目指せ!楽しくフルマラソン!!

楽しくフルマラソン!!を目標にしています。 初レースは2008年1月 矢作川マラソン。

東京マラソン2013 参戦記。素晴らしい出会いに感動!!

今年も参戦。
東京マラソン2013!

前日の土曜日にマラソンエキスポで受付を済ませ
宿泊先の新宿 京王プラザホテルに移動。

去年と同じ27階。マラソンスタート位置のやや前方。
この部屋って神憑り的空間なんですよねー・・

やっぱ東京マラソンの醍醐味は このホテルに泊まる
事だなぁーって 眼下に佇む 日本が一つになる空間を
改めて見つめる。

部屋で荷物の整理していると携帯にメールが・・
駒沢の かのっちからのメールだ。

今年も会う事になっている 国際資格のある女性ランナーだ。
彼女もエキスポで受付を済まし京王プラザに向かって
いるとの事。

ホテルのロビー横のエリートランナー受付前で待ち合わせを
していた。

このホテルは東京マラソンのオフィシャルホテルに指定されて
いて 招待選手、大会役員、報道陣の宿泊先となっている。

しばらくして 洗練された知的美人 かのっちが登場。

どの喫茶スペースにするか迷いエレベーターホールに居る時に
コニカミノルタの松宮選手に遭遇。

かのっちは普通に「頑張ってくださいネっ♪」って声をかけ
松宮選手も普通に「はぃ ありがとうございます」と

おー 物怖じしないなぁー さすが国際ランナー かのっち!

喫茶コーナーに移動して かのっちお手製のチーズケーキ
をお土産として手渡される。
フルマラソンの前日に早起きしてチーズケーキを焼いて
くれるなんて メチャ感動です!

お茶をしながらの話題と言えば名古屋ウィメンズマラソンの
走り方につてい・・・

あっと言う間に時間は過ぎてしまいます。
明日のマラソンのスタート時間が早いので そろそろお開き。


翌日・・・

東京マラソン本番の朝。
ホテルの朝食会場へ行ってみると招待選手がわんさか・・
ケニア、エチオピアの男女ほぼ全ての選手が近くのテーブルで普通に朝食を
摂っているんです。
当たり前に興奮します。だって この中の誰かが優勝する
ワケですからねっ! さすが京王プラザ。グレート!

朝食を済ませて 身支度を整えていると
かのっちから待ち合わせ場所のメールが入り急いで集合場所へ。

駒沢の皆さんと久々の再会です。

しんちゃん 池さん 坪さん タカさん みんな元気そう。
しばしの談笑。

しんちゃんは知り合いの野尻あずさちゃんをメインに応援
するようです。

都庁スタート位置に移動中に「かのっーち」と声を掛けられました
振り向くと そこに大会役員id カードを首から下げた紳士が・・

なんと学習院大学陸上部の津田 元監督です!
あの公務員ランナー『川内優輝』を世界レベルの選手にした
名監督です。

川内選手は特定の団体には所属せず 独りで練習をしていると
報道されてますが 実は駒沢公園で津田監督の指導を受けて
いるのです。

かのっちも津田監督に指導を受けている関係で親交があるのです。

「今日はどんな走りするの?」
「ナゴヤに向けてのペース走で30キロまでです」
「あーそっか」

なんて言葉を業界の重鎮と交わしてます。もービックリするばかり・・・

かのっちも川内選手に「走り過ぎじゃないのぉぉ」「あっはいっ」と言った
やりとりとかがあると聞いて またビックリ。


スタートのブロックは人で溢れていますが かのっちは物怖じもせずに
「はーぃゴメンなさぁーい」と言って前へ前へと行ってしまいます。
自分もビクビクしながらついて行きます いや ついていくしか・・・
 
そして号砲!
東京マラソン名物のハート型の紙吹雪が宙を舞います。
毎回キャッチしようとしますが 今回も上手にはいきません。
しかーし、かのっちが上手にキャッチしてくれました。
キロ3分チョイで走りながら 紙吹雪キャッチなんて スゴイ!

コースも日比谷から南下して品川に向かうと 折り返してくる
エリートランナーとすれ違います。

そこで尾崎選手と女子トップ争いをしている野尻あずさ選手が
 かのっちの「あずさちゃーーん」の声援に反応したのです。
エリートランナーが一般の声援に応える事なんてないですから
一緒に走ってる自分も元気をもらいました。
一般ランナーと言っても かのっちと野尻選手は友達ですから
自然なんでしょうが・・・・

かのっちのペースについて行けなくなり品川辺りで撃沈・・・
自分にとっての東京マラソン2013終了です。

今回も大撃沈でしたが過去大会の→東京マラソン2010年では
レース中に昼寝をしてしまいました。笑いネタにどうぞぉ・・・

写真満載の→東京マラソン2012年は走ってる側の貴重ショットです。

今回が最後の東京マラソンになるかもですが 楽しかったです♪





東京マラソン2013 の裏側・・・・

『東京マラソン2013』の先行エントリーに当選!!

東京マラソン2010 東京マラソン2012 に続き3回目。

今回の先行プレミアム枠3、000人に対しプレミアム会員
の申し込みが24、472人。
年会費4200円の有料会員でさえ当選倍率は8倍を超えた・・

皮肉な事にランニング&レースも止めてしまったのに 東京マラソン
の有料会員が自動継続になっていた関係でのエントリー&当選・・・
(落選したプレミアムランナーの皆さん・・申し訳ありません・・・・・)


ところで 東京マラソンの当選確率って公平なの?
よく話題になるランニング界の素朴な疑問。

※(ここからは独自情報による憶測含む)

最初に結論!
自分が主催者なら絶対に公平な抽選はしない。

1.タイム割りの一定人数で抽選する。
理由は明確で エリートランナーと一般ランナーと
の間が空きすぎると応援側がシラケる。
スタートからゴールまでのランナー密度を一定に
しないとエイド渋滞 カーブやコーナーで事故が
起こる可能性が高い。
なのでサブスリーランナーは絶対に当選させます!
その裏付けとして 一般的なサブスリー比率は
4〜5%程度といわれているのに東京マラソンでは
6%のサブスリーランナーが当選しています。
つまりサブスリー&自称サブスリーランナーは当確!!

2.地域当選枠はスポンサーホテルのキャパ程度。
よく言われているのが地方ランナー優位の噂。
東京マラソンにもスポンサーホテルが存在する。
スタート付近はランナー以外立ち入り禁止となり
道路も封鎖される。
当然 普段以上の稼働率を約束しないと単なる
営業妨害となるから主催者としては集客保障をする。
東京都内参加の38%を引いた21、000人と同行者
の宿泊と食事が約束される。この辺がホテル枠かも。

3.オフィシャルスポンサー枠の存在。
東京マラソンには多くのスポンサーが存在する。
特別協賛と協賛が各1社。その他15社程度の固定
(一部持ち回りスポンサー)が大会を支えている。
アナウンサーや芸能人枠が存在するようにスポンサー枠
があり 強力スポンサーの社員が出場している。
この枠は35、000人から外す必要があるので実際は主催者が
発表する以上の倍率になっている。
スポンサー枠のある知人の知人は労せずして参加してます。

4.当選しないランナー?は毎回当選しない・・
東京マラソンの抽選に すべて落選しているランナーが多い中
自分の知人で 過去の東京マラソンを全て走っている強者がいる。
そのエントリーの中身を聞くと「なるほどねー」って感じの内容。
( ちなみに自分は陸連登録通りエントリーしてます)
独自の調査と憶測によると 各ブロック30分刻みで分割抽選した時
のEブロック(4〜4.5時間)Gブロック(5〜5.5時間)が 他のブロックの
2〜2.5倍の人数になっているので その辺りの持ちタイムのランナー
は当選倍率が違うはず。

以上。書けない事が多いので この辺で・・・




ナゴヤウィメンズマラソン 前夜の女子会に潜入!!

前日の土曜昼に 東京から名古屋入りした駒沢JCの
かのっち&エミちゃんと名古屋駅で合流。

カーボローディングに予定していた名古屋メシの定番 
あんかけスパの店に・・

その後 マラソン受付会場の名古屋観光ホテルに移動。
この2人 マラソンの国際資格を持つエリートランナーなんです。

受付完了後 2人は明日のスペシャルドリンク作りのため
一旦ホテルに。

そうそう
今夜6時から始まる 別便で名古屋入りする駒沢の美ジョガーを中心とした 
総勢13人での女子会に参加させてもらう事になってました。

駒沢のランナーさん達は美人揃いで定評があります!
そして美女に囲まれての女子会スタート・・・

とても楽しかったです♪
(写真は本人の同意を取り忘れたので掲載断念)


翌朝。 いよいよ
ウィメンズマラソン当日。

今回は出走ランナーが超豪華版!
女子の片隅でハーフなんか走ってる場合じゃありません。

スタート前

120311_082311
120311_084156


そして9時10分に女子だけのフルがスタート。
その1時間後に今回エントリーしたハーフスタート。

しばらく走っていると

マラソン解説のカリスマ 『金哲彦さん』を発見し暫く併走。
キロあたり4分10秒を正確に刻んでます。
ちょっと遅いペースだったので金さんをパスさせてもらいました。

120311_102908


反対車線をトップランナー通過。
120311_112313


尾崎選手通過。勝負どころを探ってますねー
120311_112329



渋井選手通過。これだけ至近距離で見られるなんて 贅沢!
120311_112345


赤羽選手通過。
120311_112417




ほとんど歩いてる一般女子ランナー
(ティファニーランナー?)
120311_115745

フル出走の女子15000人がスタートした1時間後が オマケ大会となる
男子のハーフレースのスタートです。
予想通り 4キロ先で女子後方に追い付くと そこはレースとは別世界
・・歩け歩け大会の大渋滞です。

写真は20キロ地点ですが
追い越すスペースなんかありません!
「どこ走ってんの!危ないでしょっ!!」
と女子ランナーから何度怒鳴られたことか

ギネスに掲載したいばかりの苦肉の策『ティファニー作戦』・・
失敗ですね・・・












livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ