大阪名物|大阪プロレス
大阪プロレス ニュース 大阪プロレス 選手〈レスラー〉紹介 大阪プロレス 試合日程 大阪プロレス 試合結果 大阪プロレス 大阪プロレス プロレス動画 大阪プロレス アリーナ 大阪プロレス Q&A 大阪プロレス チケット&料金

2006年06月03日

タッグフェスティバル2006FINAL!

c8e6241d.JPGいよいよ今年のタッグフェスも終焉を迎える!1回戦を突破したのは、GAINA&デルフィン、バファロー&ビリー、ミラクルマン&くいしんぼう、タイガース&ムーンだ!大阪プロレスのタッグの頂点に立つのはどのチームだ!?

6月3日(土)大阪タッグフェスティバル2006FINAL!
大阪・フェスティバルゲート内デルフィンアリーナ 18:00開始 観衆316人(満員)

■大阪タッグフェスティバル2006 準決勝戦 30分1本勝負
 タイガースマスク&○フラッシュムーン
 (13分12秒フェニックススプラッシュ→片エビ固め)
 ミラクルマン&×くいしんぼう仮面
※ミラクルがキックのラッシュから顔面ウォッシュ、奈落式回転エビ固めでタイガースを攻め込む。そのままタイガースに照準を絞ったミラクル&くいしんぼう組が優位に立つ。ようやくタイガースが反撃開始。裏投げ2連発からストレッチプラム、ザトペックホールドでくいしんぼうを捕らえる。しかし勝利への執念をみせるミラクル&くいしんぼうは負けじと反撃し、ミラクルはビートルの技であるマキシマムドライブを繰り出しタイガースを3カウント寸前まで追い込むが最後はくいしんぼうを追い込んだムーンがフェニックススプラッシュをくいしんぼうに決め3カウント。試合後、ミラクルは「ええ夢見させてもらったで!でも来年こそは必ず優勝狙うぞ!」とアピールした。

■大阪タッグフェスティバル2006 準決勝戦 30分1本勝負
 スペル・デルフィン&×GAINA
 (12分56秒スモールパッケージホールド)
 ビリーケン・キッド&○ブラックバファロー
※ゴングを待たずに奇襲を仕掛けたタッグ王者コンビだがガイナはその体躯を生かし豪快な攻めで2人をなぎ倒す。ならばと得意の場外戦を仕掛けペースを取り戻すビリー、バファローはデルフィンを攻めるもデルフィンは老獪なテクニックで退け苦戦を強いられる。しかし、タッグ王者として負けは許されないビリー&バファローはデルフィン&ガイナの猛攻を凌ぎバファローが急所蹴りから丸め込みでガイナから3カウントを奪った。

■30分1本勝負
 ×小峠篤司
 (6分06秒奸智)
 ○政宗
※小峠が開始と同時にラッシュを仕掛けるが政宗は軽くいなして小峠をいたぶる。小峠もそれだけでは終わらず、持ち前のスピードを生かした攻めでを見せるが政宗は落ち着いてこれをさばき足にロープをかけてのエビ固めで憎らしくフォール勝ち。

■タッグマッチ30分1本勝負
 冨宅飛駈&×タコヤキーダー
 (8分27秒今宮回転プレス→体固め)
 アイスペンギン&○えべっさん
※笑いを交えつつも4選手のテクニック合戦が繰り広げられる試合となる。最後は冨宅がタコヤキに誤爆したところをえべっさんがタコヤキに今宮回転プレスを決め3カウント。

■30分1本勝負
 ×藤田峰雄
 (11分02秒変形ロックボトム→片エビ固め)
 ○秀吉
※藤田が華麗な動きで秀吉を翻弄。自分のペースで試合を進めるが秀吉が場外戦からペースを握り、色男の藤田にあえて顔面へ攻撃を仕掛けファンの怒りを買う。秀吉のラフ攻撃を受けつつもスワンダイブや飛びつきスタナー、雪崩式フランケンなど得意の攻撃を見せるが秀吉のパワーは止められず、最後は変形のロックボトムで無理矢理たたきつけられ3カウント。

■大阪タッグフェスティバル2006 優勝決定戦 時間無制限1本勝負
 ○タイガースマスク&フラッシュムーン
 (27分18秒タイガース・スープレックス・ホールド)
 ビリーケン・キッド&×ブラックバファロー
※タッグフェス優勝はタイガースマスク&フラッシュムーン
※両チームともタッグフェスの決勝とあってお互いに様子をうかがう展開から始まる。ムーン先に仕掛け、華麗な空中殺法でペースを握るかと思われたが、ビリー、バファローのなりふり構わぬ場外戦でイスでムーンを滅多打ちに。主導権を握られたタイガースとムーンはなんとか反撃に出てWトペコンを見舞う。試合は攻守目まぐるしくかわる一進一退の大熱闘となる。ビリーのツームストン、コウモリ、逆さ吊りからの串刺しドロップキックからさらにバファローがラリアットを叩き込まれたムーンだが3カウントを許さない。リング上がタイガースとバファローの一騎打ちとなり、タイガースはバファローの猛攻に耐え抜くがロープ際でビリーにつかまってしまう。しかし、エプロンにいるビリーにムーンがトップロープからミサイルキックを放ち阻止。油断したバファローにさらにムーンのハイキックが飛び、タイガースがすかさずタイガース・S・Hを決め勝利!!試合後、タイガースは「優勝したからにはタッグのベルトに挑戦する権利はあるが、その前に1回戦で屈辱を味わった佐藤兄弟との完全決着つける」とコメントした。

トラックバックURL