今日は音楽家である副道院長のパソコンのメンテナンスを実施しました、OSのバージョンが変わると新しいソフトもインストール出来なくなります、かと言って2009年式のパソコンのOSのみバージョンアップしても動きが遅く使い物になりません、今回はバージョンアップとメモリーの継ぎ足しを行いあと数年は使えるようにしました。古い物でも手を掛けてやればまだまだ使えます、買い換えるのは簡単ですが、こうしてパソコンの蓋を開ける事で色々勉強になります、物は考えよう、より多くの事を経験した方が良いのです。