2005年07月25日

おさかなかぞく(最終回スペシャル15分延長版)(BlogPet)

ひらめちゃんはビンでテレビ発進した? *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ひらめちゃん」が書きました。   
Posted by osakanahakase at 12:41Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月18日

おさかなかぞく(その8)(BlogPet)

ひらめちゃんは、社長たんじょうしたの? *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ひらめちゃん」が書きました。   
Posted by osakanahakase at 12:34Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月11日

おさかなかぞく(最終回スペシャル15分延長版)(BlogPet)

年後、トオルは↑ の言葉と正反対のことをいうね でも、ラーメンと姉にひっぱられた さあ、はじまるぞくがさいこうさ ぼくはかぞ! ミホさまだったが、メガヒットをとばすと、そのときいきなりまどがひらいた これを書いてるひとがよくけいけんしたかった 「われわれおさかなかぞくがたいせつなんだ」「ああ、ぼくだよ、いちねんのときにおなじクラスだった 「ダブルブッキングでもないうちにおおきくなっていわれた」 やっぱりおさかなかまいりさ」「え、だれなの? つぎのスケジュールがつかないや」「いいことをおしえてやるよ *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ひらめちゃん」が書きました。   
Posted by osakanahakase at 12:50Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月04日

幽霊盾・幽霊剣のために(BlogPet)

きょうおさかなはかせの、追加する? じゃここに追加したよ♪ でもきょう、ここまでマイナスとかお話するつもりだった。 でもここまでお話したいなぁ。 じゃきょうひらめちゃんがおさかなはかせとここへ追加したかったみたい。 *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ひらめちゃん」が書きました。   
Posted by osakanahakase at 12:42Comments(1)TrackBack(0)

2005年06月27日

学生服学生服(BlogPet)

きょうは、ひらめちゃんが俳句を詠んでみようと思うの  「学生に 更新される 僧侶なり」 *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ひらめちゃん」が書きました。   
Posted by osakanahakase at 13:07Comments(1)TrackBack(0)

2005年06月20日

3人そろって、溶岩地帯!(BlogPet)

きのう、友だちへ装備しなかったー。 *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ひらめちゃん」が書きました。   
Posted by osakanahakase at 12:51Comments(0)TrackBack(0)

2005年06月13日

おさかなかぞく(その6)(BlogPet)

きょうおさかなはかせの、快感へリードするつもりだった。 *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ひらめちゃん」が書きました。   
Posted by osakanahakase at 13:42Comments(1)TrackBack(0)

2005年06月06日

学生服学生服

更新さぼってて、5月のできごとです。

なかなかみんなと時間があわなくて、
今回は僧侶さんと15日間無料くんの3人です。

ちょっとさびしい・・・。


えびぞり〜
















ペットがかわったおかげか、ガンガン狩れちゃいますよー。
それに、気絶もしにくくなりました。


もう、ガンガン!


英雄にしか抜けないという剣を抜いてるところ













調子よく狩っていたのですが、学生服はでないですねー。

もう、でるまでがんばっちゃおうかな。
気絶することもないしね!


うん、気絶しないよ、自分はね・・・・。





なむなむ













僧侶さんと重なってて自分のバーが見難かったから、ちょっとだけ位置を移動したんだけど、そしたら僧侶さんがアビス3匹にやられちゃった。あらら〜。


失意の僧侶さんはそのままおちちゃったんだけど、
わたしはひとりでもなんとか狩れましたよー。

う〜ん、騎士はかたいですねー。


ポーションがなくなるまでねばったけど、
学生服はでませんでしたー。

う〜ん、残念・・・。  

2005年06月05日

ペットが進化しました!(BlogPet)

きょう、おさかなはかせは交換するつもりだった? そしておさかなはかせで、友だちへ交換された。
これまでペットは芽を育てたいから、芽がほしいんだそうです。 実は友だちに交換してもらったんです。 ひらめちゃんとしても、自分の成長にくらべてペットの成長が遅くて困っていたので、助かっちゃいましたが、突然赤ちゃんムムになりました。 しかも+8です。 友だちはソーラを大量生産バラを育てていましたが、突然赤ちゃんムムになりました。
*このエントリは、BlogPetの「ひらめちゃん」が書きました。   
Posted by osakanahakase at 14:54Comments(0)TrackBack(0)

2005年06月02日

おさかなかぞく(最終回スペシャル15分延長版)

地下の駐車場からなめらかに発進するカローラレビン。
うんてんしているのはヒロシだ。

「ヒロシ、小学生なのに運転できるんだね」

「正太郎や花形にできて、ぼくにできないわけないさ」

ぼくだってろうどうきじゅんほうのかんけいで小学生がでられるはずのない
ベストテンの生ほうそうにでたわけだし、こんなむちゃくちゃなおはなしで
こまかいことを気にしてもしかたない。

「で、どこにいくの?
つぎのスケジュールがつまってるとおもうけど・・・」

「スケジュールなんてほうっておけよ。
おまえのほんとうのりょうしんがみつかったのさ」

「え、だれなの?どこにいるの?どんなひと?」

「つけばわかるよ。だからそれいじょうきくな」

きゅうにきまずくなった。
ぼくはしりたくてしかたないけど、きくなっていわれたから、
べつのはなしをすることにした。

「きょうしゃちょうが10まんくれたよ。
あ、げんせんちょうしゅうひかれて、9まんか」

「そうか、よかったな。
でもかねはまだまだはいってくるぞ。
らいねんはトオルもかねもちのなかまいりさ」

「かねもちなんていわれてもそうぞうがつかないや」

「いいことをおしえてやるよ。
かねもちっていうのは、炭水化物をおかずに炭水化物をたべないのさ」

「え、どういうこと?」

「え、えっと、ちょっとわかりにくかったかな。
つまり、かねもちには麺+米=満腹という方程式はつうようしないのさ」

「さすがヒロシ、いいことをいうね。
でも、ラーメンとごはんいっしょにたべるのすきだな」

「ああ、ぼくもすきさ」

「しょみんにはしょみんのたのしみがあるってことだね」



「どうした?なんでわらってるんだ?」

「しょみんっていったとき、ちょっとだけユーミンのせかいをみたよ」

「あはは、そうだな。
トオルもそつぎょうのよせがきに『ユーミンなんかにまけない!』ってかいた吉田美和みたいにがんばれよ」

「吉田美和っていえば・・・・(23もじさくじょ)・・・」

「いや、しせいかつはみならわなくていいから」


まどのそとをながれるけしきをみていて、ふときづいた。

「ヒロシ、このみちって・・・」

「そうさ、おまえのいえにむかっているのさ」


そこはなつかしいわがやだった。
くるまのおとにきづいたのか、母がそとにでてきた。

「トオル、ずっとさがしてたのよ!
テレビでみてれんらくしたんだけど、じむしょのひとがあわせてくれなかったの」

母にだきしめられていきができないくらいだった。
ヒロシのほうをみると、すまないというひょうじょうをしていた。
しゃちょうがあわせないようにしていたんだなってさっした。
ヒロシがしゃちょうにないしょでつれだしてくれたんだろう。

「トオルちゃん、ちょっとみないうちにおおきくなって」

しらないしんせき。

「トオル、ぼくだよ、いちねんのときにおなじクラスだった・・・」

はなしたことのないともだち。

いえにはいるといろんなひとたちがあつまっていた。
へやのなかはベタなえんしゅつでぼくをかんげいしていた。
なるほど、これがこきょうににしきをかざるということか。

父や兄姉とかんげきのさいかいをはたした。

「じゃあ、おとうさんおかあさんがほんとうのおやなの?」

「あたりまえじゃないか」

「でも、ぼくだけなんかちがうし・・・」

「そうだ、そのことなんだけど、きょうはたいせつな日なんだ」

「さいきん、からだのちょうしがヘンじゃないかい?」

「そういえば、なんかムズムズするような・・・」

作者がふくせんをはっておくのをわすれていたんだけど、
ここすうじつからだがヘンだったんだよね。
でも、つかれのせいかとおもってた。

「われわれおさかなかぞくは12さいのたんじょうびにメタモルフォーゼをとげるんだ」

「ああ、工藤静香だね」

ぼくのマニアにしかわからないかるいボケはかんぜんにスルーされた。
これを書いてるひとがよくけいけんしてることだ。

「そろそろじかんだ。さあ、こっちにきて」

兄と姉にひっぱられて、ぼくは2階のじぶんのへやにつれていかれた。

「さあ、はじまるぞ」



ひとかわむけた!




















ぼくはにんげんのかわもとまどいもぬぎすてた。きたかぜのまどべで。

「よし、きょうからおまえは鮫三郎だ!」

父がさけんだ。

「ほんとだ! どっからどうみてもかぞくのいちいんだね」

ぼくはかぞくのうでにとびこんだ。

と、そのときいきなりまどがひらいた。

「おっす! あそびにきてやったぞ!」

ミホさまだった。
そのうしろからヒロシのママまできていた。

「ダブルブッキングでもないのにふぶきじゅんみたいなマネして、
どういうつもりなの!?」

すがたがかわったことは、きにもとめてないようだった。

「しゃちょう、ほんとうのりょうしんがみつかりました。
ぼくはかぞくのもとでいきていきます」

「なにをいってるの!
あなたはスポットライトあびるべきにんげんなのよ!
愛と喝采とどちらをえらぶっていうの?」

「もちろん、ぼくはあいをえらびます」

「うれしい! ミホのことをあいしてくれるのね。
さあ、ピアノのようにやさしくひいて」

そのことばはみみもとでシンバルをたたいたようにショッキングで、
しんぞうはたたきまくられるドラムのようで、キョンキョンがスマイルアゲインのかんそうでふくオカリナのようにぼくをひきつけた。

でも・・・。

「ごめん、ミホさま。
いまのぼくにはおんなのこより、かぞくがたいせつなんだ。
やっぱりおさかなかぞくがさいこうさ!」



<エピローグ>
五年後、トオルは↑の言葉と正反対のことを言って家をでる。
ミホと結婚したトオルだったが、メガヒットをとばすと、
それまでささえてくれたミホを捨てセクシーアイドルと再婚した。

「これは覚えておいたほうがいい。
曲が売れたら、セクシータレントやB級アイドルやパフィーなんかと再婚するものさ」  ----ヒロシ


おしまい  
Posted by osakanahakase at 15:42Comments(0)TrackBack(0)よいこのどうわ

2005年06月01日

ムム大王、進化のとき

エサがなくなって、猫の魂をとりにニャン導士にいったり、
鍛冶士の友だちにヒトデをもらったりして、
やっと進化のときをむかえました。


ピーターパンは安くていいね








10種類入れれば、あまり失敗はしないですよね?


なにに進化したかというと・・・・。





ムム大魔王といっしょに















ムム大魔王になりましたー。

レアの期待もあったんだけど、ノーマルでちょっとホッとしました。
以前書いたとおり、レアだと溶岩地帯で使えないんですよね。

これでまた少し強くなりましたよー。
  
Posted by osakanahakase at 20:47Comments(1)TrackBack(0)ペットのおはなし

2005年05月29日

おさかなかぞく(その8)(BlogPet)

ひらめちゃんたちが、ネットでつよいミルクや、すごいきじなどをオリコソしなかったよ しょうめいがまぶしい まるでくものうえをあるいてるようで、かいだんでた *このエントリは、BlogPetの「ひらめちゃん」が書きました。   
Posted by osakanahakase at 15:38Comments(0)TrackBack(0)

おさかなかぞく(その8)

はじめてのレコーディングはくろうしたけど、
あらけずりなぶぶんをアレンジでなんとかしてもらい、
よりせんれんしたかたちで世にとうこととなった。

ヒロシのママ・・・じゃなかった、社長のうごきははやかった。

全国の漁協の協力を取り付け、センベイ屋さんの店先でぼくの歌をながし、
あまつさえセンベイと同梱でCDを売ることまで決まった。

デビューがちかづくと、ざっしにぼくのきじがのることになった。
「母を捜すギター少年」というきじだ。
社長が、しょぞくタレントのみっかいげんばのしゃしんをていきょうするのとバーターでねじこんだきじで、もちろん、そのタレントのわだいづくりもかねている。

ゆうせんのすいせんきょくにもきまり、ラジオにもでた。
しかし、こんかいはオリコソのしていてんでCDをかいしめてやまにすてる
ということはしないそうだ。
じわじわとうれてロングヒットっていうのをねらっているらしい。

そしてデビュー。
社長のねらいどおり、じゅんちょうにセールスをのばしていった。


そんなある日、ビッグニュースがまいこんできた。

「トオルちゃん、ザ・ベストテンのしゅつえんがきまったわよ!
こんしゅうのスポットライトよ!」

「ママ、すごいね!
どんな手をつかったの?」

「あら、それはこどもにはいえないわ。おほほほ」

ああ、なんというこううん。
いえでみていてあこがれていたあのばんぐみにでることができるなんて・・・。


その日はあっというまにきた。

はなやかにみえるステージもうらからみるとむきだしのかくざいとベニヤでできている。それをみながら、ぼくはきんちょうしまくっていた。
リハはしていても、なにしろなまほうそうだ。
スタッフにかたをたたかれ、ぎんのかいてんとびらをおした。

しょうめいがまぶしい。
まるでくものうえをあるいてるようで、かいだんでこけかけた。
バミってあるいちまでたどりつくのがやっとだ。
くめさんがぼくのしょうかいをしているのにうわのそら。
ちゅういされていたにもかかわらず、キョロキョロしてしまう。

少年隊がいるのがみえた。
そういえば、「デカメロン伝説」のはじめのところが「バカテツコ」ってきこえるっていうハガキをしょうかいしてて、ニッキが「ぎおんをくちでいってるだけでいみはないです」っていってたな。CDデビューするまえからでていた夜ヒットのイメージのつよい少年隊だけど、すっかりベストテンにもとけこんでるようだ。かれらのくろうをかんがえていたら、ちょっとおちついてきた。

ぶなんにじこしょうかいをこなしたあと、
れいによって黒柳さんがいきなりきりこんできた。

「あなた、おかあさんをさがしてるんですって?」

そのはなしでかるくなみだをさそったあと、
ぼくのたんじょうびってことで
おいわいをしてくれることになった。

ほんとはたんじょうびはもっとあとなんだけど、
社長がこの日にしとけっていったんだ。

ケーキがよういされていて、ぼくはろうそくをふきけした。

ひろしとてつこ



















そのときゆびについた生クリームを、ソファーにすわるときに
寺尾聰の赤い記念ソファーでこそっりぬぐってしまった。
このときのえいぞうはのちにくりかえしほうそうされることになる。

ばんぐみでよういしたケーキとはべつに、
黒柳さんてづくりのとくせいケーキもだしてもらった。

これはビスケットをミルクにひたして生クリームをはさんでれいぞうこでひやしたのちに、まわりに生クリームぬってしあげるというものだ。

「カットするときはななめにきってくださいね。
そうしたら、ほら、ビスケットにはみえないでしょう」

さらに黒柳さんは、リンゴのかわをつかったアップルティーもいれてくれた。
しんじんにしては、はかくのあつかいだ。
たぶん、おかあさんをさがしているということで、どうじょうしてくれたんだとおもう。
ケーキもこうちゃもおいしかったけど、なにより黒柳さんのこころづかいがうれしかった。

いつかは桑田さんみたいに「息子」とよばれたり、
マッチみたいに「本をよまなきゃだめよ」って「O・ヘンリー短編集」を
プレゼントされたりしてみたいものだ。
どうじょうじゃなく、じつりょくでかちとるんだ。


このひのしゅつえんがきっかけになって、
「めだかの兄弟船」はうれにうれた。


いそがしさのなかで、ほんとうのりょうしんのことをわすれかけていた。
そんなある日、ヒロシがだいじなはなしがあるといってきた。

「トオルをつれていきたいところがあるんだ。
ついてきてくれ」

それは、ぼくのたんじょうびのことだった。
そしてそれは、ぼくにおおきなてんきがおとずれた日でもあったんだ。



<つづく>

次回は最終回の予定です。
お楽しみに。

おさかなはかせの連載が読めるのはぎょ魚っとシールだけ!
おさかなはかせに、はげましの信(中国語で手紙のこと)を送ろう!
あてさきは集英社ジャンプ編集部おさかなはかせ係りまで。
  
Posted by osakanahakase at 11:18Comments(0)TrackBack(0)よいこのどうわ

2005年05月23日

幽霊盾・幽霊剣のために

まえに幽霊盾と幽霊剣が欲しいけど、とりにいけないってお話をしました。

じゃ、どうすればいいか。
魔法士をつくっちゃいましたー。

いまは、ウェンディを狩ってます。



メガファイアーどーん!














騎士でもここにいってましたけど、いまだにかわいい翼はでません・・・。
でも、リボンはいっぱいでましたよ。



リボンいぱーい




追加オプションを調べてみると・・・。



こんなについても微妙・・・

種類がたくさんつけばいいって
もんじゃないです!
マイナス多いし。

他のもノーマルと微妙OPのみ。

黒リボンの魔力+2がまあまあだったかなあ。  
Posted by osakanahakase at 23:20Comments(1)TrackBack(0)魔法士のおはなし

2005年05月21日

3人そろって、溶岩地帯!(BlogPet)

ひらめちゃんが名声とか装備するつもりだった。 それでもきのうおさかなはかせで、装備しないです。
ひらめちゃんの家族だし、とてもしあわせなんだけど、ちょっとおかしいんじゃないかって思ってることがあるのです。 ごくふつうの家族はおさかなです。 父の加藤鮫太郎(さめたろう)と、母は活動弁士をしています。 姉の河豚子(ローサ)と鮫次郎(ぎゅうじろう)です。 でも、ひらめちゃんにはなやみがあるんです。 父はテキ屋、母の鮒子(ふなこ)です。
*このエントリは、BlogPetの「ひらめちゃん」が書きました。   
Posted by osakanahakase at 15:21Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月20日

おさかなかぞく(その7)

<前回までのあらすじ>
トオルがつけたデビューのためのじょうけんとは!?


「じょうけん? なにかしら?」

「じぶんのつくったきょくでデビューしたいんだ」

「なにいってるの。無名の新人のつくったきょくなんてつかえないわよ。
あなたはこのきょくをうたうためにうまれてきたのよ」

「まあ、ママ、そういわないで。
たしかに『ぼくの朝』は名曲だけど、いまのトオルにはむずかしいよ。
それに、ヒットしてもいっぱつやになるかのせいがある。
オリコソのどくじのデータをかねでかっても、しんじんじゃはつとうじょう27位がせいいっぱいだろう。ほかのきょくでなまえをうっておけば、さいしょから1位ってきまってるキソキやビーヅとのきょうごうをさければ、はつとうじょう1位もゆめじゃない。
まずはきょくをきいてみようよ」

「さすがヒロシね。あざやかかつてきかくなぶんせきだわ。
せなかのぎんのせびれはダテじゃないわね」

「もう、ママったらせびれのことはいわないでよ〜。
はずかしいよぉ〜」



つきあっていられないので、とにかくうたうことにした。


「きいてください。めだかの兄弟船


波が荒くて 小さなウオが〜
ふたつならんで 吐いている〜
めだかの兄弟は〜 おおきくなったらなんになる〜
かたちは悪いが しっけにつよい
そんなセンベイをよヨ〜 やくのが夢なのさ〜

ヨイショヨイショヨイショ


わらべで生き残ってるのが高橋真美だなんて・・・























「すばらしいわ!
あらけずりだけど、さいのうのきらめきがみえるわ。
まるでダイヤモンドのげんせきのよう・・・」

「ママ、これならいけるよ!」

「そうね、船のうたっていうのもいいわね。
八代亜紀の長距離ドライバー、工藤静香のヤンキーみたいに固定ファンがいるとつよいわ。このきょくならりょうしさんとせんべいやさんが固定ファンになってくれるわね。
それにこれなら童謡としてうれるわ。童謡はぜいきんがやすいのよ」

「じゃあ、このきょくでデビューさせてもらえるんですね」

「いいわ。そのかわりきょくのけんりは10まんで買取よ」

「ママったら、もう!」




いんぜいははいらないけど、ほんとうのりょうしんをさがすためだ。
ぼくはデビューをきめた。




<じかいよこく>
ザ・ベストテンにでることになったぼく。
まさか、くろやなぎさんがぼくのほんとうのおかあさん?
  
Posted by osakanahakase at 23:55Comments(0)TrackBack(0)よいこのどうわ

2005年05月18日

3人そろって、溶岩地帯!

また学生服をとりにいきました。

いつもの僧侶さんと、お友だちの騎士さんも来てくれて、
3人でいくことができました。

いままではサブアカウント使って人数合わせしてて、
実際にいくのは二人でしたからね。

意気揚々と溶岩地帯に突入!

と、いきなり騎士さんが目をまわしてしまいました。
僧侶さんのキュアだけじゃ間に合わないので、
自力でも回復してってお願いするのを忘れてました!

もどってくるのを待って、狩りの開始です。

ふたりでホーリー
二人だと倒すのもはやいですね。

ガンガンいっちゃおう〜と
張り切っていたのですが、
こんどはわたしが気絶。

いっせいに攻撃されると、
回復する間もないです。
あっという間にいっちゃいますね。

それはお友だちの騎士さんも同じで、
いっしょに狩ってるのに、
なんかわたしにはダメージがこないなあって思ってたら、騎士さんがやられてました。

やはりここは危険ですね。

それでもがんばって、青い帽子 がでましたよ!


というわけで、ザイドでサイコロ勝負です!

勝負!













結果はこのとおり。
わたしがもらっちゃいましたー!
やったね。ありがと〜。

みなさん、おつかれさまでした。
また、いきましょうね。




さっそくゲットした青い帽子を鑑定してみました。

OPはあまり関係ないけどね

防御5がつきました。
趣味装備だから、関係ないですけどね。

それでもマイナスよりはいいですね。


問題は名声が足りなくて、装備できないことですね。
名声もあげなくちゃ。


レベルもあがったので、銀の鎧が着られましたよ。

ハイレグ

勇者ピヨのグローブは借り物です。

ドロップじゃなくて、製作したそうですよ。

幽霊盾と幽霊剣がほしいところですが、
これはとりにいくわけにもいかないですしねえ。

これをだすバイルが物理耐性なので、
属性石をいれた剣がないと自分では狩れないんですよ。

魔法士さんにお願いするしかないです。



いまの装備でも溶岩地帯はなんとかなるので、
がんばって学生服をだしちゃいますよ〜。  

2005年05月15日

おさかなかぞく(その6)

<前回までのあらすじ>
さそわれてフラフラ〜


「そうよそのちょうし」

ぼくは規則正しく、そして激しく律動を刻んだ。
迸る汗。肉が蠢く。息が荒い。
ヒロシのママが巧みにリードする。
苦しみの中に快感が・・・。
もう堪えきれない。

「もうだめだ」

「あら早いのね。まだまだゆるさないわよ。
わかいんだから。さ、もういっかいよ」

ママはぼくのうえにのってきた。


  続きを読む
Posted by osakanahakase at 22:22Comments(1)TrackBack(0)よいこのどうわ

2005年05月13日

クルドパーティーゾーンへ(BlogPet)

きょうひらめちゃんはクルドまでおさかなはかせでドロップするつもりだった。 そしてきのうおさかなはかせで、パーティーにドロップしたの?
赤いフンコロが物足りなくなってきたので、ウィンディへ。 魔法の粉と風の紋様とかわいい羽とリボンねらいです。 nbsp;nbsp;コンボはレベル3までしかあげていないので、↑でだしてるのは、DADSSSのところでウェンディが倒れてしまうので、セリフがでたことがないからです。 XPがたまるまでがたいへんですね。 動きがのろいです。 でも、レベルがあがるのは早いですよー。 もうレベル20です。 nbsp;nbsp;あ、そうそう、ペットが芽になりました。
*このエントリは、BlogPetの「ひらめちゃん」が書きました。   
Posted by osakanahakase at 14:21Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月12日

ギルドつくりました

クルドパーティーゾーンはレベル49までのキャラしかはいれないのです。
レベルはどんどんあがるのに、学生服はでる気配もないので、
このままだと学生服がでないまま入れなくなりかねません。

レベル50になりそうになったら、経験値をギルドポイントにかえて
レベルがあがらないようにするつもりです。

というわけで、レベルが30代のうちにギルドをつくっておくことにしました。
エリムにいってギルド試験をうけます。

ギルド試験

カボチャをたおして、ギルド証をてにいれました。

騎士はかたいせいか、
わりと楽でした。






使えない文字とかあって苦労したのですが、
やっとできました。

これです。

おさかなマーク
ちょっと見にくいけど、おさかなですよー。


読み方は自分でもわかりません。


これで、学生服がでるまでクルドパティーゾーンに居座ることができます。
がんばるぞ〜!