スピーカーを導入しました。
英国KEFの「Q1」です。

081029-1

 

 

 

 

 

 

 

 

すでに生産が終了していて、現在のIQ30から見ると2世代前のモデルになります。そう、中古品を購入しました。

嫁様と日本橋にスピーカーを見にいき、いろいろと試聴・・・なんとなくの見た目でB&Wの型落ちモデルを狙っていたのですが、音が気に入らず。。。そんな時、中古で飾ってあったこのスピーカーを試聴して決めました。

合板に塩ビシート仕上げですが、他の同様仕上げスピーカーと比較すればなかなか質感も高く、何より白っぽい木目のスピーカーは数が少ないのです。
価格も考えると、悪くない選択だと思っています。

早速家に帰ってきて聴いてみると、思った以上にソースを選ぶスピーカーでした。ボーカル中心のCDはなかなかの質感で聞かせてくれますが、メリハリのある音は今ひとつ。。。特に低音がもっさりそして控えめな感じです。大きさも考えれば仕方ないか。

081029-2

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、バイワイヤー用のジャンパープレートが鉄板にニッケルメッキのような感じの貧相なものだったので、スピーカーケーブルでジャンパーケーブルを作りました。
お店の人のアドバイスにあったケーブルの接続(高音の+と低音の−につなぐ)とあわせて再試聴。かなり音の出がよくなった!
この程度のことでも結構変わります。

081029-3

 

 

 

 

 

 

 

 

あわせてスタンドも作りました。これでベタ置きよりも定位が上がることでしょう。
スタンドの底板とスピーカーのそこには制震ゴムが入っています。

081029-4

 

 

 

 

 

 

 

 

スタンドに乗せてサランネットをつけた状態。
それらしくなってきました。
しかし、このもっさり感もうちょっと何とかならないものか・・・

そこで、ばらしてみました。(危)

081029-6

 

 

 

 

 

 

 

 

開けてビックリ!箱の中に綿が適当に押し込められているだけでした。。。
スピーカーの裏側と、バスレフポートの周りにそれぞれひとかたまりずつ。
とても計算された結果の配置とは思えません。

081029-8

 

 

 

 

 


とりあえず、バスレフポート側の綿を取り外して、スピーカーの後ろの綿をできるだけ後ろに押し込んで再試聴。すると・・・

音がとってもダイレクト!いい感じ〜低音ももっさり感が消えました。
ただ、少し不自然な感じが残ります。

ということで、徹底対策をすることにしました。
素人考えで・・・

1・しっかりした低音を出す→綿を全部取り去って箱の体積を有効活用する。
2・ダイレクトで突き抜けた音を出す→吸音材の使用は極力減らして、制震に力を注ぐ。

081029-7

 

 

 

 

 


ということで、2面が平行に対になっている面の片方には吸音&制震のためにスポンジ&ブチルゴムの複合材を。側面は正対していないので、制震シートを圧着して振動を抑えるようにしました。
バスレフポート側には手が入らず苦労しましたが、2時間ほどで完成。

特に確かな理論があるわけでもなく、技術があるわけでもない中での作業でしたが、出てきた音にはビックリしました。全然別物です。
しっかりとダイレクトな低音。突き抜けたボーカル。今まで聞こえなかった音さえも再現してくれます。大げさに言ってますけどね(笑)でも確実に良くはなりました。

081029-5

 

 

 

 

 


完成形です。
しかし、建売住宅のようにぎっしりと押し込まれたオーディオと水槽。。。ちょっとなぁ〜水槽のあるところにオーディオラックを置けばきれいな配置になりそうなんだけど・・・

水槽移設&土台新築計画スタートです(*_*)