大阪名物|大阪プロレス
大阪プロレス ニュース 大阪プロレス 選手〈レスラー〉紹介 大阪プロレス 試合日程 大阪プロレス 試合結果 大阪プロレス 大阪プロレス プロレス動画 大阪プロレス アリーナ 大阪プロレス Q&A 大阪プロレス チケット&料金

2006年07月29日

大阪タッグ王座返上!?

e6fbb28b.JPGメインイベントにて先週自分の試合を汚されたと怒りに燃えるフラッシュムーンと張本人のガイナの対決が行われる!


7月29日(土)「SATURDAY NIGHT STORY」
大阪・フェスティバルゲート内デルフィンアリーナ 18:00開始 観衆134人

※スキットにてビリーケン・キッドが登場。ビリーケン・キッドはブラックバファローが先週の試合で右肩を負傷し精密検査の結果、「右肩腱板断裂」と診断され、治療には長期欠場が余儀なくされると発表した。それにともない、ビリーは大阪タッグ王座の返上を行い、8月5日に決まっていた大阪タッグ×東北タッグダブルタイトル戦の代わりに新しいパートナーに秀吉を迎え、大阪タッグ王座決定戦を行おうと提案。それを聞きつけたムーンはバファローの欠場、ダブルタイトルの中止に憤りを感じつつも当初の目標だった大阪タッグ王座奪取を理由にそれを了承した。

■20分1本勝負
 ○スペル・デルフィン
 (0分40秒ラリアット→片エビ固め)
 ×アイスペンギン
※「どこからでもかかって来い!」というペンギンにデルフィンのラリアットがクリーンヒット。あっけなく普通に3カウントが入ったが、ペンギンの「さっきのカウントは早かった!」との猛講義に再試合が行われることに。
<再試合>
 ○スペル・デルフィン
 (5分57秒スイングDDT→デルフィンクラッチ)
 ×アイスペンギン
※デルフィン相手に今日もふざけた試合をするペンギン。いきなりリング上で寝だし「あと5分だけ寝かして〜!」と言い出す。デルフィンも今日は久々に楽しいプロレスに付き合い最後はスイングDDTからデルフィンクラッチで勝利。

■タッグマッチ30分1本勝負
 ポリスメ〜ン&○小峠篤司
 (10分30秒マグザム→片エビ固め)
 ×くいしんぼう仮面&えべっさん
※楽しくも時折激しい試合の中、小峠の必殺変形カッター「マグザム」がくいしんぼうに決まり勝利!(マグザムは小峠の愛するビッグスクーターの名前。他の技にもビッグスクーターの名前をつけていくらしい。小峠の愛車はマジェスティカスタム)試合後、小峠は「久々の先輩からの勝利ですが、もっと実力をつけてベンダバルや先輩レスラーから勝利できるように頑張ります!」と意気込んだ。続いて新人、原田大輔のデビュー戦の相手を務めることを発表。「プロの厳しさを教えてやります!」

■タッグマッチ30分1本勝負
 ×冨宅飛駈&ミラクルマン
 (11分57秒落城→体固め)
 ○秀吉&政宗
※タッグ王座決定戦の決まった秀吉がそのパワーを見せつけるように大暴れ。ミラクル、冨宅を圧倒的に翻弄し、炎城を冨宅に三角絞めで切り返されるもそのまま冨宅を持ち上げ再度マットにたたきつけ、続けざまの落城で冨宅を完全KO!タッグではあるが冨宅を完全KOし、その計り知れない実力を見せ付けた秀吉だった。

■30分1本勝負
 ×藤田峰雄
 (14分50秒ベルティゴ→エビ固め)
 ○ビリーケン・キッド
※男前の藤田の顔をあえて狙うビリーに場内の女性ファンから悲鳴が飛ぶ。藤田はカウンターのスワン式ドロップキックで反撃開始。タイガース直伝の160kmチョップ→ランニングホームランから雪崩式フランケンを決めファイヤーバードを狙うがよけられる。最後は目まぐるしいジャベからビリーが力技で藤田を持ち上げベルティゴを決め勝利。

■スペシャルシングルマッチ60分1本勝負
 ×フラッシュムーン
 (12分32秒スクールボーイ)
 ○ガイナ
※ゴングを待たずムーンがトペコンを仕掛け試合開始。そのままペースをつかむかに見えたがガイナのパワーに苦戦を強いられる。テッドタナベの妨害もあり、防戦一方となるも、トペレベルサから場外のガイナにトップロープ越しのコルバタ、レッグラリアート、ミサイルキックと畳み掛け、スワントーンボムを狙うがテッドがこれを阻止その間にガイナが起き上がってしまう。しかしムーンはテッドを飛び越えスーパーウラカンラナを決める。カウントが入るかと思いきや、これを反則行為をみなしたテッドはカウントを入れない。これにムーンが怒りテッドにつかみかかり講義。するとうしろからガイナがスクールボーイを決め高速3カウントが決まった。
試合後、テッドは「なんですかこのざまは!あなたこれでも東北タッグチャンピオンですか?なにやら大阪タッグ王座の決定戦をやるそうですがデルフィンから提案がありました。ガイナとデルフィンとで3WAYタッグで王座決定戦です!」と勝手に大阪タッグ王座決定戦を3WAYタッグに決めてしまう。そこにビリー、秀吉が登場し、ガイナを蹴散らし、ビリーはテッドにトップロープからのフットスタンプを見舞う。そして「3WAYタッグだ?ふざけたこといってんじゃねぇ!しかし、お前らとタイガース、ムーン。2チームまとめて決着がつけられるな!やってやろうじゃねぇか!」とあえて3WAYタッグを了承。つづけてムーンも「オレも同じ気持ちだ!」とこれを了承し、ビリー&秀吉vsデルフィン&ガイナvsムーン&タイガースによる大阪タッグ王座決定3WAYタッグマッチが決定した。