週間いわし見聞録

鮮度が命!

近況報告とFaceBookにお引越し。

長らくのご無沙汰でございます。

近況報告ですが、2011年の大晦日に第2子が誕生しました!
非常にバタバタしておりましたが、ようやく落ち着きつつあります。

すっかりほったらかしになっているブログですが、実は活動のメインをすっかりFaceBookに移しております。 
いろいろなブログなりSNSの管理は大変なので、データはそのまま残しますが、更新はFaceBookのみにしていこうと思いますので、こちらにて交流されていた方でFaceBookを使われている方はまた探してみてください。
(実名登録なので、見つけきらなかった場合はここのコメント欄かメール等送っていただければ・・・)

LNB掲示板緊急復帰。

長らくご無沙汰の、いわしです。

今回の未曾有の震災、かつて全国のビートルファンが交流していたサイトを作っていた者として、出来ることはないかと思い、過去の掲示板を立ち上げました。
ほったらかしにしていたこのページも見ている方が少ないとは思いますが、見ている方がいらっしゃれば、掲示板をビートルファンの皆様の安否確認に利用していただきたいと思います。

注・このページを見た方は周りのLNB利用者にもその旨伝えていただきたい気持ちはありますが、通信規制がかかっている現状ですので、被災地の方への電話連絡やチェーンメール化はお控えください。

LNBトップページ
http://www2.plala.or.jp/tyuuya/index2.htm

掲示板
 http://cgi40.plala.or.jp/tyuuya/light.cgi?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

この度の震災で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

このサイトを開設して10年以上になりますが、その間に出会うことが出来たビートルファンの皆様の中には、今回被災された方もたくさんいらっしゃることと思います。

個人で安否を確認しようにも、むやみに連絡するわけにも行かず、このサイトを通じてのみ交流されていらっしゃった方同士の場合は、ここが開いていないと連絡が取れないという人がいるかもしれないと思い、急遽掲示板を復活させました。

すでに終了しかつ、10月にのみ復帰する旨伝えてあるサイトですので、この時期にページを見に来る人がいないかもしれませんが、少しでも何かのお役に立てれば幸いです。

被災された方の安否情報、また探しておられる等の書き込みなんでも結構ですので、よろしくおねがいします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

LoveNewBeetle限定復活中!

今年もまた「LoveNewBeetle」が限定復活中です。

ご存じない方のために・・・「LoveNewBeetle」とは1999年の10月にまだ正規輸入が開始されたばかりのVWニュービートルの情報交換及び交流を目的としたウェブサイトです。

ページ開設の5年間の間に本当にたくさんのニュービートルを愛する皆さんと交流することが出来ました。
残念ながらサイトの方は2004年に終了しましたが、それまでに出会った皆さんとの交流を続けるために、年に1回10月の前半の2週間程度、掲示板を同窓会感覚で開放しています。

・・・昨年の記事のコピーです(笑)

ベビーベッドを・・・

作ってみました。
090927-5

きっかけは、寝室に既製サイズのベッドが納まらなかったこと、価格がけっこうするということでした。
まだ生まれる前で、時間があったこともあって、ちょっと凝った作りにしてみましたが、ものすごい大変だった。。。
090927-6

すのこ部はヒノキ、それ以外はパイン材です。
モビールが吊るせるようにもしてみました。
090813-1

手前が親のベッド部で、高さをあわせてあるので、親が添い寝することができます。

090927-7

親の目線からはこんな感じ。

肝心の寝心地は、子供にしかわかりませんが、高いボディ剛性(重い)とヒノキのやわらかく通気性のいいすのこがきいたのか、はたまた嫁様のお母さんお手製の布団がいいのか、よく寝てくれます。

090927-9

後の問題は・・・いつまでこれで寝てくれるかと、その後のベッドの運命は・・・

じゃこVSアヒル。

子供が生まれてそろそろ3ヶ月。
初めてお出かけしてきました。
インフルエンザ等も心配なので、目的地まで車で行って、速やかに用件を済ませて帰る。お出かけというかドライブのようになりましたが・・・

090927-1

我が家のベビーカーは、ビートルのちっちゃいトランクに収まるべく、7ヶ月から使えるB型タイプですが、なんと、チャイルドシートが上に乗っかります。これで、新生児もOK!
車からチャイルドシートごとベビーカーに乗せたので、寝ててもラクラク。しかし、起きてしまって仏頂面。

で、何を見に行ったかというと。。。

090927-2

遠い?

090927-3

近すぎる?

090927-4

これでどうだ。

大阪の中之島で行われている「水都大阪」のイベントのひとつ「アヒルプロジェクト2009」のために、世界中を旅している巨大アヒルちゃんが大阪に滞在していると聞き、見に行きました。

まぁ、喜んでいたのはカメラ担いだおとーちゃんだけで、じゃこはまったくわかっていませんでしたが・・・そりゃそうか。

アヒルちゃんの滞在は今日まで。10月にイベントに出演した後再び世界に旅立つみたいです。じゃこはいつか再会できるのかな?

コンサートのお知らせ。

長らくのご無沙汰でした。
子供が生まれてからというもの、なかなか自分の時間というものが取れなくて・・・取れててもサボり気味ですが(笑)

今回はチャリティーコンサートのお知らせでございます。

私の友人のフルート奏者、安部早織さんのフルートデュオ「ABeChin」が参加する西宮キワニスクラブ協賛のチャリティーコンサートが10月4日(日)に芦屋市で開催されます。

abechin2


《風の彩vol.1》チャリティージョイントコンサート

チャペル出演:

●ABeChin (フルートデュオ)安部早織・珍坂ゆきこ
●猪居信之&山中美智 (ギターデュオ)
●山本真一郎率いるシンズコミュニティクワイア (ゴスペル)
●WaySide (ギター・マンドリンデュオ)上野克将・斉藤修

※ABeChinのサポートメンバーとして、
G:中原健太郎  B:和田貴之 Perc:木南貴憲の皆様に入って頂ける事になりました。


公演日時:2009年10月4日(日)開場:13:30 開演:14:00

会場:芦屋市民センター・ルナホール

座席:全席自由

チケット料金:前売3,000円 (小学生以下1,500円)
当日3,500円 (小学生以下2,000円)



ライオンズ、ロータリーと並ぶ、世界三大社会奉仕団体のひとつであるキワニスクラブ。
そのキワニスクラブの支援先、ケモ・ハウス(小児がん専門病院)へ売上げの一部を寄附するチャリティーコンサートです。
ぜひ一人でも多くの方にコンサートに足を運んで頂き、より多くの寄付ができればいいなと私も思います。

チケットに関するお問い合わせは、コメント欄に何か書いていただくか、イワシまでメールください。

abechin

じゃこ誕生!

しばらくサボっていてすみません。

嫁様が遠洋漁業に旅立って、しばらく一人暮らしで朝弁当を作ったり、いろいろばたばたしているもので・・・

で、嫁様の釣果が・・・

090704-2







ということで、息子ともども今後ともよろしくお願いします。

さよなら電球。

最近更新をサボり気味ですみません。

入居してそろそろ3年目。お風呂の電球が切れました。

もともと、家を建てたときに、照明器具には出来る限り蛍光灯を使うようにしていました。
外階段の手すりには当時最先端のLED照明も導入して、出来る限りの省エネ化を図りましたが、選べなかったユニットバスの照明や設定がなかった洗面所の照明等は電球が使用されていました。

その電球がようやく切れたので、今回あわせて蛍光灯に交換することにしました。


090311-1















今回採用したのは「パナソニックパルックボールプレミア」電球型の蛍光灯の中でも、さらに長寿命、低消費電力化が進んだものです。
すでに、さらに進化したタイプもでていますが、価格とのバランスも考えてこのタイプにしました。

写真で見る通り、ほぼ電球と同じサイズ。むしろ小さくなっています。昔は大きくて、器具に入らなかったりしたよなぁ〜と、技術の進歩に感心しつつ、交換しました。


090311-3















蛍光灯なので、やはり立ち上がりは結構暗いです。1分位すれば、ほぼ100%に近い明るさになります。
お風呂場なので、特に問題ありません。
すでに立ち上がりから明るいタイプも出ていますので、気になる方はそちらを選ばれた方がいいでしょう。
このお風呂で60W×2(!)→10W×2になりました。



090311-2















ついでなので、洗面所の電球も交換しました。
E17口径のクリプトン球も、今では蛍光灯タイプがあるんですね。
残念ながら、こちらはまだ同じ大きさとはいかず、60Wタイプだと2倍くらいの長さになるので、40Wタイプを選びました。
60W→40Wなので、交換直後は少し暗くなったかな?と感じましたが、なれると特に気にならなくなりました。
40Wタイプにしたおかげで、60W→7Wに。

今後の交換タイミングもこれでだいぶ先になるので、次に換えるときにはLED電球?有機EL?になるのか?

これで残る電球はトイレの電球と玄関外の照明のみとなりました。
トイレはそのうちに立ち上がりから明るいタイプに交換するとして、問題は外の照明。「人感センサ付調光機能」がネックです。
以前に調光対応の蛍光灯に変えてみましたが、つきませんでした。人感センサがついていたり、複雑な調光機能には相性があるみたいです。最近売っているものの注意書きにはそこら辺が書き加えられていました。クレームが多かったのかな?
人がいないと30%程度の明るさですが、一晩中ついているところなので、蛍光灯に換えれば省エネ効果も大きいはず。何かいいものはないだろうか?

カニツアー


最近諸事情で出かけられない日々が続いているんですが、ひさびさに日帰りでちょっとお出かけしてきました。

どこに行ったかというと・・・京都の日本海側「網野」

090215-5










そう、カニを食べに行ってきました。

今回お世話になったのは、「鳴き砂」で有名な琴引浜のすぐ近くにある「羽衣荘」さんです。

日本海にカニを食べに行くといっても、金額はぴんきり。「安いなぁ〜」と思ったら、地元でとれたかにではなかったり、冷凍ものだったり・・・とそれではわざわざ日本海まで行って食べる必要はないわけで、今回は新鮮な「地ガニ」を食べさせてくれるところに絞って探しました。

090215-1










まず最初に出てきたのはお刺身や写真の「生」のカニ味噌。
なかなか生のカニ味噌には出会う機会はありません。これが臭みもなくとても美味で一気に全部食べてしまおうと思ったんですが「焼いて食べるようにとっておいてね」とのことだったので、半分は残しておきます。

090215-3










次に「カニ刺し」と「せこガニ」をいただきます。
せこガニには内子と外子がたっぷり詰まってたまりません。

090215-4










お次は「焼きガニ」。
生で食べられるかにを炭火で焼いていただきます。お刺身とはまた違って甘さの増した味を楽しめます。焼いた味噌にほぐした身を入れると、それはもう・・・
お酒が1本ついていたので、入れて甲羅酒なんていうのも最高です。(残念ながら、日帰りドライバーなので、お酒はお土産にしました)

090215-6










お次はてんぷら。
生で食べられるものをてんぷらにするのはもったいないかな・・・とも思いましたが、これは違った食感も楽しめて、とてもおいしかったです。オススメ。

090215-5










一番基本のプランにはついていないんですが、ゆで蟹をつけることもできます。
鮮度のいいかにを湯がきたてでいただきます。
かにの味を一番濃く楽しめるのはこのゆでガニだと思います。
しかし、基本プランでもボリューム満点なので、この時点でおなかいっぱいに・・・

090215-7










かには一人に1ハイ。残りの部分はお鍋でいただきます。
ゆでガニを2人に1ハイ頼んだ我が家はすでにおなかいっぱいの状態だったので、この鍋の頃は「持って帰りたい・・・」というくらいのボリュームでした。

090215-8










しめは女将さんが作ってくれる「雑炊」
のっているカニの身は、鍋のときに食べきれず、取っておいたものを乗っけてみました。
しかし、雑炊は別腹なのか、さらっとおいしくいただきました。

実は、もともと違うところを空きがあると書いていたので、ネットで予約していたんですが、何の連絡もないので電話すると「メール来てるかどうかわからないけど、その日は団体が来てるからダメ」(どういうこと!怒)といわれて急遽探して見つけたのが羽衣荘さんだったんですが、結果的にはひどい対応のお店に行かずにこんなにおいしいかにをいただくことができたので、怒りもすっかり忘れて大満足のカニツアーとなりました。

ミドリフグのお引越し。


リビングのごっちゃり感を解消するために、ミドリフグの水槽を移すことにしまた。


090120-1
















収納棚のサイズがちょうどいい幅だったので、棚板を取り外して水槽を埋め込みました。

090120-2
















今までよりも背の高い棚にしたので、配管、配線のとりまわしも余裕ができました。ヒーターコントローラやエアーポンプの置き場所を考えていなかったので、急遽適当な金具と余り材で棚を作りましたが金具に対して板が重かった・・・(傾)
今回よりサブフィルターと照明用24時間タイマーを導入。1匹のフグしかいないのに、着々と設備が整っていきます。

090120-3
















目隠し板は、今回開きしろが取れなかったので、蝶番ではなくボールラッチを使いました。
想像以上にすっきりしましたが・・・




リビングからフグが見えないのが寂しい・・・




近々「フグ、リビングに戻る」をお送りする予定です(。_。)


話は変わって、昨日門戸厄神に行ってきました。

090120-4










私は厄とか関係ないんですが、代理で行ってきました。夜店がたくさん出ていて、なかなかいい雰囲気でした。

090120-5










市内某所で話題沸騰の「日本フランクフルト協会認定店」発見!

going underground !


新年早々、家の床下にもぐりました。

以前にもぐったときに感じた違和感を解消するためです。それは・・・

「断熱の外側なのに、なぜ暖かいんだ?」

その理由は、我が家の床下にあるパネルヒーターの配管です。

090108-1

 

 

 

 

 

 

束になっているのがパネルヒーターの配管、その他は給水配管や排水管です。

何層かになっているこの管の外側の樹脂管は断熱効果もあるらしいのですが、触るとかなり暖かいんです。これによって基礎にも熱が伝わり基礎内も快適な空間になっていました。

しかーし、基礎を暖めても何のメリットもない!このエネルギーロスはもったいなすぎる!と感じていました。

そこで、配管に断熱材を巻いて、熱損失を抑えよう・・・というのは引っ越してきた最初の冬から考えていたんですが、何せ床下・・・身長180センチ超、体重8×キロの私にとって、この作業は大変なことは容易に想像できたので、二の足を踏んでいました。途中でひっかかって抜けなくなったら、レスキュー隊に救出されて、おもしろニュースで紹介されてしまう(笑)

決死の覚悟で床下に潜入しました!

090108-4

 

 

 

 

 

 

この時点ではまだ余裕がありました。床の断熱材の状態のチェック。少し下がっていましたが、木で支えてあるのでこれ以上は下がってこないだろう。。。

・・・この後作業を続け、汗まみれ、ほこりまみれ、ふらふらになりながら1日目終了。写真を撮るのを忘れてしまいました。

床下での作業はかなり辛かったです。移動はほふく前進、うつぶせの状態をずっと続けながら顔をおこしていると、頭がくらくらしたり、体はは冷えたコンクリートについたままなので、汗はかくが寒い。2時間ちょっとで限界を迎えました。
パネルヒーターの配管は部屋の隅々までいきわたっているので、家の端から端まで作業範囲は広範囲に及び、入口と反対側の家の端っこに到着した際は、「帰れるだろうか・・・」と泣きそうになりました(だって、男の子だもん!)

2日目、残りの部分の作業をして無事完了。

090108-5

 

 

 

 

 

 

約2.7メートル(訂正しました)の断熱材を19枚使いました。(3千円ちょっと)この配管はこの2部屋先まで続いています。

090108-2

 

 

 

 

 

 

1枚目の写真部分の完成写真。ここは配管が多い分、床との高さが取れないのでかなりきつかったです。

090108-3

 

 

 

 

 

 

分岐配管もきちんと処理。

効果ですが、断熱作業をして、隣の部屋の作業に移り、戻ってくると先ほどとはうってかわって寒くなっていたので、相当違うと思います。今までそれだけ無駄にしていたってことか・・・最初からやってくれればいいのにぃ。

ガス代にもいい影響があれば嬉しいなぁ〜と思いつつ、現在筋肉痛と戦っております(笑)

あけましておめでとうございます。


皆様、新年明けましておめでとうございます。

さて、皆さんは一体どんな年越しだったでしょうか?
私は結婚するまでは、年越しといえば必ずどこか出かけ先で迎えていたんですが、結婚してからはずっと家で迎えています。
しかも、嫁様は10時半には寝ますから、リビングで一人で年越し・・・なので、テレビを見ながら年を越すわけですが、くだらない番組ばかり。せめて年越しくらいはおもしろい番組はないものか・・・と一昨年見つけたのが、テレビ東京系「東急ジルベスターコンサート」
クラッシクコンサートなんですが、曲が終わる瞬間に年越しを迎えると言う趣旨のコンサートなので、年越しにあわせた演奏がうまくいくのか?とはらはらしている間に年を越してしまう(笑)なかなかおもしろいコンサートです。
今年は・・・少しずれましたが、上野水香さんのバレエや荒川静香さんのフィギュアスケートとの競演と視覚的にも楽しめる非常に清清しい年越しを迎えられる番組でした。(これを書いているときにはまだやっていますが)
皆さんも、今年の年末(!)にはぜひ見てみてくださいね。

ということで、よくサボるブログですが、本年もどうかよろしくお願いします!

最近のこと、もろもろ。


気がつけば、今年もあとわずか。。。クリスマスももうすぐですね!
我が家はクリスマスだから〜と特に何かをするわけではないんですが、それらしいものを探してみました。

081214-1

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家のクリスマスツリーです。イルムスで似たような小物を見つけて、いいなぁ〜と思っていたんですが、結構なお値段。。。

だったので、自分で作りました(コラッ!)廃材のコンパネを切り取って、水性絵具でぬりぬり。費用は絵具代の数十円!
隣には今年の干支の羊さんが・・・お勤めご苦労様です(-_-メ)

 

071231-1

 

 

 

 

 


クリスマスイルミネーション・・・と言うわけではなく、インターフォン周りが暗かったので、照明をかねてLEDのイルミネーションを利用してみました。
足元が明るくなったので、光量以上に効果ありです。

・・・探してみたけど、これだけしかなかった!
来年はもう少しがんばることにしよう〜

 

おまけ。

081216-1

 

 

 

 

 


夏にやってきたミドリフグも、元気です!大きさは倍くらいになりました・・・
熱帯魚ですから、冬はヒーターが必要になります。大体26度くらい。
家の中の温度が一定かつ暖かいと、ヒーターのスイッチが入っている時間が短くなるので、電気使用量も少しは減ります。こういった面でも、高気密住宅はいい?!

 

081216-2

 

 

 

 

 


忍法分身の術!

鉄瓶導入。


嫁様の鉄分補給のため、鉄瓶を購入しました。

081201-2

 

 

 

 

 

 

 

 

冷たい飲み物大好きな私と違って、嫁様は冷たい飲み物をほとんど飲みません。
なので、いつも朝やかんでお湯を沸かしてそれを猫のポットに入れて一日使っていました。

081201-4

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、やかんに代わって鉄瓶でお湯を沸かして猫ポットに入れて使うことで、やさしく鉄分補給ができれば・・・と考えました。
特に鉄分不足で貧血気味なわけでなありませんが、なかなかとりづらい鉄分を毎日利用するお湯でとれるならまさに一石二鳥!

081201-3

 

 

 

 

 


天気がよかったので、ベランダで撮ってみました。(なぜ?)

ちなみにこの鉄瓶は「designshop」というところで買った、南部鉄器の老舗「釜定」さんのものです。

鉄瓶にもピンからキリまでありますが、外国産のものはそもそも使ってある鉄の成分も気になりますし、外側は漆で塗装しているもの、内側は炭火で焼き付けて「金気止め」されているものがよいとされています。コストがかかるので、格安のものでこういった作り方をしてあるものは、たぶんありません。

あとは正しく定期的に使ってあげることで内部に湯あかがついて長く使えるものになっていきます。うちのも数ヶ月使いましたが、内部にはだいぶ湯あかがついてきました。これが味にもいい作用をして、やわらかくまろやかな(抽象的な表現ですが)お湯になりました。

鉄瓶ですから当然錆びますし、水を入れたまま放置したり、使い方を誤るとだめになってしまったりと、ステンレスやアルミほど手軽ではありませんが、定期的に正しく使ってあげればいいだけなので、難しいわけではありません。
価格もそれなりにしますが、長く使えますし、減ってくれば(!)修理も出来るそう(釜定さんの場合)なので、長い目で見ればそんなに高いものではないと思います。

毎日お湯を沸かしてお茶を楽しむ女性には特にオススメです〜


注・以前聞かれたのですが、アフィリエイト等一切やっておりませんので、安心してリンク先ご参照ください〜

ガラスが割れる!


先週の話ですが、家の窓ガラスが割れました。

081124-5

 

 

 

 

 

 

3枚あるうちの一番内側のガラスです。昼間に嫁様がリビングでごろごろしていたら突然寝室から「(+_+)」と音がしたそうで、見にいったら割れていたそうです。

それからじわじわひびが広がり、写真の状態に。

スウェーデンハウスサービス(以下SHS)に電話すると、都合の悪いことに定休日。ですが、いつも家を見に来てくれる担当の方と連絡がついて、明日は予定が詰まっているから・・・とお休みにも関わらずその日のうちに見に来てくれることになりました。

081124-23

 

 

 

 


割れはじめたところから見ても、故意に割ったものではないということになり、無償で交換してくれることになりました。
ガラス屋さんで製作するので、しばらくこのまま。ガムテープでの応急処置です。

1枚割れましたが、3重ガラスなのでまだ2枚残っているので特に気にしていませんでしたが、次の日起きてみると・・・

081124-22

 

 

 

 

 

 

いわし家初の結露です。結露は極端に湿度が高かったりすればトリプルサッシであってもおきるそうですが、普段まったくない場所なので、一枚割れたのが原因なのか?

ところで、割れた原因ですが、SHSの方も普通の透明ガラスでこの事象は見たことないです。と言っていたので不明です。

個人的考察では・・・

1・この日から加湿器をつけ始めた。
2・この日はこの冬1番の冷え込みを記録した。

ということで、「湿度の上昇で木枠がふくらんで、もともと弱かった部分(あるいは傷が入っていた)のガラスを圧迫して割れた。」

・・・と考えるに至りました。果たして真相は?

謎は深まるばかりです。。。

京都の紅葉。

ここしばらく仕事がとっても忙しかったのですが、三連休はきちんと取れたので、京都に紅葉撮影に行ってきました。

当然、大混雑が予想されるので、朝五時に家を出て、11時には帰路につく計画で22日と23日の2回に分けて行くことにしました。初日は移動範囲を考えて車で、2日目は電車で行きました。

予想通り、9時過ぎには人が増え始めて、帰る予定の11時頃には「ありえなーい!」大混雑・・・そんな人の波を見ながら、帰りの電車も座って帰ることが出来ました。計画通り(゜_゜)

しかし、2日連続の5時起きは・・・(*_*)

車で行った1日目は南禅寺→大原三千院→大徳寺高桐院へ。電車・バスでは周りづらいルートで、久しぶりにビートルをオープンにして紅葉ドライブも楽しめました。帰りの反対車線は大渋滞。早起きは三文以上の徳ですよ。

2日目は、友人と電車で嵐山へ。嵐山周辺は歩いて散策できるので電車が最適・・・というか車で行くのは早朝でも難しいです。こちらも帰る頃には嵐山一体はパニック状態!といっても過言ではない混雑具合で落ち着いてまわれるのは10時くらいまででした。

今回写真を200枚以上撮りました。撮影枚数が多かったので微調整はぼちぼちやるとして、今回はJPEG撮って出しでどうぞ。

081124-18

 

 

 

 

 

 

081124-1

 

 

 

 

 

 

081124-2

 

 

 

 

 

 

 

 

081124-3

 

 

 

 

 

 

 

 

081124-4

 

 

 

 

 

 

081124-6

 

 

 

 

 

 

 

 

081124-7

 

 

 

 

 

 

 

 

081124-8

 

 

 

 

 

 

081124-9

 

 

 

 

 

 

081124-10

 

 

 

 

 

 

081124-11

 

 

 

 

 

 

081124-12

 

 

 

 

 

 

081124-13

 

 

 

 

 

 

081124-14

 

 

 

 

 

 

 

 

081124-15

 

 

 

 

 

 

 

 

081124-16

 

 

 

 

 

 

 

 

081124-17

 

 

 

 

 

 

 

 

081124-19

 

 

 

 

 

 

 

 

081124-20

 

 

 

 

 

 

081124-21

 

 

 

 

 

 

081124-24

 

 

 

 

 

 

081124-25

 

 

 

 

 

 

 

 

081124-26

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・もっと載せる枚数を絞るべきだった。。。

最後まで見てくださった皆様、ありがとうございました!

京都の紅葉はまだまだ見頃(と言うかこれからのところも?)なので、皆さんもぜひ早起きして(ここ強調!)京都へ〜

パネルヒーター/三洋・・・


ここ数日、関西もだいぶ寒くなってきました。
それでも、まだ家の中は20度を下回らないのですが、ガマンしても・・・ということでパネルヒーターを起動しました。

080203-3

 

 

 

 

 

 

 

 


今年から、パネルヒーターの点検は有償になるのですが、今年は自分で点検をして、2年毎に業者さんにお願いすることにしました。

081110-2

 

 

 

 

 

 

 

 


点検と言っても、自分で出来るのは各パネルヒーターの接続部からの漏れチェックとかボイラーの圧力計の確認とか・・・まぁ、簡単なことしかできません。来年来てもらったときに、どこをチェックするのか聞いておこう。。。

081110-3

 

 

 

 

 

 

 

 


パネルヒーターには不凍液の入った液体(水?)がまわっています。見た感じでは、給湯器で沸かしたお湯を熱交換器でパネルにまわる液体を温めるようになっているみたいです。沸かしたお湯は循環させているのか?まさかそのまま捨てると言うことはないと思うので、循環させて、不足分を補う感じなんでしょう。(これも来年の確認事項)

081110-4

 

 

 

 

 

 

 

 


圧力計も問題なし。ただ、タンクの周りにさびが見られたので、今度ペンキを塗ることにしよう。。。

ということで、今年も暖かく過ごすことが出来そうです〜

話は変わって、三洋電機がパナソニックの子会社になることになりました。
我が家の三洋製品といえば・・・

081110-1

 

 

 

 

 

 

オーブントースターも炊飯器も電子レンジも加湿器(パネルヒーターの写真参照)も最近変わりましたが携帯電話もずっと三洋でした。とっても三洋大好きないわしなので、今回のニュースはとても残念に思います。
会社の独自性は維持するとのことですが、親会社とかぶる製品に関してはどうなるかわかりません。
あまり派手なものはありませんが、デザインもいいし、機能にもこだわりがあるものが多いメーカーだと思うので、この路線で続けて欲しいと思います。

スピーカー導入。


スピーカーを導入しました。
英国KEFの「Q1」です。

081029-1

 

 

 

 

 

 

 

 

すでに生産が終了していて、現在のIQ30から見ると2世代前のモデルになります。そう、中古品を購入しました。

嫁様と日本橋にスピーカーを見にいき、いろいろと試聴・・・なんとなくの見た目でB&Wの型落ちモデルを狙っていたのですが、音が気に入らず。。。そんな時、中古で飾ってあったこのスピーカーを試聴して決めました。

合板に塩ビシート仕上げですが、他の同様仕上げスピーカーと比較すればなかなか質感も高く、何より白っぽい木目のスピーカーは数が少ないのです。
価格も考えると、悪くない選択だと思っています。

早速家に帰ってきて聴いてみると、思った以上にソースを選ぶスピーカーでした。ボーカル中心のCDはなかなかの質感で聞かせてくれますが、メリハリのある音は今ひとつ。。。特に低音がもっさりそして控えめな感じです。大きさも考えれば仕方ないか。

081029-2

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、バイワイヤー用のジャンパープレートが鉄板にニッケルメッキのような感じの貧相なものだったので、スピーカーケーブルでジャンパーケーブルを作りました。
お店の人のアドバイスにあったケーブルの接続(高音の+と低音の−につなぐ)とあわせて再試聴。かなり音の出がよくなった!
この程度のことでも結構変わります。

081029-3

 

 

 

 

 

 

 

 

あわせてスタンドも作りました。これでベタ置きよりも定位が上がることでしょう。
スタンドの底板とスピーカーのそこには制震ゴムが入っています。

081029-4

 

 

 

 

 

 

 

 

スタンドに乗せてサランネットをつけた状態。
それらしくなってきました。
しかし、このもっさり感もうちょっと何とかならないものか・・・

そこで、ばらしてみました。(危)

081029-6

 

 

 

 

 

 

 

 

開けてビックリ!箱の中に綿が適当に押し込められているだけでした。。。
スピーカーの裏側と、バスレフポートの周りにそれぞれひとかたまりずつ。
とても計算された結果の配置とは思えません。

081029-8

 

 

 

 

 


とりあえず、バスレフポート側の綿を取り外して、スピーカーの後ろの綿をできるだけ後ろに押し込んで再試聴。すると・・・

音がとってもダイレクト!いい感じ〜低音ももっさり感が消えました。
ただ、少し不自然な感じが残ります。

ということで、徹底対策をすることにしました。
素人考えで・・・

1・しっかりした低音を出す→綿を全部取り去って箱の体積を有効活用する。
2・ダイレクトで突き抜けた音を出す→吸音材の使用は極力減らして、制震に力を注ぐ。

081029-7

 

 

 

 

 


ということで、2面が平行に対になっている面の片方には吸音&制震のためにスポンジ&ブチルゴムの複合材を。側面は正対していないので、制震シートを圧着して振動を抑えるようにしました。
バスレフポート側には手が入らず苦労しましたが、2時間ほどで完成。

特に確かな理論があるわけでもなく、技術があるわけでもない中での作業でしたが、出てきた音にはビックリしました。全然別物です。
しっかりとダイレクトな低音。突き抜けたボーカル。今まで聞こえなかった音さえも再現してくれます。大げさに言ってますけどね(笑)でも確実に良くはなりました。

081029-5

 

 

 

 

 


完成形です。
しかし、建売住宅のようにぎっしりと押し込まれたオーディオと水槽。。。ちょっとなぁ〜水槽のあるところにオーディオラックを置けばきれいな配置になりそうなんだけど・・・

水槽移設&土台新築計画スタートです(*_*)

にのさゆさん邸訪問。

 

昨日はデンマークハウスで建築中のにのさゆさん邸の完成内覧会が行われました。

北欧住宅を建ててから、いろいろなご縁でたくさんの方と交流することができ、シャングリラさんがらしゃさんご夫妻、ハルバルさんゆっきさんご夫妻、そして、本日はじめまして!だったかえるちゃんご夫妻・・・メーカーは違えど、同じ北欧住宅を建てられた皆さんと一緒に拝見させていただきました。

・・・詳細は皆様のブログにたっぷり載っていますので、今回は個人的なお気に入りポイントを。。。

081026-3

 

 

 

 

 


何はともあれこのキッチン!
デンマークのソネボー社のキッチン。鮮烈な赤に本物の大理石の天板はもうため息モノでした。

 

081026-2

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングから2階を望む眺め。
吹き抜けからさらに向こう側までの一体感ゆえにこの立体的な眺めが生まれます。

 

081026-1

 

 

 

 

 

 

 

 

家の前が公園なので、とてもすばらしい眺めとなっています。
ソファでくつろぎながらのこの眺めはもう他に何も必要ありませんね。

前回おじゃまさせていただいた、ハルバルさんご夫妻のお宅の時もそうでしたが、もうずっと上向きながら口をあけて「すごいなぁ〜」とおのぼりさんのような気分で拝見させていただきました。

にのさゆさん、どうもありがとうございました。そして、完成おめでとうございます!

オーディオ熱蘇る。

 

この間おじゃましたハルバルさんのお宅で見たJBLのスピーカーを見て、眠っていたオーディオ熱がふつふつと沸きはじめました。

とはいえ、カメラのレンズ貯金をはじめたところで、先だつものなど何もないわけで・・・そういえば、三田の山奥に眠らせているマランツがあったはず・・・

ということで、ホクホク顔(*^。^*)で持って帰ってきました。

081024-1

 

 

 

 

すると、どこからともなく鋭い視線が・・・嫁様かっ(*_*)

「ただでさえフグでリビングごっちゃりしてるのに、どーすんねん!」

・・・ということで、オーディオラックを作ることになりました。(買うという選択肢はありません・涙)

081024-3

 

 

 

 

最初はパインの板をたくさん使って凝ったデザインで設計しましたが、コストが合わず断念。
柱は安いけど、板状の木材は高い・・・ということで、可能な限りのコストダウン!
柱は2×2材で数百円。板はパイン集成材で1枚1000円くらいしましたが、質感とリビングの素材感統一のためにも、ここはこれ以上ケチれません。

板にレーザーで柱が入る穴をあけて、特製のL金具で止めるシンプルなものになりました。

081024-4

 

 

 

 

 

 

 

ということで、出来上がりました。

 

081024-5

 

 

 

 

後ろ側にはケーブル類をまとめる穴を開けておいたので、ケーブルもすっきり!

 

081024-2

 

 

 

 

可能な限り、まとめました。もうこれ以上は・・・テレビを少しだけ右にずらそうかな・・・でも、ここで気づいた人もいるはず。。。それは。

自転車ではなく、スピーカー!
アンプ、プレーヤー、チューナーは持ってたけど、スピーカーは買わないといけないのだっ!

 

・・・再び嫁様からの冷たい視線が・・・(T_T)

Recent Comments
  • ライブドアブログ