寒い日が続いていますが、皆さんお元気でしょうか?

今年最初のセミナーは、『初ねこ倶楽部』です!!


今日は寒い中、本当にありがとうございました。
皆さん、南里校長のパワーをしっかり受け取りましたか?
でもこんなもんじゃないんです!
猫の學校や老猫専科では、もっともっとパワフルなんですよ


さてさて、
初ねこ倶楽部は、いわば入門編です。
なので、最近猫と暮らし始めた方や、これから猫と暮らしたい、という方がお越しになりました。


南里校長が、
『猫を飼ってます』から、まずは『うちには猫がいます』に変えていきましょう!
と言われた瞬間から、皆さんの表情が変わっていきました

hatuneko


飼うから暮らす、餌からご飯。
意識を変えることで、日々のお世話の質も変わる。
そうすると、必然的に猫との関係が変わってくるんですね。 分かっていても、身につくまでには時間がかかります。
私も初心に戻って見直してみようと思います。

猫との暮らしで困ったことと聞かれ、
真夜中の大運動会
早朝のご飯コール
家にいる時間が少ないのでかまってやれない
人見知りする
そもそも何を言ってるのかわからない
など色々ありました。

実は、我が家に布団におしっこをする子がいました。

しずく1
はい、この子です

何でここでするんだろうと、砂を変え、トイレを変えたり、増やしたりしましたが、
やっぱり布団でするんです。
冬に毛布だけで寝ることもあり、この毛布にだけは・・・
と真剣にお願いしたこともあります。
結局、羽毛布団は捨て、洗える布団を買い、洗い替えにもう一枚買いました。
ある人の『トイレの砂が嫌いなんじゃない?』の一言で、ようやく気付きました。
すぐ子犬用のトイレにペットシートを用意したら、気に入ってくれたようです。
今は布団におしっこをすることはなくなりました。

あの時は頭を抱えて悩んでいたことが、今では笑い話になってます。
猫あるあるですよね、これって

猫と暮らしていると、いろんな挑戦を受けます。
大概は、可愛さゆえに許してしまえることが多いですが、
時にはギャー、やめてーと叫びたいようなこともあります。
ほんま勘弁して・・・と泣きたくなることもあります。
猫のいる生活が初めての方は、お手上げ状態になりますよね。

でも、対話すること、理解しようとすることを続けていきましょう。
きっと、何とかなる日が来ます。
たぶん・・・
それでもダメなときは猫の森のセミナーに来てください。
南里校長から解決のヒントをもらい、猫好きの方々といろんなお話をしてください。
解決に至らなくても、きっと自分だけじゃないって、ホッとしますから。
私がそうだったので


今日来られた方も、まだまだ話し足りなかったのではないでしょうか?
またお会いできる日を楽しみにしています

まだまだ寒い日が続きます。インフルエンザも流行ってます。
体調にくれぐれをお気を付け下さいませ。
最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。