V託し 今年の夏は エア祭り

8月に千秋楽が行われた大相撲7月場所は東前頭17枚目の照ノ富士関が30場所ぶり2度目の優勝を果たしました。おめでとうございます。前回は関脇での優勝で場所後大関に昇進し、横綱候補と目されながら両膝の怪我と内臓疾患で序二段まで番付を下げ、ドン底からのV字復活となる優勝で、これぞまさしく「V」だなと勇気と希望を頂戴しました。

H080804-02拡大
臨時急行「東北夏祭り号」はJR西日本所有の583系電車で運行されました(大館にて)

その序二段という地位、普段話題に上ることは稀ですが今場所はある力士の快進撃が注目を集めました。最初に1つ負けてから6連勝して6勝1敗で今場所を締めた東序二段93枚目の朝阪神さんです。

01-H080803-東北ワイド周遊券
この旅行で使用した東北ワイド周遊券です。エリア内の在来線特急列車の自由席やJRバス東北線にも乗り放題の便利なきっぷでした

その四股名が示すとおり、朝阪神さんはプロ野球阪神タイガースの大ファンだそうです。開幕後に負けが込んでドン底の状態から瞬く間に借金完済したタイガースに勇気と希望をもらったことが今場所の好成績につながったと思われます。番付の上がる来場所が開催される頃にはタイガースが首位に立っていることが予想されますので、朝阪神さんの健闘も大いに期待します。

BlogPaint
臨時急行「東北夏祭り号」の車内で自撮りしました。運行中の寝台組立・解体作業はありませんでしたが、快適に過ごすことが出来ました

7月場所を終えた朝阪神さん、今夜阪神甲子園球場で行われたタイガースの試合にはさぞかし満足されたのではないでしょうか。打線がつながっての逆転勝利で「ウル虎の夏2020」を飾ってくれました。馬場皐輔投手がプロ初勝利となったことも良かったと思います。

02-H080803-急行券・A寝台券
「東北夏祭り」の急行券・A寝台券です。神戸駅が始発で青森行きの寝台急行でした。連結されていたグリーン車はサロンカーとしてフリースペースになっていました

今シーズンセットアッパーに定着してきた馬場投手は宮城県出身、平成29年(2017年)のドラフト1位で仙台大学から入団した将来性抜群の有望株です。これまでの2年間は目立った活躍はありませんでしたが、今シーズン途中での1軍昇格後は目覚ましい活躍で野球ファン注目の選手に成長しているのです。

H080804-06十和田湖遊覧船
大館から花輪線で十和田南駅まで行って、JRバス東北の十和田南線で十和田湖(休屋)に着きました。写っているのは十和田湖遊覧船です

馬場投手と言えば「馬場ガッツ」を連想します。7月21日の広島東洋カープ戦でピンチを凌いだ瞬間、満面の笑顔でガッツポーズしながらベンチまで全力ダッシュする姿は本当に印象的で感動を呼ぶシーンだったと思います。

H080804-07十和田湖遊覧船で休屋から子ノ口へ
十和田湖遊覧船で休屋から子ノ口へ移動しました

馬場投手の故郷東北では本来なら今ごろは夏祭りの時期にあたります。東北三大祭りの仙台七夕まつり、青森ねぶた祭、秋田竿燈まつりはいずれも七夕行事が起源とされており毎年8月上旬に開催されてきましたが、今年はコロナの影響で中止となってしまいました。

H080804-08奥入瀬渓流
子ノ口から奥入瀬渓谷を散策しました

東北の夏祭りはどれも熱い魂を感じさせてくれました。祭りのために1年間頑張ってきたと言わんばかりに弾ける様子は僕のようなよそ者が見ても感動に値するものであり、羨ましく思えたものです。

H080804-11地獄沼(JRバス東北十和田北線車窓より)
子ノ口からJRバス東北の十和田北線に乗り、途中の地獄沼を車内から撮影しました

祭りの無い今年は自宅でエア祭りするしかありません。それでも馬場ガッツがこれからもどんどん炸裂すればリアルな秋祭りがタイガースの優勝という形で実現するのではないでしょうか。馬場投手にしてみれば結婚とブレークと優勝を経験出来た記念すべき年となります。

BlogPaint
青森では「青森ねぶた祭」の開催期間で、ねぶたの迫力に圧倒されました

来年の今頃はきっと東北の夏祭りが盛大に開催されていることでしょう。そして1年遅れで開催の東京五輪では代表入りを果たした馬場投手の「馬場ガッツ」炸裂で日本が金メダルを獲得することを期待しています。

H080804-17_ハネト
青森ねぶた祭に参加されているハネトの皆さんです

BlogPaint
翌日は仙台始発青森行きの臨時急行「ねぶたドリーム」に乗車しました。24系客車使用の昼行列車でB寝台車の座席利用(いわゆるヒルネ)という珍しい設定でした

H080805-04_大谷海岸
急行「ねぶたドリーム」を一ノ関で降りて、大船渡線気仙沼経由で大谷海岸を訪問しました

03-H080805-シーライングラシア号グリーン券
気仙沼線大谷から臨時快速「シーライングラシア号」に乗りましたが、あまり記憶に残っていません。松島で降りたのはグリーン料金をケチりたかったのか今となっては不明です

H080805-07_花笠
仙台から仙山線の快速「仙山」で山形へ、花笠が開催されていました

H080806-02_鶴の湯
翌日は山形を早朝に出て、583系急行「津軽」で大曲、さらに田沢湖からバスで鶴の湯温泉に来ました

H080806-05_田沢湖
田沢湖です。田沢湖線は新在直通化工事のためバス代行となっていた時期でした

H080806-12_竿燈
秋田では秋田竿燈まつりが開催されていました

H080806-14_竿燈
頭で竿燈を支える技にしびれました

H080807-04_七夕
最後に仙台七夕まつりの飾り付けを見て帰路につきました。ここからどうやって兵庫県神戸市の自宅まで帰宅したのか一切記憶が残ってません

では、魚を捕まえに行ってきます!