大阪名物|大阪プロレス
大阪プロレス ニュース 大阪プロレス 選手〈レスラー〉紹介 大阪プロレス 試合日程 大阪プロレス 試合結果 大阪プロレス 大阪プロレス プロレス動画 大阪プロレス アリーナ 大阪プロレス Q&A 大阪プロレス チケット&料金

2009年02月15日

大阪ハリケーン2009!!

1ebf1c7c.JPG遂に大阪プロレス年内最大イベント大阪ハリケーン2009が開催!
どんなドラマが巻き起こるのか!?

2月15日(日)「大阪HOLIDAY PARADISE」
大阪府立体育会館第一競技場 15:00開始 観衆5082人(超満員)

■20分1本勝負
 ○三原一晃
 (7分11秒逆片エビ固め)
 ×瀬戸口直貴
※ハリケーンの第1試合で気迫溢れるファイトを展開した両者だが、欠場中に経験を積んだ三原が逆片エビ固めで勝利。

■タッグマッチ30分1本勝負
 ○ウルティモ・ドラゴン&ツバサ
 (9分17秒アサイDDT→片エビ固め)
 政宗&×ヲロチ
※ツバサは自身のマスクとUドラゴンのマスクを合体させたマスクで登場。Uドラゴンは本場メキシコのルチャで政宗、ヲロチを圧倒し、ツバサがケブラーダで政宗を押さえ、UドラゴンがアサイDDTでヲロチから勝利。

■8人タッグマッチ30分1本勝負
 ○ダンプ松本&くいしんぼう仮面&えべっさん&救世忍者乱丸
 (12分13秒ダイビング・ボディプレス→体固め)
 ×ストーカー市川&×松山勘十郎&ミラクルマン&冨宅飛駈
※暴れまくるダンプに相手チームは騒然。冨宅は相変わらずグランドを仕掛け、ミラクルは度重なるセクハラ攻撃で場内からブーイングをもらう。最後は松山がダンプに乱れ髪を決めるが逆に怒りを買い、市川もろとも圧殺された。

■6人タッグマッチ30分1本勝負
 小峠篤司&○原田大輔&タダスケ
 (10分57秒片山ジャーマン・スープレックス・ホールド)
 ×大石真翔&旭志織&KAZMA
※KAZMAが入ったことによりキャリア、体格ともに不利なB&Gだが、タダスケが渾身のブレーンバスターでKAZMAを投げ飛ばし、小峠がトペを決める。リング上で大石と一騎打ちとなった原田が起死回生のジャーマンを決め勝利!試合後、原田は大石の持つタイトルに挑戦を表明。B&Gとオメガの抗争はまだまだ終わらない模様だ。

■「西口プロレス提供試合」タッグマッチ30分1本勝負
 アントニオ小猪木&○ハチミツ真也
 (6分58秒スワントーンボム→体固め)
 ラブセクシー・ローズ&×ラブセクシー・乙羽屋
※提供試合の前に長州小力が登場。パラパラを披露し場内を盛り上げた。西口プロレスの楽しい試合が行われた後、くいしんぼう、えべ波辰爾、勘州力が登場。急遽タッグマッチが行われた。

■特別試合タッグマッチ30分1本勝負
 アントニオ小猪木&×ハチミツ真也
 (3分43秒リキラリアット→体固め)
 えべ波辰爾&○勘州力
※やはり、ネタの動きをしていても本職レスラーのえべ波辰爾、勘州力は圧倒的な力を見せつけ勝利!試合後は小猪木の定番ムーブで締めくくった。

■「The Bodyguardデビュー戦」60分1本勝負
 ○ゼウス
 (8分03秒NO19→体固め)
 ×The Bodyguard
※今までに見たことのない力と力のぶつかり合いに場内から大歓声が起こる。The Bodyguardはゼウスのジハードをカウント1で返す意地を見せゼウスにザ・バウンスを決める。しかし、キャリアで勝るゼウスがラリアット連発からNO19で勝利!試合後、ゼウスはThe Bodyguardと握手を交わす。さらにゼウスは今日でプロレスを卒業して、ヘビー級のボクサーを目指し特訓すると発表。ゼウスの今後の展開に注目したい。

■大阪プロレスタッグ選手権時間無制限1本勝負
 <王者組>×タイガースマスク&ブラックバファロー
 (16分51秒クロスアーム・スープレックス・ホールド)
 <挑戦者組>ザ・グレート・サスケ&○アジアン・クーガー
※20代王者が初防衛に失敗。サスケ&クーガーが第21代王者となる。
※両チームの強い要望によりハードコアルールで行われた試合だが、サスケはラダー、自転車など持ち出し攻撃しようとするが、どれも自爆していく。それでもチャンスを迎えたサスケはラダーからアトミコを狙うが、ここぞというところでタイガースに蝋人形にされてしまう。リング上はクーガー、タイガースの一騎打ちとなるが、クーガーのクロスアームSHが決まり決着!!しかし、サスケは蝋人形にされたまま全く動けず台車に乗って会場を後にした。

■大阪プロレス選手権試合時間無制限1本勝負
 <王者>×秀吉
 (27分50秒ファイヤーバード・スプラッシュ→体固め)
 <挑戦者>○ビリーケン・キッド
※秀吉が3度目の防衛に失敗。ビリーが第15代王者となる。
※魂のぶつかり合いの凄まじい試合を繰り広げる両者。秀吉が雪崩式落城を決めると、ビリーは雪崩式コウモリ吊り落しで反撃。ベルティゴをも返した秀吉だが、最後はビリーのファイヤーバード・スプラッシュで3カウント。試合後、ビリーは「ファンに支えられ、怪我の苦難を乗り越えられた、秀吉の存在がそれを後押しした。」など、感謝の意を述べた。

■タコヤキ早食い対決5分1本勝負
 ○ザ・グレート・サスケ
 (反則勝ち)
 ×タイガースマスク
※大会終了後、デルフィンアリーナに移動して行われたタコヤキ対決。タイガースはレフェリーの目を盗んではバファローに食べさせたり、バファローがエロ本でサスケの注意を引き、さらには食べてないタコヤキをサスケに渡したりやりたい放題。判定ではタイガースに軍配が上がりそうになるが、テッド・タナベレフェリーがバファローの口に青海苔が付いているのを発見し反則負けとなった。