釣りと山とアマチュア無線と

釣りと山とアマチュア無線をこよなく愛する禿げ親爺です。コールサイン:JG1NKW

12月から水温も下がり釣行にも行けず、自分の体調も今一だったのでなかなかブログのUPができなかった。
昨シーズンからクマさんは諦めずにヒラメ釣行にチャレンジしていた。(本当に頭が下がる。)流石に鹿島灘は海水温が12℃台まで下がっていたので、蛇行した黒潮がぶつかっていた大原・外房・南房と遠~い遠~い1枚を求めてボーズ街道をまだ突き進んでいた。だから昨シーズンの続きなので「2.5」

黒潮の蛇行が不安定で海水温が上がったり下がったりだったが、上がったタイミングで外房方面でもヒラメがキャッチされている様だ。また鹿島灘もようやく水温が上がり始め、ベイトになる春シラス漁も始まった様である。

4-4kaisuionn

4-9kaisuionn

4-11kaisuionn

(神奈川県水産技術センターHPより)

渓流のホームリバーの下見と年券購入に行ってはみたが、まだシフトチェンジはしていない。
早速次の大潮まわりにヒラメ釣行を目論んでいる。
キャスティング南柏店に行き、ジャン〇ライズの特注カラーの「ぶっ飛び君」を購入してきた。
IMG_2928

IMG_2931

鉾田サーフでは、ヒラメ・コチ・シーバス・青物が狙えるので、ルアーカーラーも2系統持ち歩く必要がある。ヒラメ狙いの赤金・チャート系と青物狙いのナチュラル系である。
また、ジグ並みの飛距離が無いと青物は獲れない。朝マヅメは夜のうちにシャローに入ってきたヒラメをワームやミノーでも狙うが、下げ潮になると砂の上を引きずっているだけで、前に出なければ釣りにならない。

昨年、鉾田サーフで知り合ったAさんの情報でも知人の方が12月にジャン〇ライズの「かっ飛び棒」で75cmクラスのヒラメをヒットさせたとか。また釣果情報サイトでも鹿島灘で「かっ飛び棒」での実績がかなりあった様だ。
飛距離&アピール力が高いように思う。
流石にキャスティング南柏店には売り切れで無かったので、いつも利用している通販で手に入れた。
IMG_2924

IMG_2925

「かっ飛び棒」赤金が良いとの事だが、流石に売り切れていたので「サンライズチャート」「ピンキーオレンジ」「チャートバックパール」「シラス切り札」「ブルーオレンジグリッター」の5色を我が家の財務大臣殿にお願いして購入した。(今シーズン用のスミスのDシリーズも注文中なのでこれが限界かな・・・?)
フックはヒラメ・シーバス・イナダ狙いなのでがま〇つの#4を付ける予定。私の拘りなのだが、ヒラメは底から上を見ているのでやはりルアーの腹の色も重要視している。なるべくオレンジ・チャート系に。
『猫跨ぎ』になる前にヒラメをキャッチしたいものである。

今シーズンは、予想以上にはやく雪が降り始めたものの、ホームリバー周辺は昨年程ではなかった。雪代が出るか、微妙なところだ。
3-9-tanose

3-9-oomiyabasi

3月初旬、ホームリバーの一番大きな支流は雨と高気温の影響で一気に増水。中流部はカメラの向きが川ではなく道路に向いてしまったのでわかりづらいが、やや増水気味の様だ。(共にライブカメラより)
3-10hinoemata

3-10nanngou

上流部・中流部の積雪深は昨年並み?予報では寒の戻りはあるが高気温傾向が続くらしい。この積雪がいつまでもつか・・・。(共に気象庁HPより)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クマさんと相談して3月31日に年券を買いがてら、上流域から下流域まで状況確認をしに行くことになった。

3-30hiutidake

3-30tanose

3-30oomiyabasi

3-30gouryuutenn

源流付近の3000m級の山にはかなりの雪。しかし支流・中流・下流合流点はすでに雪どけが始まっている様だ。(ライブカメラより)
3-30hinoemata

3-30nanngou

積雪深もかなり低くなった。今年の雪代は、終息がはやいか量が少ないかどちらかだろう。(共に気象庁HPより)

私は3月30日の午後に家を出て、途中の道の駅で車中泊。クマさんとT先輩が夜中に出て、早朝に同じ道の駅に来て仮眠するとのことで、アラームを7:00にセットして寝たのだが、氷点下5℃まで気温が下がり、エンジンをかけ暖房を入れるまで寒くて眠れなかった。
予定通り7:00過ぎに起きて対面に停めて寝ていたクマさん達を起こしに行く。車のフロントガラスに霜が降りているのかと思ったら車内の結露が凍り付いていた。寒い訳だ!

朝食を済ませ、年券を買いに行った。道路には全く雪はなかったが、昼間とけた道路脇の雪が流れ出し夜には凍るのでしばらくスタッドレスタイヤは必要だろう。

最上流域からポイントと入渓点のチェックをしながら下流方向に車を走らせる。
上流部は昨年の2/3程度の積雪。スノーシューを履いてかた雪の上を歩いてアプローチ場所を確認する。かた雪を上手く使えば降りられそうだが、どこに「穴」があるかわからないのでザイルが必要だろう。雪が川岸近くでオーバーハングしている個所も多い。落ちたら大けがでは済まないかもしれない。釣り座は岩が見えている場所限定。何か所かアプローチできそうなポイントを確認。

中流部は支流の山砂の濁りが入り、白っぽい緑色の流れに変わる。水量も多い。
昨年、クマさんが37cmの雪代イワナを釣った岩盤と呼んでいるポイントまで移動する。アプローチはできるが水量がかなり多く、ルアーでは釣りにくいと判断。これだけの水量があれば下流のダム湖からの遡上も速いかもしれない。雪代後に期待。

早めに温泉のある道の駅に行き、休憩室でクマさんは昼寝を決め込み、T先輩と釣り談義。(かなり眠そうだったが・・・)混む前に温泉で汗を流し、夕飯を食べる。
明日は昨夜程の冷え込みはないようだが、完全防備で寝袋に入って早めの就寝。アラームは4:00にセット。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

4月1日 5時過ぎに最上流部のポイントに着き、準備開始。上流のプールには昨年から本格的にルアーを始めたT先輩がキャスティングの練習も兼ねて入ることに。
斜面はザイルが必要なので30mのザイルを太めの木にスリングを巻いてセットし、簡易ハーネスに命綱と上りの補助を兼ねたハンドアッセンダーをT先輩に取り付けて使い方を伝授。ビレーは1組しかもって来ていなかったのでほぼ垂直の崖を降りる私が使いたかったので、T先輩にはカラビラを8環代わりにして下りてもらった。足場を固めてT先輩が釣行開始。
4・1高士さん3

4・1高士さん1

「ルアーで今年こそ尺上を!」と意気込むT先輩。足元が見えないが岩の上である。
少し下流の深場を攻めるクマさん。雪の中をロープで下りて行った。
4・1兄貴3

4・1兄貴2

私は、更に下流の橋の下のプールに入った。かた雪の上を歩いて下りられそうな橋際の崖(高さ約10m)に向かい、スリングを木に巻こうとして左足を1歩踏み出したとたん足元の雪が崩れ私もそのまま落ちた!
深さ約1m・幅約3m程の雪の塊が落ちた。先の方の雪がゆるんでいたのだろう。

幸いにも左足が藤のツルに引っ掛かり、右手で木の枝を掴んでいた。一瞬の出来事で自分でも何が起こったのかわからなかったが、命拾いをしたのは確かだ。両手を開けていて良かった。ザイルやロープを使うときはリールを付けたまま使えるロッドケースを背負うことにしている。
しかし、頭が下の逆さま状態。上手く体勢を直さないと10m下に岩が待っている。体を確認しどこにも痛みが無かったので、まず右足をつき体重を支えられる場所を探した。次に右手で握っていた木の枝を左手でもつかみ体を起こした。左足のツルを外して、やっと崖の天辺にしがみついた。スリングなんて使う余裕がなかったので木には申し訳なかったが、ロープを木の根元に巻き付け崖を下りていく。ビレーなんてすっかり忘れていた。
汚れた以外、怪我もなかった。不幸中の幸いである。橋の上から確認したときはオーバーハングはしていなかったが、雪を完全になめていた。

苦労して下りた割には魚の反応は全く無かった。クマさんが橋の上から「どうだ~?」と聞いてきた。「なんの反応も無いよ。崖から落ちて死ぬところだったよ!」「上もダメだ。チェイスも無い。」とクマさん。

さて今度は崖上り。ロープにアッセンダーを通して、クライミング。木まではたどり着いたが、問題は約1mの雪の上にどう上がるかだ。雪は崩れやすくなっているので無茶はできない。また崩れたら今度は命は無い。クマさんが「上からロープを垂らしてやろうか?」と声をかけてくれた。ウエーディングスタッフをピッケル代わりに雪に突き刺してどうにかよじ登った。しばらくはウエーディングスタッフを使い這って進んだ。

クマさんと合流して、下流の深場に向かった。クマさんのロープで下りる。クマさんは下流に私は上流に。
4・1ヒロアキ2-1

4・1ヒロアキ1-1

クマさんがスマホで撮ってくれた。(次からは「横に撮って」とお願いした。)
2人とも全く魚の反応無し。
T先輩にポイント移動を伝えに行き、「クランク」と呼んでいる魚止めの堰堤下の深場のポイントに入ることにした。
私とT先輩は、ザイルを使って上流側に。クマさんは沢伝いに下りて逆引きのできる下流側に。
クマさんが逆引きで8寸のサビが抜けてないヤマメのオスを釣った。

4・1兄貴1

イワナの見え鱒も居たが、ルアーには反応しなかったという。今回の釣行で釣れたのはこのヤマメだけである。

水温が低すぎるのか、魚が出てこないのか理由がわからなかったが、昼食をはさんで2か所ポイントを移動したが魚からの反応は無かった。

漁協が客寄せに成魚放流を今年もするようだが、また地元のおっちゃん達が放したそばから根こそぎ釣ってしまうのだろう。

雪代が出れば、下流のダム湖から大型渓魚達がまた遡ってくるに違いない。梅雨の増水待ちというところだろうか・・・。
そろそろ「マイマイガ」の大量発生のサイクルが来そうな予感もするが・・・?

塗装の剥げを筆刺ししてウレタンコーティングしていたぶっ飛び君とダニエルのリペアが終わった。

IMG_2907

ダニエル40gのフロントのアシストフックは、わざと懐の小さい物を使用している。オリジナルだと腹を抱え込むことがあるからだ。仮に抱え込んだとしても2本とも抱えることは少ないだろう。
ブレードは、サンティス40gの動画を見て、同じ「ウィローリーフ」のブレードがボディーの延長に見えたため、アピール力がかなりある様に思いそのまま付けることにした。
ちなみにサンティスもそうだが、ブレードの付いているスイベルのボディー側のスプリットリングが弱く、1回広げると開いたままになってしまったため、1サイズ大きな物に交換した。(写真・左側)
フックはもちろんがま〇つの新品に交換。

ウレタンコーティングだが、ぶっ飛び君は「スタンダード・ウレタンコートLR+」で24時間×2回(時間は乾燥時間)ダニエルはメタルジグ用?「高撥水性シリコン配合・ウレタンコートMJ+」で24時間×2回行った。現在、他のダニエル30g・40gもコーティング中である。

大久保氏と共に?予約していたサンティス40gも無事に届き、こちらのコーティングも終わった。

IMG_2911

5色頼んでいたのだが、店側の手違いで33の方が来てしまったので、1日遅れで今乾燥中。
フックはオリジナルのまま。使用後にがま〇つに変更する予定。ただ33は前後とも7号だが、40はフロントが8号リヤが6号なので、フロントは33と同じ7号でも良いのではないかと思案中。
ブレードの付いているスイベルのスプリットリングがやはり弱い。ボディー側のみ1サイズ大きい物に変更した。(写真一番左)

IMG_2912

IMG_2913

サンティス33と40のブレードの違い。上が33、下が40。大久保氏曰く「33のV型のブレードは回転が良い」とのこと。
私としては、実績は大久保氏の折り紙付きなので、塗装の剥げが一番気になるところ。
ウレタンコーティングは、
LR+を12時間×4回、MJ+を24時間×2回コーティングした。(時間は乾燥時間)
これで剥げる様なら私のベストからサンティスのルアーケースは無くなるだろう。何せ1個の値段がミノー並みなのだから。

※注意
・コーティングは、他の方の動画等を参考にして欲しい。私は自己流。
・フック等の扱いには十分注意を。(私は責任は負えません。自己責任で行ってください。)
・ダニエル40g・サンティスともにボディーカラーによりブレードの色が違う。
・フックの向き、サンティスはブレードとの順番に気をつける。
・ドブづけは、ゆっくりつけてゆっくり上げないと気泡が付いてしまう。
・ドブづけは、1回に3個ずつ程度にし、その都度フックアイや穴の樹脂を針金等で必ず取ること。(固まってしまうと取れなくなる。)

42歳で仕事のストレスと過労が原因で不眠症になり15年。不覚にも寝る前に飲む薬を3日分すっかり忘れた。寝袋に入って横になっていたが、やはり眠れなかった。
仕方がない、夜釣りでもするか!コンビニでおにぎりと栄養ドリンクを買って、ファイト1発いつものポイントに向かった。

11月6日(月) 晴れ時々曇り 南西の弱い風 中潮 満潮5:32 16:29 干潮10:59
夜中の1時過ぎに準備をして駐車場下の昨日の夕方一番大きな離岸流が出ていたポイントの左に入った。上げ潮だったが、ブレイクの手前はかなり浅いのでシンペンで攻めることにした。
欠け始めた月あかりで、ヘッドライトが無くても海の様子が良く見えた。
案の定、潮は右から左。離岸流の左にベイトが溜まり、それを狙うフィシュイーターも差してくるはず!
ぶっ飛び君のレッドヘッドを風に乗せて遠投。するとまさかとは思ったが数投目で「ガツン」とアタリが!離岸の方に走ったのでシーバスだろうと思ったが、ドラグが出る程走らない。グングン手ごたえは竿から伝わるがこれまでのシーバス程ではなかった。「フッコクラスかな?」と思いながら波を上手く使って寄せた。ヘッドライトを赤から普通の明るさに戻し波間を見てビックリ!でかいシーバスだった。バラさない様に(いつもここで逃げられる)寄せ波で砂浜に引っ張り上げた。ひゃ~~~スレ以外でやっと取れた!!シーバスは、夜はあまり暴れないのかも。

IMG_2890

KIMG1006

太い、でかい!ぶっ飛び君のフックがフロントは口でリヤはあごの硬いところに上手く刺さっていた。がま〇つのフックに替えていて良かった。やはり刺さりが違うよな~。(スマホでも撮影しましたがやはりデジカメの方がきれいです。)
長さを計ると自己記録更新の79cm!!グリップで下あごを引っ張れば80cmを超えただろうが、そんな事で見栄を張っても・・・。〆て血抜きをして鰓・腸を取ってクーラーボックスに。カッパとウエーダーのまま車でコンビニに氷を買いに行って来た。胃から出て来たベイトはサッパの様なコノシロの子どもの様なのが数匹出て来た。
夜中だったが、すぐにクマさんに報告。「薬忘れてよかったね~。」の返信。「棚ぼた」ではあるが、寝ないと流石に体はきつい。
その後もぶっ飛び君のパール系カラーのルアーをローテーションしてキャストするが、2匹目の棚ぼたは来なかった。
夜が明けてきたので、ワームの白系にルアーをチェンジ。実は4日の朝、孫ちゃんサービス中のクマさんが朝だけルアーを投げていたのだが、隣の親父に50cmオーバーのヒラメをワームで釣られ、悔しい思いをしていたのだ。
しかし、どう見てもブレイクの手前は浅い。日が差して水の中が見える様になったのでルアーをダニエル40gに替え、波の中に立ちこんだ。
ダニエルの40g、ブレードが付いたので飛びはどうかと思っていたが、これは優に100mは飛んだ。後ろからの風ではあったがそれ程強くはなくそよそよ程度。十分にブレイクの向こうまで届いた。
すると待望のアタリ!走らす「グングン」だったのでイナダだとすぐわかった。波を使って寄せてキープ。フロントのアシストフックを段違いの2本針に交換しておいたので、アシスト1本がガッチリ刺さり、リヤフックもかかっていた。〆て血抜きして鰓だけ抜いてクーラーボックスに。

KIMG1013

KIMG1012

すぐに戻らないとポイントに入られてしまうので。(離岸流の周りだけで私も含め5人のアングラーが居た。)しかし、いつも思うのだが何故他のアングラーはブレイクから手前のシャローしか攻めないのだろうか?
ヒラメも含めてブレイクの向こうのかけ上がりの方が魚は釣れるだろうに・・・。
潮が下げて来たので、少しずつ前に出る。クレーターはいくつかあったが、溝は無い。離岸流が私の前にガンガン流れていた。

KIMG1015

KIMG1014

イワシカラーのダニエルに替え、ブレイクの沖を攻める。潮位がこの前より高いので「くるぶし」とまではいかないが「ひざ下」で目の前はブレイクである。かけ上がりについている、あるいはベイトを探しているヒラメを狙ってキャストをするがアタリがない。クソー、こんなに条件が良いのに何故だ!周りを見ると何人かはやはりシャローまで出て来ていたが、ひざ下で波打ち際組も居る。「あんたのルアー、砂の上引きずっているだけだよ!」と言ってやりたいくらい。
目の前で海鵜が潜りベイトを食っている。ベイトは居るのにヒラメはいないのかな~~~。
10:59、無情にもアラームが鳴る。夜中から休み無しでやっていたので、体中が痛い。今日はここまでにして帰ることにした。薬さえ忘れなければ明日の朝もできたのにな~。

KIMG1022

良い離岸流だったのにな~。ヒラメちゃんは何処に?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私と入れ替えで今日釣行に行っているクマさんからの速報。(行くとわかっていたら薬を持って来てもらったのに!)

11月7日(火) 晴れ(予報では) 中潮 満潮6:20 16:59 干潮11:36
朝まづめに50cmクラスのイナダ3本。周囲は左隣のアングラーにやはりイナダがヒットしたそうだ。

1510031692704

確かにイナダが大きくなったよな!出世が速いな~!!クマさん、明日の朝まづめもやるとか。イナダじゃなくてヒラメ釣ってちょ!

クマさん速報その2

11月8日(水) 雨(朝のうち) 中潮 満潮7:11 17:32 干潮12:14
朝まづめだけ攻めたクマさん。ダニエル40gで、またまたイナダ3本。配るのが大変だ!

S_6956620604212



〈余談〉
・私はダニエルのフックはもちろん、スナップをスプリットリングに交換している。

IMG_2897

IMG_2901

1枚目の写真の上はついて来たシングルのアシストフック、下が段違いの2本に交換したもの。(ブレードで背中に傷が!)
2枚目のスナップは上が私が使っているもので、下が付いて来たもの。正直付いて来たスナップ、シーバスの8~90cmクラス・ワラサクラスがヒットしたら伸びてしまうだろう。(これと同じスナップを昨年の岐阜釣行で使用していた。普段の渓流では1号下のスナップを使用している。)スナップにスナップを付けても遊びが増えてしまうので、スプリットリングにした。リヤのトレブルフックはもちろんがま〇つ。黒く変色している。

IMG_2899

下は新品。上は釣行後。だから1回交換。

IMG_2896

この4つは、現在リペア中。剥げたところを筆刺しして、ウレタンコーティングする。
ダニエル40gのブレードは、取るか取らないか今後の課題。

11月5日(日)キャスティング南柏店に「店頭アドバイザー」として『ima』『BLUESTORM』『ECOGEAR』のフィールドテスターとして鹿島灘をホームグラウンドにして活躍しておられる『大久保享一氏』が来ると店長のUさんから聞いていたので、「聞きたいことがあるので、絶対に来ます!」と約束していた。(3日には堀田氏が来たようだ。)

KIMG0998-2


IMG_2892


大久保氏は、動画で見るより小柄だったので少し驚いた。(娘に「父ちゃん、写真撮るときは腹へっこめなきゃ!」と言われたが後の祭り)
サンティス40で釣った70cmオーバーのヒラメ!釣ってみて~~~!!サイン入りの紙袋等を頂いた。
私は大久保氏にimaのサンティスの塗装の件や、ガン吉のアシストフックの件を聞きたかった。
サンティスの塗装は、40になって少し改善されたとのこと。後は、やはり各自でウレタンコーティングしたりシールを張ったりしているそうだ。
ガン吉は、「孫針」の代わりにアシストフックを下につけていて、フッキングを確実にしたり、食い損ねをフォローしたりするためにつけているそうだ。「エビになりませんか?」と聞いたら「短いアシストフックなのでほとんどない。」とのこと。そのほか鹿島灘の釣行のアドバイスやポイントなどを教えて頂いた。
竿立てが竹の手作りだそうで、とても軽く使い易そうだった。(動画であの赤いパイプはなんだろう?と思っていたのだが。)また知り合いの方に作って頂いたというアルミパイプ製の竿立ても見せて頂いた。これなら私にも作れそうだった。
私たちが今年通っている鉾田サーフの隣のポイントにもよく来るそうで、「フィールドでまたお会いしましょう。」と最後に握手をして頂いた。(ブログ転載の許可も頂いた。)

明日から8日(水)までうねりは約1.5m、風も南西が吹く予報だったので、その足で鉾田サーフに向かった。
連休最終日だったので道が混んでいたが、ぎりぎり夕マヅメに間に合った。明日入るポイントを見ておきたかった。

KIMG1001


KIMG1000
連休最終日、ぎりぎりまでアングラーが多く入っていた。離岸流の出る場所はほぼ同じ様だ。

このページのトップヘ