に連絡も不要です。
お互い仕事がある身です。
よけいな手間、気遣いは無用です。
自由にご利用下さい。
■当ブログはヤフーカテゴリ登録認可サイトです
Yahoo! JAPAN
Archives
Amazonライブリンク
キャンペーン!!


Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ