契山館 大阪支部のブログ~死後の世界を真面目に考える会~

契山館大阪支部に通うメンバーのブログです。 このブログの内容は会の公式な見解ではありません。 書き込み者の自由な書き込みを期待する為に、内容については原則として支部は干渉していません。誹謗中傷など、誤解を受けるような部分がある場合等を除き、書き込みをする人達の見解を掲載しています。 契山館について知りたい方はこちら 霊に関する総合知識サイト 霊をさぐる http://www.interq.or.jp/mercury/w22525/

霊魂というのは、本性として神を求める意識を持っています。

理屈ではなく、ただ、求めるのです。

肉体にも本能があります。理屈ではなく、お腹が空いたら食べますし、睡眠欲も、性欲も、理屈でなんとかなるものではありません。肉体にそういう働きがあるだけの事です。

赤ちゃんは本能でお母さんを求めます。

霊魂の本性も、霊魂にとって良い事があるから神を求めるとかそういう事ではなく、理屈抜きで神を求めるのが霊魂です。

そして、私達人間はそういう意識を奥底に持っています。

肉体の本性、幽体の本性、霊体の本性。
人は霊魂としての本性が隠れています。

しかし人間は霊魂の本性どころか、肉体の本性すらも隠しながら生きている事もあります。

性欲があって当然なのに、理性的に行動しないと犯罪者になってしまいます。

人間は、色々な本性を隠し過ぎて、時に感情が爆発してしまうのかも知れません。

契山館の修行会員は、神伝禊法、神伝鎮魂法を毎日実践する事により、少しずつ意識が変化していきます。
他の会員の方からもよく聞きますが、私も神伝の法をするようになってイライラする事が減りました。全く怒らないとかではないですが、昔から比べるとかなり感情の波が穏やかになりました。

高級霊魂方に意識を向け、勇気を出して霊的な人生を歩み始めれば、いずれ肉体の表面意識にも変化が出てきます。

人はすぐには変わらないので、時間はかかると思いますが、やはり毎日の努力で変わる事ができます。そして、本質から変わりたいのなら、絶対に神伝の法が欠かせません。

意識の奥底に刺激を与えられる方法は、神伝の法しか私は知りません。

自分のよくわからない意識や感情に振り回される人生を送るのではなく、神伝の法を実践し、自分の本性を良い形で表現して、多くの人々が、より良い霊的な人生を送って欲しいと思います。


ちりこ
↓ブログランキングに参加中。ご協力お願い致します。

愛とはあまりにも重いテーマで、ブログで簡単に書くことは出来ませんが、地上で言うところの愛と霊魂の世界の愛とでは随分違うということだけは知っておいて頂きたいと思います。
地上の価値観だと、どうしても肉の身体の保存が優先されますので、愛というものも自己愛の延長のようなものが多いようです。
場合によっては愛の押し付けがあり、そこまでいくともう愛とは言えないでしょう。
要するに相手の立場になった時に、それが愛と言えるようなものなのかということが重要になるようです。
好きな人が家の前で何時間も待っていてくれれば、愛と感じるでしょうが、そうでなければストーカーと言われて、現代社会では犯罪者になってしまうこともあります。

守護霊の方となると大変なようです。
担当する人を本当の意味で、愛しているために、本人がどんなに苦しんでいようとも、霊的進歩向上のために無視しなければならないことが多いからです。
守護霊や指導霊のクラスになると私たち地上の人間では想像できないような深い愛があるようですが、それは地上の価値観とは全く異なったもののようです。
一見、冷たく突き放すことも愛の一端と言えることがあるからでしょう。
霊的カルマの解消という最重要テーマがあるのでそうせざるを得ないこともあるのです。
地上で暮らしたことがある彼らとしては、担当した人の苦しみがよくわかるため耐えきれないような思いをされるようですが、それこそが愛のようです。

そのような愛に溢れた守護霊の方々が地上の担当する人間とコンタクトを取ることすらできないとは、本当に悲しい現実があります。
愛は、地上では、相対的で主観的なものであり、私個人の感覚からすると何だかわからないものです。
ある視点から検討すると全く逆のもののようにすら感じます。
従って、愛をあまりにも強調する主張には納得できるものがないなというのが今の私の感覚です。
本当の愛は実は厳しいもので軽々しく口に出せないものだと私は思っています。

愛は難しいです。
甘やかすことが愛ではないことは確かです。
愛すると言いながら、求めてばかりいることも愛ではないことも確かです。

あなたにもいつか守護霊や指導霊の方の愛を感じて欲しいです。

電子書籍版は通勤電車の中でも読めるのでお勧めです。

死後まで続く幸福のために
死後まで続く幸福の為に最小
http://amzn.asia/d/6aUKTm3

神伝禊法
神伝禊法最小
http://amzn.asia/d/1Wc85c1

ネコの死後はどうなるの?
ネコの死後はどうなるの?最小
http://amzn.asia/d/cyRb6tM

神体
神体最小
http://amzn.asia/d/3eLXtoy


龍最小
http://amzn.asia/d/43K2FK9

霊魂研究へのいざない
霊魂研究へのいざない最小
http://amzn.asia/d/bes0yrU

二本足の霊魂
二本足の霊魂最小
http://amzn.asia/d/degCakG

幽体の悲劇
kindle版幽体の悲劇最小
http://amzn.asia/d/8D6xQ0t

邪霊を防ぐには神伝の法を自由意思でやって頂くしかありません。
幽体を良くするには支部集会に参加することも大切です。

個人ブログも見てくださいね。

大切なことは唯ひとつ -神伝の法を伝えること-
http://blog.livedoor.jp/direct3935/

汝の神を愛せよ。


おはこ
↓ブログランキングに参加中。ご協力お願い致します。

性行為はつくづく人間も動物だなと思います。
肉を食べる・・・肉食系だな。
植物を食べる・・・草食系だな。
勉強をする・・・知的だな。

動物の中でもここまで発達した動物は人間だけなんですよね。

霊的に見ても人間は特別だそうです。

そんな人間が地上に生まれる事になった話を霊的な視点からわかる本が発売されました。

何で生きなきゃいけないのか。
何で生まれているのか。
生まれざる得ないのか。

私はこの本で納得しました。
二本足の霊魂最小
kindle版:http://amzn.asia/d/4mMilzR
紙の本も発売予定

匿名
↓ブログランキングに参加中。ご協力お願い致します。

↑このページのトップヘ