リバウンド株投資法で逆転勝ち ! 億への近道塾

株で1億円作り。達成するには大別して2つの方法があります。1つはデイトレなどの超短期投資によるもの。もう1つは数週間〜数カ月、銘柄によっては数年をかける中長期投資によるものです。私が詳しいのは後者。当ブログでは兼業で1億円達成を目指す、しかもこれまでの苦戦を逆転したい。こんな希望を持つ個人投資家に、多数の儲かる投資家を養成してきた実績を持つ私(北浜)が、株で稼ぎ続け悠々人生を楽しむのに欠かせないノウハウや最新情報を紹介します。ヤフーカテゴリ登録承認ブログ。リンクは自由に可です。

株長者への道最新情報

決算発表により不自然なほど大きく売り込まれる銘柄が多数。ご用心を。

仕事&投資、お疲れさまでした。


日経平均、今週に入って

上昇を忘れてような日々ですね。

円高とはいえ、米国市場が上昇した時くらいは

素直に上がって欲しいものです。

でないと、東京市場単独材料での上昇は

滅多にないですからね。

東京市場、覚醒しろ、です。


(1)大きく売り込まれる銘柄が急増中です。

たとえば三越伊勢丹、ぐるなび、ワタベウェディング、

大東建託、ワタミなど

目も当てられないような売られ方でした。

収益悪化は予想通りでも

容赦なく叩き売られるので、

やはり決算跨ぎは怖いですね。

こんなに売ることはないのに、

と言っても通じません。


(2)先日はエムスリーのPERが

130倍を越えていることについて書きましたが、

同社株は今日も続伸、

上場来高値をつけました。

PERはなんと141倍。

東芝テック460倍、モロゾフ371倍なんて

高倍率銘柄もあるものの、

エムスリーの株価がどんな展開になるか

株好きなら引き続き注視ですね。


(3)エムスリーのように高PERながら

上昇を続ける銘柄に投資している場合、どうするか。

・新値を更新したので利益を確定する

・様子を見て下落に転じ始めたら売る

・下落に転じても回復するかもしれないので当面持続する

・下落に転じ始めたらつなぎ売りを入れる

私なら4番目にします。

米国株、急落中

米GDPほぼ予想通りだったのだから、NYダウ、NAS上昇してもおかしくないのに502ドル安、100ポイント安。ともに弱い。⇒米GDPが32.9%減 過去最悪
#Yahooニュース

先週発表の日銀短観マイナス34が今週からは株価支援材料に。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、帽子


仕事&投資、お疲れさまでした。


東京市場は、先週も高値圏での持ち合いでした。

引き続き日米ともにコロナの新感染者が増加を続け、

第二波襲来懸念が足を引っ張り続けたといえます。

特に米国では一部の州で1日の感染者としてはこれまで最高、

などいう日もあるほどで、

明らかに第2波到来といえる状況です。



日本はそこまでの増加ではないものの、

東京都の場合、20〜30代を中心に感染者が増加中なだけに、

重苦しい雰囲気が去らない日々となりました。

日銀短観で大企業製造業の業況判断指数が

マイナス34に悪化したのも重荷だったといえます。



では、明日からの週は?

前述したように大きなネガティブ材料がある東京市場ですが、

それでも大きく下げたりはしなくなっています。

この点、明日からは比較的落ち着いた売買が出来そうな週になると見ています。

というのは、前述したように日銀短観は悪化したのですが、

今回のマイナス34は11年ぶりのことで、

これが最悪と見てよいからです。



市場はこの点に週明けからは気が付き、

多くの銘柄で買い戻しが入る可能性があります。

というのは、日銀短観が最悪となれば、

次は改善に向かう可能性があり、

それとともに株式市場も蘇生に向かい始める。

こうなる確率が高く、期待が持てます。



いまは主力株が戻り歩調となっているのに対し、

先月まで順調この上ない動きだった中小型株の多くが急失速中です。

これは韓国のバイオ関連株が急騰したことで、

それに対して米国のヘッジファンドなどから、

「高すぎる」との指摘があり、

それを意識した国内投資家がコロナ関連株や

その周辺株を売りはじめたことによるものです。



この種の売り材料が出てくると、

すぐの回復は困難なため、

ここからはオーソドックス銘柄が買われる可能性が高くなりそうです。

市場は常に「浮気」なので、

このような点に留意しながら、

流れに合わせていく。

これが求められる状況です。

コロナの感染拡大続く中、安定上昇続行中の銘柄多数ありという現実。

写真の説明はありません。


仕事&投資、お疲れさまでした。


米国、東京でのコロナ感染者増、

日銀短観・大企業製造業DIマイナス34ポイント、

米6月雇用統計改善、

こんな材料に見舞われ中、

日経平均は持ち合いキープ。

なかなか上っ放れしないものの、

底堅さは評価しなくては、の一週間でした。

要するにまずまずだったですね。


(1)どんな株でも上がり続けはありません。

しかし数年にわたって上がり続ける株はあります。

そんな株を所有し続けている人は

株で苦労せずにすんでいるのです。

たとえば、ダイキン、ダイフク、神戸物産、

中外製薬、レーザーテック、エムスリー、メニコンなど。

そうだ。NASDAQ100ETFも。


(2)大事な資金だから

株価水準が高い銘柄より低い方が安全。

こう思っておられる方が案外多く、

そんな方はボロ株を含む低位株狙いになります。

これって、ちょっとなあです。

中長期投資では、

株価水準は高くても収益が伸びる銘柄の方が

普通は株は上がりやすく、

結果的には安全投資になるんですよね。


(3)中長期投資では

出来ることなら細かい売買はしたくないですね。

でも、上下動が激しくてはそうも言っておれない。

これが実際です。

しかしよくよく銘柄を検証してみると、

持ちっぱなしでも十分満足が得られる銘柄あるんですよね。

実に単純で申し訳ないんですけど、

ファンダが優れた銘柄です。

株で稼ぐ益取り48手。先週まで絶好の動きだった中小型株が急失速。市場の流れに変化か。

画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、屋外


仕事&投資、お疲れさまでした。


日経平均小幅高。

正直50円くらいは

上がってもいいんじゃないの。

こう言いたくなる展開でしたが、

市場に市場の都合があり、

そうはいかなかったというところ。

それに今日の気がかりは、

上げ幅の少なさより

先週まで絶好だった中小型株の急失速。

流れの変化なのかも、です。


(1)米カリフォルニア州に本拠を置くヘッジファンド、

ダルトン・インベストメンツのシニアアナリスト、

ジェームズ・リム氏の「韓国バイオ株は極めて割高」との指摘、

東京市場のコロナ関連医薬品、

周辺株の足を引っ張った恐れがありますね。

東京市場ではコロナバブルといえるほど上昇した株はないのに。


(2)では韓国のバイオ株はどの程度上がったのか。

ブルームバーグによりますと、

サムスンバイオロジクスは年初来で84%上昇。

実績ベースの株価収益率(PER)は265倍。

セルトリオンの株価は年初来で74%上昇。

PERは134倍だそうです。

上昇途上でかなり儲けた投資家も多いでしょうね。


(3)私はよく「シンプル・イズ・ベスト」

ということばを使います。

投資は混迷を極める状況の中で

実行するのが普通。

チャートや指標の見方、

手法などが複雑では決断が鈍り、

売買タイミングを逃します。

「吹き値は売る」

「5〜7連騰株柄には手を出さない」

なんて手法もシンプルなやり方になります。

NYダウ、777ドル高です。

23時19分現在、NYダウ777ドル高。

日経平均に負けないよう、
もっと頑張って上がって欲しい。

日経平均、1000円高です。

日経平均、ついに1000円高。

いまや驚きを通り越し、

呆れています。

同時に困惑も。

明日の展開がますます読みにくくなるので。

贅沢な悩み

日経平均、現在。910円高。

なんだ、これは? の上昇です。

こんなに急騰しては、明日の展開が読みにくくなる。

困るなあ・・です。

NYダウ、23時51分現在391ドル安。

NYダウ、23時51分現在391ドル安。

市場ムードは総悲観に傾きあるものの、
いまのところ許容範囲内の下げですね。

明朝までこれ以上、下落幅を広げて欲しくないものです。

株で稼ぐ益取り48手。先週末の下落は不十分だった? 改めて売り直される状況に。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、靴、屋外、室内

仕事&投資、お疲れさまでした。

北浜です。


先週末の日経平均167円安は、

やはり下げ足りなかったようですね。

正直驚きの小幅安だったですからね。

今日は納めていなかった税金を

改めて徴収されたような一日。

しかも残念ながら

今日で終わるとは思えぬ状況。

明日も徴収上乗せ覚悟しています。

取立て人は冷淡なので。


(1)今日のラジオ番組でも語ったことですが、

日経平均は今日の下げで21530円まで下げました。

この水準は実は25日移動平均線価格21527円とほぼ同じ。

目先この水準を割り込む。

こう見ざるを得ないものの、

その場合1〜3日でまた25日線上に顔を出せるかどうか。

早速明日からこの点注視ですね。


(2)ところで、

NYダウ先物の動き見ておられますか。

見てない。

こういう方がおられたら、

ぜひ見るようにして下さい。

今日の下げは

それを見るとすぐに分かったことですので。

現在の東京市場は、

ダウ先物の動きに連動しています。

なので、ぜひ、次を。

⇒https://nikkei225jp.com/nasdaq/


(3)今日は基本的に楽観派は落胆、

超慎重派は飛び上がって大喜び。

こんな一日になったわけですが、

何しろ東京市場は6月8日には暴落前に戻ったのです。

楽観派はこれまでの儲けを

今日一日で吐き出したわけではなく、

少し利益が減ったというところでは。

いまはこの点を考えて淡々と対応が正解かと。
成長株投資で資産形成するためのメルマガです。▼最新号を無料で読めます。こちらからどうぞ。⇒
■無料メルマガ、北浜流一郎の「一株開運」資金倍増株リッチ新聞最新号を読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Profile


■成長株で自分年金作り ! の株プロセレクター
北浜流一郎 プロフィールはこちらです
携帯でも読める有料メルマガです。


■北浜の無料メールマガジン
■ブログの約束
「資金倍増」を毎日サポートします
■リンクフリーです
■当ブログはリンクフリーです。
当方に連絡も不要です。
お互い仕事がある身です。
よけいな手間、気遣いは無用です。
自由にご利用下さい。
■当ブログはヤフーカテゴリ登録認可サイトです
Yahoo! JAPAN
Archives
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
キャンペーン!!


「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ