大阪名物|大阪プロレス
大阪プロレス ニュース 大阪プロレス 選手〈レスラー〉紹介 大阪プロレス 試合日程 大阪プロレス 試合結果 大阪プロレス 大阪プロレス プロレス動画 大阪プロレス アリーナ 大阪プロレス Q&A 大阪プロレス チケット&料金

2008年12月07日

ビリーケン・キッド涙の天王山初優勝!!

3c0b3e83.JPGいよいよ天王山2008も大詰め!!
大阪最強の男になるのは一体誰だ!?

12月7日(日)「大阪プロレス物<ストーリー>語」#45
「天王山2008」準決勝・決勝戦
大阪・松下IMPホール 15:00開始 観衆669人

■20分1本勝負
 ○タダスケ
 (7分19秒WC)
 ×三原一晃
※タダスケは三原にキツイ攻撃を浴びせては「どうした!?こんなもんか!?」と激を飛ばす。これに三原はタックルで応えタダスケにどんどんぶつかっていく。最後はタダスケの必殺WCで勝利。

■「天王山2008」準決勝戦60分1本勝負
 ×秀吉
 (8分41秒変形首固め)
 ○ブラックバファロー
※入場で呼び込まれてもなかなか出てこない秀吉。すると、バファローが秀吉のベルトを持って登場。後からルード軍に引きずられて秀吉が出てくる。そのまま、試合が開始されるが、レフェリーの目を盗んではセコンドが介入し秀吉の左腕を攻撃しやりたい放題。秀吉は駆けつけたミラクルマンのフォローを受け反撃開始するものの、再三たるセコンド介入に苦しまされる。秀吉がバファローに刀狩を決め、ギブアップするものの、セコンドがレフェリーを押さえ幻に終わる。最後は秀吉の背後からタイガースのトンファー攻撃が決まり、バファローが丸め込んで勝利。

■「天王山2008」準決勝戦60分1本勝負
 ○ビリーケン・キッド
 (1分59秒TKO)
 ×アジアン・クーガー
※VKF新木場大会で右足首を再負傷したクーガーは全く試合が出来る状態ではない。これを悟ったビリーは試合開始直後にクーガーのあえて足を攻撃し、試合をするべきではないとアピール。阪上会長、ツバサ、タナベレフェリーが相談した結果、ツバサがタオルを投入した。ビリーは涙ながらにクーガーの意思を受け取り天王山優勝を決意した。

■6人タッグマッチ30分1本勝負
 ゼウス&小峠篤司&×原田大輔
 (11分29秒バズソーキック→片エビ固め)
 ○タイガースマスク&政宗&ヲロチ
※試合中、タイガースのボディガードの黒服がゼウスを必要以上に挑発。終始、ルード軍ペースに引き込まれ、最後は原田がヲロチのリバースブレーンバスター、政宗の斬首、タイガースのバズソーで3カウント。ゼウスは試合後、「黒服、ヲロチともに俺にケンカを売るならしばいたる!」と宣言。試合中のゼウスと黒服はなにか関係があるようなニュアンスも感じられた。

※休憩時間前に大阪ハリケーン2009にてダンプ松本選手がユニーク軍団の試合に参戦することが発表された。

■6人タッグマッチ30分1本勝負
 ○ツバサ&○冨宅飛駈&○ミラクルマン
 (14分25秒ドラゴンスリーパー、チキンウイングフェースロック、ミラクルストレッチ69号を3人が同時に仕掛ける)
 ×松山勘十郎&×くいしんぼう仮面&×えべっさん
※試合後、松山はミラクル、くいしんぼう、えべっさんを集め、先ほど発表されたダンプ松本の参戦について、だれがダンプと組むのか相談。えべっさんとくいしんぼうはダンプと組むとアピールするが、松山とミラクルは以前にボコボコにされたことを理由にこれを拒否。次週、13日にくいしんぼう&えべっさんvsミラクル&松山によるダンプ松本争奪戦が行われることとなった。

■「天王山2008」決勝戦時間無制限1本勝負
 ○ビリーケン・キッド
 (18分48秒ベルティゴ→エビ固め)
 ×ブラックバファロー
※バファローはルード軍総出で登場。ビリーにも秀吉、ミラクルがセコンドにつく。試合はやはり、ルード軍の介入オンパレードとなるが、ビリーのセコンドが阻止。しかし、ルード軍の介入をなかなか止められず苦戦。第4試合で原田が喰らったヲロチのリバースブレーンバスター、政宗の斬首、タイガースのバズソーにバファローのラリアットが決まる。これをなんとかカウント2で返したビリーだが、反撃のチャンスが訪れない。そこにB&Gが登場し、ルード軍セコンドを退場させる。やっと一騎打ちになったところでビリーが反撃開始。しかし、ダメージが大きく、バファローに反撃を許してしまう。バファローの毒霧を浴び、視界を失ったビリーはピンチになるが、見えない状態でバファローの攻撃を切り返し、コウモリ吊り落としを決める。最後は、バファローが再度狙った毒霧を回避したビリーがベルティゴで完璧に決め勝利!!
試合後、ビリーは涙ながらに勝ち上がった苦しさ、喜び、ファンの声援のおかげでここまで頑張って来れたことなどを述べ、最後に秀吉のベルトへ挑戦をアピール。ビリーは次週、13日にタイトル戦を提案し、秀吉はこれを承諾。すると、ルード軍が現れタイガースが「お前らのタイトルマッチなんかぶっ潰してやる!」と宣告。ミラクルは「ここは俺が食い止めるから安心してタイトルマッチをやってくれ」とルード軍を止める姿勢を明らかにした。