ハイパー成長株で経済自立 ! 億への逆転勝利塾

株で1億円作り。達成するには大別して2つの方法があります。1つはデイトレなどの超短期投資によるもの。もう1つは数週間〜数カ月、銘柄によっては数年をかける中長期投資によるものです。私が詳しいのは後者。当ブログでは兼業で1億円達成を目指す、しかもこれまでの苦戦を逆転したい。こんな希望を持つ個人投資家に、多数の儲かる投資家を養成してきた実績を持つ私(北浜)が、株で稼ぎ続け悠々人生を楽しむのに欠かせないノウハウや最新情報を紹介します。ヤフーカテゴリ登録承認ブログ。リンクは自由に可です。

株で1億円・投資の基本の基本

株で稼ぐ益取り48手。急落開始銘柄は、あれこれ考えずに逃げるに限る。

DSC_2726[1]

仕事、投資お疲れさまでした。


予想通りの下げ。

日経はこう言える展開だったものの、
中小型株は想定を越える下げになってしまいました。

このところ値を飛ばしていた銘柄は
ことごとく売り込まれ、
中小型株投資のリスクを改めて突きつけられた格好になりました。

反発には少々時間がかかりそうです。


(1)米大統領選挙、どちらが勝利するのか。
まったく分かりませんが私は、

トランプ大統領勝利。

こう見ているのですが、
投資では同大統領敗北を想定して準備を心がけています。

自分は運転に自信がある。

こんな人でも、必ず保険に加入しますからね。


(2)中小型成長株へ投資している場合、
よく不意打ち的急落に見舞われてしまいます。

たとえば今日のメディカル・データ・ビジョンのようにです。

昨日、上場来高値を更新したばかりでしたが、
今日は寄りつきから売り一方に。

実に13・64%安でした。

こんな展開への対処は、ただ逃げるですね。


(3)東京市場にも大型株で
堅調高を続けている銘柄はあります。

信越化学とか日本電産、ファストリ、
ディスコなどが。

米国のGAFAM+T株ほどのパワーはないものの、
頼れる存在であることに変わりはありません。

日本株も捨てたものじゃないんです。

米大統領選挙の予測困難。トランプ大統領敗北を想定して対応の準備を。

DSC_2726[1]

仕事、投資お疲れさまでした。


米国市場がNYダウ410ドル安、
NAS192ポイント安と
ともに結構下げたにしては、

日経平均は104円安。

かなり底堅い動きだったといえるのでは。

ドル円が105・60前後に下げたのに助けられた。

こう言えますね。

ただ薄商いは今日も変わらずでした。


(1)薄商いの中、
スガノミクス関連の中小型株は案外強い動きで、

やはり今日も「国策に乗れ」や「国策に売りなし」が
証明された形になりました。

どんな銘柄に投資すればいいのか
熱心に探しているにもかかわらず

「国策」無視の人が多いのは意外です。

株は難しく考えずシンプルに売買したいですね。


(2)株式投資でもっとも大事なことはなにか?

こう問われたら、あなたはなんと答えます?

かつての私は、

銘柄選び。

こう答えていましたが、

いまは違います。


早めの損切り。

こう答えます。

実際、株で成功するには
体験からこれが不可欠と思っているからです。


(3)50年以上もフリーランス生活をしていると

仕事や投資による収入の不安定さにもすっかり馴れて

市場の多少の変動は許容範囲内となります。

しかし目先の米大統領選挙について

まったく予想がつかないため
いまは10年以上経験したことがないほど
警戒を強めています。

大統領敗退もあり得るので。

いわゆる優良企業や著名企業株に頼り過ぎる投資は、残念な結果になりやすい。キャノンが好例。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、屋外、自然


仕事&投資、お疲れさまでした。

でも、ほんとはまったく疲れなかった人が多いのでは。

日経平均224円高はさほどの上昇ではないものの、
個別にはあれこれ多彩に上がりましたからね。

私が個人的に嬉しいのは、
はやりレポート、ラジオ、新聞で取り上げている銘柄の上昇。

今日は日本M&Aセンターでした。


(1)株式投資が素晴らしいのは、
投資する人に等しくチャンスが与えられていること。

最初の投入資金に差はあるものの、
たとえそれが少額でも、

投資利回りで考えれば、
多額投入者を上回ることは可能です。

ただそのためには、
「株やってます」では苦戦が続いてしまうので

集中勉強

やって欲しいですね。

(2)毎日、つい見てしまう株があります。

キャノン株です。

いつも低空飛行を続けていて、

・なぜこんなにも上がれないままなのか、
・いつになったら上がるんだろうか、

と気になるからです。

投資している人は、どんな思いで持続しているんでしょうかね。

ほんと、いつになったら上がるのか。


(3)キャノンのように、
いわゆる優良企業と呼ばれる企業への投資で
儲かりにくいのは、

業績が悪化しても、
いつまでもホールドしてしまうから。

要するに好感度に頼り過ぎて

売るに売れず

結局は塩漬けにする。

こうしてしまうため。

株で儲けるには知名度、好感度高くても

収益悪化したら決別する厳しい対応したいですね。

株価が底値圏で低迷中の銘柄よりも、すでに上昇中の銘柄への投資が成功確率高い。

仕事&投資、お疲れさまでした。


トランプ大統領退院を、
歓迎しているのかどうか、

判断が難しい中途半端な動きの一日でした。

あまりに早い退院を懸念してなのか、
大統領が選挙戦に戻ると優勢予想のバイデン候補に
不利と見てのことか、

正直よく分かりませんが、
でも、まあ、上昇したので良しとします。

(1)いま意外に強いのは、
中堅不動産関連銘柄です。

不動産は、全国の地価が下落している
との情報などがあったばかり。

そのため株価が下げてしまった銘柄も多いのですが、
株価は不動産市況の現況より、
数カ月先を見て動いています。


(2)私が主に投資対象としているのは、
いわゆる成長株になりますが、

成長株には投資しやすい銘柄と、
そうでない銘柄とがあります。

いくら成長力が強くても、
株価の急騰して投資しようがなければ
意味がありません。

なのでターゲットにしたいのは、
適度に押しが入り、
投資しやすい銘柄になります。

投資魅力のある銘柄は
探せば結構あるってことに・・。


(3)すでに株価水準が
高くなっている相場では、
底値圏で低迷中の銘柄の反発に期待する。

こういう投資もありますが、
それらは落ちこぼれているに過ぎないことが多いもの。

それゆえすでに上昇している銘柄の中から
続伸しそうな銘柄を探す。

私の経験では
こうした方が成功確率が高くなります。

株で稼ぐ益取り48手。東京市場の意外な底固さが改めて明らかに。リバウンド狙いの投資が有効。

画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、鳥、空、屋外、自然


仕事&投資、お疲れさまでした。


日経平均の27円高を見ると、

大したことないなあ、

となるでしょうが、
きょうは9月末の配当権利落ち日。

配当落ち分約142円を勘案すると
170円ほど上昇したことなります。

昨日307円高したことを考えると、
今日もGOOD!でした。


(1)今日の話題株はNTTドコモ株。

携帯料金引き下げで売り込まれ、
回復は難しいと思われた局面で明らかになった
NTTによる完全子会社化計画。

でも、今日のような急騰で新規に投資するわけに行かず、
ただ見ているしかないですね。

ドコモ株が15%以上も上昇するなんて
滅多にないことですし。


(2)投資で効率よく利益を獲得するには、
上昇力の強い銘柄に乗る。

これが最良なのは当然ですが、
そんな銘柄に限ってどんどん上がってしまい
投資チャンスを与えてくれません。

しかし中には一服する銘柄も。

狙うべきはそんな銘柄で、熱心に探せば
「この辺りだな」
と思える逆襲ポイントがあります。


(3)織田信長が今川義元を破った有名な桶狭間の戦い。

織田軍は豪雨で進軍出来ず休んでいた今川軍を急襲、
勝利しています。

株も同様、様々な要因によって上昇を阻まれ、
値動きのよい銘柄でも反落したり、休んだりします。

信長が投資家なら、
そんなところを狙って逆襲する。
こうしたでしょうね。


(4)株逆転勝ちには
次の手順を踏むことにしています。

・上昇力の強い銘柄の値動きをウォッチングする

・市場環境が悪化するなどして株価が反落、
 あるいは横横銘柄を狙う

・株価が落ち着き反発し始めるのを待つ

・それを確認出来たところが反撃ポイントになる

・そこで出動する

私の場合ですけど。

株で稼ぐ益取り48手。ネットでのチャートチェックより紙媒体でのチャートチェックが有効。

画像に含まれている可能性があるもの:海、空、雲、水、ビーチ、屋外、自然


北浜です。

仕事&投資、お疲れさまでした。


4連休の3日目。

どう過ごされましたか。

私は予定通り、庭木の枝切り、雑草取り、
読書、ゴールデンチャートの週足・日足集、
「会社四季報」秋号チェックなどして過ごし、
爽やかな天候もあって作業が快適に進みした。

でも先程日経平均の先物を見て
気分急激にグレー転換です。


(1)4連休への対処法として、
私は今年は持ち株の売りを勧めていません。

休場が2日間なので
何とか乗り切れるだろうとの判断からです。

しかし先物が700円ほど下げ、
円も104・17円ともなると、

持ち株の3分の1〜半分ほどを
売っておくように提言した方がよかったのかも。

少々気になります。


(2)週に1回、チャート集の週足・月足集を見ていて、
いつも反省点が。

毎日ネットであれこれのチャートを見ていて、
有望そうな銘柄は大体分かっているつもりでも、

印刷されたチャート集を見ると、
見逃している銘柄が実に多い。

これはもったいない。


(3)ネットで有望銘柄を
見逃してしまうことが多いのは、

ネットの場合、
突出した動きを見せた銘柄は分かりやすいのだが、

動きがゆるやかな銘柄は変化率が小さく、
チェックの網に引っ掛かりにくい。

この点を考えると、
出来ることならチャートは
時々印刷媒体で総チェックする。

これがお勧めです。

先のことなんて分からない? ある程度分かることもあるのでそれを当てに投資すれば株は勝ちやすい。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、空、草、屋外、自然


仕事&投資、お疲れさまでした。

先週の米国市場波乱と同市場の3連休が気になり、
明日夜のNYダウやNASを見てから。

こうなって当然の一日で、
実際もそうなったといえます。

でも、菅政権誕生への期待感は健在で地銀株、
GO-TOキャンペーン関連株はしっかり買われていたので、
ノーマル展開の一日だったといえます。


(1)よく私たちは、「明日のことは分からない」というし、
実際もそうなのですが、大体の予想が可能なこともあります。

3カ月後人の移動が現在よりも多くなっているだろう・・とか。

でも、約2カ月後米国の大統領が誰になっているかは分かりません。

投資は分かる方に投じておけばよいことになります。


(2)日常生活の中では家庭、仲間うちなどで「べき」論を唱えるのは
いっこうに構わないものの、
投資にまでそれを持ち込むと成果が悪化する恐れがあります。

いまなら、「まだGO-TOキャンペーンなんて早すぎるだろ。
やるべきじゃない」という具合に。

これだと旅行関連株へは投資しにくくなります。

(3)株式市場では日々好悪材料が交錯し、
われわれを惑わし続けているのが実際ですので、

現在菅政権誕生期待で少し盛り上がっていても、
実際に誕生すると市場は急に新首相に冷淡になる。

こういうことも想定しておきたいですね。

市場はだだっ子のように感情の起伏、
好悪感の変化が激しいのです。

中長期投資で大成功した投資家に共通する勝利要因とは?

仕事&投資、お疲れさまでした。


ゲンキンなもので、

日経平均が大幅高し、

持ち株も大半が上昇してくれると、

まったく疲れなど感じないですね。

運動の一つもしてみようかなどという気になったりするほど。

もちろん炎熱が怖くてそんなことはしませんが。

株高は生活環境を一瞬で改善してくれますね。


(1)1円の株が2円になると

上昇率100%となるものの

正直魅力的な動きとはいえません。

しかし超低位株やボロ株などではなく

ごく普通の銘柄が一日に10〜20%も上昇するとなると、

新たな現象が生じる兆しかもしれず、

私は一応チェックしてみます。

今日はチェンジ、住友林業が気になりました。


(2)7月の投資信託市場は、

純資金流入額は5000億円を突破し、

約1年9カ月ぶりの大きさだったという。

7月の投資環境は、

コロナ感染拡大により持ち合い続きで、

決して良好とはいえなかったのに、

投信市場には新規資金が入り続けたのです。

軟調な市場ムードに反する動きがあったってことですね。


(3)私が知る株の成功者たちは、

中長期投資で大成功した人が結構多数ですが、

彼らの投資を見ていると、

どこかで大化け株に出会っています。

それは大抵小型株であり、

業績、ビジネスモデルを熱心に調べ、

これと思ったら値が動かないうちに時間をかけて買い集め

浮上を待つ。

こんなやり方をしています。

大激変時代の投資に求められるのはスキルアップ。まずは最低限ファンダとチャートの基本を押さえる。

画像に含まれている可能性があるもの:空、海、雲、屋外、自然、水


仕事&投資、お疲れさまでした。


日経平均35円安。

これには単純に安堵でした。

150円安くらいを想定していたので。

インテルが製品の完全自社生産を諦め、

他メーカーに外注するとの報が

売り要因の一つになっていましたが、

全製品自社生産なんて止めた方がよいので、

市場も次第に見方を変えたのでしょうね。


(1)大激変時代の投資で求められるのは、

なんといってもスキルアップ。

これは普通は簡単に実現できることではないものの、

・ファンダによる有望銘柄の選択基準作り

・チャートの基本パターン確認

からはじめるのが即効あります。

いずれについても深入りしないこと。

深入りすると先に進めません。


(2)大激変時代の投資では、

ちょっとした手違いで資金の大半を失う恐れがあるので、

急騰銘柄対策が大事。

・ネットで話題になっている急騰銘柄には近づかない

・ある日突然10%以上高した銘柄には手を出さない

こんな規律が求められます。

そんなルールなど関係なしに

成功している人がいてもです。


(3)大激変時代の投資は、

強い銘柄への投資を優先したいですね。

割安という理由で、

弱い銘柄に投資するやり方もあるものの、

屈強な剣士と衰弱した剣士、

どちらに投資するかとなったらやはり前者では。

米国株投資で大成功している人が多いのは

アップル、アマゾンなど屈強銘柄に投資しているからです。


で、ご提案です。


■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

ソフトが有望銘柄、買い場、売り場を速攻で教えてくれる。
私が開発した株価分析ソフト「卑弥呼の決断」を、
当メルマガの読者にも解禁します。
利用希望の方は、次の要領でお申し込み下さい。
http://kabu-rich.com/himiko.htm

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

私が開発した株価分析ソフト「卑弥呼の決断」は、
これまでラジオ日経の番組だけで紹介してきました。

しかし、私のブログやメルマガ、
ツイッターなどの読者にも解禁して欲しいとのご要望が多数でした。


そのご期待にこたえたい気持はあったものの、
そのためのスタッフを新たに揃える必要があるため、
解禁は控えてきました。


しかしいまでは対応可能となったため、
解禁します。


特に定年退職する前後から株式投資をはじめ、
老後を考えた場合、株で損するわけにはいかない。


つまり安全投資が絶対的に求められる。
こんな方には強い味方になってくれるソフトになります。


利用ご希望の方は、ソフトの内容、
利用システムなどの説明をよくお読みの上お申し込み下さい。

なお当メルマガを読んで卑弥呼の資料を希望される場合は、

必ず、●●●●「メルマガを読んで申し込みます」●●●●とお申し出下さい。

そうすれば卑弥呼の資料とともに、
私が毎週特定読者向けに発行している
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+- 
◆北浜の株式投資週報
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

1回分を特別にお送りします。

//////////////////////////////////////////////////////////
■株価分析ソフト「卑弥呼の決断」についてもっと詳しく知る。
http://kabu-rich.com/himiko.htm
//////////////////////////////////////////////////////////

7月27日(月)のラジオ日経「北浜の株式宅配便」では、
「卑弥呼の決断」の銘柄選択機能の一つである、
新機能、「谷のお告げ」で3月23日にセレクトされた銘柄、

6857 アドバンテスト

を取り上げました。
その後どう推移したか、
チャートで詳細に説明しました。

http://blog.livedoor.jp/ssschool/

3月23日に買いサインが出て、
翌取引日24日の寄付3900円で投資した場合、
その後7030円の高値があり、

上げ幅3136円。

まだ買いサインが出て3カ月半ほどながら、
上げ幅は大きく、さらに今後が楽しみです。

なお売りは、「卑弥呼の決断」に付いている
「北浜の望遠顕微鏡」機能を使えば、
上げ幅の100%は無理でも、大部分の利益を確保できます。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
特に定年退職の前後から急に株をはじめた。
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
こういう方は期待に反して大事な退職金を失ってしまう、
こうなってしまいがちなだけに、

「谷のお告げ」機能は

それを回避させてくれ秘書兼武器のようなもの。
心強い助けになってくれます。

それゆえこの株価分析ソフト「卑弥呼の決断」の機能「谷のお告げ」は、
投資経験が少ないのでともかく安全投資を心がけている、
投資年数は長いが、売買回数は少なく成果も上がっていない。
資金が多いため慎重になりすぎて、上手に投資できない。

このような方にお勧めです。
以上見て来たように、どんな株がどんなところで買いサインが出て、
それに従って投資した場合、株価はどんなふうに動き、売り場はどこか、
そしてどの程度儲かるか、
興味ある方は以下をご覧ください。

//////////////////////////////////////////////////////////
答えが分かります。
http://blog.livedoor.jp/ssschool/
//////////////////////////////////////////////////////////
その上で株価分析ソフト「卑弥呼の決断」に興味がありましたら、
//////////////////////////////////////////////////////////
http://kabu-rich.com/himiko.htm
//////////////////////////////////////////////////////////

をご覧の上、証券スクール・オブ・ビジネスに、
資料送れとお申し込みください。

直接証券スクール・オブ・ビジネスに電話で申し込みも可能です。
 TEL03−3589−2481

 電話の場合も必ず、●●●●「メルマガを読んで申し込みます」●●●●

とお申し出下さい。
そうすれば卑弥呼の資料ととに、
私が毎週特別に発行している

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼◆
北浜の株式投資週報
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

1回分を特別にお送りします。

なお週報だけのお申し込みは出来ません。
あくまでも卑弥呼の資料請求に添えられたものとしてお送りするものです。

また「メルマガを読んで申し込みます」がなければ、
 送れないので忘れずにお教えください。

株で稼ぐ益取り48手。株で「逆転勝ち」を狙うなら、まずは「逆転勝ちする」と強く意識すればよい。

画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、空、屋外、自然

仕事&投資、お疲れさまでした。


  • 昨日は上ッ放れの兆しを見せただけに、

    今日の失速には下げ幅175円を上回る

    250円安超の失望度数でした。

    東京のコロナ感染者286人には、

    ほとんどの投資家が驚いたでしょうからね。

    いつどこで地雷が爆発するか

    分からない日々がなお続く。

    こんな覚悟が必要ですね。


    (1)7月10日頃までに高値をつけた銘柄が

    大きく売り込まれるようになっています。

    このまま下げてしまうのか、

    間もなく止まるのかは判断が難しいところです。

    流れが変わりつつあるのかもしれないので、

    そんな銘柄のホルダーは楽観禁物ですね。

    どんなに魅力的な銘柄も上がり続けはないので。


    (2)私はリバウンド株で逆転勝ちをお勧めしているのですが、

    もちろんそれが可能な方法も体験もあるからです。

    長年株を売買して来て、

    幾度も危機に陥って来ましたが、

    そのたびに蘇れたのは、

    「絶対逆転勝ちする」

    と強く心に誓ったから。

    まずはこれがなければ「逆転勝ち」できません。


    (3)野球でもそうですが、

    「逆転勝ち」ほど劇的なものはありません。

    でも、実際はそれを狙わずにすむ。

    これが最高です。

    ところが実際には、

    東京市場は変動が激しく、

    今日の利益は明日の損失に

    なってしまうことがたびたび。

    「逆転勝ち」を狙う。

    この気持ちを忘れると行き先は無気力放置投資です。

    で、ご提案です。

    ■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

    ソフトが有望銘柄、買い場、売り場を速攻で教えてくれる。
    私が開発した株価分析ソフト「卑弥呼の決断」を、
    当メルマガの読者にも解禁します。
    利用希望の方は、次の要領でお申し込み下さい。
    http://kabu-rich.com/himiko.htm

    ■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

    私が開発した株価分析ソフト「卑弥呼の決断」は、
    これまでラジオ日経の番組だけで紹介してきました。

    しかし、私のブログやメルマガ、
    ツイッターなどの読者にも解禁して欲しいとのご要望が多数でした。


    そのご期待にこたえたい気持はあったものの、
    そのためのスタッフを新たに揃える必要があるため、
    解禁は控えてきました。


    しかしいまでは対応可能となったため、
    解禁します。


    特に定年退職する前後から株式投資をはじめ、
    老後を考えた場合、株で損するわけにはいかない。


    つまり安全投資が絶対的に求められる。
    こんな方には強い味方になってくれるソフトになります。


    利用ご希望の方は、ソフトの内容、
    利用システムなどの説明をよくお読みの上お申し込み下さい。

    なお当メルマガを読んで卑弥呼の資料を希望される場合は、

    必ず、●●●●「メルマガを読んで申し込みます」●●●●とお申し出下さい。

    そうすれば卑弥呼の資料とともに、
    私が毎週特定読者向けに発行している
    -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+- 
    ◆北浜の株式投資週報
    -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

    1回分を特別にお送りします。

    //////////////////////////////////////////////////////////
    ■株価分析ソフト「卑弥呼の決断」についてもっと詳しく知る。
    http://kabu-rich.com/himiko.htm
    //////////////////////////////////////////////////////////

    7月3日(月)のラジオ日経「北浜の株式宅配便」では、
    「卑弥呼の決断」の銘柄選択機能の一つである、
    新機能、「谷のお告げ」で3月23日にセレクトされた銘柄、

    6954 ファナック

    を取り上げました。
    その後どう推移したか、
    チャートで詳細に説明しました。

    http://blog.livedoor.jp/ssschool/

    3月23日に買いサインが出て、
    翌取引日24日の寄付13565円で投資した場合、
    その後21265円の高値があり、

    上げ幅8000円。

    まだ買いサインが出て3カ月半ほどながら、
    上げ幅は大きく、さらに今後が楽しみです。

    なお売りは、「卑弥呼の決断」に付いている
    「北浜の望遠顕微鏡」機能を使えば、
    上げ幅の100%は無理でも、大部分の利益を確保できます。

    ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
    特に定年退職の前後から急に株をはじめた。
    ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
    こういう方は期待に反して大事な退職金を失ってしまう、
    こうなってしまいがちなだけに、

    「谷のお告げ」機能は

    それを回避させてくれ秘書兼武器のようなもの。
    心強い助けになってくれます。

    それゆえこの株価分析ソフト「卑弥呼の決断」の機能「谷のお告げ」は、
    投資経験が少ないのでともかく安全投資を心がけている、
    投資年数は長いが、売買回数は少なく成果も上がっていない。
    資金が多いため慎重になりすぎて、上手に投資できない。

    このような方にお勧めです。
    以上見て来たように、どんな株がどんなところで買いサインが出て、
    それに従って投資した場合、株価はどんなふうに動き、売り場はどこか、
    そしてどの程度儲かるか、
    興味ある方は以下をご覧ください。

    //////////////////////////////////////////////////////////
    答えが分かります。
    http://blog.livedoor.jp/ssschool/
    //////////////////////////////////////////////////////////
    その上で株価分析ソフト「卑弥呼の決断」に興味がありましたら、
    //////////////////////////////////////////////////////////
    http://kabu-rich.com/himiko.htm
    //////////////////////////////////////////////////////////

    をご覧の上、証券スクール・オブ・ビジネスに、
    資料送れとお申し込みください。

    直接証券スクール・オブ・ビジネスに電話で申し込みも可能です。
     TEL03−3589−2481

     電話の場合も必ず、●●●●「メルマガを読んで申し込みます」●●●●

    とお申し出下さい。
    そうすれば卑弥呼の資料ととに、
    私が毎週特別に発行している

    ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼◆
    北浜の株式投資週報
    ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

    1回分を特別にお送りします。

    なお週報だけのお申し込みは出来ません。
    あくまでも卑弥呼の資料請求に添えられたものとしてお送りするものです。

    また「メルマガを読んで申し込みます」がなければ、
     送れないので忘れずにお教えください。
  • 成長株投資で資産形成するためのメルマガです。▼最新号を無料で読めます。こちらからどうぞ。⇒
    ■無料メルマガ、北浜流一郎の「一株開運」資金倍増株リッチ新聞最新号を読む
    スポンサードリンク
    スポンサードリンク
    カテゴリ
    QRコード
    QRコード
    Profile


    ■成長株で自分年金作り ! の株プロセレクター
    北浜流一郎 プロフィールはこちらです
    携帯でも読める有料メルマガです。


    ■北浜の無料メールマガジン
    ■ブログの約束
    「資金倍増」を毎日サポートします
    ■リンクフリーです
    ■当ブログはリンクフリーです。
    当方に連絡も不要です。
    お互い仕事がある身です。
    よけいな手間、気遣いは無用です。
    自由にご利用下さい。
    ■当ブログはヤフーカテゴリ登録認可サイトです
    Yahoo! JAPAN
    Archives
    キャンペーン!!


    • ライブドアブログ