大阪名物|大阪プロレス
大阪プロレス ニュース 大阪プロレス 選手〈レスラー〉紹介 大阪プロレス 試合日程 大阪プロレス 試合結果 大阪プロレス 大阪プロレス プロレス動画 大阪プロレス アリーナ 大阪プロレス Q&A 大阪プロレス チケット&料金

2009年07月18日

ベルトの価値を上げる為に!!

e9c899c7.JPGセミではB&Gを抜けたタダスケとの因縁が深まる原田がシングルマッチ!
メインでは史上最低タッグ王者とタッグフェス2009覇者の戦国が激突!!

7月18日(土)「SATURDAY NIGHT STORY」
大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナ 18:00開始 観衆234人

■20分1本勝負
 ○ビリーケン・キッド
 (6分55秒スペル・ラナ)
 ×三原一晃
※ビリーは試合後、明後日新宿で行われるディック東郷との前哨戦、そして7月25日のタイトルマッチで今までの借りを必ず返すとアピールした。

■6人タッグマッチ30分1本勝負
 松山勘十郎&○小峠篤司&タコヤキーダー
 (8分21秒ムーンサルトプレス→片エビ固め)
 ×くいしんぼう仮面&えべっさん&ロベルト田中

■タッグマッチ30分1本勝負
 ○アジアン・クーガー&○ミラクルマン
 (8分57秒レフェリー暴行→反則)
 ヲロチ&×The Bodyguard
※突然の反則決着に納得のいかないクーガー、ミラクルは「次は必ず決着をつける!」と宣言。

■30分1本勝負
 ×原田大輔
 (11分07秒アウトキャスト→体固め)
 ○タダスケ
※試合中、原田のランニングエルボーがレフェリーに誤爆。レフェリー不在の状況でタダスケに片山ジャーマンを決めるが幻の3カウントとなる。タダスケがいすを持ち出しイスが大破するほど原田を殴打しアウトキャストでタダスケが勝利。試合後、小峠が原田を助けに入り「相方がこんな目にあって黙ってへんぞ!次は俺とシングルや!」と突っかけるがタダスケは「原田より格下のお前とやって何もメリットねぇじゃねぇか!」と拒否。すると、小峠は「だったら、髪の毛かけてやってやる!」と敗者髪切りマッチを提案。タダスケは「面白そうじゃねぇか!てめぇ丸坊主にしてやる!」とこれを受けた。

■大阪プロレスタッグ選手権試合時間無制限1本勝負
 <王者組>×タイガースマスク&ブラックバファロー
 (27分31秒零式刀狩)
 <挑戦者組>○秀吉&政宗
※王者が初防衛に失敗。秀吉&政宗が第23代王者となる。
※序盤、政宗が捕まり集中攻撃を受けるが秀吉が反撃。しかし、王者組は秀吉の攻撃をかわし、秀吉は鉄柱に右肩を打ち付けてしまう。今度は秀吉の右肩に照準を絞り王者のペースに。後楽園で史上最低の王者組が本来の実力を発揮し戦国のコンビネーションを見事に封じる。20分を過ぎたあたりで政宗が挽回を図る。秀吉も渾身のラリアットでバファローを吹き飛ばし、秀吉がタイガースを刀狩で捕らえる。タイガースは堪え続けるが、秀吉が胴締め式へと移行しタイガースがたまらずギブアップ。試合後、ヲロチ、The Bodyguardが乱入し戦国を襲う、これをクーガー、ミラクルが阻止。政宗は「この落ちたベルトの価値を俺たちがドンドンあげてやる!」とアピール。
バックステージにて戦国がマスコミにコメントを出している最中にクーガー、ミラクルが登場。ヲロチ、The Bodyguardとの決着をつけたら俺たちの挑戦を受けてくれと言い、戦国はこれを了承した。