画像は6月9日(金)の修練画像です、この日も二組の見学者の方がお越しになりました!大阪北道院は道院長が常駐し自ら指揮を執り運営をしております、これは安全対策や効率の良い指導、的確なアドバイスをさせて頂く上で必要不可欠な事だからなのです、掲題のように同じ目線、同じ物差しで指導をする事がとても大切です、言い換えると褒める時も叱る時も公平な目線で判断、行動する事が必要であると言う事になります、指導者になればなる程、謙虚になる必要が有ります、私は指導する時には常に自分が範を示してから皆さんにはチャレンジして頂くようにしています、大阪北道院へお越し頂いた方は気付かれたと思いますが基本修練時には指揮を執りながらも同じ練習をこなして一杯汗をかいて頑張っています、道院長になって10年以上の歳月が流れましたが相変わらず先生と呼ばれるのが嫌いなのです、奉られるより皆さんと一緒に苦楽を共にする事こそ本来の道院長の在り方です、少林寺拳法は科目表と言うカリキュラムに添って修練を積んで行きますが道院長の考え方一つで道院の中身も大きく変化するものであると言う事も外部の方にはご理解を頂いた上で道院選びをして頂きたいと思います。画像の二枚目、三枚目は開祖、宗道臣禅師、直筆の掛け軸です、これは先代から引き継いだ貴重な掛け軸であり初期のl頃は今のような大量生産品の掛け軸ではなく開祖が直筆で書いておられたのです、運営許可をされた時に開祖から直々に頂いたものであると先代が仰っておられたのを覚えています、半世紀前の開祖直筆の掛け軸です、全く同じ物は存在しません、これからも大切に保存し次の世代に引き継いで行きたいと思います、開祖の心と技法と共に。大阪北道院は50年以上の歴史が有る大阪市北区で最も歴史の深い道院です、梅田駅、中崎町駅、大阪駅から徒歩圏内、無料駐車場も完備、皆様のお越しを一同お待ち致しております。
L1070115L1070116L1070117