大阪名物|大阪プロレス
大阪プロレス ニュース 大阪プロレス 選手〈レスラー〉紹介 大阪プロレス 試合日程 大阪プロレス 試合結果 大阪プロレス 大阪プロレス プロレス動画 大阪プロレス アリーナ 大阪プロレス Q&A 大阪プロレス チケット&料金

2008年02月11日

大阪プロレス史上最大のドラマの終結!!

4fe44302.JPGいよいよ大阪プロレス年間最大イベント到来!!メインではタイガースとバファローが敗者覆面剥ぎマッチ!大阪プロレス史上最大のドラマが終結する!!

2月11日(月)「大阪ハリケーン2008」
大阪府立体育会館第一競技場 15:00開始 観衆6816人(超満員札止め)

■タッグマッチ30分1本勝負
 ○原田大輔&タコヤキーダー
 (8分55秒片山ジャーマン・スープレックス→片エビ固め)
 ロベルト田中&×タダスケ
※大観衆の中始まった若手のタッグマッチは皆、気合十分。4人が我こそはと勝ちを狙いに行く。タダスケのブレーンバスター、田中のミサイルキック、タコヤキのタコヤキック、原田のハーフハッチなど得意技が飛び交うが最後は原田が得意のジャーマンで勝利!

■8人タッグマッチ30分1本勝負
 ○ウルティモ・ドラゴン&冨宅飛駈&フライングキッド市原&小峠篤司
 (11分57秒アサイDDT→片エビ固め)
 秀吉&政宗&コンドル&×神威
※緑のコスチュームで登場した神威を迎えたBFは序盤から場外乱闘で連合軍を攻める。ウルティモドラゴンは軽快な動きでBFの攻撃をかわし反撃開始。冨宅の打撃、市原のムーンサルト、小峠のレッグラリアートで徐々にBFを追い詰める。最後は小峠がトルニージョで秀吉、政宗、コンドルを押さえ、ドラゴンがアサイDDTで神威を仕留めた。

■30分1本勝負
 ×新崎人生
 (15分08秒ジハード→片エビ固め)
 ○ゼウス
※ゼウスは新崎に強烈なタックルを決めると、リフトアップし放り投げる。ならばと新崎はゼウスの左膝を照準を絞り執拗な足攻めでゼウスを苦しめる。さらに極楽固めでゼウスをギブアップ寸前まで追い詰める。ゼウスはピンチに陥るが、自らを奮い立たせバイセップスエクスプロージョン3連発を叩き込み、チョークスラム、ダイビングボディプレス、ジハードで勝利!

■スペシャル6人タッグマッチ30分1本勝負
 ○曙&スペル・デルフィン&くいしんぼう仮面
 (10分40秒ボディプレス→体固め)
 ×ミラクルマン&×えべっさん&×松山勘十郎
※曙のあまりもの大きさにたじたじのミラクル、えべっさん、松山だが試合が始まるとミラクルはすぐさま曙にカンチョーを決める。えべっさんは曙に相撲勝負を挑むが全く相手にならない。松山がロープ渡りをし、ミラクルに蝶々を持たせるが、曙がミラクルを攻撃。松山は「どうしてくれるんだ!お前が蝶々を持て!!」と曙に蝶々を持たせる。調子に乗った3人は愛しの乱れ髪30発を曙に喰らわせ動きを封じようとするが、怒った曙が3人まとめてボディプレスで圧殺し勝利。試合後、ゼウスが登場。ゼウスは曙にシングルマッチを要求し、曙はそれに応えた!!

■「ビリーケン・キッド復帰戦」60分1本勝負
 ○丸藤正道
 (13分15秒ポールシフト→片エビ固め)
 ×ビリーケン・キッド
※約4ヶ月ぶりの復帰となるビリーケン・キッドに大量の紙テープが飛び交う。ビリーは天才、丸藤にちょいワル攻撃を繰り出しペースを掴もうとするが、丸藤はなかなかそうはさせない。丸藤もラフな攻撃を繰り出しビリーを追い詰めていく。ビリーはコウモリ吊り落としを決めベルティゴを狙うが回避される。ならばとラ・エスパルダを決めるがカウント2.9。丸藤は体勢を立て直し不知火からポールシフトを決め勝利!ビリーは「お客さんの力をもらって復帰することが出来ました!」と感謝の言葉をあらわした。

■大阪プロレスタッグ選手権試合時間無制限1本勝負
 <王者組>○ゼロ&GAINA
 (19分59秒魔界一のスプラッシュ→片エビ固め)
 <挑戦者組>×ツバサ&アジアン・クーガー
※王者組が2度目の防衛に成功。
※ムチャルチャはイス、ラダーを持って登場。ツバサ、ゼロの目まぐるしい攻防から始まり、クーガー、ガイナがパワーのぶつかり合いを見せる。クーガーがチェアーアトミコを決めハードコアモードに突入。ツバサとハイジャックギロチンを決め王者を追い詰め、勝機を見たクーガーがガイナにチェアーアトミコを狙うがガイナが回避。ゼロはツバサをラダーの中に挟みこみツバサもろともクーガーにラダーを打ち下ろす。リング上、一人になったツバサをゼロがジャックハマー、ガイナのラストライド、ゼロのスプラッシュでたたみかけ勝利。試合後、ゼロは正規軍セコンド勢を指差し「この中にBF新メンバーがいる!」と発表。場内がざわつく中、小峠がクーガーにスワン式ミサイルキックで奇襲。ツバサも蹴散らすと、リング上は原田と小峠の一騎打ちに。小峠はかつてのパートナーに強烈なマグザムを決めBFと握手を交わす。小峠は終始無言でBF入りをアピールした。

■大阪プロレス選手権試合敗者覆面剥ぎマッチ時間無制限1本勝負
 <王者>○タイガースマスク
 (20分38秒変形タイガース・スープレックス・ホールド)
 <挑戦者>×ブラックバファロー
※王者が4度目の防衛に成功。
※遂に始まってしまった覆面剥ぎマッチ。最初に仕掛けたのはタイガース。強烈な蹴りを放ちバファローをけん制。バファローはお返しに強烈なバックドロップを放つ。開始5分も経過する頃にはお互い何の小細工も無い、魂のぶつかり合いを見せる。一発の重みで勝るバファローが徐々にペースを握り、垂直落下式バファロードライバーを決める。これをなんとか2.9で返したタイガースはジャーマンやデルフィンスペシャル1号で反撃。バファローはバックドロップ、ラリアットで応戦。いつ3カウントが入ってもおかしくない展開に場内は大歓声が沸き起こる。2度目の垂直落下式バファロードライバーを返したタイガースは強烈なハイキック連発から、タイガースSH。これをギリギリで返したバファローに変形タイガースSHを決め勝利。試合後、マスク剥ぎを行うタイガースはこれを躊躇してしまう。バファローはタイガースの心境を察し自らマスクを脱ぐ。ブラックバファローの正体は元IWAジャパンの山田圭介だった!バファローはさらに、1年間の欠場期間中、重度のうつ病、アルコール中毒で悩まされていたときにタイガースに助けられたこと、それにより一度は死のうと思った人生をやり直せたことを打ち明かし、タイガースに感謝を述べる。タイガースはそれに応え、手を差し伸べ握手を交わす。会場を後にするバファローの前にゼロ、ガイナ、小峠が登場しゼロは「負けてマスクをはがされたお前にもう用は無い!お前は追放だ!」とバファローをBFから追放し暴行。一人残されたバファローにタイガースは「お前がこれからも大阪プロレスのことを思ってくれるなら一緒に戦っていこう!」と誘いをかける。しかし、バファローは無言で去っていってしまった。
ブラックバファローというマスクを剥がされた男の今後の動向はいかに!?