2007年04月30日

大阪フィル 星空コンサート

星コン昨日は第二回星空コンサートに行ってきた。
去年の教訓から、少し早めに行って前の方で聴こうとしたR33。
最初は午前中から並んでやろうと意欲をみなぎらせていたが、すぐにダラダラ病発症。ようやく15時頃に大阪城に行く。
するとなんと行列ではないかっ。
しかも堀の外にまでつながっているし。
帰ろ(死)。
とも思ったが、去年を上回る総勢7人の軍団のことを考えるとそうもいかず、炎天下、一人でつまんなそうに列に並ぶ。
列に並んで簡単なメールを打って振り返ると、最後尾はあっと言う間に50メートル以上延伸していた。
無料となるとみんな違いますなぁ・・・ ←オレもか(卍)
しかもこれはチケット購入の為の行列で、この後の場所取りの為の行列はもっと厳しく孤独な闘いとなったのであった。
西の丸庭園入り口から天守閣を遥かに超える長蛇の列に一人。
ゴザを引いておにぎりを食べたり、昼寝したり、「運命」のことを「本当は行進曲第5番と言うんだヨ」などという間違ったゴシップが飛び交う中にいると、なんだか難民キャンプにいるような気分であった。
と、まぁ、これくらい書いておけば場所取りの苦労も伝わるだろう。
他の6名の参加者の方、読んでる?
うっしっし・・・。

演奏会は今年もバーンスタインの「キャンディード」序曲で始まった。二年連続この作品にこだわったのは、やはり師匠への思いだろうか。
二曲目はドヴォルザークの交響曲第9番から終楽章。
去年は二楽章をやったのだが、ああいう屋外でのコンサートで二楽章はちょっとイタかった。それを反省して今年は終楽章にしたのかなぁ。来年は三楽章か・・・?
三曲目は注目の「青きドナウ」である。
ウィンナ・ワルツの印象の無い大植氏がどんな演奏をするのか興味深かったのだが、アゴーギグがすごかった。冒頭とかもじわっと溜めながら出て行くので「ヨハン・おも〜い・シュトラウス」状態。こういう作品は理屈抜きに流麗にやった方がいいのではないだろうか。
その後もサン=サーンスの序奏とロンド・カプリチオーソ、J・ウィリアムスの「E.T.」のテーマ、ボレロと名曲がズラリと並ぶゴージャスさ。
プログラム最後は去年もやった定番、1812年。
こういう作品は大植氏は文句なしにうまい。緩急自在のテンポで作品の劇的な要素をガンガンにあぶり出していた。去年はクライマックスでPAシステムがダウンしてしまったのだが、今年はそれも無事乗り切る。客席後方に配したバンダが加わったフィナーレでは、ステージから遠いせいか、バンダとオケが全然合わなかった(笑)。しかしすごいのはそれでも聴かせた、ということ。総奏するオケ本体にふたつのバンダが加わり、大砲が鳴り響く音の大伽藍は迫力満点。この作品の規格外な構想が素晴らしく表現されていた。これを聴いて、演奏のキズなんてのは大した問題でない、と改めて実感する。
アンコールは「ウィリアム・テル」序曲からスイス軍の行進と日本の童謡、最後に八木節の素晴らしい爆演で締めくくった。アンコールまで含めて素晴らしいプログラムだった。

今回、プリンス・オブ・王子氏が女性陣目当てに参加した。
繰り返す。ただ単に女性陣に会いたいだけで、彼は来た。
しかし彼はいつしか大植氏の熱演に引き込まれていた。それは隣りで聴いていても、よくわかった。特に音楽に興味がある訳でも無く、今回初めてオーケストラを聴いたという王子氏だが、終演後に尋ねると「楽しかった」「また来たい」と言ってくれたのが嬉しかった。




バーンスタイン    キャンディード序曲
ドヴォルザーク    交響曲第9番〜終楽章
J・シュトラウス供 “しく青きドナウ
サン=サーンス   序奏とロンド・カプリチオーソ
J・ウィリアムス    E.T.〜フライングシーン
ラヴェル        ボレロ
チャイコフスキー   1812年

アンコール
ロッシーニ      ウィリアムテル序曲〜フィナーレ
夕焼けこやけ〜七つの子〜ふるさと
八木節




大植英次/大阪po








関淳一大阪市長の「ありがとう!エイジっ!」のハイテンションぶりに10点さしあげ。
今度からオレも「エイジ!」と呼ぶことにしよう。




また来年。






ormandy at 06:36│Comments(8)コンサート 

この記事へのトラックバック

1. 星空コンサート  [ 春&秋&海 ]   2007年05月03日 20:49
大阪城西の丸庭園にて行われた、大阪野外芸術フェスティバル2007 大阪フィルハ

この記事へのコメント

1. Posted by ピースうさぎ   2007年04月30日 08:21
おはようございます。

大阪フィル、元気ですね。

初めてオケを聴く人が「良かった」と言ってくれる時って本当に嬉しいですよね。

大植さんの指揮で聴いてみたいなあ。
2. Posted by リベラ33   2007年04月30日 08:43
ピースうさぎさん、まいどです。
王子の感想は本当に嬉しかったですねぇ。彼の人生といえばパチンコ、AV、風俗・・・、とまぁ、下世話なものばかりなのですが、まさかあんなに真剣に聴き込むとは思ってもいませんでした。また廉価なチケットがあれば誘ってみようと思います。
3. Posted by 佐都   2007年04月30日 12:02
大変お疲れ様でございましたm(_ _)m
リベラ33さんの苦労はよ〜く判りましてございます。有難うございました。
野外でクラシック、イケますね。来年も行きたいです!
4. Posted by リベラ33   2007年04月30日 12:08
佐都さん、まいどです。
わかってくれましたか。僕の苦労を。
一気に日焼けして顔真っ赤です(死)。
来年もみな元気で再会しましょう。
5. Posted by ららはな   2007年05月01日 14:23
最初のキャンディード序曲と最後の1812年は星空コンサートの定番の曲にしたいという意向だそうです。
大フィルの事務局の人が言っていました。
なんと言ってもこの序曲は大植さんの為だけにバーンスタインが編曲して楽譜をあげた曲ですからねー。
あと私も15時前から一人でずーっと並んでまして、孤独でした・・(笑)
皆はやく来い!と思って、暑いなか一人で待ってたので、とてもお気持ちがわかりました。

6. Posted by リベラ33   2007年05月01日 17:21
ららはなさん、はじめまして。
キャンディードは師匠からの贈り物だったのですか。ちょっと感動。とても詳しいことをご存知なんですね。
待っている時間って長いですよね。本でも読もうかと思ったのですがまぶしいし、トイレに行こうにも相方がいないといけませんし・・・。
来年も覚悟で臨みますぞよ。
7. Posted by つと   2007年05月03日 20:48
コメ、遅すぎてすみません。
記事は拝読していたのですが(汗)

のんびりと参加させていただいたヤツです。あの暑い中の行列、本当に有難うございました(深謝)

また来年、聴きに行きたいデス。
8. Posted by リベラ33   2007年05月03日 23:52
つとさん、まいどです。
ホントはもっと早く行ってイス席を確保したかったのですが、場所取りは一人では難しいですからねぇ。あれが限界でした。申し訳ない。
でもまーまーの場所でしたね。
来年は「エイジ!」と呼べる位置狙いマス。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔