猫族ワークショップ@大阪

なんりひでこの猫族ワークショップ@大阪をメインに、関西でのワークショップ情報をお届けします。

猫よろず相談48

大阪猫族の皆様、
はじめまして、豊中会場担当の田村です。
宜しくお願い致します。

ねぇねぇ、にゃにやってるの?
8/5に開催した『猫よろず相談48』のレポートをしてるのよ。
あたしもするです

あたしみーちゃん、よろしくにゃ~

image2

で、猫よろず相談48ってにゃに?
はい、猫あるあるな悩みに、たくさんのスライドを見ながら、
猫の森流解決法をお話しするワークショップなんです
ん?あたし達が悩ませてるにょ 
夜中に起こされて睡眠不足とか、爪切りをさせてくれないとか、ね
にゃんか耳が痛くなってきたのにゃ
ふふふ 他にも病院の選び方やお薬の事、カミカミ怪獣の事など48個
48個も!人間って大変だにゃ
ははは
参加してたみにゃさんはどうだったのにゃ?

それはそれは、皆さん真剣にお話を聞いてられましたよ~
南里校長のお話に、大きく頷いたり、驚いたり、笑ったり、笑ったり、
笑ったりが多いにゃ
スライドの猫さんにウットリ、メロメロにもなってました。
にゃんと!
13㎏の猫さん、かっこいい!イケメンだ!って盛り上がってたなぁ~
うぅ、いいにゃ~ みーも美にゃんって言われたいにゃ...
48

すごく楽しそうだにゃ
はい、楽しかったですよ。今回少人数だったので、皆さんのお話もたくさん聞けたしね
猫と暮らすにあたって
・捨てない
・増やさない
・いじめない
この3つを約束しましょう。の南里校長の言葉に、皆さんの背筋が伸びたように感じたの。
皆さん、猫さんとの暮らしをより良くする為、少しでも猫さんに喜んでもらえるようにと、
猫愛に溢れてましたよ
それはステキ あにゃたも見習いなさい!
・・・はいみーちゃん、ありがとうね~

猫を飼うから暮らすへ、餌からご飯へ
言葉に宿る言霊の力

皆さんの意識が変わったのではないでしょうか

そして、猫さんからのギフトは必ずある
腹を据えて、本気で向き合っていれば必ず
それを受け取れるよう、日々ご機嫌元氣でいられますように・・・

最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございます。
今後の猫の森セミナーでお会いできることを楽しみにしています。

みーと田村でした。
ありがとにゃ~


猫の學校 三学期無事終了

猫の學校@大阪、第4クールの3学期。

本当は7/6(金)の予定でしたが、記録的大雨による
交通網の遮断でやむ無く延期を決め、
8/5(土)に振り替えとなったのでした。

全10名のところ、今回無事3学期を修了された方は7名。
残りの3名は第5クールの3学期、12月に修了予定です。

3学期の内容は

🔷猫の健康
🔷猫のお手入れ
🔷猫SOS
🔷猫との約束

と、1、2学期同様とっても大事なことが
詰まった学期です。

12月に受けられる3名様も
どうか楽しみにお待ちくださいね!


Fotor_15334696423142

今回の猫談タイムで出た質問、話題は...

・スプレーする猫さん、その後の嬉しい変化報告!
・タワー好きだった子、タワーを新調したら登らなくなった💦
・うんちの後に吐いてしまう老齢さん。
    便秘用フードの採り入れ方
・猫が肩や背中に飛び乗ってきます~💦
・猫トイレ、何で洗ってる?
・猫食器、洗剤使ってる?

などなど。

深刻なお話もちょっとした疑問も
何でもアリなのが猫談タイムなのですが、

猫の森さんのセミナーはどれも
講師の南里さんからの一方通行ではありません。

こうやって向かい合ってわかちあう。


答えが出ても出なくても、
そもそも答えなんてないんじゃないかと思うようなことも、
モヤモヤしていたことが少しでもスッキリして
帰っていただければ本望です。




Fotor_153346973812159

修了証授与式✨

南里校長から手渡しされてハイ、終わり~....

ではなく、

猫の學校の修了生にはいくつか特典があります。


その一つが、2回目以降は半額で受けられる、というシステム。

これは私が初めて受講した10年前から採用されているもので、
このシステムがあったからこそ、私は何度も受講し、
その都度更新される内容に刺激を受け、
広く伝えたいと希望し、
今の私と猫の暮らしがあります。


10年受け続けても毎回刺激がある!

人も、猫も、取り巻く環境も、昨日とまったく同じものは何一つないですもんね。

猫のように、
昨日にこだわらず今を楽しむ暮らしをしたい方、

ぜひ猫の學校に學びにいらしてください。


今後の猫スクールに関しては
下のURLからご確認お願いいたします。
(お申し込み受付中です)

http://www.catsitter.jp/workshop.html




さて。

ここからは余談です。

いつも我が家では、松竹梅(小梅、小松、ときどき小竹)がお迎えするのですが....


今回はこんな方が。。。
_20180805_213136

はじめまちて💕

生後約1ヶ月半の女の子です。


なんとこの方、三学期の2日前に泉北道という
近くの高速道路の橋脚(高さ15mくらい)で
ビャービャー鳴いておりまして😱😱😱


Fotor_153321011774257
Fotor_153321235273543
_20180803_020448


夫と二人、警察やら道路公団やら消防署やらを巻き込み、
四時間かかって、奇跡的に救出✨


泉北道にいたので仮の名前を泉(セン)としました。


今回三学期にご参加の皆様にも
チラッと姿を見ていただいたお泉ちゃん💕

次の初ねこ倶楽部(9/1)まで我が家にいるかどうかは
神のみぞ知る.....



はい、今回も長くなりました(笑) 

今年後半は大阪初開講のセミナーが目白押し!!


皆様のお越しを松竹梅(+お泉ちゃん?)とお待ちしておりますよー(^o^)/


最後までお読みくださりありがとうございました✨

10人入りました!

6/7(金)は猫の學校二学期。

このクールのクラスメイト8名に加え、
前のクールで二学期をお休みされた方と
前半6コマを東京で受けた方がご参加になり、

なんと我が家に10名様入りましたーーーっ(≧▽≦)!

南里校長と私を入れたら12名😵


皆さん酸欠にならずによくガマンしてくださいました(^_^;)


Fotor_152850854597676

猫の學校 二学期は...

5,猫の習性
6,猫との会話
7,猫の食事
8,猫の住まい

_20180609_104406

猫の學校 恒例のOリングテスト


口にしたり肌につけたりするものはもちろん、
言葉や気持ちにも体は正直に反応します。

猫はこんなテストをすることなく、
自分にとって必要なものとそうでないものを
きちんと選びとっています。


そして二学期には、

猫の學校の中で私が一番好きな「猫の食事」の講義があります。

野生の猫は、何をどんなタイミングで食べているのか。

家の猫にはなぜほとんどの人が朝晩2回ゴハンをだしているのか?
(2回がダメということではない)

老猫さんが食べなくなった時、どうする?

あなたはあなたの猫の好物をいくつ知ってる?

毎日の食事が愛猫にとって楽しみの一つであり、
生きる力であって欲しいと誰もが思っているはず...


初受講で目からウロコが落ちる経験をされるのは、
この「猫の食事」の講義内容が一番多いのではないでしょうか??


「生かされる」のではなく、死ぬまで「生きる」


そのための食事や環境の大切さ、
たくさんの方に學びにきていただきたいです。




_20180609_104458

小梅は南里校長が大好き💕

「鹿まんま」という野生鹿だけを使ったオヤツをいただきました。

_20180609_104816
早くくだしゃい。
もっとくだしゃい。

_20180609_232439
鹿まんまは私の手に移ったのですが.......
小梅は南里校長のおにぎりに集中(^_^;)

南里校長の手からいただくのが美味しいらしいです(笑)



講義終了後の猫談タイムでは...

・猫の口臭  予防と対策、歯肉炎について
・トイレ以外でのオシッコ
・この時期の留守中のエアコン、換気について
・動物病院の選び方
(診察してもらったらとんでもないお医者様だった  >_< )

などなど。

えぇ~っ?
へぇぇ~...

と、ネットの文字からは伝わってこないニュアンスのお話は、こうして顔を付き合わせてこそ。



_20180609_104029

今回も小梅は皆さんの足元をウロウロ。
小松もウロウロしたあと、定位置の私のヒザ上へ。
(暑い💦)




皆様がお帰りになる頃、泉州地方はどしゃ降り&カミナリ(>_<)

自転車でお帰りの方としばらくお茶を飲みながら
カミナリが収まるのを待ち、私はシッティングへ...




そして9(土)は老猫専科 後半。


_20180609_232242

後半はたくさんの動画でお手入れの仕方を學んだり、
実際のお手入れで重宝したグッズ、
栄養補助のために採り入れた高カロリー食などの
紹介もあります。


ですが、それらを採り入れるに至る前に
とても大切なことがあります。


私たちは愛猫に変化を感じたとき、
「前はこうだった」
「こないだまで出来ていた」
と考え、どうにかしてそこに戻そうとしてしまいがちですが、


変化を感じたらしなやかに受け止めること。

過去にこだわらないこと。

今、実際に目の前にいる愛猫に目を向け
愛猫が必要としていることを感じ取ること。


上にも書きましたが、人も猫も、
「生かされる」のではなく
「死ぬまで生きる」

本当は何もしなくても、自分の力で生きて死んでいけるはずなのですけどね。



老猫専科では、お葬式やペットロスについてのお話もあります。


老いの坂道を共に歩み、
旅立ちに寄り添い、
やがて愛猫の魂が体の一部になるまで...


前半後半合わせて6時間の講義で
愛猫との長い暮らしがより愛おしく感じられるようになります。

次回大阪での開講は来年になりますが、
どうぞ皆様楽しみにお待ち下さいね。



_20180609_104307

今回は一度も顔を出さなかった不思議くんこと、小竹さん。

「あんなー、ぼくなー、長生きするためになー、よう寝ることにしてるねん」



長文お読みくださりありがとうございました😌
(ホントはもっと長かった。思いが強すぎで重いので😂これでもちょっと短くしました💦)







大阪初ワークショップ 開催! そして猫スクール後半スケジュール

東京 桜舎では全回参加の方もたくさんいらっしゃるという
大人気の「木曜倶楽部」、
私の念願叶って大阪でも開催していただける運びとなりました✨


まず記念すべき第一回目は

「森のデスカフェ」

2018年7月6日(金)
 
17:00~18:30

デスカフェとは...

およそ10年前、
スイスの社会学者バーナード・クレッタズ氏が妻の死を契機に「死」についてカジュアルに話す会を開いたことが発端とされていて、お茶を飲んだりしながらリラックスした雰囲気の中で「死」について自由に語り合う場のこと。

欧米を中心に広まり、今ではイギリスなど40か国以上で開かれているそうです。

一般的なデスカフェには3つのルールがあって

①お互いの思いや考えを大切にし、
     自由に自分の考えを表現できるようにする
②特定の結論を出そうとしない
③個人のカウンセリングや悩み相談に
    ならないようにする


皆さんにとって「死」は、恐怖?悲しみ?自由?解放?

人によって捉え方は様々。  
答えはありません。

愛犬愛猫が生きている「今」、
死について考え向き合うことで
更なる慈しみの心や彼らを尊重したいという想い
沸き上がってくるかもしれません。


_20180606_091430

_20180606_091358
前回の初ねこ倶楽部で、南里校長はじめ、皆様が想いを馳せてくださったマミちゃん💕

あの翌日、ご家族に見守られながらしっかりと旅立っていきました。

こちらのご家族は、前のにゃんこさんの葬儀にも同席させてくださり、旅立ちやその準備についてお互いの想いを共有させていただけたこと、本当にありがたかったです。

実は私もデスカフェ初体験。
またいろんなお考えに新しい刺激をいただけたら、と思っています。

詳細・お申込みは ▶コチラ
 ※7月6日は、定員に達したため、キャンセル待ちのみの受付


そして、こちらも大人気シリーズ、開催決定しています!

2018年7月7日(土)
スーパーねこ友編み方教室
10:30~11:30
詳細・お申込みは ▶コチラ
スーパーねこ友はオリジナル商品ですので、ご本人様とご本猫ちゃんのお楽しみ用としてお使いいただき、お友だちへのプレゼント、販売、他の方への編み方レクチャーなどはご遠慮いただいております。

猫よろず相談48     
13:00~16:00
詳細・お申込みは ▶コチラ


猫よろず相談は大阪では久しぶりの開催です😉
よくあるお悩みを、一般論ではなく、猫の森さん流にサラサラ~っとお答していきます😆


更に!

2018年後半の猫スクールも下記の通り決定しています!

9月1日(土)
🔷「初ねこ俱楽部」 
13:00~15:40 詳細・お申込みは ▶コチラ
🔷「猫巡礼88」
16:00~17:30 詳細・お申込みは ▶コチラ


🔷「猫の學校」
1學期 10/20(土)
2學期 11/17(土)
3學期 12/8(土)

🔵「猫住まい専科」 
前半 9/2(日)
後半 10/21(日)

 
会場
🔷大阪府泉大津市内(南海本線 北助松駅/JR阪和線 北信太駅)
🔵大阪府豊中市内(阪急豊中駅)


個性心理学なんかも予定していますよー😉⤴⤴
(日曜日の予定)


HPでの応募フォーム、詳細アップとなりましたらまたお知らせいたします😌



スケジュール空けてまっててくださいね(^o^)

老猫専科 前半

大阪では1年ぶりの「老猫専科」でした。


Fotor_152613158926222




前半は、

猫の老化に伴う体や行動の変化、
食事や住環境の工夫、
老猫に多い病気と治療・介護の概念、 
老いと病気の違い、
動物病院での治療と自宅の介護、
延命をどう考えるか、
そもそも猫はそれを望んでいるのか....

など、
一つ一つがとても深いテーマです。


しかも、

猫だけの話ではなく
人社会の影響を少なからず受けているとして、
人の老いとその環境についても
気付きを得る機会となりました。


日本は世界の中でも長寿大国として有名で、
人も犬も猫もとかく長寿がもてはやされる時代です。

が、裏を返せば寝たきり大国でもあるのです。


長生きということだけにとらわれず、
そのQOLをいかに充実させるか。

そしてそのQOLの基準は、人それぞれ。
猫それぞれ。


猫が食を断ち、通院を強く拒んだときに
お医者様に行かない勇気を持ち続けることはできるだろうか。

世間の意見(治療しないことへの批判)に左右されず、 
猫の望んでいる(であろう)自然死を受け入れることができるのか。


あるいは 逆に、

猫がどんなに嫌がっても通院させられるか。
出された薬を飲ませ続ける心を持続できるか。

それはエゴや押し付けではないか?という
自責の念にとらわれないか。


...答えは受講者様それぞれの心と、お家の猫さんの中に...




老猫専科では、

講師の南里さんがかつて経験し、
後悔の念に駆られたこともすべてお話くださいます。


受講者の私たちは、そのいろんな経験談を
「私には無理、それは出来ない」  
「私もそうすると思う」
「私に出来るだろうか」 
と、自分に照らし合わせてシミュレーションすることも出来ます。


そうやって最期の寄り添い時に
「よく生ききったね」
「ありがとう、いってらっしゃい」
と言えるようにレッスンしていくのです。




そして前半の最後は、

2016年1月に食を断ち、
薄っぺらい体になりながらも初めてお庭に出て
草の匂いを嗅ぎ、自然の中に身を置く喜びを覚え、
旅立ちまでの約1ヶ月をキラキラと生きた福助くん(通称 福ちゃん)のお写真で締めくくられます。


痩せていく体に反比例して輝きを増していく目。

その瞳が私たち猫と暮らす人に
どうあって欲しいかを教えてくれている...

ように思いました。



南里さんのセミナーは
すべて実在の猫たちからのレッスン。


老猫だけでなく、
まだまだ若い猫と暮らす方にも
いまから聴いておいていただきたいお話ばかりです。


また大阪でも必ず開催しますが、
それまで待てない!という方は
是非書籍でお読みになってみてください。





来月の後半編はお手入れや介護について
動画も入れての講義となります。


また報告を楽しみにお待ちくださいね。





猫の學校  一学期

今年度1回目の猫の學校、一学期が終わりました(^o^)

_20180511_233134

今回は平日の日中開催にも関わらず、早々に満員御礼。
キャンセル待ちの方もいらしたとお聞きしています。


今年は猫の學校2「老猫専科」も出版されましたので、
他の猫本にはあまり書かれていない、
新たな視線で猫と向き合い始めた方も多いのではないかな、と思っています。


さて、
その他の猫本や猫セミナーではあまり聞かないであろう言葉で、私自身がいつも心している言葉がありますので、ちょっと書き留めておきます。



「体は頭よりずっと賢い」


普段からネットを探って情報をかき集め、
経験に基づかない知識や思考優先で行動していないか?
 
大好きなアーティストのライブに行く日は
テンションが上がったり、ニコニコ顔が緩むけど、
嫌いな場所に行ったり苦手な人に合うときは
行動も遅くなりがちで体温が下がったりしない?

知識や思考に関係なく無意識のうちに体が反応していることがある。
(無意識の行動こそ本物であることが多い)


私たちがこれから學ぼうとしている猫は
実にこのレベルに生きているのだ、ということ。
(犬もそうだと思う)


そして、小手先だけの知識や片手間で向き合おうとしても、猫は確実にそれを見抜くということ。
(犬も確実に見抜くはず)



それを常に念頭に置いておくことが、
猫の學校で學ぶ基本姿勢だと私は感じているのです。



本気で猫と向き合うということとは?
猫目線になるということって?


常識とか役職とか形式とか序列とか、
後悔とか心配とか建前とか...

猫が持たないものは捨て去って素になる。


これを三学期かけて學んで行くのが、猫の學校。




......って!


ここまで読むと、「え~?そんなに堅苦しいの💦」って思われてしまうかも知れませんね💦💦


いえいえ💦
ぶっちゃけ今回も笑いっぱなしの4時間でしたので、
これから受講を考えている方、ご安心を!





猫の學校では、猫との本気の遊び方も學びます。


_20180511_231028

_20180511_231044

見切れてます(T0T)

小松はスーパーねこ友「鳥」派。

_20180511_231008

小竹は「ヘビ」派




_20180511_232830

_20180511_232731

「ねこ大満足じゃ」に必死な二人(^_^;)


またたびの香りだけでなく、
実はこのフォルムにも野生を呼び起こすヒントがあるのです😉


市販のオモチャがすべて猫の本能に訴えかけるつくりになっているとは限りません。


猫のように、そして、猫のために、
「本物を見抜く力」を身に付ける。


今日ご参加の皆様も一歩猫に近付いて
帰路につかれたことと思います。



そして、本編終了後のプチ猫談タイムでは...

成長期の猫さんの要求咬み(?)
新入り猫さんを迎えるメリットデメリット・リスク
ごはんの食べ方、
などなど...


猫仲間だからこそわかりあえる温かさや、
受け止めてもらえる安心感に包まれたひとときでした。


お悩みや経験談を惜しみなくお話しくださった皆様、
本当にありがとうございました。


二学期は「ねぇねぇ、あれからどうなった?」という会話から、
また朗らかにスタートできそうです。




さて、明日は「老猫専科」前半!


またそちらの報告も楽しみにお待ちくださいね(^-^)





最後までお読みくださりありがとうございました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           


大阪初の「初ねこ倶楽部」

猫の森さんの猫スクールに「初ねこ倶楽部」が生まれてはや4年...
ようやく大阪で開催することができました(^o^)

私を入れて9名。

今の猫さんが初めてという方から、
既に複数の猫さんとの暮らしを経験されている方まで、
いろんな思い、きっかけでご参加くださいました。



_20180421_204725

皆様が集まる前だけ余裕の小竹(笑)


_20180421_204852

猫の森さんのセミナーはメモをとる人が少ないのが特徴
なぜか、は参加してはじめてお分かりいただけます


_20180421_205017

小松さんは皆さんの足元をウロウロしてからいつもの膝乗り~
(小梅は手前にいらっしゃる受講者様の足先で爆睡中)


初ねこ倶楽部、たくさんのカワイイ猫さんのスライドに、
皆様頬が緩みっぱなしの状態で進んでいきます(^-^)

猫さんについて「困った」「どうしたらいいの」は、
猫さんが扉を開いてくれている証拠。

その扉に気付く事が出来た人だけが、
猫さんに一目置かれる(猫さんのために変わることが出来る)のだと
私は理解しました。


何をすべきか、ではなく何がしたいか。

must ではなく will

「~しなければならない」を出来るだけなくし、
「~したい」ことを優先する。

嘘のない猫に見習い、近づけば、
要らないものを削ぎ落としてシンプルな思考、行動で
ストレスのない暮らしが待っている.....はず



他の猫のセミナーとはまったく切り口が異なり、
「猫の飼い方」ではなく「猫との暮らし方、向き合い方」を學ぶ。

それが猫の森さんの猫スクール

5月からの猫の學校もお陰さまで満席

5/12(土)の老猫専科はまだお席あります。





そして、猫スクール恒例、セミナー後の「猫談time」

今回の話題は
・ワクチン打ってる?
・お庭で猫が子育て!どうする?
・事故等で死んでいる猫をみつけた場合...
・猫がトイレ以外でお粗相する
    (でも講義を聞いてたらヒントが見えた!)
・深夜一時間おきに起こされます(>_<)

などなど...
でも、みんなでう~んと考え込むことなく
それぞれ経験者の方がいらして、「こうしたらどう?」と
サクサクいろんな提案が出て、
集まるべくして集まったメンバーだったのかな、と思えるほどでした。



 私自身、猫の學校は20回以上受けているし、
それ以外の猫の森セミナーももう数えきれないくらい受けたのですが、
それでも毎回新鮮な気付きや學びがあります。

参加される方が発信してくださる質問等もそうですし、
南里さんご自身の最新の経験談がふんだんに盛り込まれるので、
テキスト内容以外の脱線話さえも興味深く、楽しい時間を過ごすことができるからです。



猫や私たちを取り巻く社会や環境は日々変化しています。
猫のようにしなやかに、その変化を柔軟に受け止めるために、
猫という生き物と私たちの関係を俯瞰的にみる機会を、
もったことがない方にも一度もってみていただけたら、と思っています。


今年の後半にも「初ねこ倶楽部」2回目、
そして「猫の學校」の開催リクエストが出ています。

希望者様が多ければ実現できますので、
ぜひ「やってー!」のお声、かけてください(^o^)

おまちしております!

猫スクール in 大阪 2018 

みニャさま、ご無沙汰しております。
そして、大変お待たせいたしました。

猫の森(株) 南里秀子さんを講師にお迎えしての猫スクール in 大阪、日程が決まりました。

今回、大阪では初開講の『初ねこ倶楽部』もあります!

是非是非、ふるってご参加ください。


★初ねこ倶楽部★
 
日程:4月21日(土) 

時間割:12:20~12:35 受付
    12:40~13:30 1コマ目 問題解決の鍵
    13:30~14:20 2コマ目 猫生活をはじめる鍵
    14:20~14:30 休憩
    14:30~15:20 3コマ目 猫と暮らす鍵

参加費:事前振込 4,320円 税込(当日現金 4,820円) 

*終了後に猫談タイムもあります。
 (猫談タイムだけの参加はできません)
    15:30~16:30 1,080円

会場:泉大津市内(南海本線 北助松駅/JR阪和線 北信太駅)

定員:10名
 

内容詳細は こちら を参照ください。
   


★猫の學校★

日程:一学期 5月11日(金) ①~④
   二学期 6月 8日(金)  ⑤~⑧
   三学期 7月 6日(金)  ⑨~⑫

時間割:11:20~11:40 受付
    11:45~12:35 1時限目
    12:45~13:35 2時限目
    13:35~13:55 休憩
    13:55~14:45 3時限目
    14:55~15:45 4時限目

参加費:事前振込 19,440円 税込(当日現金 19,940円) 

*3回とも終了後にプチ猫談タイムがあります。
 (猫談タイムだけのご参加はできません)
    15:55~16:40 540円 

会場:泉大津市内(南海本線 北助松駅/JR阪和線 北信太駅)

定員:10名

内容詳細は こちら から。




★老猫専科★

日程:前半 5月12日(土)
   後半 6月 9日(土)

時間割、会場(大阪府内)については決まり次第お知らせします。




☆申込み方法☆
申込みフォームの準備が整い次第、このブログでお知らせします。



初ねこ倶楽部、猫の學校はいずれも定員10名様までですので、
早めにスケジュールおさえておいてください!





管理人
hashimoto178
橋本美穂(はしもと・みほ)


  • ライブドアブログ