2012年01月11日

ロボジー試写会

毎度。

てか、明けましておめでとうございます。
いわしです。

放置しすぎて、ブログの存在を忘れられてますが、
細々書いていきますので、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

試写会「ロボジー」

robo

矢口監督です。「ウォーターボーイズ」とか「ハッピーフライト」の。
ストーリーはいたってカンタン。
企業広告目的にロボット開発していた木村電器。
ロボット発表直前にロボット大破。
なもんでその場しのぎでおじいちゃんをロボットに入れちゃうっていう、
オバカな話です。
木村電器でロッボット作成している社員には
濱田岳がいます。
濱田岳好きです。
ロボットオタクの大学生には吉高由里子。
この作品で初めて吉高由里子の演技が上手いと思った。
こんなのもできるんや。と。

普通に楽しめる作品かと思います。
正月ですしね。こんな作品でくすっと笑っちゃうのもありかと。
映画館に行く程の大作ではないけどね。

試写会後はトリックアート展に行って、
住吉大社でお参り。。。


お参り。。。



境内が閉まってる。。。




参る事も許されず、おみくじさえも引けないっていう。。。
今年の運勢。


ちーん。






osaka_iwashi at 10:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画のこと 

2011年12月19日

スカパラパラパラパラダイス!

毎度。

THE MANZAIは私的には千鳥。
次はナイツ。いわしです。

千鳥の白平!見事に私ははまりました。
ナイツものりPネタでぶっ込んできて、
一人大爆笑っす。
M-1なくなって、なんだか寂しい年末だとも思ってたけど、
漫才ってやっぱおもろいな。
来年またお笑い熱復活させよ。

ほんでスカパラライブに岸和田まで。

今年見納めスカパラなんで、
暴れ散らしてきました。
汗だくだくだくです。楽しすぎて色んな汁出ました。
「All Good Ska is One」は知らない客同士、
肩組んで最高にPEACEFUL!!!!!
まさに絆!
そして、ルパンがひっさびさに聴けて、上がったね。
あぁ、楽しい事ってしんどい事や辛い事があるから
倍増になるのよね。そして長くは続かない!
でも楽しい事を欲しがる体!中毒だな。
自分、来年もスカパラの兄貴について行くっす!!




osaka_iwashi at 09:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月02日

師走!

毎度。

あごにニキビ・・・もとい、吹き出物。いわしです。

師走だ。
今年も後1ヶ月。
やり残した事は、ありませんか?
私は山盛りあります。毎年です。
あーやりたいこと全部やろう!と思って、
1日は映画の日なんで映画を見に行く。
時間的にビンゴだった

「アントキノイノチ」を見る。
antokino

さだまさし原作。原作は読んでません。
遺品整理業という仕事を通じて岡田君演じる杏平と榮倉奈々演じるゆきが
「命」の重さと尊さを徐々に感じ、
人と人との繋がりの大切さを知る。
ザ★さだまさし。
高校時代、友を殺したことをきっかけに杏平は壊れる。
吃音持ちの役を
岡田くんが元々持つあの独特なハニカミ顔と雰囲気が
見事にマッチして演じきってました。
榮倉奈々も過去に起きた惨い出来事を背負って
今を彷徨いながら生きる役をしっかり出してましたね。
思っていた以上に、役者が良かった。全員。
遺品整理業の先輩の原田泰造。。。もう役者じゃないすか。
芸人はホンマに上手い人は上手い。
コント芸人は特に。

全力で泣かせてくるんだろうと、
ハンカチーフを手に見ました。
原作を全く知らないので、最後は泣くしかできない。
役者が良かっただけに。。。お涙頂戴過ぎ?
うーん。うーん。
こりゃ賛否両論の映画だな。

杏平の高校時代の過去での
友達の死は、ホラーですね。わたしはすごく引き込まれましたけど。
染谷将太ってああいう役多い様な。
過去が重くて、全体的にホラーです。
ゆきの過去も流さず同等にして欲しかった。

まぁ、監督脚本の問題で、役者はとても良かったです。

闘魂注入していただきたい。

たっぷり泣いたので、
泣き顔で街を歩くと、なんか自分が男にフラれて
泣いてたんじゃないかって
思われてんじゃないかって、
恥ずかしいと思ったけど、
なんかフラれて泣くとか、やってねーなと思って
それもいいな。なんて思って、変な余韻に浸りました。

12月かぁ〜はえーな。



osaka_iwashi at 11:01|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2011年11月24日

蜷川実花・蜷川宏子二人展とサルサライブ

毎度。

寒い!道産子でも寒いのです。いわしです。

「蜷川実花・蜷川宏子二人展」へ
ninamika
HEP HALLで開催中。

なかり良い。
母娘ってこんなにも深く繋がれているのか。。。と
思える作品の数々です。
濃厚で華やかな色使い。
私は派手好きなんで、かなり好きなんですよね。
蜷川実花の写真が好きで、製造中止のAGFA ULTRAのフィルムを
ネットで取り寄せて写真を撮ってるくらい。
母である宏子さんはパッチワーク・キルト作家。
その繊細可憐な二人の作品、コラボレーションは
心が満たされて、幸せな気持ちになります。

パッチワークのいろんな柄を見て、
私こんな柄が好き!!なんて一人で見ながら思ったりして
一人遊び。

とてもおすすめなので是非!!

からの。。。京都時代の時の先輩に誘われ
サルサライブへ!

サルサってめっちゃ楽しい!!!!
なんせ演者のみなさまが楽しそうなので
こっちもニコニコになります。
ラテン音楽ってなんて陽気!
私もボンゴをやりたくなった〜!!
ボンゴを演奏していた女性に、
演奏中気になりまくっていた
「手のひらはどうなっているのか?」という疑問を
ぶつけて、手のひらを見せてもらったけど、
関節部分がカチカチ!手も楽器化!
楽器出来るって素晴らしい★ 

もっとラテン系を聴いてみよっと♪ 
陽気になりた〜い!

osaka_iwashi at 13:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月21日

曽爾高原へ

毎度。

昨晩チャリで帰宅中、
対抗チャリ3台連続男女2ケツのラブラブロード!

ちくしょー!背中が寒いぜ!!

あ、私、チャリを漕いでる設定に。。。いわしです。

曽爾高原へ。

soni01soni03soni02
soni04

行った事無かったんですが、
ススキがすごーいよ〜★
ナウシカナウシカ。
ラン♪ランララランラン♪
かくれんぼできちゃうよ。
秋を堪能だねぇ。

ススキの山をちょっとしたハイキングな感じで
登ってった先で雨に降られるっていう。
寒い。。。
すすきもシュンとしてしまいますがな。
でも遠くの方で光がファーっと差しててキレイでした。

まだまだ知らない土地が多くて、
なんだか日本って広いよなって、一人でしみじみしたね。
いろんなところに行きたいな〜。

最近、私自身向上意欲が無いので、
もっとアクティブにならなきゃっ!!!!

horumon

〆は亀山のホルモンうどん。


いや〜うまい。


やっぱりモツは良い。


いわしさんの一番好きな食べ物は何ですか?
「モツです。」


チャリのラブ2ケツは当分無理だな。






osaka_iwashi at 09:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年11月07日

りんくうリレーマラソン

毎度。

足重っ!いわしです。

「りんくうリレーマラソン」
42.195を2kmずつみんなで走って、たすきを繋いで行くっていう、
青春ストーリー。 
って映画だと思いました?
参加したんですけどね。
テニスサークル仲間の14人で参加。
2回走る人7人。素晴らしい!!!
私は1回だけなんで2km。
2kmといえども私にはシンドイ。
でも一生懸命走りました。
たすきをもらって次に繋ぐって、ザ★青春ですよね。
ええことしたと思います。
みんなすげーかっこよかったし。

結果は
rinkuu
3時間27分20秒で目標4時間内を余裕でクリア。
みんなかなり早く走って、がんばってくれました。

終了後は美味しいイタリアンのお店で
メンバーのサプライズ誕生日。
盛り上がったね。

いやはや、青春だね。

来年はその青春を暖かく見守る応援係だな。
発声練習しなきゃっ☆



osaka_iwashi at 09:17|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2011年11月02日

東京へライブ

毎度。

寒くなくない?いや、いいんだけど。いわしです。

東京へ行きました。
プライベートでは久しぶりすぎて、上がりました。
目的はライブ。
スカパラとアジカンとユニコーンを同時に見て
幸せに浸りました。
寝ても覚めてもライブの人生だったら楽しいのにな。

あとはひたすらショッピング&カフェ

観光?
らしいことしたのは六本木ヒルズの夜景と
築地で朝から海鮮丼食べた事?

代官山、青山、表参道、銀座、東京。。。
銀座のルミネは出来たばっかで
さすがに入るだけで並んでたんで、断念。
ルミネに入るだけで長蛇の列て。
トーキョークレイジー。

ちょうどハロウィンだったので
街は仮装した人たちでいっぱい。
良かった「何の仮装ですか?」って聞かれなくて。
こっちは仮装してないもんね。
聞かれたら、「仮装はしてません」って言わなきゃなって
思ってたんだよね。
えらいこっちゃの時に行ったもんだ。
パレードパレードですわ。

足はパンパン。

一番苦労したのは入れたコインロッカーが
見つからないっていう。
2回程、ロッカーのカギを持って彷徨いました。
「オラの荷物さドコだべか」って顔でね。

都会過ぎるな。東京。

しかし、住みたいとも思うよ。
毎日パーティータイム。

osaka_iwashi at 09:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年10月26日

はぁ?

毎度。

「次は〜田辺〜田辺です」って
東梅田ですけど?いわしです。

さらーっと自動音声間違ってましたけど。

最近、郵便物の誤送がありまして。
むちゃくちゃご立腹ですよ。
まぁ誤送したことは、人間誰しも間違えがあるとして、
100歩引いて大目に見たとして、
誤送先で開封済みになってたんですけど。
しかも、結構な重要書類でして。
はぁ?やわ。
なんで開けるかな?宛先ちゃうのに。
しかもハサミでがっつりと。
意味分からん。

郵便局員も謝りに来たらしく、
日中家にはいないので手紙が入ってたんですよ。
その誤送してすんまんっていう。

とりあえず今朝、その誤送した本人から話を聞こうと
郵便局に電話したんですが、
その誤送野郎がとんでもない失礼野郎でして。
ご立腹先が100歩大目に見てやったのにも関わらず、
戻ってしまいまして。
「いやー間違ってしまいまして〜」なんて謝りもしない。
いやいやいやいやいやいや、ちょっと待て。
こりゃ誤送した君の態度とその仕事の仕方、
問題ありですぞ。
でも私はキム兄みたいに「そーいうことちゃうぞ」って
言える訳でもなく、なんかイライラ。
とりあえず、この封書重要なんですけど、個人情報なんですけど。
誤送先にどういう経由でこの封書が開けられたのか、
説明してくれっつーことを言って、
また電話してこいってことで切りましたが。。。
私って嫌なカスタマー?
ホンマに謝る事を彼は忘れていましたけど?


何か気分が晴れないわ。

どうしたらいいのかしら。

はい、そうですか。で許されていいのか。
てか、人間としてどないなのよ。
仕事している同じ立場として、ありえません。





osaka_iwashi at 14:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年10月18日

天使を見る

毎度。

今朝、大阪天満宮らへんから東梅田らへんまで
オッサンと競歩デットヒートしました。いわしです。

途中、おっさんが高速入り口の信号のところで
フライングスタートして大差を付けられました。
大人は汚い。
梅田界隈でおっさんは消えていきましたが、
私はそこからまた30分は歩かなくちゃいけなかったので、
「私はまだまだ行くんだぜ」ってドヤ顔をかましてやりました。

さて「たまたま」の舞台挨拶に行き、
生蒼井優を見ました。

tamatama

ガーデンシネマなんで狭い狭い映画館なんで
かなり近くで蒼井優をガン見。
むちゃくちゃ好きなんで、感無量です。
めっちゃくちゃかわいいです。マジで。
ありゃ、天使だな。
同じ空気吸ってすみません。
舞台挨拶も全国ラストの5本目だったようで、
とても楽しく聞く事ができた。

「たまたま」 はオールアイルランドロケ。
映像クリエイターでもある小松真弓監督なんで、
ものすごく映像美です。
大人の童話映画でしょうか。
1時間もないショートムービーなんで、癒しにはもってこい。
 アイルランドの美しい風景と綺麗な空気感が
映像を通して感じ取れます。
内容はどうにもこうにも自分で見て解釈すべきなんで、言えませんが。
「シガー・ロス」というアイスランドを代表するロックバンドが
主題歌らしく、小松監督と蒼井優も主題歌に決まった奇跡に興奮してたが、
私は知らなかったので、これを機に聴いてみようかな。
とても心地良い音楽だったし。

そしてこれは
これは沖漬けになっちゃうイカちゃん
ika

そして美味しくいただきます。
ikura

あーうまい。

osaka_iwashi at 10:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月02日

「ライフ」「モテキ」

毎度。

健康的な休日でした。がんばれ!私の体。いわしです。

「ライフ」
life

「アース」「オーシャンズ」も見ましたが、
「ライフ」はものすごい映像美です。
ネイチャードドキュメンタリー!!
動物目線、ぱネー。
制作期間6年、総制作費35億円。
空・海・陸のさまざまな動物達が、
私たちに体を張って生きてる事をビンビンと訴えてきます。
映像が凄すぎて、どうやって撮ってるのか、
感心するばかり。
進化に着いていけなくて、CGなんじゃね?
ミニチュアなんじゃね?
なーんて思うほどの凄さです。
しかし、動物は生きるために必死。頭もいい。
生死が本気でかかってるんだと。。。
それに比べてこの体たらくな私。
同じ生き物として、まっこと恥ずかしいぜよ。
「えー?めんどくさ〜い」なんて、言ったら頬を叩いてください。
そして「死ぬぞ!」と私の両肩を揺らしてください。
動物好きな人はもちろん、虫とか爬虫類とか皮膚気持ち悪いのとか
大丈夫な人はじっくり見て!

「モテキ」
moteki

これまた大ヒットなんですけど。
めちゃくちゃ面白い!!!!!
かなーりオススメです。
ドラマを見ていた人もそうでない人も、映画のクオリティは
かなり高いです。
森山未来が天才かと想う程、モテナイ草食男子を
完全に自分のものにしてます。
そしてなんせ最高だったのは麻生久美子でしょう!!!
彼女のやりきった感は、ずっしりと重く伝わってきます。
そこの30代女子!見てみなさいな!
私は明日は我が身かと思いながら、危機感を持って見ました。
麻生久美子の低音ボイスがドカンと来ます。
見終わって、むちゃくちゃマネしてました!!
あーみんなに見て欲しい!
長澤まさみもそりゃかわいいさ。
そうかい。そういう女がいいのかい。
そりゃそうだ。女の私もコロッといっちまうよ。
しっかし。。。同じ人間ですかね。

さらに良いのはちょいちょい挿んでくる、
曲のチョイス!!!!グッジョブ。
その麻生久美子最高のシーンで流れた
星野源の「ばらばら」が流れた時、そうですか、そうですか!!
最高ですやんか。
だいぶ気分が軽くなった。
それからなんせPerfumeでしょ。
あのシーンだけでもかなり価値有。
森山未来ダンスキレキレ!!

恋愛したくなるっつーかフェスに行きたくなるっす!!(笑)

くっそーライターとかもええなぁ。。。

まぁ、いますぐ楽しみたいなら見るべし!
DVDで良ければ、それまで待つべし!
とにかく見るべし!





osaka_iwashi at 23:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)映画のこと 

2011年09月29日

アンフェア

毎度。

歩くのは気持ちが良いですが、
歩きながら睡魔に襲われました。いわしです。

「アンフェア」 
最終間に合ったんで飛び込みで見る。
unfair
アンフェアは原作全シリーズ既読。
ドラマも全部見てます。
原作は読みやすいし、好きですね。
今回の映画は原作には無いストーリー。
そもそもドラマもそうだったので、
全く別ものとして考えた方が正解。

予告殺人の容疑者として雪平(篠原涼子)が逮捕されるところから
ストーリーは始まります。
さらには国家機密が隠されたUSBを巡り、
色んな陰謀と疑いが絡み合います。
誰が正義で誰が闇か。
信じて良い人なんて一人もいない気がしながら、
物語は進みます。
俳優陣も豪華ですね。相変わらず。

この映画は篠原涼子の美と
元々このシリーズのファンには楽しめる映画です。
篠原涼子はむちゃくちゃ美しいです。そしてエロイ。
ホンマにダウンタウンにドーン!!!!ってされてた人なんやろか。
素晴らしいです。
最初の方の銃を使うシーンは、カッチョよかったな。
内容は猟奇的殺人なんで、ホラーが苦手な人は
少しだけ構えて見た方が良いかも。
ドキドキするシーンも多いです。

私はなかなか好きでした。

色々言いたいのですが、
ネタばれしたら面白くない映画なんで、
ここまでとしておきます。


てか、これ続きますよね?









osaka_iwashi at 09:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年09月28日

本日も

毎度。

あー特技が欲しい。いわしです。

今日もリベンジウォーク。

調べてみると我が家から会社は6.5km
今日は御堂筋を通らないという、ルールを撤廃。
曾根崎通りから新御堂に入り御堂筋で下るコース。
迷う訳がない。
御堂筋って人が多くて歩きづらいイメージだけど、
なんのこっちゃ。
さすが大阪の動脈。
広いわな。道が。
大江橋 〜odona辺りを我慢すれば
快適に歩ける感じやったわ。

本日は1時間10分。
やっぱ1時間かかるわな。
平均速度でいくと時速3.2km/時みたいで
2時間かかるらしい。
なんでやねん。いくらなんでもかかりすぎやろ。
小学生の頃、家から学校まで3km弱あったけど
遊んで帰って1時間かかるかかからないかだった気が。

にしても私どんだけ早歩きやねん。
だいたい時速6.5km/時ってことやもんね(笑)

今の涼しい時期だけやな〜。
朝歩くと疲れるけど、気分爽快です。
好きな音楽聴いていられるし。
ただ、問題なのは本が読めない事かな〜。
二宮金次郎スタイルか?
リュックも薪みたいなもんやしな。

もっと快適な道を探したいな〜。

osaka_iwashi at 09:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年09月27日

着いた〜!

毎度。

最近私が美味と思うモノは消えて行く気がします。いわしです。

今日、朝から我が家から会社まで歩きました。
元々私は足の回転が早く(足が短いので)
歩くスピードは早い方だと思っています。
都島から北堀江まで。
予想は1時間半ありゃ着くだろうと。

歩いていると色んな事を見たり感じたりで面白い。
こんなところにカレー屋!
こんなところにおでん屋!
こんなところに海鮮居酒屋!

まー・・・こうなるわな。

しかし朝からまー疲れる。
疲れた原因は道迷。
・御堂筋は歩かない。 
・信号で止まらない。
をルールで歩きました。

私のトラブルが発生したのは北浜辺りです。
おしゃれなビジネス街北浜。
白のシャツが眩しい、ヒールの音が響き渡る
ザ★ビジネス街って感じの中
ヘッドフォンしてきったねージーンズで歩く私。
ひゃっほー!って感じよ。
調子こいて高層ビルの間を練り歩いた訳ですよ。
しったっけさ〜!!!道わかんなくなったべさ〜!!
私が思ってる方向に歩いてて、
上の道路の看板見たら、見た事のない地名と、
真逆の方角!!!!!!
しまった!!!朝から調子こいた!
ピーンチ!!
いや、大丈夫。時間は充分にある。
太陽は?太陽の方角で自分がどっちに向いているか分かる!
しまった!高層ビルの間で太陽が見えない!
影!影がこっちだからえっと、えっと。

私の悪い所は迷っても足を止めないところ。
とりあえず歩きながら解決しようとする。

そう、私はきったねージーンズでおしゃれなビジネス街で
彷徨うただの田舎者。
空を仰ぐ、田舎者の私をキラキラしたリーマン達が
怪訝な顔で見てくる。
そりゃそうだ。
まさか、朝から道を聞くなんて、こんな忙しい朝に聞くなんてできない。
何他人に気使ってんだ?
そうだ、携帯!
「G〜P〜S〜!!!」テレッテレッテレ〜!!
もう、ドラえもんだ。
こいつにゃ前にも助けられた。

見てみると「思ってたんと違〜う!!」
間違いなく方角を間違っていた。軌道修正。
しかし、それでも広域GPSではないので、不安はつのる。
とりあえず、こっちであろう方角に行く。
ハラハラ。
しかし、歩みは止めない。←何このフレーズ。超素敵やん。

船場センター街!!見えた。
やるやんけ!私!
しかし、見えた〜って方角は正しいとは言い切れない。
太陽!左!てことは私は南を向いている!
ビンゴ!もう行ける。

そしてまた調子に乗り中道を行く。
私ってホントにこりねー女。

南船場まで出たらもう庭さ。
私は誰かさんみたいにUターンなんてしない。
「何何こんな店出来たんだ〜!!」なんてキャッキャッしながら
おしゃれなお店を探しながら歩く。
さっきまでの真っ青な田舎者は何処へ。
ホンマ調子こき。

そしてやっと会社に着。

1時間15分くらい。
迷わなければ、1時間で行けたかもな。
てか結構早歩きだったな。

北浜恐るべし!!!!!

だって足パンパンやもーん。

仕事できへーん。


osaka_iwashi at 09:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年09月23日

「神様のカルテ」「探偵はBARにいる」

毎度。

はいはい仕事中ですよ〜。早くチェックバックください。いわしです。

映画。
最近多忙で行けないのが悔しいが、
ただ今手が空いたのでちょろっと。
ちょっと前に見てるので忘れてるかも(笑)

「神様のカルテ」
kamisama

原作既読。
現役医師作家の夏川早介原作。
小説は私は好きな種類だったんで、映画はどんなもんかと見ました。
ストーリーは夏目漱石を愛読し、地方病院に勤務する
栗原一止(櫻井翔) が患者や病院秩序を通して成長する
ヒューマンドラマですな。
櫻井君の妻に宮崎あおい。
アフラックカップル。
この時点で微笑ましいことは予測できます。
映画はとても優しく、真面目な映画です。
小説でも好きだった、学士こと岡田義徳をアパートから
見送るシーンがとても良かったです。泣きました。
原田泰造も良かったです。 

泣く映画で、とても丁寧に作られていて好印象。
でも私的には櫻井君も宮崎あおいも違っていたような気がします。
これは小説を読んでの印象なんで。。。
その代わりにワキを固める俳優陣は良かったです。
「神様のカルテ」って台詞が出てきますが、
なる程そうかと、小説で気づけなかったことに気づけました。
優しく泣きたい人は、どうぞ。

「探偵はBARにいる」
tantei
原作1作目を既読。
我らが大泉洋!そしてススキノ!!冬!!雪!!
関西で見ててむずむずしました。
「ススキノ探偵シリーズ」です。
大泉洋がススキノを拠点とした探偵。

その場所はしるか?その場所でボコボコにされる?
なーんて土地が分かるだけに、懐かしさ+。
原作は思いっきりハードボイルド系でしたが、
これを洋ちゃんはどう料理して演じるのかと思いきや、
かっちょいいではないですか!!!!!!
原作の主人公はなんだかいかついおっちゃんのイメージなんだけど、
思いっきり自分のものにしちゃったね。
ただもっと原作のように癖があってもいいような。
せっかく大泉洋を使ってるんだもの。
そしてそのコンビ高田役の松田龍平。
最高に良かったです!!!!上手く二人が調和して、見ていて飽きません。
彼らお互いがお互いのキャラを引き立ててると思います。
二人のアクションも体を張ってます!
ボコボコにするし、されまくります。
そこはハードボイルド!!なんすか探偵物語すか!
でもコミカルだったりで面白い。
音楽も映像も古くさい。そこがまた◎!
ススキノ歓楽街も昭和な感じでまた◎!
説明的な部分が多かった気もしますが、なかなか良作かと。
シリーズ化したら、どんどん良くなっていく映画だと思うな。
派手じゃない分。

いやーいい俳優になりましたな〜大泉洋。

昭和な古くさい映画が好きな人や
父ちゃんクラスにはおすすめ!
私は好きっす!







osaka_iwashi at 13:02|PermalinkComments(4)TrackBack(0)映画のこと 

2011年09月21日

ミスチルチル

毎度。

ICOCAも無事でした。いわしです。

今日、東京行かなくて良かった。
台風で新幹線止まってるらしく、
狭いロケバスでおっさん達と一緒に夜行になるところやった。
クライアントが怒りませんように。南無〜。

さてミスチルライブがいかに良かったかを
語りたかったのですが、
余韻に浸ってると、仕事にひき殺されそうになるんで、
チャッチャッと思い出し笑いくらいの勢いです。
会社で「ミスチル良かったです!」と言っても、
「あ、そう。で、このデザインなんだけどさ」という
5%のリアクションです。

ライブは雨だと思われた天気もピーカンで、暑いくらいでした。

セトリ。

00.かぞえうた(アカペラワンコーラス) 
01.Prelude 
02.HOWL 
03.未来 
04.I'm talking about lovin 
05.innocent world 

-MC- 

06.Replay 
07.君が好き 

-MC- (東北へのサプライズウェーブ) 

08.Mirror 
09.蒼 
10.I 
11.CENTER OF UNIVERSE 
12.365日 
13.ハル 
14.ロックンロールは生きている 
15.ニシエヒガシエ 
16.Everything is made from a dream 
17.風と星とメビウスの輪 
18.HERO 
19.擬態 
20.エソラ 

EN1.fanfare 
EN2.星になれたら 
EN3.Tomorrow never knows 
EN4.かぞえうた 
EN5.終わりなき旅

Replay 」でギャー!となった歓声で
年齢層がわかります。
もちろん、自分もその一員です。
青春ですな。

怒濤のアンコールで、嗚咽でした。
Tomorrow never knows」のイントロのどよめき。
かぞえうたで終わりかな?と思った矢先の
「終わりなき旅」。
関西に来て聴きまくっていた
「星になれたら」と「終わりなき旅」を聴けて感無量。

なんせ良かったっつーことで。


そして、デザインチェックバック来次第、
エンジン全開でやらなあきまへんがな、本日も。
今は休憩中。だからミスチル思い出し笑い。





 


osaka_iwashi at 17:56|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2011年09月13日

ロックロック♪

毎度。

定期とICOCAを洗濯しました。いわしです。

定期は使用出来ました。
ICOCAは謎です。

夏フェスラストになるであろう
「ロックロックこんにちは!」に行きました。
スピッツ主催の野外フェスです。
今年は舞州。もう15回目ですって。あー早い。
今年はほぼ常連の奥田民生、吉井和哉 、YO-KING、
そしてHY、ナオトインティライミなど。

体が暑さなれしてきたのか、
かなり暑かったけど、めちゃくちゃ快適なフェスでした。
風が涼しくなったねぇ。
まーシート敷けますし、好きな時前に攻めれますし。
どのフェスもあんな感じが良いな。

民生の相変わらずゆるゆるの感じに心も和んだと思いきや、
ナオトの相変わらずテンション高いノリに心を奪われる。
ナオトでは前でギャンギャン騒いだけど、
途中足をひねり、負傷。
でも、かまわず片足で飛びちらかす。
いやー盛り上げ上手よね。
単独行ってみたくなるもんね。
YO-KINGでは民生やCHABOとコラボって
アコースティクギターと海に沈む夕日がむちゃくちゃ気持ちがいい。

そして吉井さんですよ。
イエモン時代の曲もいくつか。
バラ色の日々、ビルマニア。。。
そして最後の最後に民生も出てきて、
LOVELOVESHOW!!!!!!!!!!!!!!
大大大大感激&歓声!
5年前にも確かやってくれたけど、
今回は民生付きで絶好調!
あーホンマに最高でしたな。

ラストはスピッツ。
どうなのマサムネさん。
ハット可愛くかぶる40オーバー。かわいすぎる。
「涙がきらり☆」から始まり
私の大好きな「正夢」も歌ってくれました。 
もちろん「8823」「メモリーズ・カスタム」などなども。
あー気持ちがよいよい。
アンコールは「チェリー」と「君は太陽」を

秋を少し感じた、気持ちよいフェス。
まだまだ日中は暑いけどね。
でも季節は変わっていってるのよね。
私は変ってないのよね。相変わらずっていうか。
成長しなきゃなぁ。

よーし!今年残り成長してみせるぞ!!





さー今週末はミスチルライブだ!!




相変わらずっていうか。



osaka_iwashi at 09:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月22日

大雨と伊賀牛と榊原温泉

毎度。

今日は2本立て。いわしです。

いやー仕事中なんだけどさ。
執筆するわ。

日曜は榊原温泉にレッツらゴー!
榊原温泉は清少納言「枕草子」にも出てくる三名泉のひとつ。
つるっつるになって、どうやら女子には持ってこい、どんとこいの温泉らしい。

途中、お昼を食べようかと、
せっかくなんで伊賀牛をいただいちまえってことで、「三太夫 」へ。
伊賀牛では有名らしい。
早かったので予約を入れて、
まだ時間もあるんで、せっかくなんで近くの室生寺へ。
「室生寺が近いって・・・やっぱ私、遠いとこに来たんだなぁ。
はるばる北海道から。。。」なんて思ったね。

ん?なんだか雨が降ってきたね。
室生寺に着いて、さぁ観光って時に滝のような雨が!
ぎゃふん。
こんな降りますか?
とにかく奥寺までは時間的に無理なんで、五重塔をちらリズム。

あーしかし、全身ずぶ濡れで、震えながら三太夫へ。
そしてびっくり!!!
駐車場には、はんぱないポルシェの数!!!
ここはポルシェ工場ですか?チャーリー。
一生分のポルシェを見た気がします。
駐車場はほぼポルシェ。30台近くあったはず。
興奮してお気に入りのポルシェを探す。
「私、これにするー!!」なんて言いながら、
牛が待ってるんで、早々に夢を終わらせる。

ポルシェの会的な団体様の予約が入っている。。。
神様、ポルシェの会と仲良くさせてください。
と、連れて行かれたのは、お庭の見えるお部屋。
部屋には私たちだけ。
ああ、30台のポルシェの主達は何処へ?

私たちはランチから5600円もする「葵」というコースに挑む。
ランチ5回、ちょいは食える。
いや、しかし、ポルシェに負けてられんのだ。
そして、前菜からお肉、デザートに至まで、興奮しまくり。
夢は続く。
生肉を前にしてポルシェの事なんて、既忘。
とにかく美味しくって美味しくって。
そりゃ、美味しいさ。お腹がいっぱい。。。
畳の部屋なので、まったりくつろぐ。
くつろぎ過ぎて、「温泉!」ってなる。

そして榊原温泉へ。

いやーほんまに肌がすべっすべのつるりんこよ。
あー触れせてやりたい。

「別にいらない」って思ったやつ。帰って良し。


温泉でくつろぎ、温泉上がり、また畳の上でくつろぎ、
今日はどんだけ畳の上でうだうだしてんのやろ。って。

至福すぎる。。。


そして大阪に戻る。
鶴橋辺りで、もう疲れた。
だって大阪→奈良→三重だもの。
県が隣にあるってやっぱすごいよなぁ。。。

あーいい旅であった。








osaka_iwashi at 14:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

髑髏城の七人

毎度。

肩の一部日焼けしたとこ。。。皮剥けた。いわしです。
30オーバーで皮剥く女子ってどうなの?
あーはずかし。

「髑髏城の七人」劇団☆新感線の舞台を見ました。

dokuro

「髑髏城の七人」は7年ぶりの公演らしく、
もともと古田新太が一人二役で演じていた。
今回は捨之介を小栗旬、天魔王を森山未來が好演してました。
新感線、久しぶり!!

時は戦国時代。
豊臣秀吉が天下統一を成し遂げようとしていた頃の関東が舞台。
髑髏党首領の天魔王が、関東制覇をもくろみ、
それを阻止すべく、捨之介を筆頭に対決するっつー。

とにかく個性豊かな役柄が新感線ですね。

素晴らしかったのは蘭兵衛演じる早乙女太一の殺陣です。
スピードもあり綺麗な殺陣に、拍手喝采でした。
ホンマに素晴らしい!!!!!
小栗旬の着物の裾から見える足をガン見し、
森山未來の最高の悪に身震いし、
小池栄子の色気と間違いない演技力、
仲里依紗の後半のかすれ声もなんか良かった。
そして何よりおもろかったのは、
荒武者の隊長兵庫を演じた勝地涼ですね。
ほぼ登場に近い始めの段階で、
彼の歌舞くシーンで刀を客席に落としてました。
そしてそれを拾うべく、必死に舞台から手を伸ばして、
自分自ら舞台から落ちるという、大ハプニング!!!
もちろん、大爆笑で、拍手喝采(笑)
私もそっから兵庫に釘付けでした!
結構舞台から客席って高低差あるのよね〜。
小さな声であやまってたのが、ホンマにかわいかった★
でも、彼はとても楽しそうに元気に動いていて、
最高の役どころだったと思います。
彼のカマでの殺陣は最高でした!!

上演後は森山未來その他が誕生日だったらしく、
ケーキでお祝い。

やっぱ演劇はいいね〜。

しっかし、あの内容を一日2公演とか、信じられん。
役者さんも体力いるなぁ。

でも、とても面白かったです!!



osaka_iwashi at 13:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月17日

サマソニンニン

毎度。

言霊のすごさを実感した今日この頃。いわしです。

サマソニに行きました。日曜のみ。
とりあえずマジで暑かったです。
1本250円もする高騰ポカリをトータル4本買いました。
恐ろしい。。。
オープン時間に着くも、サマソニグッズは完売だらけ。
一体何時に行きゃいいのさ。じゃあ。

とりあえず、駆けつけカレーを一杯。
THE BAWDIESでテンションUP!
めちゃ最高。
次にPerfume行きかけたけど、何度も見たし、
異常な人でやめて昼寝。
休憩所にリクライニングチェアがたくさんあったんで、爆睡。
そっからTing Tingsを見る。
中島ヒロトを探す(笑)
そしてお帰りカエラちゃん。
オレンジ色の頭。
チョーキュート。
Ring a Ding Dongを歌ってる時のかわいさ・・・
周囲の男子どもが何度も「かわいい」と絶賛してた。
私が一生生きても、そんな量の「かわいい」はいただけない。
早く単独ライブにまた行きたい。
そしてRIP SLYME。
最近好きなバンビーナのカバーを聴けてテンションも上がる。

チョッチ疲れたのでKORNは横目で楽しむ。
そしてやっとこさBEADY EYE!!!!
生リアム!
声が大好きなので酔いしれる。
ザ・ビート・ゴーズ・オンがとても好きで、
夕暮れの気持ちいい風に乗って目を閉じて揺れる。
お酒が入ってたら、間違いなく記憶を飛ばしてええ感じになってたろうに。
たまらんばい。大満足。

アブリル・ラヴィーンを見に行った時は足は壊死してたので、
もう、ええか、帰るか。という気持ち。
この辺から雑になる。
ヘッドライナーであるストロークスを聴きながら帰路へ。

並ぶ事もほぼ無く帰る。

疲れてて帰りは無言。

帰って焼き鳥食べて復活。

毎年思うけど、むちゃくちゃしんどくても
また行きたいと思ってしまうのが夏フェス。
都合良く、しんどい部分は忘れてるんですよね。
もう来年の夏が楽しみっす。



osaka_iwashi at 12:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年08月11日

日輪の遺産

毎度。

不眠・・・暑くて寝付けない毎日。いわしです

うーん、うーん、暑ーっ!!って寝付けず、
気づいたら朝5時。。。
見事に仕事中の睡魔がひどいので、
こりゃいい加減怒られるな。

「日輪の遺産」

nichirin

堺雅人の舞台挨拶も見た。
シュッとしてますな。。。
堺さんって素敵よね。素晴らしい演技をなさる俳優さんの一人だと思う。
役に真剣に向き合ってるのが、それぞれの映画で毎回分かる。
この「日輪の遺産」もその一つ。
ザ・日本な映画だと思った。
この時期必ず戦争系の映画やドラマを目にする。
私はあまり戦争系の映画は見ない。
あまり好きではないから。
「あぁ、そんな時代だったんだ」と
軽い感想しか出てこない自分を
ペラペラな人間だと感じるのが嫌なのかもしれない。

「日輪の遺産」は終戦間近のストーリー。
浅田次郎原作。実際にあったのでは。。。と思わせるようなフィクション。
原作は読んでません。
盗んだマッカーサーの財宝を隠匿するという密命を受けたエリート将校と
財宝隠しの勤労動員として何も知らずに働いた
20名の少女の運命の話。

日本の勤勉さと真面目さがこの国を守ったのだと
心から思える。泣きました。

この時代の事を伝えていかなくてはいけない。と
舞台挨拶で佐々部監督が言ってたが、
私の心にも何かが残る映画だった。
何かを誰かを守るために生きたいものだと、思ったな。

ただ、もう少し堺さん主演ならば、
彼にもっと焦点を合わすべきだったのでは。。。とも。
いろいろ分散していたかな。

でも、良質な映画でした。



osaka_iwashi at 10:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)