株で稼ぎ続ける投資家になる法

株で1億円作り。達成するには大別して2つの方法があります。1つはデイトレなどの超短期投資によるもの。もう1つは数週間〜数カ月、銘柄によっては数年をかける中長期投資によるものです。私が詳しいのは後者。当ブログでは兼業で1億円達成を目指す個人投資家に、これまで多数の儲かる投資家を養成してきた実績を持つ私(北浜流一郎)が、「株で稼ぎ続け」悠々人生を楽しむのに欠かせない裏技や最新情報をセレクトして紹介します。ヤフーカテゴリ登録承認ブログ。リンクは自由に可です。

成長株投資楽勝マニュアル

兼業投資家も多彩です。

  1. 兼業サラリーマン投資家でも、あまりに特殊な分野の情報に強くても儲けられない。その業界では画期的な技術や商品でも、株式市場から見るとさほどインパクトのない製品だったりする。そのため仕事上入手した新製品情報などは、普遍性がどの程度あるか、世に出たらヒットしそうかしっかり予見したい。
  • 2時間前
    1. 兼業サラリーマン投資家の強みは、仕事との関わりで業界動向、商品、サービス市況などがよくわかることだ。知人で資源関連企業に勤めていた人がいたが、金属製品の価格動向に当然のことながら詳しく、資源エネルギー関連株で大儲けして余裕の定年退職をした。もっと勤めていたいぐらいだと言っていた。
  • 3時間前
    1. 兼業投資家と一口で言っても、内実に大きな違いがある。医師など士業、商店、不動産、マッサージや飲食店などの経営者、そしてサラリーマンだ。日中もっとも投資に時間を避けないのはもちろんサラリーマン。だからサラリーマン投資家はネット情報を見る時、こんな違いを見分けて参考にした方がよい。


      「以上の記事は 参考になった ! 」という場合はお手数ですが、
      下のブログランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

       ⇩⇩⇩⇩⇩ 

      人気ブログランキングへ⇦応援クリックで次回の投稿にも合が入ります。

    株で稼ぐ益取り48手。私の株価分析ソフト「卑弥呼の決断」は「反転の可能性高い」と予想してくれている。

    画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

    仕事&投資、お疲れさまでした。
    北浜です。

    日経平均、先週だけで1300円ほど下げたのに、
    まだ下げ足りなかったようで今日も続落。

    前場、上海市場が開くまでは上昇していたのに、
    同市場が下げるとともに失速でした。

    つまり東京市場は上海市場と二人三脚中
    ってことになります。

    ■株で作ろ1億円!!

    もういいかげんに脱上海市場になってもよいだろうに。

    個人的にはこう思います。
    しかし市場の民意はそうではない。

    となると、ここは上海市場が下げ止まるのを待つ。
    こうせざるを得ません。

    そのため私が使っている株価分析ソフト「卑弥呼の決断」の現状分析も、
    次のようになっています。

    −−−−−−−−ここから−−−−−−−−−−

    「お告げ度数 39」

    下降中です。いまは下降中ですが、お告げ度20〜40のこのゾーンで、
    相場が反転する確率大です。
    今後の推移を見守って下さい。
    特に直近の高値よりの下落期間が一カ月以上であれば、
    底入れ近しです。
    上昇波動入りは5日移動平均線と25日移動平均線の関係で、
    しっかり見極めましょう。

    −−−−−−−ここまで−−−−−−−−−−−

    3月末や8月はじめの下落局面でも、
    お告げ度数、評価ともに今回と同じようなものになっていただけに、
    今回も底入れは近いと見て良さそうです。

    現在のように下落一方になると、
    それがこの先止まるとはとても思えないものです。

    しかし止まることなく下げ続ける、
    なんてことは皆無ではないものの、
    滅多にないのです。

    では、どんなことで止まるのか。

    意外なことが切っ掛けになります。
    現在ならアマゾン株に好材料が出て急反発する、
    東京市場なら日銀がETFの買いを増やした、
    などのような材料が。

    いまはその出現を待ちたいというか、
    待てばよいということになります。

    北浜の3大有料メルマガ8月1日ご講読募集再開です。ご希望の方はご予約下さい。

    自動代替テキストはありません。

    ところで、

    「株で作ろ1億円」、順調ですか。

    残念ながら思わしい成果が上がっていない。

    こんな方がおられたら、
    私から提言です。

    ############################################################

    波乱の東京市場で数々のヒット銘柄を出してきた、
    北浜の3大有料メルマガ、8月ご講読、
    8月1日(水)から募集再開します。

    講読希望の方はご予約ください。

    ############################################################.

    8月相場、間もなくスタートです。

    7月6日から始まった回復相場にうまく乗っていますか。

    どうも思うように成果が上がっていない。
    こんな方がおられたらご提案です。

    波乱に右往左往させられるのではなく、
    「投資の真実」を知ることで、
    株で儲けて悠々人生の実現を目指しませんか。

    私の3大有料メルマガがお役に立ちます。

    ご講読ご希望の方は以下の3種類のメルマガの中から、
    自分の希望に合わせて選択、お申し込み下さい。
    (なおお申し込みいただく場合は、事前に必ずサンプル号をご覧下さい)

    どのメルマガも読者はほとんどが長期ご講読の方々です。

    ■株リッチ進化大学コース・有料メルマガ紹介

    ◎北浜流一郎の株リッチ進化大学★「損小利大」投資法で永続収入

    まぐまぐ版 最新号は7月30日(月)配信、
    次回8月6日(月)配信します。

    ⇒株リッチ進化大学★サンプル号を見る
    メルマガでは毎回、信長銘柄・秀吉銘柄・家康銘柄の紹介があり、
    買い適切ゾーン、撤退価格を表示しています。

    http://www.mag2.com/m/0001093203.html

    ■着実資産増をサポート、新興市場銘柄中心の希少有料メルマガ
    ◎北浜流一郎の鎌倉隠れ家オフィス特報

       新興市場銘柄で株リッチ

    http://foomii.com/00068

    最新号は7月26日(木)配信、次回号は8月2日(木)配信します。
    http://foomii.com/00068
    ⇒短縮URL:http://goo.gl/5kBRw

    このメルマガは従来以下のタイトルで配信してきたものです。

    北浜流一郎のコツコツ儲けて独立自尊
     新興市場銘柄 J-REIT&ETF蓄財術


    しかし1昨年6月からの鎌倉新事務所開設に伴い、

    北浜流一郎の鎌倉隠れ家オフィス特報

       新興市場銘柄で株リッチ

    http://foomii.com/00068

    に変わり、内容もバージョンアップしました。
    詳しくはぜひサンプルをご覧ください。


    ■逆転投資術コース・有料メルマガ紹介

    ◎北浜流一郎の逆転投資術!金泉銘柄で道は開らける

    http://foomii.com/00005/

    メルマガでは毎週月・水・金曜日に注目の「金泉3銘柄」を紹介。
    各銘柄には投資に適した水準、撤退価格などを明示してあります。

    最新号7月30日(月)配信、次回号8月1日(水)配信します。
    http://foomii.com/00005/

    お支払いは従来のクレジットカードに加え、銀行振込も出来るようになりました。
    ご自分のご都合に合わせてお選びください。

    なおどのメルマガも、読者のほとんどは長期でご講読いただいています。
    長いお付き合いが出来ている。
    これが私の願いでもありますので嬉しい限りなのですが、
    一方で期待を裏切らないよう相場見通し、
    銘柄選択などの精度を高めねばと常に意識しています。

    それが実際に市場の先見力、
    銘柄の的中率を高めてくれる要因ともなっていますので、
    すでにご講読の方々には心より感謝申し上げますとともに、
    新たにご講読を希望される方々のご期待を裏切らないよう
    執筆に取組みます。

    では、メルマガにはどんなことが書かれているのか。
    詳細については各メルマガの紹介やサンプルを
    お読みいただければ分かるようになっていますが、
    ここでかいつまんでポイントを紹介しておきますと、

    (1)私の長年の投資経験、
    そして儲かる投資家育成実績からまとめ上げた投資法に基づく、
    現状分析と今後の展開予想。

    (2)それに基づく対処法。投資データの独自活用によるもっとも有利な投資作戦の提言。

    (3)現状はもちろん近未来を見据えて選択した銘柄の紹介。

    などになります。特に銘柄は、中長期銘柄だけでなく、
    短期投資銘柄も紹介、つまり中長期、短期の二段構えの紹介となります。

    いつ何が起きるか分からないリスク多発の時代。
    そんな厳しい株式市場を生き抜き抜き、資金を増やすのに頼りになる武器。
    これが私の3大メルマガの使命となっています。

    「株で1億円作ろ」、原油関連株を手がける第一歩とは

    画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、木、屋外、自然

    仕事&投資、お疲れさまでした。
    北浜です。

    日経平均、28円安。
    小幅安とは言うものの、週末は上がってくれないと困りますね。
    土日があまり楽しくなくなるので。
    でも、22000円台はキープしているので良しとしましょう。

    ■株で1億円作ろ!

    最近、原油先物価格が上昇していますが、
    どんな銘柄に着目していますか。

    原油関連株に決まっていますよね。

    たとえば、
    国際石油開発帝石とか、
    石油資源開発、
    出光興産、
    昭和シェル
    JXTG
    コスモ
    などが。

    でも、実際にはそれらの周辺にもっと多くの関連株があります。

    しかもそれらの中には、原油を直接扱っている企業の株価より上昇する。
    こんな銘柄もありますので、
    領域を広げて銘柄を探したいですね。

    ただ原油関連株は、当然原油先物価格次第。
    こうなりますので、投資を考える場合は、

    まずは原油先物価格。
    この推移をウォッチングする。
    これが第一歩になります。

    原油関連株投資について語る時私が、

    「原油先物価格の推移を必ずチェックしておく必要があります」

    こういうと、5人の1人の割合で、

    「それはどうすれば分かるんですか?」

    こう聞かれます。

    原油先物価格の動きが分からないままに原油関連株を売買するなんて、
    正直驚いてしまいますが、
    知る気があれば、すぐ誰にでも分かることなので、
    必ず調べるようにしたいですね。

    具体的には、WTIの価格を調べます。
    WTIとはウエスト・テキサス・インターミディエートの略。

    西テキサス地方で産出される硫黄分が少なく、
    ガソリンを多く取り出せる高品質な原油のことで、
    その先物がニューヨークマーカンタイル取引所(NYMEX)で取引され、
    その価格が世界の石油市況を動かしているのです。

    WTIが上がれば関連企業株も上昇、下落すればそれに伴って下落、
    という具合に。

    その影響は前述した銘柄の周辺にも及ぶのが普通で、

    原油の取り扱いが多い三菱商事、

    原油関連のプラントに強い日揮や、
    石油施設などに使われている各種計器に強い横河電機も、
    ということになります。

    そしてそれをもっと広げると、
    東洋エンジニアリングや千代田化工に及びますし、
    日本郵船など海運株も投資対象になってきます。

    こんな具合に、WTIの原油先物価格が上昇することで、
    これだけの銘柄が上昇する可能性が高いだけに、
    WTI原油先物価格の動向は、

    どうなっているか、

    出来ることなら毎日、
    それが難しければ2〜3日に一回はチェックするようにしたいですね。

    私がいつも利用しているサイトは次です。

    https://nikkei225jp.com/oil/

    「株で1億円作ろ」、株と一時的爆撃との微妙な関係

    仕事&投資、お疲れさまでした。
    北浜です。

    米国防総省によると、米国、英国、フランス軍による今回の合同軍事行動では
    3カ国が計105発のミサイルを発射し、
    ダマスカス近郊の化学兵器研究施設や中部ホムスの保管施設など3カ所を破壊したとのこと。
    すでに爆撃は終っていますが、明日の東京市場はどんな反応を見せるでしょうかね。

    ■株で1億円作ろ!

    戦争と株価。
    一般的にはマイナス視されます。
    人類の生存を脅かす暴挙だからです。

    株式市場はそれを懸念して下げてしまう。
    こう見たいところですか、必ずしもそうなりません。

    戦争勃発により軍事関連企業はもちろん、
    多くの企業で各種製品やサービスの需要増となり、
    収益が膨らむからです。

    では、今回はどうか。

    短期間で攻撃が終ってしまったことで、
    戦争拡大期待高迎とはならないものの、
    企業収益や世界経済に与える影響がほとんどなかったことから、
    市場はそれを好感、続伸するのではないでしょうか。

    もちろんロシアが黙っていないとの見方もあるため、
    対ロシアとの関係悪化が懸念されるものの、
    プーチン大統領は利発であり、
    米英仏の3カ国を敵に回して戦うような愚行は冒さないはずです。

    もちろんこれは私の個人的な予想&観測ですが、
    いまはこんな視点から市場動向を見ておけば、
    まず大きな狂いはないといえます。

    それに5日移動平均線、25日移動平均線、
    ともに上昇トレンドを保っているのも安堵材料になります。
    ただ13週移動平均線は2月はじめ以降、ずっと下向きであり、
    この点頭の中に入れておきかいですね。

    「株で1億円作ろ」、今日もトレンドは味方になってくれました。

    画像に含まれている可能性があるもの:海、空、雲、水、ビーチ、屋外、自然


    仕事&投資、お疲れさまでした。
    北浜です。

    日経平均、107円安。
    昨日上昇した116円を完全に吹き飛ばした格好になりました。
    米国市場がNYダウ、NASDAQともに大幅だったことを考えると、
    東京市場も素直に好感高してもおかしくなかったのですけどねえ・・・。

    ■株で1億円作ろ!

    もちろん下落の説明はつきます。

    米国市場の上昇要因となった買い材料は、
    すでに東京市場は株価に折り込んでいた・・と。

    確かにこれでかなり説明はつくものの、
    昨日の東京市場の上げ幅は110円に過ぎませんでした。

    ところが米国市場はNYダウ428ドル高、NASDAQ143ポイント高。
    かなり大幅高でした。

    こんな比べ方をすると、東京市場の上昇力は極めて弱い。
    こうなりそうですが、実際は違います。

    大事な回復トレンドに異変は生じていません。

    目先のトレンドを表示する5日移動平均線、
    そして短期のそれを表示する25日移動平均線はともに上昇トレンドをキープしています。

    これらが下向きに転じると楽観はしておれないのですが、
    いまのところは一時的な反落。
    こう見てよい状況であり、ここは引き続き落ち着いて株と取り組みたいですね。

    熱心に取り組めば成果が上がりやすくなるのが株式投資ですので。


    ネガティブ材料も日々薄らぐ

    画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、木、空、屋外、自然

    仕事&投資、お疲れさまでした。
    北浜です。

    日経平均、116円高。
    昨日は110円高だったので、
    ほぼ同程度上昇したことになります。
    米中貿易摩擦懸念をある程度株価に折り込んだ結果といえます。

    ■株で1億円作ろ!

    次々とネガティブ材料が浮上しては消えていく株式市場ですが、
    それに対する市場の反応は次第に鈍くなってきます。

    われわれが最初に激辛食品を口にした時、
    最初は思わず吐き出したり、水で飲み込んだりしますが、
    幾度も口にしているうちに次第になれ、
    ついには美味と思うようになり、
    さらに食べたくなったりします。

    つまり馴れて来ます。

    株式市場も同様で、米中貿易摩擦に関するネガティブ材料も刺激性が低下する。
    こうなるわけで、昨日、今日の日経平均連騰はその典型的な具現化といえます。

    そのため投資で勝利するには、
    この点をいつも頭に入れて売買するようにしたいですね。

    あるネガティブ材料で市場が大きく下げたら、
    その材料も次第に影響力を失うため、
    それを待つ。

    こんな対応ができるようになります。

    当たり前のようなことであり、特に優れたことをしているようには思えないものの、
    実際の投資では、この当たり前のことが出来なくなり、
    回復を待てずに、安いところで持株を手放してしまう。

    こうなってしまいます。

    それを避けるには、
    大抵のネガティブ材料は日が経つにつれにつれ日々影響力を失う。
    これを思い出し、しばらく我慢した方が成功確率が高くなります。

    「株で1億円作ろ」、東京市場、順行相場に変わりつつあるようだ。

    日経平均110円高。

    神経質な市場なので、今日の下落は避けがたい。
    こう予見される一方で、プラス予想もありました。

    結果は後者になってくれて安堵でした。

    ■株で1億円作ろ!

    なんと言っても歓迎したいのは、
    下落要因となるはずの米国による対中1000億ドル(約10兆円)制裁課税方針、
    東京市場ではこれはすでに先週末、売り要因になったことです。

    同じ材料で今日も下げてしまうなら、
    東京市場は相当神経質になっている。
    こういうことになりますが、
    実際そうなることも想定はしていました。

    驚くほど神経質というか、過敏な反応をする東京市場ですから。

    しかし今日の実際の動きはそうはならなかったのです。

    米国市場の週末は大幅安だったにも関わらず、
    東京市場が下げなかった。

    これは前述したように、米の対中制裁関税強化案はすでに東京市場は消化済みだった。
    こういうことですので、東京市場は一度消化した材料がまた売り材料になったりしない、
    という株式市場のあるべき姿を見せてくれたことになります。

    これは市場として、当たり前の反応をしたということであり、
    平常の動きに戻りつつある。
    こう解釈できます。

    状況が悪ければ、一度消化したはずの材料を蒸し返し、
    また新たな売りが出て、さらにさげてしまう。

    こうなりがちです。

    しかし今日はそうはならなっかことに意味があり、
    投資しやすい状況になって来ている。
    こういえますので、ここはしっかり対応したいですね。


    波乱相場だからこそ守りたいマイルール

    東京市場もなかなか落ち着きませんが、
    米国市場も同様です。

    先週末のNYダウは572・46ドル安。

    派手に下げてしまいました。

    明日の東京市場も無事ではいられそうにないですね。

    ■株で1億円作ろ!

    こんな相場になった場合、
    私が気になるのは、投資ルールのキープ。
    これがいいかげんになってしまう投資家さんが急増することです。

    私は電話相談、そしてセミナーのあとなどは直接色々ご相談を受けていますので、
    ポートフォリオの見直し、塩漬け株の処理法などについてご相談を受けるのですが、
    最近では、私が提案し、ご相談者も守るつりりでいた自分ルールを、
    守れていない。
    こんな方が急増してしまいます。

    順調に上昇中だった銘柄が、
    急落したりすると誰しも慌てます。

    そのためマイナス5%で損きりする。

    こう決めていても、市場環境がよい時には実行できても、
    状況が厳しくなると、こんな厳しい時なのだからマイナス10%まではよいか・・・、
    なんてことになってしまいます。

    でも、これは結局は損失の拡大になっていまいます。

    このようなことからいまいえるのは、
    状況が厳しい時だからこそ、
    Myルールを厳守した方がよい。

    これになります。


    「株で1億円作ろ」、困ったものです。大手証券の投資判断引き下げ。

    画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、花、屋外

    仕事&投資、お疲れさまでした。
    北浜です。

    今日の日経平均は27円高。
    新年度に入りはじめての上昇です。
    それがわずか27円には、あと100円くらい上乗せがあってもよかったんじゃないか。
    こう言いたくなりますが、ここは下げるよりはマシってことで容認です。

    ■株で1億円作ろ!

    今日の東京市場で顕著な動きだったのは、

    昭和電工、

    寄付きから窓を空けて売られ、
    昨日より635円安、14・02%の下落率になりました。

    何が起きたのか。

    正直すぐには分かりませんでしたが、
    原因はよくあることでした。

    野村証券が昨日3日付けで投資判断を、

    「バイ」から「ニュートラル」に、
    目標株価も6700円から4700円に引き下げたのです。

    これは対応のしようがないので、
    実に困りますね。

    まさにある日突然大手証券が投資判断を引き下げるのですから、
    影響は絶大、まず間違いなく下げますからね。

    対象になりやすいのは数種類あって、

    (1)どんどん上がっているところで高値で軟調な動きになっている。

    (2)急落したあとなんとか戻すものの、パワーがない。

    (3)自社が目標としていた株価をはるかに越えて格好がつかない。

    (4)自社が目標としていた銘柄になかなか届かず、今後も届く見通しが立たない。

    私が特に注視しているのが以上の4種類です。

    ただ問題は対処法ですが、前述したように有効なそれはないので、
    急落したらそこで慌てて売るのではなく、
    そこは踏ん張り、
    下げるところまで下げたところで逆に買いに回る。

    (大手証券が、株価を急落させるようなレポートを出すなよ、と内心で文句言いながら)

    こうした方が下落による損失を幾分かカバーできます。

    成長株投資で資産形成するためのメルマガです。▼最新号を無料で読めます。こちらからどうぞ。⇒
    ■無料メルマガ、北浜流一郎の「一株開運」資金倍増株リッチ新聞最新号を読む
    スポンサードリンク
    スポンサードリンク
    QRコード
    QRコード
    Amazonライブリンク
    Profile


    ■成長株で自分年金作り ! の株プロセレクター
    北浜流一郎 プロフィールはこちらです
    携帯でも読める有料メルマガです。


    ■北浜の無料メールマガジン
    ■ブログの約束
    「資金倍増」を毎日サポートします
    ■リンクフリーです
    ■当ブログはリンクフリーです。
    当方に連絡も不要です。
    お互い仕事がある身です。
    よけいな手間、気遣いは無用です。
    自由にご利用下さい。
    ■当ブログはヤフーカテゴリ登録認可サイトです
    Yahoo! JAPAN
    Archives
    Amazonライブリンク
    キャンペーン!!


    Amazonライブリンク
    • ライブドアブログ