大阪名物|大阪プロレス
大阪プロレス ニュース 大阪プロレス 選手〈レスラー〉紹介 大阪プロレス 試合日程 大阪プロレス 試合結果 大阪プロレス 大阪プロレス プロレス動画 大阪プロレス アリーナ 大阪プロレス Q&A 大阪プロレス チケット&料金

2008年06月21日

タッグフェスに大波乱!

255946d7.JPGアジアン・クーガーが右足首骨折による長期欠場を理由にタッグフェス出場を辞退。
これにより、ミラクルマン&くいしんぼう仮面vsタダスケ&小峠篤司の勝者がタッグフェス決勝進出となることに!

6月21日(土)「大阪タッグフェスティバル2008」一回戦後半戦
大阪・デルフィンアリーナ道頓堀 18:00開始 観衆258人

■20分1本勝負
 ○ブラックバファロー
 (7分51秒バックドロップ→片エビ固め)
 ×三原一晃
※バファローは三原に基本的な技をガッチリしかけていき追い詰める。ダウンする三原にバファローは「立て!俺を見ろ!」と激を飛ばす。三原はタックルや、ドロップキックでバファローに反撃するが、最後は強烈なバックドロップで3カウント。

■「タコヤキーダー復帰戦」30分1本勝負
 ○タイガースマスク
 (12分00秒垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め)
 ×タコヤキーダー
※目の負傷から約1ヶ月ぶりの復帰戦となるタコヤキーダーの相手は師匠のタイガースマスク。タイガースはタコヤキに強烈な蹴りを浴びせかける。タコヤキは負けじとタコヤキックやダイビングヘッドアタックなどを仕掛けていく。最後はタイガースの強烈なキックから垂直落下式ブレーンバスターで決着。
 
■3WAYマッチ30分1本勝負
 ○冨宅飛駈
 (9分54秒ダブルアキレス腱固め)
 ×松山勘十郎 ×えべっさん
※楽しい展開から松山が乱れ髪を冨宅に決める。松山とえべっさんは身動きの取れない冨宅に張り手や蹴りを浴びせ「UWFなんかクソ喰らえだ〜!」と暴言を吐く。するとどこからとも無くUWFテーマが鳴り響き冨宅が怒涛のラッシュからダブルアキレス腱固めで勝利!

■「大阪タッグフェスティバル2008」一回戦30分1本勝負
 ×ミラクルマン&くいしんぼう仮面
 (15分42秒変形回転エビ固め)
 ○小峠篤司&タダスケ
※序盤から因縁が生まれつつある小峠とミラクルが激しい打撃合戦を行う。ミラクルは小峠、タダスケを場外に叩き落としペースを握る。くいしんぼうもキラーモード全開で小峠、タダスケにキツイ攻撃を浴びせる。しかし、小峠、タダスケも徐々に挽回し、好勝負を繰り広げる。最後は小峠、タダスケの誤爆の隙を突いてミラクルがテキーラサンライズを狙うが、これをさらに切り返し丸め込んだ小峠が勝利!試合後、小峠はタッグフェス優勝を誓った。

■「大阪タッグフェスティバル2008」一回戦30分1本勝負
 ○ゼウス&原田大輔
 (26分16秒ゼウスボム→エビ固め)
 秀吉&×政宗
※序盤は静かな出だしだが、ゼウスと秀吉のぶつかり合いから徐々にヒートアップ!秀吉はパワーで押して行き、政宗はゼウスの痛めている足を集中攻撃。原田はゼウスと交代すると、タックルやエルボーで反撃。ゼウスも回復すると原田と連携を決めていく。25分を超え、両チーム体力の底が見えてきたところでゼウスの渾身のチョークスラムが政宗に決まる。原田が必死で秀吉を止める中、ゼウスがライガーボムで政宗にトドメを刺した。