大阪のほんま

北新地・福島・肥後橋、そして高槻,最近は地方巡業を中心に食べ歩きレポートをしています。食べて飲んで投稿してリフレッシュ!。自分の足と目と耳と鼻で探索するのが食の醍醐味というのが自論です。

2008年01月

エテルニテ@うつぼ公園のセレブな大人のレストラン4

el8436

el8453

el8440el8443
大阪市西区靭本町2丁目5−12 靭公園プライマリーワン1F。
tel:06-6443-0706
食べ歩きBlogランキング

わがままな活動。
ランチタイムです。
現在地は四ツ橋本町です。
どのお店の暖簾も小生を惹きつけてくれません。
ではうつぼ公園南側のフランス料理のお店に行こう。
一人では入りにくいのは承知です。
電話をかけます。
『付き合って!』。
はい、メンバーを確保の成功です。

待ち合わせに10分くらいはかかるでしょう。
飛行場滑走路跡のうつぼ公園を四ツ橋から反対側まで歩きます。
野鳥を撮りながら歩きます。
ジビエのシーズンですから?
すずめもジビエ?
ターゲットがボケる写真ばかりです。
でもこれも面白いかな?。

そしてキッチリ来てくれます。
こんなわがままな活動に付き合ってくれる方がおられるのです。
こうして気ままなわがままランチが成り立っている『大阪のほんま』です。

ターゲットを絞って3ヶ月目です。
(オープンは去年の7月だそうです。)
ようやく潜入成功です。
当然予約なしのウォークインです。

清潔感と上品なお店です。
小生達ジーンズグループ以外はセレブな奥様方々でしょう。
場違いな空気には慣れています。
2400円、4500円、7000円のランチコースがあります。
シェフやソムリエの出身の『カランドリエ』よりリーズナブルです。
手始めです、2400円のランチコースをお願いします。

el8448

el8449
【フォアグラのムースと鴨のハム】
ムースはリエットのように少し固めです。
それがネットリ口の中で広がります。
鴨のハムは燻製だぞってハムが言っています。
お皿の胡椒を付けるとナイスな味になります。
昼からワインを飲ませたいのですか?

el8455
【牡蠣とサーモンのサラダ】
牡蠣は見ただけでわかります。
プリプリの食感です。
的矢にも負けない牡蠣ですね。
サ−モンも分厚く切ってくれています。

el8459
【鴨のロースト赤ワインソース】
定石のメインのお皿です。
が赤ワインソースに工夫を感じます。
ワイン以外にもお酒が入っているとかetc。
説明を受けますが覚えれません。
鴨肉はフォアグラ用の鴨だそうです。
最近は青首(ジビエ)、尾長など良い鴨を食べさせていただいています。
なので、ランクはだいたい判るような判らないような。
この金額のランチとしては十分だと思います。

el8466
【デザート】
ケーキはクリームチーズと木苺の●※△○。
カラメルせんべいが飾られたアイスクリームです。
そう説明を受けても「イチジクですか?」と質問をします。
素直なんです。ぶつぶつの食感がイチジクでしたから。
音痴の小生も今日のデザートは美味しいと思います。


2,000円のランチは高いですか?
小生はそう思いません。
カフェのケーキセットが800円と考えれば1600円の料理です。
妥当な料金だと思います。
もしかすれば安いくらいかもしれません。
雰囲気もいいです。
接客もさすが『カランドリエ』出身らしいと思います。

余裕のあるランチタイムに使いたいですね。
90分くらいは必要だと思います。
両隣のセレブな奥様方と同じ空気が吸えて勘違いしそうになりましたw。


雰囲気  :☆☆☆☆.2
料理   :☆☆☆.8
予 算  :2,400円(ランチ)
総 合  :☆☆☆☆



 レストラン飲食店ランキング。
bana

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

レオナイスブレッド@レオ製バターのリピーターです。4

aa8217

ro8223ab8218
大阪府大阪市天王寺区玉造本町4-17。
tel:06-6768-1889
食べ歩きBlogランキング

もう1月も終わりです。
毎年感じることです。
12月、1月、2月はあっという間に過ぎてしまいます。
師走(12月)師も走るほど忙しいです。
睦月(1月)正月気分で休日たっぷり稼動日数が少ないです。
如月(2月)一月が28(29)日しかかりません。
そして切羽詰り反省する弥生(3月)になるのです。
2月を制したものが年度を制するかもしれませんw。

2月を前に整理が下手でアバウトな小生がパソコンのハードデスクを整理します。
いらない写真も消しましょう。
そこにお蔵入りしそうな写真を見つけます。
料理の写真でも風景や緑の写真でもありません。
『バター』の箱の写真です。

そうです。
小生の冷蔵庫の中にはエシレやカルピスのバターが入っています。
そして『レオナイスブレッド』のバターもです。
エシレもカルピスのバターも高いです。
ここのバターも1箱600円台だったと思います。
普通のバターよりは高いかもしれません。
でも決してエシレやカルピスには負けていないように思います。
いつの間にかリピーターになっています。
このことが言いたくて写真撮っていましたw。

話は戻りますが、2月もすぐに過ぎてしまいます。
効率のよい活動を目指してがんばりましょう。


 レストラン飲食店ランキング。
bana

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

ポッサムチプ@肉初詣新年会4

pc8906

pc8092pc8169
兵庫県神戸市兵庫区駅南通1-2-20。
tel:078-681-8888
食べ歩きBlogランキング

場所は兵庫駅前です。
震災後初めて来ました。
駅前は綺麗になっています。
趣旨は新年会です。
30人以上が集まります。
ほとんどが大阪から遠征です。

いろんなブログで掲載されている『ポッサムチプ』です。
楽しみです。
会費は6,000円、飲み放題付です。
久しぶりに幹事ではありません。
焼き担当でもありません。
座って食べるだけでした。
何も考えなくてもよいのは素晴らしい。

小生の席には5名です。
たがのページ』のたがさん。
自堕落的 大阪食べ・飲み歩記』のポップさん。
一般のMさん、Rさんです。

pc8904pc89068
では頂きましょう!
ナルムにユッケです。
最初から豪快に出てきます。

pc8905
マルシンのたたきの握りです。
口の中にほおばっていただきます。
あっさり美味しいですね。

pc8105
生盛合せです。
センマイ、レバー、ハート、サガリ、ミノ、マルです。
とにかく切り口が豪快です。
レバーのこんな分厚い切り身ははじめていただきますw。

pc8111pc8117
(左)そして焼きのスタートです。
ハートとタンです。
塩で頂きます。
この分厚さはどうしたものでしょう。
(右)フランクというそうです。
この霜降りぐあいは最高です。

pc8116

pc8122pc8123
(左)アカツラミ。
(右)カイノミだそうです。
まるで部位の勉強のように次々出てきます。
このプロデュースは『おなかいっぱい』のゆうちゃん之助さんに違いありません?

pc8120
てっちゃんです。
こんな脂付のてっちゃんを見たことはありません。

pc8125
クラシタだそうです。
わらじよりも大きいですw。
豪快に網の上に乗せて焼きましたw。

pc8133
そして味噌カルビです。
付け合せの温泉卵に付けていただきます。

このあたりから席移動が大胆に始まりワイワイガヤガヤのたけなわです。
独身貴族軍団も本領発揮です。
目を丸くしてついていけない人もチラホラ(小生)です?。
この後もハチノス、ミノ、コテッチャンなどが出ています。
もう写真を撮ることも忘れます。

pc8178
終演のサインはビッグカレーです。
これまた皆さん思い出したように撮影会ですw。


この肉の種類に豪快な料理。
そして飲み放題です。
当然特別な計らいもあると思います。
それを差し引いても大変満足です。
名前と顔が一致しない方も多いです。
でも皆さん社交的で全員で盛り上げる新年会です。
このグループの人たちの屈託のない関係は心地がよいです。
これからもお誘いいただきたい集まりです。
よろしくです。

幹事さんごくろうさま。
サポートの『ゆうちゃん之助さん』ありがとう。
お店の方たちもありがとう。


雰囲気  :☆☆☆.5
料理   :☆☆☆☆(CPがよかったです)
予 算  :6,000円/(宴会)
総 合  :☆☆☆.5



 レストラン飲食店ランキング。
bana

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

アミュゼ・ヴ@コース料理も始めましたワインバーひとみです。4

ht8015
大阪市北区曽根崎新地1−5−2 大川ビル本館3F-B。
TEL:06-6346-5325
食べ歩きBlogランキング

『アミュゼ・ヴ』が正式なお店のお名前です。
慣れ親しんだ別名は『わいんやひとみ』です。
まとめて『アミュゼ・ヴ わいんやひとみ』です。

24歳で独立をしたソムリエオーナーひとみさんです。
一皮捲れようとしておられます。
この度早い時間にコース料理(7000円)を用意されたそうです。(要予約)
目標は大きく大先輩の『弘屋』そして『kusumoto』さんです。
自分が行って食べたい又行きたいというこのお店のようになりたいそうです。

小生が勝手に決めます。
ワインバー『わいんやひとみ』。
ビストロ『アミュゼ・ヴ』。
二つの顔を持つお店です。

ht8029
ではコース料理をいただきましょう。
料理はいつもみんなから可愛がられている彼の担当です。
今回飲み物はひとみさんに料理に合うものをグラスでチョイスしていただきます。
もうすべてお任せという形ですね。
(ワインは写真のみでお許しを・・・)

ht8005ht8002
【海老パンと海老風味のトマトソース】
具がたっぷりです。
ぷりぷりの海老たちが入っています。
そして海老のミソ入り海老の香りいっぱいのソースです。
美味しいですね。
これはアラカルトでも用意されています。

ht8009

【カリフラワーのムース、鴨の生ハム、魚のジュレ添え】
少し固めのムースに細切れの生ハムとジュレです。
一緒に口の中に入れてみます。
別々の食感はのなるほどと思わせてくれます。
しっかりした味付けです。
ワインに合うように、それを忘れないような仕上げです。

ht8012
【フォアグラのソテー、オニオンのローストとキノコのソース】
濃厚なフォアグラに合うように軽めのローストのタマネギです。
タマネギの甘みを出しながら、シャキッとした食感は残っています。
美味しいですね。
前菜3品はシェフも力をいれたそうです。
ht8014ht8013
【カワハギのポッシュ、季節野菜とサフランソース】
前菜を軽めのポーションに仕上げて、魚と肉でガツッと攻めてきました。
アッサリしたカワハギの身とサフランソースです。
おじさんの胃には安心できるメニューです。
野菜は軽めに煮込まれここも食感を大事にしています。
いいですよ!

ht8020ht8019
【和牛の赤ワイン煮込みポテト包み揚げ】
アラカルトの定番和牛の赤ワイン煮込みをカリッとポテトで包みます。
とろけそうなお肉に上手にマッチングされています。
赤ワインをお代わりしたくなるように仕上げていますw。

ht8023
【OJIYA】
魚料理のソースを全部食べないでくださいと言われます。
そのソースでおじやを作ってくれます。
「これはリゾットね!」
「いいえ!OJIYAです!」
ご飯から作ったのでおじやと固執します。
若くて頑固なのもいいですね。

ht8026ht8027
【パンナコッタ】
グラッパを頂き至福の時間です。
そして仕上げは固めのパンナコッタです。
トゥルトゥルではありません。
これもこだわった食感だそうです。


このメニューを定番でコースにするわけではないそうです。
毎日の仕入れ内容でメニューは変るそうです。
若いオーナーと若いシェフの生き生きしたメニューです。
手際もよかったと思います。
2時間弱で頂くことができました。
将来が有望ですね。
『弘屋』を目指してがんばろうね。
プレッシャーを与えてご馳走様でした。


雰囲気  :☆☆☆☆
料理   :☆☆☆.5
予 算  :7,000円コース(飲み代別)
総 合  :☆☆☆☆(期待もね)



 レストラン飲食店ランキング。
bana

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで



高槻散策VOL85

ts8320

ts8322
食べ歩きBlogランキング


長岡京〜島本町〜高槻の山道を走ります。
竹林は何時通っても幻想的です。
竹の子の直売所を見つけます。

ts8326
途中の用水池にマガモの群れを見つけます。

ts8314
山が深くなると杉林の中は雪が残っています。

ts8311
コンクリートの橋げたにも雪が残ります。

ts8294
通りがかったお寺の入り口には干し物がぶら下がっています。

ts8277
小生の自宅近所から見える大阪梅田のビル街です。
20キロはあると思います。
はっきりスカイビルも見えます。

ts8289
あるはずもない場所に山が見えます。
幻想?蜃気楼?浮島ならぬ浮山?


だるい体を引きずり選挙に向かいます。
いま速報で橋下弁護士の当選が確実になったそうです。
最年少知事の誕生です。


レストラン飲食店ランキング。
bana

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで


千とせ@肉吸い、ぶかっけうどんのランチはしご。3

ct8080

ct8074ct8076
大阪府大阪市中央区難波千日前8-1。
tel:06-6633-6861
食べ歩きBlogランキング


堺筋本町に所用です。
ランチは何処にしましょう?
艸葉』を目指します。
でも見つけることができません。
何度も行っているのですが。
場所の記憶が曖昧なのです。
初回が曖昧だともう脳みその記憶装置の変更ができません。
更新がされないのです。
年を取るとよくある現象ですw。
自分の退化する脳みそが実感できますw。

では、うどんのハシゴに決定します。
「肉吸い」の『千とせ』と「ちく玉天うどん」の『釜たけうどん』、
そして「釜玉うどん」の『やとう』。
3杯なら行けるでしょう。

まずは難波の『千とせ』から潜入です。
12時10分です。
5組ほど行列です。
この寒さの中最後尾に並びます。
15分ほど並んでようやく潜入します。

ct8079
名物の『肉吸い』(580円)のうどん入り『肉うどん』(580円)を注文します。
肉吸いは玉入りです。
肉うどんには玉が入らずうどんが入ります。

細切れの牛肉がいっぱいのっています。
肉の甘みが出汁に乗り移ります。
美味しい、体も暖まります。
行列に並び体を冷やした甲斐がありますw。

ct8081
隣の方は肉うどん大に豆腐と玉子入りを注文されます。
向かいに座る方は、肉吸いの玉子を白いご飯に移してかけご飯にされます。
肉うどんで玉子が入っていない小生は「小玉」(小ごはんの玉子がけ)にします。

千とせの「肉吸い」はいろんな食べ方ができます。
しかしこれだけ肉が入って580円は安いでしょう!。
数がこれだけ出るのでこの金額で食べさせていただけるのでしょう。

しかし、麺はやはり向かいの『釜たけうどん』です。
本音は釜たけうどんの麺でこの肉吸いを食べたいです。

ct8088
大阪府大阪市中央区難波千日前4-20。
tel:06-6645-1330

では『釜たけうどん』に潜入です。
迷いなく「ちく玉天ぶっかけうどん」(680円)の冷たい方を注文です。
ここのうどんの歯ごたえとのど越しを楽しむにはこれと思っています。

店員さんは小生に挨拶してくれます。
はい、面が割れています。
うどんがテーブルに到着します。
「綺麗に撮ってあげて下さいね。」
「ラジャー!。」と会話が始まります。

ct8086
プレッシャーを感じながら全体写真をワンショットです。

ct8089
サービスショットでもう一枚ですw。


しかしやっぱり美味しい麺です。
特にこの日のは粘りとコシがいつもよりいけています。
湯がき具合も芯がなくなるぎりぎりです。
本当に旨いです。

テリトリーの中では「タケウチうどん」と「釜たけうどん」。
本当に好きな麺ですね。

「関西うどんの会」の新年会に来年は呼んでくださいとお願いをして、
お腹がいっぱいになった腹をさすりながらご馳走様でしたw。

そして「やとう」に向かいます?
いやもう無理のようですw。



『千とせ』
雰囲気  :☆☆☆
料理   :☆☆☆.5
予 算  :580円
総 合  :☆☆☆.5



 レストラン飲食店ランキング。
bana

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

とりあえずまったり。

oc8204
食べ歩きBlogランキング


今週のバナー写真は尼崎方面から眺める大阪北港です。
この写真を撮るために湾岸線を西へ走ります。
風邪気味で内科に行きます。
熱はありますが写真は撮ります。
湾岸線を経由して名神高速に乗ります。
そして週末は自宅でゆっくり過ごしています。

とりあえず、選挙と散髪には行こうと思います。


 レストラン飲食店ランキング。
bana

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

桜橋スエヒロ@ビフテキのお店のトンカツ。3

sh7992

sh8000大阪府大阪市北区堂島2−2−2 近鉄堂島ビルB1F。
tel=06-6347-1180
食べ歩きBlogランキング


KY=空気が読めない。
ガソリン税がなんとかで、民主党の造反議員が一人出ます。
壇上で自分の所属党のことをKY呼ばわりします。
その人は自民党に鞍替えするのでしょうか?
こうして自民・民主の数の奪い合いが始まったように見えます。
株価下落の原因は世界的な傾向なので動かないという日本の方針です。
それよりも自分達の争いが優先だそうです。
膝を突き合わせて話をすることはしないようです。
これぞKYのような気がします。
KY=空気が読めない≒自分主義の保身?

アメリカの大統領は空気が読めるようです。
この3日で1000円以上も株価が上がります。
小手先のようにも感じますが決断が早いように思います。

政治家だけでなく周りにもKYな人の比率は増えています?。
空気をを読み、周りに気遣いできる人が減っているのかな?。

プラス思考に考えましょう。
空気がよめない=時代の流れに乗り遅れる=レトロ。
強引にこじつけますw。
堂島にレトロなデミソースでトンカツがいただけるお店があります。
ビフテキ(これもレトロな呼び方)の『桜橋スエヒロ』です。

近鉄堂島ビルの地下の食堂街にあります。
奥まった場所にあるのでわかりづらいです。
先日レビューしたインド料理店の隣です。

ビフテキがメインのお店です。
お店は洋風のステージと居酒屋のステージがあります。
この日のランチタイムは居酒屋ステージに潜入です。

sh7996

sh7994sh7995
まずはトンカツ定食(1000円)を注文します。
小皿の一品も用意されています。
100円から300円まであります。
納豆から煮魚まであります。
冷奴と出汁巻きを追加しました。
全部で1250円でした。

トンカツのボリューム、大きさも厚みも納得できます。
小皿を注文する必要はありません。

sh7999
厚みも十分あります。
上トンカツは1700円です。
もっと大きくなるのかな?
もっと上質の肉を使うのかな?

デミソースは好みがあると思います。
戦後からされている洋食屋さんにありがちなレトロなソースです。
野菜などを十分煮込んでそのコクを大事にしたソースです。
最近のトンカツ屋さんはどちらかというと甘辛いトンカツソースを使います。
小生はどちらのパターンのソースも好きです。
こういったデミソースの場合には、ウスターソースと洋からしとの組み合わせなど
いろんな組み合わせで楽しませてもらいます。

夏には海老フライと鱧フライの盛り合わせもあるようです。
堂島のレトロなビフテキ&洋食。
メニューのセレクトは少ないですが堂島の昭和のお店です。


雰囲気  :☆☆☆
料理   :☆☆☆.5
予 算  :1,000円
総 合  :☆☆☆.5



 レストラン飲食店ランキング。
bana

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

Fewtimeとショコラとモルトとマリアージュ。5

md8044

md8030md8033
食べ歩きBlogランキング

この日も朝から淀屋橋で所用を済ませます。
終わった時間は11時前です。
ランチをフライングすることに決めます。
しかし30分ほどは時間をつぶします。
いつもなら自転車ですが、本日は徒歩でランチして会社に戻りましょう。
ガスビル付近から御堂筋を歩きはじめます。
ミゾレが降るも空は青空です。
ガスビルを覗きます。
いろんな大阪ガスの看板を見つけます。
『食を通じて、人と通じる』
『あまから手帖』
大阪ガスは食に力を入れています。
小生も同じです。
グルメブログから本業の仕事の話を頂きます。
書き物の話も頂きます。
知り合いが増えて、幅も広がります。

エブリタイム:会社と仕事、家族や恋人。
サムタイム:同僚や友人、そして独り考える時間。
フュータイム:趣味の知人など。
資源ある時間のヒューマンコミュニケーションのプライオリティです。


友人は小生の歴史や環境を知ってくれています。
相談をしやすいとおもいます。
ある程度のスパンで会ってくれます、会ってもらいます。


知人は小生の環境や歴史を知りません。
異業種、年代、考え方もさまざまな方たちです。
視野も広がります。
同じ環境でいると視野が狭くなることを知らせてくれます。
現実からの逃避にも絶好の機会だと思います。
でもそれがサムタイムになると刺激や感動がなくなります。
なのでとっておきのヒュータイムにしておきます。

今ヒュータイムな関係がエブリタイムな実生活に+に影響してくれています。
本当に嬉しい話です。

md8045md8046

md8049md8050
御堂筋を北へブラブラ20分でしょう。
サムタイムな自分を見つめる時間です。
心が落ち着いている自分を見つけます。
普段は何気なく歩いている道のオブジェに気をとられるくらいですから。

sk7988

sk7976sk7981
そしてこの日の夜は『ショコライベント』です。
街の雰囲気は最悪です。
2日で1,000円以上も下げる日経平均です。
危機感を肌で感じるほどの空気です。
「こんな時のこの時間に仕事帰りの女性以外にイベント参加する人いる?」
「はい!、ここにいます。」
と言葉を返しながら心にグサッとくる小生でした。

入場に少し遅れてしまいます。
これまた男性が多いのに吃驚します。
それに安堵をしてしまう小生です。
ハビース大阪さんの主催だそうです。
サントリーさんも協賛されているそうです。
フュータイムなサントリーのMさんとの関係です。
久しぶりなので顔合わせだけでもという気持ちで参加です。

1、 カカオの勉強。
2、 ショコラの勉強。
3、 モルトウイスキーの勉強。
4、 ショコラとモルトのマリアージュ。

という内容です。

ショコラってチョコレートのことだそうです。
「山崎」はモルトで「響」はブレンドウイスキーだそうです。
マリアージュって結婚という意味だそうです。
いわゆるチョコレートと「山崎」が結婚したら美味しいという話だそうです。
こんな小生をいつも「招待」してくれるMさん本当にありがとう。

セミナー参加のみで本日は失礼しました。
サントリーのMさんUちゃん、次回はフュータイムな酒の場用意します。
刺激をし合えるお話とマリアージュしましょうね。


レストラン飲食店ランキング。
bana

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

クマール@堂島でインド料理が食べたい時。3

km7869

km7975km7973
大阪府大阪市北区堂島2−2−2 近鉄堂島ビルB1F。
tel:06-6346-3801
食べ歩きBlogランキング

先週の栃木の話の一部です。

そこはまるでインドでした。
そこはまるでパキスタンでした。
片田舎のこんな場所に数百人のインド人がいるとは思わないでしょう。
一日1000食をこなす食堂の片隅にインド人向けのコーナーを見つけます。
当然メニューはヒンディー語です。
当然ご飯はタイ米です。大きな釜に白いご飯に何か混ぜながら配膳をします。
デリーのバラックの住宅街のそばの屋台でみたご飯と同じです。
ナンは少し小さめで丸いナンです。
食堂の外にも、ドネルカバブの車の屋台です。

トイレは当然モスク用に体を清める場所が用意されています。
礼拝場も完備です。
もしかすればこれこそ本場インド料理かもしれません。
栃木にこんな場所があるのです。(一般は入場できません)

南アジアや中近東のパワーが日本市場にジワジワ入り込んでいるのがわかります。
元気のいい南アジアです。
お金持ちのアラブです。
経済無視の陣地合戦の政治は日本の下降線を助長するだけです。

km7855km7857

km7859km7860
食堂でのランチです。
小生は日本人向けのマグロ寿司定食を頂きます。
ビジュアル的に食べる自信がありませんでしたものw。
(K1郎さんにおこられそうw)

大阪に戻って本場インドをやっぱり食べるべきだったと反省します。
そんな気持ちで堂島の『クマール』に潜入です。
タリーランチ(1000円)を頂きましょう。

km7868
栃木のほんまもんに比べると比較になりません。
綺麗です。サフランライスも日本のお米です。
タンドリーチキンも美しいです。
これなら小生もいただけます。
味のほうはスパイスも控えめで小生向けです?。
銀座『ダルマサーガラ』以来スパイスもオーケーの小生です。
実は少し物足りないかなと思ったりしてw。


雰囲気  :☆☆☆
料理   :☆☆☆
予 算  :1,000円/(タリーランチ)
総 合  :☆☆☆



 レストラン飲食店ランキング。
bana

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

よろしくです。
Twitter
カテゴリー
記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。




ブログパーツ


スカウター





画面にタッチして餌をあげて

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ