大阪名物|大阪プロレス
大阪プロレス ニュース 大阪プロレス 選手〈レスラー〉紹介 大阪プロレス 試合日程 大阪プロレス 試合結果 大阪プロレス 大阪プロレス プロレス動画 大阪プロレス アリーナ 大阪プロレス Q&A 大阪プロレス チケット&料金

2006年05月27日

タッグフェス2006一回戦後半戦!

11811fda.JPG5月21日から開幕した大阪タッグフェスティバル2006。
開幕から大盛り上がりのタッグフェス1回戦の後半戦が行われた!

5月27日(土)大阪タッグフェスティバル2006 1回戦
大阪・フェスティバルゲート内デルフィンアリーナ 18:00開始 観衆172人

■20分1本勝負
 ○タイガースマスク
 (7分25秒デルフィンスペシャル1号)
 ×政宗
※政宗は反則を最小限に抑え大技、小技をちりばめタイガースを攻める。斬首からアンクルホールドでチャンスを迎えるが、タイガースも打点の高いドロップキックや裏投げで反撃。お互い技の読み合いで目まぐるしい展開が続くもタイガースが一瞬の隙をついてデルフィンスペシャルを決め勝利。

■30分1本勝負
 ○フラッシュムーン
 (7分42秒リングアウト勝ち)
 ×秀吉
※ムーンが先制攻撃を仕掛けいきなり試合はスパーク。秀吉のパワフルな攻撃とムーンの空中殺法が真っ向からぶつかり合う好勝負となる。秀吉がフルネルソンバスターから奈落を狙うがムーンは振りほどき両者もつれて場外へ。秀吉が場外でラリアットを放つが間一髪でムーンがかわし秀吉は鉄柱に激突。ギリギリカウント19でリングインしたムーンがリングアウト勝ち。

■タッグマッチ30分1本勝負
 ×ミラクルマン&アイスペンギン
 (14分06秒体固め)
 ○くいしんぼう仮面&えべっさん
※テッドタナベレフェリーがミラクルマンがトップロープに上るとすぐに反則カウントを数え、スリーパーはチョーク判定といつもより厳格なレフェリングをし、ミラクルが「どこかで見たことあるやんけ!」と愚痴をもらす。さらにはくいしんぼうの放ったスイングDDTがレフェリーに誤爆とどこかで見た試合展開となる。最後もミラクルマンがくいしんぼうに放ったジャーマンが崩れ同体となるが、くいしんぼうがカウント2で肩を上げ勝利。試合後、ミラクルマンは「負けは負けや・・・」とこれまたどこかで聞いたことのある台詞。しかし、ブーイングは起こらなかった。

■大阪タッグフェスティバル2006 1回戦 30分1本勝負
 スペル・デルフィン&○GAINA 
 (6分52秒旋回式ラストライド→片エビ固め)
 小峠篤司&×タコヤキーダー
※小峠がGAINAを先発に指名し、大阪生え抜きの意地を見せつけるべくラッシュを仕掛ける。レッグラリアートやスワン式ドロップキックなど大技を叩き込むがGAINAは重量感あふれる技でやりかえす。タコヤキとのコンビネーションでGAINAをかく乱しチャンスを伺う小峠だが、GAINAのダブルラリアットでなぎ倒されてしまう。最後はほとんど一人で戦ったGAINAがタコヤキを旋回式のラストライドで葬った。優勝宣言をしたGAINAに小峠が「みちのくとの抗争の真っ最中に大阪プロレスに入り込んだアンタはオレはまだ認めない!リングで証明してみろ!」と意気込んだ。

■大阪タッグフェスティバル2006 1回戦 30分1本勝負
 大矢剛功&×冨宅飛駈
 (19分22秒サムソンクラッチ)
 ビリーケン・キッド&○ブラックバファロー
※現タッグ王者コンビが序盤から主導権を握り凶器をもいとわず大矢&冨宅を痛めつける。再三にわたるイス攻撃に遂に大矢がキレてビリーを容赦なくイスで叩きのめし、ナックル、チョーク、のどへの突きなど鬼の形相で攻め立てる。冨宅もノーザンや雪崩式ブレーンバスターで反撃。冨宅のプランチャに続きなんと大矢もプランチャを見舞う。反撃を仕掛けるバファローに冨宅がフロントチョークを決め、決まったかと思われる場面も見られたが、タッグ王者コンビもそう簡単には勝利を与えない。粘りに粘ったタッグ王者コンビは大矢&冨宅の猛攻を凌ぎきり一瞬のサムソンクラッチでバファローが冨宅から3カウントを奪った。試合後、バファローは冨宅&大矢のベテランコンビの実力を認め、優勝を宣言。最後はビリーの決め台詞をビリーの変わりに叫んだ「オレはワルじゃねえ・・・ちょいワルだ!以上!!」

トラックバックURL