株で稼げる投資家になる法

株で1億円作り。達成するには大別して2つの方法があります。1つはデイトレなどの超短期投資によるもの。もう1つは数週間〜数カ月、銘柄によっては数年をかける中長期投資によるものです。私が詳しいのは後者。当ブログでは兼業で1億円達成を目指す個人投資家に、これまで多数の儲かる投資家を養成してきた実績を持つ私(北浜流一郎)が、「株で稼ぎ続け」悠々人生を楽しむのに欠かせない裏技や最新情報をセレクトして紹介します。ヤフーカテゴリ登録承認ブログ。リンクは自由に可です。

株で1億円・売りの原則

株の儲けを確実に手にするには、高値圏での売り方に秘密があった。

画像に含まれている可能性があるもの:1人


仕事&投資、お疲れさまでした。
北浜です。

株価が上昇し、評価益も増えた。

こうなったら、当然利食い売りを考えませんか。

もちろん答えは、YESですよね。

いつ売ってもよいのですから。

■株で作ろ1億円! 

株価が期待に答えてくれて上昇する。

こんなことはしょっ中はないものの、
時々はあります。

そんな時、どう対応してますか?

出来るだけ高いところで売りたい。

これが投資家に共通する願望になるはずです。

そして、できることなら最高値で、と。

でも私はそれを勧めていません。

その代りにお勧めしているのが、

  嬉しくなったら売る。

です。 特に、

  とても嬉しくなったら売る。

この実行を強く勧めています


すると「いいかげんな売り方を教えている」
「そんな心情的なことじゃなく、
もっとチャートを見るとかあるだろう」

などと言い出す人がいます。

確かに各種指標やチャートと相談するやり方はあります。
そしてそれらもそこそこ有効ではあります。

しかしとても嬉しくなったら売る、
以上ではありません。

そもそも株は、
最高値で売ることはないんです。

それは極限を目指すやり方だからです。

投資の世界で極限を目指すと、
最悪の場合、

すべてを失うことになりかねません。

無理をしてしまうからです。
それを考えると、

最高値で売ろうなんて考えないで、


適度に利が乗ったところで売る。
これでいいんです。

それを忘れると、

大失敗をしかねません。
少なくとも私の教室の生徒さんには

すべてを失うようなことになって欲しくないものです。

特に現在重要なのは、
信用取引のレバレッジを最大にする。

これは絶対避けて下さい。
これをやってしまうと、そのうち頭を抱え込むことになります。

そうなのです。

信用取引で利益が出ている時などは特に、

とても嬉しくなったら売る。

この実行は、不可欠とさえいえます。
必ず実行して下さい。


こんな売り方は情緒的で、
論理的ではない印象を与えかねません。

しかし実際は論理的な手法なのです。

ノーベル賞受賞者ハーバート・A・サイモン教授が唱えた「満足原理」という理論に基づくものであり、
いまでも有効なのです。

サイモン教授に言わせると、基本的には人間には3つの大きな限界、

(1)視野の限界、
(2)合理性の限界、
(3)働きかけの限界

があるため、未来を予測出来ないというのです。

そのために何が必要か。

満足原理。

これが必要だというのです。

具体的にはそれは、

ほどほどのところで満足する。

これが大事だというのです。

日本的な解釈では、

 腹八分目

こういうことになります。


⇒無料メルマガ(まぐまぐ殿堂入り認定)、
今日の動きを踏まえ、
明日の展開を読むのに役立つヒントや
お役立ち情報を配信します。
良かったら読者登録お願いします。


無料です。

メルマガ登録・解除

新年あけましておめでとうございます。今年も資金増に協力してくれる銘柄がなお多数あり。

2015年、始まりました。

昨年の東京市場は日経平均の上昇率が8%となり、
正直やや失望の展開となりました。

新しい年に入るからといって、全体が急激に好転するものではありませんが、
個々の対応次第によって資金を増やせるのが株式投資です。

今年も株価の上昇をはばむ様々な想定外、想定内のマイナス材料が出現するでしょうが、
それもまた市場には付き物であり、この点覚悟の上で投資に取り組みたいものです。

今年の相場は休み明けから始まるわけですけど、
世界市場は年末も休みなしであり、新年も今日一日休むだけで動いています。
否応なくグローバルな荒波世界に放り出されている私たちとしては、
株式投資をしている以上はあまりのんびり構えているわけにもいかないのが現実です。

ここは次第に緊張感を取り戻し、世界市場との対話に入りたいものです。

特に今年は米国経済がどうなるか。
この点の見極めがこれまで以上に大事になるため、
ぜひ米国の雇用関係の指標だけでなく、
経済全般、特に不動産関連の指標を注視する必要があると考えています。

なお株で自分年金作りの投資の基本策は押し目の待ち伏せ狙いです。
今年もこのシンプルな戦略戦術により着実に利益を増やす。
この目的を達成しましょう。
それに協力してくれる銘柄が東京市場にはまだ多数あります。



11月相場、嬉しい締めくくりになりました

11月相場、今日が最後でした。

日経平均の月足チャートは陽線。
これで3カ月連続です。

特に私は11月から年明け1月にかけては「黄金の3カ月」になることが多い。
今年も期待が持てる。

行く先々でこう言っているだけに、最初の月の11月が陽線になってくれのは嬉しい限りです。

ところで今日の上昇、OPECの総会で原油の減産で合意できなかったことが買い材料になりました。
原油価格の下落により世界経済、米国経済が好調になるだろうとの見方からドルが買われました。

ドル高=日本株高。

この公式がズバリと当てはまった相場だったといえます。

日経平均の211円高もなかなかでしたが、個別に見るととんでもない銘柄が続出でした。

値がさ株でそれは際立ち、


オリエンタルランド株 770円高、

任天堂株  440円高、

ダイキン株 329円高、

なんて派手な上昇ぶりでした。

トヨタ自動車株 167円高、

もかなり頑張って上がったのですが、値がさ株の圧倒的上昇ぶりに比べると見劣りしますね。

ともあれ、悲観的な見方が一挙に吹き飛ぶ素晴らしい週末月末相場でした。


引き続き、株で自分年金作るために、
「ありがとう株」を増やすチャレンジを続けたいですね。

日経平均わずか15・88円高でも、建設株の中に新値更新銘柄あり。


北浜流一郎 @kabuwakitahama 17 秒


今日の日経平均、わずか15・88円高。

前場弱含みだった円が、後場強含みになるにつれ上げ幅縮小でした。

追加金融緩和の気配がなかったことに失望したといえます。

ゴールデンウイークの谷間(?)とはいうものの、

米国市場の堅調さを考えるともう少し上がってもよかったのでは。

正直、愚痴りたくなるような展開でした。

4月最終日だっただけに、マイナスにならなかったのは歓迎できるものの、

あまりの元気のなさに落胆した人も多かったのでは。

ただキャノンやトヨタ自動車株は上昇でした。

この点が救いだったですね。

そしてもう一つ忘れてならないのが、

大林、

清水、

若築など建設株に新値更新する銘柄が見られたこと。

そして私の好きな銘柄ではヤクルトが。

これらは株で儲けて悠々人生、

自分年金作りには一条の光になってくれました。


⇒日本経済、増税の影響受けつつも緩やかな回復を継続=日銀総裁 | Reuters

成長株投資で資産形成するための専門性の高いメルマガです。
北浜の無料メルマガ。成長株投資で資産形成するための専門性の高いメルマガです。▼最新号を無料で読めます。こちらからどうぞ。⇒
■無料メルマガ、北浜流一郎の「一株開運」資金倍増株リッチ新聞最新号を読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
Profile


■成長株で自分年金作り ! の株プロセレクター
北浜流一郎 プロフィールはこちらです
携帯でも読める有料メルマガです。


■北浜の無料メールマガジン
■ブログの約束
「資金倍増」を毎日サポートします
■リンクフリーです
■当ブログはリンクフリーです。
当方に連絡も不要です。
お互い仕事がある身です。
よけいな手間、気遣いは無用です。
自由にご利用下さい。
■当ブログはヤフーカテゴリ登録認可サイトです
Yahoo! JAPAN
Archives
Amazonライブリンク
キャンペーン!!


Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ