猫族ワークショップ@大阪

なんりひでこの猫族ワークショップ@大阪をメインに、関西でのワークショップ情報をお届けします。

猫の學校 GO

猫の學校で何を學ぶか

「猫の學校」
2019年バージョンがいよいよ2/10(日)スタートです!

いや、2019年バージョンというか、毎回最新のお話なんですけどね(^_^;)


さて、一度ずらっと、各コマご紹介しておきましょう😉

 
1.子猫から成猫へ
2.老猫の坂
3.猫の五感  
4.猫のボディランゲージ
5.猫の習性
6.猫との会話
7.猫の食事
8.猫の住まい
9.猫の健康
10.猫のお手入れ
11.猫SOS
12.猫との約束

1コマ50分。

豊中会場は三学期制で、一学期4コマづつ進んでいきます。
(11月12月の泉大津会場は前半後半6コマずつ)



たとえば、2コマ目の「老猫の坂」では...

現在の猫寿命、老いの兆候、起こりがちなケガや事故、環境や食事などどんな配慮が必要か?、お手入れは?、介護の捉え方、寄り添いの心得...
などなど、老猫でなくても今から考えておきたい、普段の暮らしに採り入れたい基本がビッシリ。

たくさんの猫を看取ってきた南里校長の実体験も織り混ぜての濃厚な50分です。
(老猫に関してはさらに深く掘り下げ、実践動画やお別れの心構え、ペットロスまでをまとめた老猫専科という別セミナーもあります)



猫の五感、ボディランゲージ、食、住、健康...

どの項目も人目線、猫目線、そして猫を取り巻く環境(社会)を俯瞰的に見る目線から考えられていて、
単に猫のことを知りたい方
猫の本はもうたくさん読んだ...という方
家族として自分がどうしたらいいかを知りたい方
猫について話したり教えたりする立場の方
キャットシッティングや猫グッズの制作など猫の仕事をしている方...

などなど、

どんな方にもそれぞれの學びポイントがあります。



私たち人間は一歩外に出れば様々な生き物に会い、草木や風に季節を感じ、遊び、仕事、飲食など無限の経験が出来る立場にあります。

ではお家に暮らす猫たちはどうでしょう?

外に出してたくさん経験させましょう、というのではありません。


昔と違って猫が自分で死に場所を選ぶ事ができない時代。

せめて「さよなら、またね」のその瞬間まで、彼ららしく、豊かな気持ちで過ごしてくれたら...

そういう意味では私たちの判断一つで猫たちの暮らしの質が変わるといっても過言ではないかな、と思うのです。
 

皆さんのお家の猫さんにはそれぞれの「好き」「気持ちいい」「これは嫌」があるはずです。

猫の飼い方本に書いてある猫も、ネットで調べた猫も、皆さんのお家の猫さんとは違います。

お家の猫さんの一番の理解者は「皆さん」なのです。


「猫の學校」は猫との暮らしの基本を學びながら、自分と自分の猫にとって何が必要で何を省くべきか、自分で選択出来るようになるためのレッスンでもあります。




猫と暮らす方、猫のお仕事をしている方には全員受けて欲しいスクールです。


開講詳細は下記ご参照ください。
受付締め切りは2/5(火)です。











_20190129_120242
猫は本能的においしい水を知っています。




_20190129_120301
カモーーーーン❗猫スペシャリスト😆⤴️



なお、猫の學校受講者は各日程、猫談タイムにご参加いただけます。(参加費  540円  参加任意)

こんなこと誰に聞いたらいいか...というようなちょっとしたことから、ウチの子自慢まで、猫についてなんでもお話できる場所。

相談事がなくてもとりあえずみんなの話が聴きたい、と参加される方が多いのが大阪の特徴?
笑ったり泣いたり、温かい寄り添いの場でもあります。



豊中会場は阪急電鉄 豊中駅から徒歩10分弱。
乗車時間も梅田から10分程。

大阪空港からモノレール、阪急電車を乗り継いでも20分以内。

駅前にショッピングモールもあり、お食事やお買い物にも困りません(^-^)

遠方からでも安心してお申し込みください😌


2018ラスト猫スクール

もりだくさん過ぎて整理するのに時間かかりました💦


遅くなりましたが12/8(土)の猫スクールの様子をお知らせします!


15447537816494
今回も皆さんずっと南里校長のお話にのめり込んでおられて、終始集中が途切れることがなかった、という印象です。


15447537674862
自分の手より、人に当ててもらう方が、
なぜか温かさに深みがあるのです♨️

温めた両手で愛猫の体をすっぽり包むと
ぽか~んと心がからっぽになる。

日々の忙しさから解放され、
お互いに満たされる時間...




_20181212_001244
コーミングの仕方を実演中。
モデルは黒猫の夢千与クン(ぬいぐるみです😆)

_20181212_001302
お耳マッサージ。

今の時期、お耳の冷たい子、多いです💦

お耳にはたくさんの内臓のツボが集まっています。
温かい手でマッサージして、血の巡りをよくしておきましょう😌
(私たちも自分で耳をマッサージすると顔や体がポッポしてきますよ😆)


_20181212_002928

こまちゅ、こんな顔しながらも
みニャ様のお話を聴いています(^-^)



Fotor_154454196573276
一緒に笑ったり泣いたりしたクラスメイト✨

皆様と暮らしている猫さんのエピソードも
興味深い内容が盛り沢山でした。

病気のことなど、今まさにその状況にある方の生の声を直に聞ける場所はとても貴重。

猫の學校は南里校長からの一方通行ではなく、皆さんの猫事情も織り混ぜながらであることを実感していただけたのでは、と思っています。




【猫談タイム】

15447537530101

今回皆様から出た話題は...

*花壇にお外猫のウンチ!対策は?
*はみがきしてる?
*食べてないのにお口シャクシャクします
*朝必ずビニールをペロペロします
*お布団にオシッコされます
*ごはん、1日4回は多い?

というような内容。

で、ですね!

今回は目からウロコの対応策が満載で!

特に「花壇にウンチ」の対策法✨

実践の結果など、また情報が集まったら皆様にもお伝えしていきたいと思っています!

もーね、案が次から次へと湧き出て来まして、
その案で株式会社を作るという話にまでいきましたですよ(笑)


そして、その他の話題についても、

歯ブラシを当てるだけが歯磨きではない。
ゴハンの回数はその猫を一番知る家族が決めてOK👍
ビニールをペロペロするタイミングに注目!
お布団にオシッコのタイミングも!

...などなど、

猫の學校を終えたばかりの皆さんは、既成概念や世の中の常識を頭から外すことも容易で、たくさんの答えをもらわなくても「そうですよね💡」と、ほぼ自分で答えを導いていらっしゃいましたし、既になんとなくご自分の中にあった答えに自信をもたれたのかな、という方もいらっしゃいました。


腑に落ちる、確信に変わる、自信が湧く

皆さん、目がキラキラしていましたよ✨



【猫塾365訓   アドラー心理學入門】
15447537465760
皆さんとその猫さんからもらった気付きでしっかり温まった脳みそ(笑)

日も落ちてゆったりした雰囲気の中、
今度は「アドラーの言葉」に浸っていきます。

育児や教育についての言葉なのですが、子供との向き合い方、とりまく社会の在り方は猫にぴったり当てはまると今回も感じました。

見守る、寄り添う、干渉し過ぎない

誰かの為に何かをするより、しない方が良いことも多く、何もしないという事には何かをするよりも多くの勇気と思い遣りが必要....

私自身は子育てしていませんが、大人付き合いの中でもこれは日常的に実感しています。


猫と暮らす人にも一度考えてみて欲しい。

この事については、猫の學校ではもちろん、老猫専科で詳しくお話しています。



さて、今回も長くなりました。

今年も1年、たくさんの方が猫スクールを受講し、猫の學校を修了されました。

遠くは山陰、四国、東北、九州からもお越しくださり、一緒に笑い、涙し、実の多い時間を共有してくださったこと、本当にありがとうございました。

すべては皆さまの目の前の猫さんから発せられたご縁。

皆さまだけでなく、お家の猫さんにも感謝です✨



来年は今までの猫スクールに加え、新たにGGシリーズがスタートします。



詳細はこのブログでも近日中にお知らせしますが、少人数制のため、参加希望の方は早目にお申し込みくださいね😌




☆おまけ☆
_20181214_110632
和歌山産ソマガツオ(初めて聞いたー)

2学期に注文された方の分を南里校長が和歌山から背負ってきてくださいました😆
季節によって魚の種類、大きさ、お値段は違いますが、また次回の猫の學校でもご希望があれば買ってきていただきましょうね😉



15447538244705
今回、小竹さんは顔出さず。

終始ベッドの上のお花畑ど真ん中でお休みでございました😪💤




今年一年、ご縁をいただいた猫仲間の皆さん、猫さんたちに心からの感謝を込めて...

ありがとうございました✨ 

みっちみちの1日

猫スクール大阪 泉大津会場管理人のみほゾウです🐘

某局の朝ドラ、今舞台は泉大津みたいですね😊
泉大津歴15年の私には最初から羊毛の町のイメージですが、かつては製塩所があったとか。
初めて知りました😆


さて、そんな海に近い我が家。

11/17(土)  は終日みっちみち、満員御礼状態㊗️

朝冷え込んだので全面床暖房を入れていたのですが、皆様の熱気で途中から床暖房をオフに😆


11:45~15:45  猫の學校 2学期   10名
_20181118_205421
私は途中シッティングで抜けたのですが、戻ってきた時、皆様があまりにも集中していたので
席に戻りにくかった「7コマ目  猫の食事」の風景

若い猫さんならあまり悩みがないかも?なごはんのお話ですが、若いときにこそ知っておくことで、食が細くなったりこだわりが出はじめる老齢期に役立つことがたくさんあります。

あぁ、これが食べたかったんだと思わずむっくり起き上がるような、生きる気力を呼び起こすほどの好物をいくつ知っているか。

食の幅を広げておく。

家猫にとって私たち家族が用意するごはんが命綱。

食べる場所、食器、空腹の時間が意味すること、ペットフードに欠けているもの、栄養を管から入れるということと口から食べることの違い...
 

私もまだまだ愛猫の「コレ好きー😆」を模索中👍
好きなものを夢中になって食べる姿、出来れば長くみていたいなぁ...😌



そして、8コマ目は「猫の住まい」

暑さ寒さのことやトイレ事情、室内に潜む危険や掃除のコツなど 基本中の基本から、化学物質や電磁波、建築素材などにも触れていきます。

大事なのは私たちの安全基準を猫に合わせるということ。



最近猫にとっての環境エンリッチメントという言葉もよく耳にするようになってきましたが、エンリッチメントは豊かにする、という意味。

安全基準と同じくらい、一番大きな環境である私たちの豊かさも大切なのだと、猫の學校では考えます。
(そして更に深い専門的なお話は「猫住まい専科」という特別プログラムで學ぶこともできます)
 
 
そうそう💡
たまに『模様替えは猫にとってストレスになるので止めましょう』という言葉を聞くことがありますが、我が家は毎月セミナーの度にソファをリビングから和室に移動させ、テーブルや椅子を並べているんですよ😉

さらには、今回普段のテレビ・ソファの配置も変えてみました。


before
_20181118_205825


after
_20181118_205735
偶然にもテレビにクジラが泳いでるシーンが映っててエエ感じ(笑)



小松も小竹も、ソファの背もたれで追いかけっこしたり、テレビの裏にまわったり、ワキャワキャいつもと違う空間を楽しんでくれています😆
 
15425521825140
相変わらずゴメン寝してるし😂



もちろん、
少し物の位置が変わるだけで寄り付かなくなったり、スプレーしてしまったり...みたいな猫さんもいるのですが、思い込みや昔からの定説にとらわれず、自分の猫をよく知り、何より猫のテリトリーに住む私たちがゆったりした気持ちで過ごせているかどうかが、快適猫暮らしの最重要ポイントではないでしょうか😉




15:55~16:40  猫談タイム  9名
Fotor_154252893646226

参加者様からのお題
・ブラッシングを嫌がる
・猫ともだちを作りたい
・迎え入れた子がFIV陽性と判明。先住猫との関係をどうするか...
・糖尿病の猫さん。体調によってインシュリンの要不要を猫自らが教えてくれるようになった!
(皆様は原則お医者様の指示に従ってください)

などなど...

猫さんへの愛と感謝が溢れておもわず涙が出てしまうことだってあります。

そして、そんな気持ちに特別な言葉がなくても寄り添える仲間...
とてもあったかくて、みんなが猫の存在そのものにありがとうって思えた時間でした😌



17:00~18:30  猫巡礼  10名
Fotor_154252900971881
(小梅さんもいるよー😆 そしてお菓子がたくさんでちょっとしたパーリータイム⤴️✨⤴️)


今回は「キャットシッター創業秘話」

南里校長が、猫にお家で留守番してもらうためのお手伝いをキャットシッターという仕事として確立するまでの経緯をお話くださるのですが、それがなんと南里さんが生まれて2日目の出来事から!


もうね、シッターって簡単に名乗ってることが恥ずかしくなりましたよ💦💦

私の拙い語彙力では書けないので書かないけど😂、あぁ、この人がこうして土台を築き上げたその上の安全な場所で、私は何の苦労もなくヌクヌクと仕事させてもらってるんだなぁ、、、みたいな💦


それと、幼い頃からの猫や犬との暮らし方、大人になって(時代が変わって)からの猫との向き合い方、すべてが今の猫の學校の原点なのだということ。


南里校長のお話には、いつもその猫についてのその当時の迷いや痛みが鮮明に浮かび上がってきていて、嘘や脚色がないからこそ、私たち聴く側にも深く沁み入ってくるのだろうな、と。


どんな情報もネットで簡単に得られる時代ですが、シッターとしてお金をいただいて仕事をしているプロである以上、やはり同じプロである先人の本物の話に触れていたいと、改めて感じた時間でした。


こうして毎回新しい気付きを得られるこの猫スクール、来年も毎月継続させていただけることが決まって心震わせております😌✨





猫に一目置かれる人になるための新しい企画もスタート✨



皆様、ぜひぜひ日程空けておいてくださいね!



あ、そうだ💡
猫巡礼から参加のシッター仲間Kさんが皆さんで、って持ってきてくださったキムパ
_20181118_171739
我が家の晩ごはんになりました(*^.^*)エヘヘ

Kさん、ありがとうございました😋
おいちかったー✨





ひゃー😆
今回も長いよー(笑)
文章もみっちみちー😂

いつもお付き合いありがとうございます!



盛りだくさんな一日

今回の猫の學校は募集開始後早々に満席(^o^)

寒い朝でしたが風邪などによるお休みもなく、
遠くは大分、岡山、四国から無事に全員集合!
ニコニコ賑やかな一学期となりました。


今回はまだ猫歴の短い方が多く、
猫の習性や猫との遊び方に「ほぉ...」「へぇ~...」と
思わず声が出てしまう方もあり、
目からウロコが落ちているのが見えるようでした(^o^)


_20181020_221311

今回のクラスメートの特徴は、、、

南里校長の余談の中にチラチラ出てくる
暮らしのヒントを、「聞き逃すまい」と
前のめりに集中されること(≧▽≦)

とてもまじめな皆様でした👍



猫の學校のあとはプチ猫談タイム。

猫草って食べさせた方がいいの?
・生活の場所を区切ることについて 
(キッチンに入って欲しくない)
・ワクチン打ったほうがいい?
・トイレを使ってくれない時がある...

などのご相談がありました。

トイレやワクチンについては、過去にも何度か相談が出ていましたが、それぞれ猫も環境も異なるため、皆さんの答えも違ってきます。

大事なのは、一緒に暮らす皆さんと猫が
互いに気持ちよく暮らせる妥協点を見つけること。

「こうしなければならない」という縛りはないという点で、気を楽にしてお帰りいただけたのではないかと思っています😌



そして最後は「猫塾365訓」

今回はアドラー心理学入門編から、猫にも通じる10個のセンテンスを参加者の皆様と紐解いていきました。

一見難しく感じるアドラーの言葉を、「こういう事じゃない?」「私はこう解釈した」と、アドラー自身の生まれた育った背景も考慮しながら自分の言葉で掘り下げていくのですが、、、


子育てや幼児教育にもよく取り入れられているアドラーの言葉は、猫との暮らしにこんなにもリンクしているのかと、それこそ私自身が目からウロコでした。


言葉や語彙について、少しの情報で深く掘り下げていくという作業は私にはとても新鮮で心地よく、何か自分の可能性を拡げてもらえたとさえ感じられる90分となりました。


腹がたったときどんな状況でも「ムカツク~」という言葉でしか表現出来ないとしたら、その言葉の中でしか心を動かす事が出来なくなります。


自分が感じたことをピッタリな言葉で表現する、
そんなレッスンを、
恥ずかしい思いもせず、笑いながら経験できる貴重な時間、是非皆様も体験にいらしてみてください!

定員は8名。
猫塾(90分 1,620円)だけのご参加もOKです(^-^)


今後の予定は猫の森さんのHP、猫スクールの画面からご覧いただけます。






皆様とのご縁を楽しみにお待ちしております😌

最後までお読みくださりありがとうございました✨

猫の學校 三学期無事終了

猫の學校@大阪、第4クールの3学期。
本当は7/6(金)の予定でしたが、記録的大雨による
交通網の遮断でやむ無く延期を決め、
8/5(土)に振り替えとなったのでした。

全10名のところ、今回無事3学期を修了された方は7名。
残りの3名は第5クールの3学期、12月に修了予定です。

3学期の内容は

🔷猫の健康
🔷猫のお手入れ
🔷猫SOS
🔷猫との約束

と、1、2学期同様とっても大事なことが
詰まった学期です。

12月に受けられる3名様も
どうか楽しみにお待ちくださいね!


Fotor_15334696423142

今回の猫談タイムで出た質問、話題は...

・スプレーする猫さん、その後の嬉しい変化報告!
・タワー好きだった子、タワーを新調したら登らなくなった💦
・うんちの後に吐いてしまう老齢さん。
    便秘用フードの採り入れ方
・猫が肩や背中に飛び乗ってきます~💦
・猫トイレ、何で洗ってる?
・猫食器、洗剤使ってる?

などなど。

深刻なお話もちょっとした疑問も
何でもアリなのが猫談タイムなのですが、

猫の森さんのセミナーはどれも
講師の南里さんからの一方通行ではありません。

こうやって向かい合ってわかちあう。


答えが出ても出なくても、
そもそも答えなんてないんじゃないかと思うようなことも、
モヤモヤしていたことが少しでもスッキリして
帰っていただければ本望です。




Fotor_153346973812159

修了証授与式✨

南里校長から手渡しされてハイ、終わり~....

ではなく、

猫の學校の修了生にはいくつか特典があります。


その一つが、2回目以降は半額で受けられる、というシステム。

これは私が初めて受講した10年前から採用されているもので、
このシステムがあったからこそ、私は何度も受講し、
その都度更新される内容に刺激を受け、
広く伝えたいと希望し、
今の私と猫の暮らしがあります。


10年受け続けても毎回刺激がある!

人も、猫も、取り巻く環境も、昨日とまったく同じものは何一つないですもんね。

猫のように、
昨日にこだわらず今を楽しむ暮らしをしたい方、

ぜひ猫の學校に學びにいらしてください。


今後の猫スクールに関しては
▶こちらからご確認お願いいたします。
(お申し込み受付中です)




さて。

ここからは余談です。

いつも我が家では、松竹梅(小梅、小松、ときどき小竹)がお迎えするのですが....


今回はこんな方が。。。
_20180805_213136

はじめまちて💕

生後約1ヶ月半の女の子です。


なんとこの方、三学期の2日前に泉北道という
近くの高速道路の橋脚(高さ15mくらい)で
ビャービャー鳴いておりまして😱😱😱


Fotor_153321011774257
Fotor_153321235273543
_20180803_020448


夫と二人、警察やら道路公団やら消防署やらを巻き込み、
四時間かかって、奇跡的に救出✨


泉北道にいたので仮の名前を泉(セン)としました。


今回三学期にご参加の皆様にも
チラッと姿を見ていただいたお泉ちゃん💕

次の初ねこ倶楽部(9/1)まで我が家にいるかどうかは
神のみぞ知る.....



はい、今回も長くなりました(笑) 

今年後半は大阪初開講のセミナーが目白押し!!


皆様のお越しを松竹梅(+お泉ちゃん?)とお待ちしておりますよー(^o^)/


最後までお読みくださりありがとうございました✨

10人入りました!

6/7(金)は猫の學校二学期。

このクールのクラスメイト8名に加え、
前のクールで二学期をお休みされた方と
前半6コマを東京で受けた方がご参加になり、

なんと我が家に10名様入りましたーーーっ(≧▽≦)!

南里校長と私を入れたら12名😵


皆さん酸欠にならずによくガマンしてくださいました(^_^;)


Fotor_152850854597676

猫の學校 二学期は...

5,猫の習性
6,猫との会話
7,猫の食事
8,猫の住まい

_20180609_104406

猫の學校 恒例のOリングテスト


口にしたり肌につけたりするものはもちろん、
言葉や気持ちにも体は正直に反応します。

猫はこんなテストをすることなく、
自分にとって必要なものとそうでないものを
きちんと選びとっています。


そして二学期には、

猫の學校の中で私が一番好きな「猫の食事」の講義があります。

野生の猫は、何をどんなタイミングで食べているのか。

家の猫にはなぜほとんどの人が朝晩2回ゴハンをだしているのか?
(2回がダメということではない)

老猫さんが食べなくなった時、どうする?

あなたはあなたの猫の好物をいくつ知ってる?

毎日の食事が愛猫にとって楽しみの一つであり、
生きる力であって欲しいと誰もが思っているはず...


初受講で目からウロコが落ちる経験をされるのは、
この「猫の食事」の講義内容が一番多いのではないでしょうか??


「生かされる」のではなく、死ぬまで「生きる」


そのための食事や環境の大切さ、
たくさんの方に學びにきていただきたいです。




_20180609_104458

小梅は南里校長が大好き💕

「鹿まんま」という野生鹿だけを使ったオヤツをいただきました。

_20180609_104816
早くくだしゃい。
もっとくだしゃい。

_20180609_232439
鹿まんまは私の手に移ったのですが.......
小梅は南里校長のおにぎりに集中(^_^;)

南里校長の手からいただくのが美味しいらしいです(笑)



講義終了後の猫談タイムでは...

・猫の口臭  予防と対策、歯肉炎について
・トイレ以外でのオシッコ
・この時期の留守中のエアコン、換気について
・動物病院の選び方
(診察してもらったらとんでもないお医者様だった  >_< )

などなど。

えぇ~っ?
へぇぇ~...

と、ネットの文字からは伝わってこないニュアンスのお話は、こうして顔を付き合わせてこそ。



_20180609_104029

今回も小梅は皆さんの足元をウロウロ。
小松もウロウロしたあと、定位置の私のヒザ上へ。
(暑い💦)




皆様がお帰りになる頃、泉州地方はどしゃ降り&カミナリ(>_<)

自転車でお帰りの方としばらくお茶を飲みながら
カミナリが収まるのを待ち、私はシッティングへ...




そして9(土)は老猫専科 後半。


_20180609_232242

後半はたくさんの動画でお手入れの仕方を學んだり、
実際のお手入れで重宝したグッズ、
栄養補助のために採り入れた高カロリー食などの
紹介もあります。


ですが、それらを採り入れるに至る前に
とても大切なことがあります。


私たちは愛猫に変化を感じたとき、
「前はこうだった」
「こないだまで出来ていた」
と考え、どうにかしてそこに戻そうとしてしまいがちですが、


変化を感じたらしなやかに受け止めること。

過去にこだわらないこと。

今、実際に目の前にいる愛猫に目を向け
愛猫が必要としていることを感じ取ること。


上にも書きましたが、人も猫も、
「生かされる」のではなく
「死ぬまで生きる」

本当は何もしなくても、自分の力で生きて死んでいけるはずなのですけどね。



老猫専科では、お葬式やペットロスについてのお話もあります。


老いの坂道を共に歩み、
旅立ちに寄り添い、
やがて愛猫の魂が体の一部になるまで...


前半後半合わせて6時間の講義で
愛猫との長い暮らしがより愛おしく感じられるようになります。

次回大阪での開講は来年になりますが、
どうぞ皆様楽しみにお待ち下さいね。



_20180609_104307

今回は一度も顔を出さなかった不思議くんこと、小竹さん。

「あんなー、ぼくなー、長生きするためになー、よう寝ることにしてるねん」



長文お読みくださりありがとうございました😌
(ホントはもっと長かった。思いが強すぎで重いので😂これでもちょっと短くしました💦)







大阪初ワークショップ 開催! そして猫スクール後半スケジュール

東京 桜舎では全回参加の方もたくさんいらっしゃるという
大人気の「木曜倶楽部」、
私の念願叶って大阪でも開催していただける運びとなりました✨


まず記念すべき第一回目は

「森のデスカフェ」

2018年7月6日(金)
 
17:00~18:30

デスカフェとは...

およそ10年前、
スイスの社会学者バーナード・クレッタズ氏が妻の死を契機に「死」についてカジュアルに話す会を開いたことが発端とされていて、お茶を飲んだりしながらリラックスした雰囲気の中で「死」について自由に語り合う場のこと。

欧米を中心に広まり、今ではイギリスなど40か国以上で開かれているそうです。

一般的なデスカフェには3つのルールがあって

①お互いの思いや考えを大切にし、
     自由に自分の考えを表現できるようにする
②特定の結論を出そうとしない
③個人のカウンセリングや悩み相談に
    ならないようにする


皆さんにとって「死」は、恐怖?悲しみ?自由?解放?

人によって捉え方は様々。  
答えはありません。

愛犬愛猫が生きている「今」、
死について考え向き合うことで
更なる慈しみの心や彼らを尊重したいという想い
沸き上がってくるかもしれません。


_20180606_091430

_20180606_091358
前回の初ねこ倶楽部で、南里校長はじめ、皆様が想いを馳せてくださったマミちゃん💕

あの翌日、ご家族に見守られながらしっかりと旅立っていきました。

こちらのご家族は、前のにゃんこさんの葬儀にも同席させてくださり、旅立ちやその準備についてお互いの想いを共有させていただけたこと、本当にありがたかったです。

実は私もデスカフェ初体験。
またいろんなお考えに新しい刺激をいただけたら、と思っています。

詳細・お申込みは ▶コチラ
 ※7月6日は、定員に達したため、キャンセル待ちのみの受付


そして、こちらも大人気シリーズ、開催決定しています!

2018年7月7日(土)
スーパーねこ友編み方教室
10:30~11:30
詳細・お申込みは ▶コチラ
スーパーねこ友はオリジナル商品ですので、ご本人様とご本猫ちゃんのお楽しみ用としてお使いいただき、お友だちへのプレゼント、販売、他の方への編み方レクチャーなどはご遠慮いただいております。

猫よろず相談48     
13:00~16:00
詳細・お申込みは ▶コチラ


猫よろず相談は大阪では久しぶりの開催です😉
よくあるお悩みを、一般論ではなく、猫の森さん流にサラサラ~っとお答していきます😆


更に!

2018年後半の猫スクールも下記の通り決定しています!

9月1日(土)
🔷「初ねこ俱楽部」 
13:00~15:40 詳細・お申込みは ▶コチラ
🔷「猫巡礼88」
16:00~17:30 詳細・お申込みは ▶コチラ


🔷「猫の學校」
1學期 10/20(土)
2學期 11/17(土)
3學期 12/8(土)

🔵「猫住まい専科」 
前半 9/2(日)
後半 10/21(日)

 
会場
🔷大阪府泉大津市内(南海本線 北助松駅/JR阪和線 北信太駅)
🔵大阪府豊中市内(阪急豊中駅)


個性心理学なんかも予定していますよー😉⤴⤴
(日曜日の予定)


HPでの応募フォーム、詳細アップとなりましたらまたお知らせいたします😌



スケジュール空けてまっててくださいね(^o^)

猫の學校  一学期

今年度1回目の猫の學校、一学期が終わりました(^o^)

_20180511_233134

今回は平日の日中開催にも関わらず、早々に満員御礼。
キャンセル待ちの方もいらしたとお聞きしています。


今年は猫の學校2「老猫専科」も出版されましたので、
他の猫本にはあまり書かれていない、
新たな視線で猫と向き合い始めた方も多いのではないかな、と思っています。


さて、
その他の猫本や猫セミナーではあまり聞かないであろう言葉で、私自身がいつも心している言葉がありますので、ちょっと書き留めておきます。



「体は頭よりずっと賢い」


普段からネットを探って情報をかき集め、
経験に基づかない知識や思考優先で行動していないか?
 
大好きなアーティストのライブに行く日は
テンションが上がったり、ニコニコ顔が緩むけど、
嫌いな場所に行ったり苦手な人に合うときは
行動も遅くなりがちで体温が下がったりしない?

知識や思考に関係なく無意識のうちに体が反応していることがある。
(無意識の行動こそ本物であることが多い)


私たちがこれから學ぼうとしている猫は
実にこのレベルに生きているのだ、ということ。
(犬もそうだと思う)


そして、小手先だけの知識や片手間で向き合おうとしても、猫は確実にそれを見抜くということ。
(犬も確実に見抜くはず)



それを常に念頭に置いておくことが、
猫の學校で學ぶ基本姿勢だと私は感じているのです。



本気で猫と向き合うということとは?
猫目線になるということって?


常識とか役職とか形式とか序列とか、
後悔とか心配とか建前とか...

猫が持たないものは捨て去って素になる。


これを三学期かけて學んで行くのが、猫の學校。




......って!


ここまで読むと、「え~?そんなに堅苦しいの💦」って思われてしまうかも知れませんね💦💦


いえいえ💦
ぶっちゃけ今回も笑いっぱなしの4時間でしたので、
これから受講を考えている方、ご安心を!





猫の學校では、猫との本気の遊び方も學びます。


_20180511_231028

_20180511_231044

見切れてます(T0T)

小松はスーパーねこ友「鳥」派。

_20180511_231008

小竹は「ヘビ」派




_20180511_232830

_20180511_232731

「ねこ大満足じゃ」に必死な二人(^_^;)


またたびの香りだけでなく、
実はこのフォルムにも野生を呼び起こすヒントがあるのです😉


市販のオモチャがすべて猫の本能に訴えかけるつくりになっているとは限りません。


猫のように、そして、猫のために、
「本物を見抜く力」を身に付ける。


今日ご参加の皆様も一歩猫に近付いて
帰路につかれたことと思います。



そして、本編終了後のプチ猫談タイムでは...

成長期の猫さんの要求咬み(?)
新入り猫さんを迎えるメリットデメリット・リスク
ごはんの食べ方、
などなど...


猫仲間だからこそわかりあえる温かさや、
受け止めてもらえる安心感に包まれたひとときでした。


お悩みや経験談を惜しみなくお話しくださった皆様、
本当にありがとうございました。


二学期は「ねぇねぇ、あれからどうなった?」という会話から、
また朗らかにスタートできそうです。




さて、明日は「老猫専科」前半!


またそちらの報告も楽しみにお待ちくださいね(^-^)





最後までお読みくださりありがとうございました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           


管理人
hashimoto178
橋本美穂(はしもと・みほ)


  • ライブドアブログ