画像は昨日15日火曜日の修練画像です、先ず始めに講習会参加の報告をN拳士から頂き、自己研鑚の重要性について私が補足をしました。何の為に少林寺拳法をやるのか、これが一番重要なテーマなのです、拳法をケンカに使う機会など稀、大会も年に数回、その為に貴重な時間を費やす意味は皆無でしょう、大切なのは拳の修行を通じた心の修行、自己を変革する事により周囲を変え、更にその輪を広げる事に意味があるのです、技術一辺倒の修行では心の部分を育む事は不可能、それを理解していない指導者も一定存在します。大会に出て入賞した人達が人格的にも素晴らしい、それが理想なのですが実際には程遠い状態、ここに大きな問題があるのです、身体能力は素晴らしいが下品な演武、最近多いように思います、構え一つみても基本から逸脱している、酷いのになると構えすら無いに等しいなんて事もあるほどです、大会や演武会をするのは素晴らしい事だと思いますがそれまでに人としての在り方を教育する事の方が先決だと思うのです。級拳士でも一生懸命後輩を教えようと努力している方もおられます一方、有段者でも後輩の指導もしなければ子供達の面倒も見れない、そんな方もおられます、人の質を高める為の修行、何処に違いがあるのでしょうか?『半ばは他人の幸せを、半ばは自己の幸せを』半分ぐらいは他人の事を考え行動出来る人を育成する、大阪北道院はそこに力点を置いて日々活動をしています。画像を見て頂ければ一般部、少年部入り混じって楽しく生き生きと修練をしています、言葉では表現出来ない活気、やる気を画像から感じて頂ければと思います。
五月も半ばを過ぎました四月からの新生活にも慣れた頃ではないかと思います、少林寺拳法に入門して張りのある生活を送ろうと考えておられる方々、過去に少林寺拳法を学んでいて休眠しているけど大阪での新生活に合わせて復帰をお考えの方々、大阪北道院は全面的にバックアップをさせて頂きます、駅近で市内中心部にありますので仕事帰り学校帰りに気軽に立ち寄れる便利な道院です、皆様のお越しを一同お待ち致しております!
IMG_4420
IMG_4421
IMG_4423
IMG_4442
IMG_4440
IMG_4438
IMG_4435
IMG_4427
IMG_4426
IMG_4424