大阪名物|大阪プロレス
大阪プロレス ニュース 大阪プロレス 選手〈レスラー〉紹介 大阪プロレス 試合日程 大阪プロレス 試合結果 大阪プロレス 大阪プロレス プロレス動画 大阪プロレス アリーナ 大阪プロレス Q&A 大阪プロレス チケット&料金

2009年07月25日

大阪プロレスのベルトが流出!!

5f0ac7d9.JPG第3試合では大阪プロレスタッグ選手権次期挑戦者決定戦、セミでは小峠タダスケの髪切りマッチ、メインでは大阪プロレス選手権が行われる!!

7月25日(土)「SATURDAY NIGHT STORY」
大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナ 18:00開始 観衆257人(満員)

■タッグマッチ20分1本勝負
 原田大輔&×タコヤキーダー
 (7分08秒バックドロップ→片エビ固め)
 タイガースマスク&○ブラックバファロー

■6人タッグマッチ30分1本勝負
 秀吉&×松山勘十郎&くいしんぼう仮面
 (8分53秒雷切→片エビ固め)
 ○政宗&えべっさん&ロベルト田中

■大阪プロレスタッグ選手権試合次期挑戦者決定戦時間無制限1本勝負
 アジアン・クーガー&○ミラクルマン
 (14分27秒エビ固め)
 ×ヲロチ&The Bodyguard
※序盤こそ押されていたものの得意のイス攻撃で挽回し、ヲロチのサムソンクラッチを切り返して勝利したミラクル。タイトルマッチは会社指定で8月8日大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナ大会に決まった。

■「敗者髪切りマッチ」時間無制限1本勝負
 小峠篤司
 (6分54秒無効試合)
 タダスケ
※乱戦となったこの試合では中盤でタダスケがハサミを持ち出しなんと小峠の髪を切り始める。これを原田が止めに入り収拾がつかなくなり無効試合に。小峠は帰ろうとするタダスケを蹴り飛ばし「これで終わらんぞ!今日で完全に決着つけたる!」とタダスケをリング内に戻し再試合。

<再試合>
 ×小峠篤司
 (7分42秒アウトキャスト→体固め)
 ○タダスケ
※再試合直後に不知火改を決めペースをつかむ小峠。タダスケは鬼のような形相でこれを耐えると、WC、I20で小峠の腰を集中攻撃。さらにパワーボムで小峠の腰を自分の膝に叩きつけアウトキャストで勝利。試合後、タダスケは小峠の髪を無残に刈り取り「おい!小峠!てめぇは練習生からやり直せ!!それと、もう小峠や原田なんかの若手と当てるんじゃねぇ!オレは8月23日の府立のメインを狙ってんだよ!」と言い残し去っていった。

■大阪プロレス選手権試合時間無制限1本勝負
 <王者>×ビリーケン・キッド
 (22分01秒ダイビングセントーン→片エビ固め)
 <挑戦者>○ディック東郷
※王者が3度目の防衛に失敗。東郷が16代王者となる。
※ビリーが突っかけてゴング。経験で勝る東郷がビリーの足を集中攻撃。ビリーはこれを耐えるとおすわりトペコンを決める。この際に東郷は左腕を痛めてしまう。ビリーは容赦なく東郷の左腕を攻めペースをつかむ。東郷なんとか切り返すと雪崩式ぺディグリーを決める。両者の体力もつき始めたところでビリーがレフェリーと接触。レフェリー不在の隙にタダスケが乱入。ビリーにアウトキャストを決める。東郷は事態を把握しないままダイビングセントーンを決め勝利。大阪プロレス史上初のシングルのベルトが大阪プロレス外に流出する結果となった。試合後、タイガースは東郷に「いい仕事したでしょう!俺たちは史上最低のルード軍だから東郷さんの子分にしてもらいたいんだよ〜!」と言うが東郷は無言で退場。バファローは「ビリー!大阪プロレスの外にベルトを流出させたお前はA級戦犯だ!この調子で大阪プロレスを崩壊させてやる!」とマイク。東郷に獲られてしまった大阪プロレスシングルのベルトを取り戻すのはいったい誰だ!?