今回の猫の學校は募集開始後早々に満席(^o^)

寒い朝でしたが風邪などによるお休みもなく、
遠くは大分、岡山、四国から無事に全員集合!
ニコニコ賑やかな一学期となりました。


今回はまだ猫歴の短い方が多く、
猫の習性や猫との遊び方に「ほぉ...」「へぇ~...」と
思わず声が出てしまう方もあり、
目からウロコが落ちているのが見えるようでした(^o^)


_20181020_221311

今回のクラスメートの特徴は、、、

南里校長の余談の中にチラチラ出てくる
暮らしのヒントを、「聞き逃すまい」と
前のめりに集中されること(≧▽≦)

とてもまじめな皆様でした👍



猫の學校のあとはプチ猫談タイム。

猫草って食べさせた方がいいの?
・生活の場所を区切ることについて 
(キッチンに入って欲しくない)
・ワクチン打ったほうがいい?
・トイレを使ってくれない時がある...

などのご相談がありました。

トイレやワクチンについては、過去にも何度か相談が出ていましたが、それぞれ猫も環境も異なるため、皆さんの答えも違ってきます。

大事なのは、一緒に暮らす皆さんと猫が
互いに気持ちよく暮らせる妥協点を見つけること。

「こうしなければならない」という縛りはないという点で、気を楽にしてお帰りいただけたのではないかと思っています😌



そして最後は「猫塾365訓」

今回はアドラー心理学入門編から、猫にも通じる10個のセンテンスを参加者の皆様と紐解いていきました。

一見難しく感じるアドラーの言葉を、「こういう事じゃない?」「私はこう解釈した」と、アドラー自身の生まれた育った背景も考慮しながら自分の言葉で掘り下げていくのですが、、、


子育てや幼児教育にもよく取り入れられているアドラーの言葉は、猫との暮らしにこんなにもリンクしているのかと、それこそ私自身が目からウロコでした。


言葉や語彙について、少しの情報で深く掘り下げていくという作業は私にはとても新鮮で心地よく、何か自分の可能性を拡げてもらえたとさえ感じられる90分となりました。


腹がたったときどんな状況でも「ムカツク~」という言葉でしか表現出来ないとしたら、その言葉の中でしか心を動かす事が出来なくなります。


自分が感じたことをピッタリな言葉で表現する、
そんなレッスンを、
恥ずかしい思いもせず、笑いながら経験できる貴重な時間、是非皆様も体験にいらしてみてください!

定員は8名。
猫塾(90分 1,620円)だけのご参加もOKです(^-^)


今後の予定は猫の森さんのHP、猫スクールの画面からご覧いただけます。






皆様とのご縁を楽しみにお待ちしております😌

最後までお読みくださりありがとうございました✨