大阪名物|大阪プロレス
大阪プロレス ニュース 大阪プロレス 選手〈レスラー〉紹介 大阪プロレス 試合日程 大阪プロレス 試合結果 大阪プロレス 大阪プロレス プロレス動画 大阪プロレス アリーナ 大阪プロレス Q&A 大阪プロレス チケット&料金

2009年05月21日

大阪プロレス10周年!in後楽園!

6fe5abb0.JPG大阪プロレス10周年記念興行第2弾後楽園ホール大会が開催!
The Bodyguardと佐々木健介の一騎打ちやメインではビリーケン・キッドとディック東郷のスペシャルシングルマッチが行われる!ビリーケン・キッドはIMPの雪辱を果たすことが出来るのか!?

5月20日(水)大阪プロレス10周年記念興行〜天下統一2009〜
東京・後楽園ホール 18:30開始 観衆972人

■20分1本勝負
 ○ヨーネル・サンダース
 (4分16秒ヨーネルバスター→片エビ固め)
 ×瀬戸口直貴
※ヨーネルはいつものように台車に乗って登場。場内から笑いが飛ぶものの試合が始まると、両者一歩も引かぬ激しい試合を繰り広げる。最後はヨーネルのヨーネルバスターが決まり決着。
試合後、瀬戸口の元にタイガース、バファローが登場。瀬戸口の正体を鉄人を起動させる科学者の瀬戸の水博士だと明かし、娘のナオコちゃんを人質に力を貸せと要求。瀬戸の水はやむおえなくタイガース達に力を貸すこととなった。

■6人タッグマッチ30分1本勝負
 ×小峠篤司&原田大輔&タダスケ
 (12分15秒パワーボム→体固め)
 ○火野裕士&大石真翔&旭志織
※B&G、オメガの最終決戦となったこの試合は6人がリング内外で暴れまわる大乱戦となる。両チーム一進一退の好勝負を繰り広げるが、最後は小峠が火野の凄まじいパワーボムで決着。B&Gはこのまま引き下がるしかないのだろうか!?

■6人タッグマッチ30分1本勝負
 菊タロー&○松山勘十郎&ミラクルマン
 (11分55秒山門→片エビ固め)
 ×くいしんぼう仮面&えべっさん&アップルみゆき
※ミラクルがアップルにカンチョーを決めると場内からは大ブーイング!さらに菊タローがお約束のセクハラ攻撃などアップルには過酷な試合となる。くいしんぼうと菊タローの定番ムーブで場内を笑いの渦に巻き込む。最後は松山がくいしんぼうに乱れ髪から山門を決め勝利!

■タッグマッチ30分1本勝負
 望月成晃&○ドン・フジイ
 (13分47秒ナイスジャーマン)
 秀吉&×政宗
※序盤、ベテランの望月、フジイを前に思うように力を発揮できない戦国。しかし、試合が進むにつれ本来の力を発揮し望月、フジイを追い詰めていく。しかし、望月が場外弾を秀吉に喰らわせ分断すると、フジイがナイスジャーマンで政宗を仕留めた。試合後、望月は戦国に対しもう一度やってやってもいいという発言をする。これは戦国を認めたということなのだろうか?

■スペシャルシングルマッチ60分1本勝負
 ○佐々木健介
 (6分08秒ラリアット→体固め)
 ×The Bodyguard
※激しいぶつかり合いを見せたと思いきや、健介がThe Bodyguardを手玉に取り終始自分のペースで試合を進める。The Bodyguardは自分の持ち味を生かすことが出来ずそのまま敗北。パワーだけではどうにもならないという現実を見せ付けられた結果となった。

■大阪プロレスタッグ選手権試合時間無制限1本勝負
 <王者組>ザ・グレート・サスケ&×アジアン・クーガー
 (13分14秒変形回転エビ固め)
 <挑戦者組>○タイガースマスク&ブラックバファロー
※王者が初防衛に失敗。タイガースマスク&ブラックバファローが第22代大阪プロレスタッグ王者となる。
※序盤、タイガースはサスケを蝋人形にすることに成功するが、クーガーがすぐさま解除。クーガーのラダーチェアーアトミコが決まりバファローが瀕死の重傷を負う。すると、タイガースは瀬戸の水博士を呼び出し鉄人を起動。これによりサスケ、クーガーはもちろん場内にいる観客、スタッフ、関係者を動揺させる。これでペースを乱されたクーガーがジャーマンを仕掛けようとしたところをタイガースが切り返して丸め込んで勝利!タイガースは「このタイトルの価値をどん底まで下げてやる」との宣言通りタイトルにドロを塗りたくった上でタイトル奪回に成功した。

■スペシャルシングルマッチ時間無制限1本勝負
 ×ビリーケン・キッド
 (20分43秒ダイビング・セントーン→片エビ固め)
 ○ディック東郷
※IMPでの雪辱を果たしたいビリー。しかし、東郷の絶妙な試合運びに苦戦を強いられる。それでも意地で東郷に喰らいついていくビリーは鉄柱越えのトペ、コウモリ吊り落しを決める。終盤、ビリーがスーパーウラカン・ラナを狙ったところ、東郷がキャッチしてパワーボムで切り返す。さらに東郷は雪崩式ペディグリー、ペディグリー2連発からダイビング・セントーンのフルコースを浴びせビリーを叩きのめした。試合後、ダメージが深いのかセコンドに肩を借りて会場をあとにする東郷。ビリーは悔しさを隠しきれない様子で、「大阪プロレスのベルトを賭けてお前を逆指名する!」と背水の陣でのリベンジを誓った。