2004年08月17日

面接の進め方、ここが要注意!

このページでは、会社の人財と成り得る方を
面接でいかに絞っていくのか、そんな考え方
や留意点等についてお話ししていきたいと
考えています。

まだまだ中途半端なんですが、
今後の私のドメイン業務に
していきたいと実は考えているんです。はい。

で、先ずは手始めに。
こんな質問、よく受けるんですよ。
と言う事で、Q&Aです。

Q:面接を行う場合、応募者に聞いてはいけない
  質問があるそうですが、具体的にどのような
  質問が不適切とされるのでしょうか。

A:採用のための面接や試験において、
  本人の適性や能力に関係のない質問をしたり、  作文を書かせたり、書類を提出させたり
  することは、基本的人権の侵害、就職差別に
  つながるおそれがあるため、慎まなければ
  ならないとされています。

  具体的に、面接時に聞いてはいけないと
  される質問には、次のようなものがあります。

  1)本籍や出身地に関すること
   1.本籍(出身地)はどこですか。
   2.生まれてからずっと現住所に
     住んでいるのですか。
   3.自宅は、○○町のどの辺りですか。
   4.住所の略図を書いてください。

  2)家族の状況に関すること
   1.お父さんの職業は何ですか。
   2.お父さんの勤務先・役職を
     教えてください。
   3.兄弟(姉妹)は何をしていますか。
   4.家業は何ですか。
   5.両親の学歴を教えてください。
   6.お父さんの死因を教えてください。

  3)家庭環境に関すること
   1.持ち家ですか、借家ですか。
   2.自分の部屋を持っていますか。
   3.山林、田畑はどれくらいありますか。
   4.学費は誰が出しましたか。

  4)思想、信教などに関すること
   1.支持する政党はありますか
    (どの政党を支持しますか)。
   2.労働組合運動をどう思いますか。
   3.宗教は何ですか。
   4.愛読書は何ですか。
   5.人生観を教えてください。

  5)女性だけに限った特別な質問
   (セクハラ質問)
   1.結婚後も働き続けますか。
   2.何歳くらいまでに結婚したいですか。
   3.彼氏(恋人)はいますか。
   4.結婚していますか、まだですか。
   5.夫が転勤しても働き続けますか。
   6.定年まで働くつもりはありますか。
   7.お茶くみをどう思いますか。
   8.スリーサイズを教えてください。

皆さん、どうですか?
何気なく質問していたりしませんか?
後日、適性検査についてお話したいと
思っています。宜しければ、ご覧ください。
  

Posted by ororo1 at 16:53Comments(0)TrackBack(0)