大阪のほんま

北新地・福島・肥後橋、そして高槻,最近は地方巡業を中心に食べ歩きレポートをしています。食べて飲んで投稿してリフレッシュ!。自分の足と目と耳と鼻で探索するのが食の醍醐味というのが自論です。

2009年04月

ビストロ・ミショーレ@欲張りランチプレート。グッジョブ!^^

IMG_6159
大阪府大阪市都島区毛馬町2-9-26。
tel:06-6925-4155

ターゲットのお店が定休日です。
路頭にまよう毛馬のほんまです。
全く土地勘もありません。
さあ、とりあえず中心地まで戻ろうと思います。

IMG_6165
すると道向かいになにやらオーラを感じるビストロを発見します。
このお店に決定しましょ。
『ビストロ・ミショーレ』に潜入です。

IMG_6154
本日のランチ:サワラのポワレ、850円。
ステーキランチ:リブロース、1350円。
欲張りランチ:ビーフシチュー、1550円。
気まぐれランチ:3500円。
ということで、欲張りランチをセレクトします。

出てきてびっくりします。
ワンプレートにぎっしり詰まったボリュームに圧倒します。

IMG_6155
パテ、リエット、生ハム。
パテの裏にはピクルスもついてます。

IMG_6157
冷製スープです。
ビシソワーズにしては小豆のような味がします。
ムラサキ芋のスープだそうです。
これは絶品です。

IMG_6158
ガーリックトーストも少し味があります。
バジリコが練りこんであるようです。

IMG_6161
サーモンのマリネ、野菜もマリネ。

IMG_6163
可愛いポトフ鍋にビーフシチューです。
柔らかく煮込まれいいですね。

久しぶりの特攻潜入に快感です。
やっぱりこれぞ、外食の醍醐味です。
ナイスな毛馬のビストロにバンザイ!
欲張りランチプレート。グッジョブ!



雰囲気  :☆☆☆.7
料理   :☆☆☆☆
予 算  :1,550円(ランチ)
総 合  :☆☆☆.8



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

大川を走る!コキコキ。^^

IMG_6174

毎日行けなければならない場所があります。
造幣局の傍です。
不精の小生です。
なるべくランチを兼ねて出かけます。
そんな都合でここ数週間はそっち方面のランチが増えます。
ご了承のほどを。。。^^

IMG_6152
この日は、少し遠出をしましょ。
毛馬の近くにある某肉料理のお店です。
焼肉定食が絶品だそうです。
ハンバーグ定食もナイスだそうです。
まるでステーキ定食だそうです。
A3か4の肉を1千円未満で食べれるそうです。
企業秘密なので今はぼかしでどうぞ。^^
というかこの日は定休日です。
明日再チャレンジしたいと思います。

アンテナを手繰ってビストロにお邪魔します。
美味しかったです。
まだまだ錆びていません、ほんまアンテナですw。
後ほど載せます。

IMG_6169
帰りは毛馬の水門から川崎橋まで大川沿いの遊歩道をコキコキします。
おおきな水門です。
淀川を覆う水門です。

IMG_6170
運搬船が運河を通ります。
いい景色です。

IMG_6177
そして緑が多いです。

IMG_6183
人通りも少ない昼間です。
当然車も走りません。
休日に家族でポタリングも良いと思います。
29日一日の休みの方なんぞどうでしょう?

IMG_6186
天6から東に走ると通るいつもの橋です。
目線を変えて大阪らしい景色になります。

IMG_6188
急に雨が降り出します。
鳩も木陰で雨宿りです。

IMG_6191
小生も公衆トイレで雨宿りです。
ほんま5号は雨ざらしです。

IMG_6192
大阪市立大学の漕艇部の部室があります。

IMG_6194
漕艇、盗られませんか?

IMG_6197
ラブホテル街の下を走り一号線の銀橋を潜ります。

IMG_6199
こんな庭園もあります。
池に写る緑と赤の橋が綺麗です。

IMG_6200
財閥藤田邸跡公園です。

IMG_6203
真っ赤なじゅうたんのようなツツジです。

IMG_6207
そして、川崎橋まで戻ります。
都会のオアシス大川遊歩道です。

広川@京橋で江戸前、街異空間の演出です。

IMG_6006
IMG_6005
大阪府大阪市都島区東野田町3-7-17。
tel:06-6357-2098

為替は順調?
決算やビッグ3の影響もありそうです。
注意深くGWの週を迎えなければなりません。
株価も要注意?
商いの薄いこの二週間です。
そんな時に大きく動いたりすることもあったりします。

今週は静かにしておこうと思います。
来週はどこかに行きたいと思います。
やっぱり南方かなあ^^。
無理か。。。


京橋に向かいます。
国道一号線と東西の商店街の間です。
年季の入ったラブホテルがあります。
その周りは昭和なスナックもあります。
銜えタバコのお姉さんも立っています。
キャバクラなんかもあります。
なんとDEEPな区域でしょう。
その一角にすし処『広川』はあります。
さあ潜入です。

階段を上がってこじんまりしたお店に入ります。
上品で、そしてジャズが流れる空間です。
外の環境とは正反対の雰囲気です。

5,000円〜8,000円でお任せコースはあります。
今回は「適当に大将に任せます」とお願いします。

IMG_5968
ごま豆腐の雲丹のせ。
まずはつきだしから出てきます。

IMG_5971
刺身の盛り合わせです。
旬のトリガイは生と炙りの両方が出ています。
マグロも中トロと赤身。
平目も身と縁側。
食べ比べができるようにしてくれます。

IMG_5974
ばい貝の煮付け。
刺身もそうです。
春になって貝料理がおいしくいただける季節です。

IMG_5976
アサリの串乾し。
一夜干しです。
串に残るカリカリが美味しいんです。

IMG_5978
鰯の梅煮。
上品で濃厚な味です。
純米酒はもう3種類目です。

IMG_5981
マナガツオの塩焼き。
いいあんばいに脂が乗っています。
皮もカリッと美味しいです。

IMG_5985
そして寿司にまいります。
まずは玉子からいただきます。
カステラのようなフアフアの玉子です。
「広川」の刻印です。

IMG_5989IMG_5991
穴子、雲丹。

IMG_5993IMG_5995
こはだ、煮あわび。
煮あわびの豪快さには驚きです。
そして食べると柔らかいです。
最高です。
本日のぴか一です。

IMG_5997IMG_5999
中トロ、漬け。

IMG_6003
仕上げの口直しも美味しいです。


Deepな街で食事をしていることを忘れます。
まるで街異空間を演出しているように感じます。



雰囲気  :☆☆☆☆.2
料理   :☆☆☆☆.2
予 算  :10,000円
総 合  :☆☆☆☆.2



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

コアラ食堂@浮田町に町屋の鉄板焼きができました。

IMG_60161
大阪府大阪市北区浮田1-1-17。
tel: 06-4980-4030

浮田、黒崎、中崎。

町屋リノベーションのお店がいっぱいあります。
カフェ、バー、焼鳥、焼肉。。。などの飲食店。
美容室、ギャラリー、アクセサリーのお店もあります。

IMG_6023
元気のある若い人達が挑戦しやすい環境かもしれません。
下降線をたどる大阪。
最近、反比例するかのようにいっそう増えたように感じます。
やっぱり下支えをするのは若い人達です。
その中でもリーダー格のT氏が町屋鉄板焼き店を開店します。
『コアラ食堂』に潜入しましょ。

IMG_6011
店内は明るく、鉄板を囲むようにカウンターがあります。
かわいいテーブル席にも鉄板は埋められています。
鹿籠豚などのステーキなどがあります。
一品料理もあります。
福島大西亭のパテドカンパーニュもここで食べれます。
そしてお好み焼きや焼きそばもあります。

IMG_6014
小生のお気に入りは『釜あげ焼きそば』。
鹿籠豚のバラの焼きそば(850円)に、
海老(200円)とインカの目覚め(150円)をトッピングです。

注文を受けて豚と野菜を焼きます。
そこに湯がきたての焼きそばを放り込みます。
やや太い麺はアルデンテでモチモチのコシを大事にした麺です。
鉄板で作るこだわり麺の焼きそばです。

2階も吹き抜けになっています。
席もあるようです。
少し落ち着けばお客さんを通すということです。
その辺りの配慮もさすがです。


管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

空人(ソラント)@明治大正のバー文化にオーマジュをささげる。

IMG_6031
IMG_6029
IMG_6026
大阪府大阪市北区黒崎町3-23。
tel:?

アングラ劇団のポスターではありません。^^
モデルさんで写真を撮ったわけでもありません。
和バー『空人』のスタッフとお客さんの写真です。
ノリノリ撮影会になってしまいます。

BlogPaint
黒崎町の路地にあります。
明治大正のバー文化にオーマジュをささげるというコンセプトです。

IMG_6052
『空人』と書いて「ソラント」と詠みます。
手作りの看板はまるで学祭のノリです。^^

IMG_6045
椅子のカウンターの向こうにはお座敷空間があります。
中央の卓袱台は舞台です。
演芸、ライブが繰り広げられます。

IMG_6044
マスターは大道芸人です。
バルーンアートで出張演芸をしています。

IMG_6033
こんな可愛い風船も作ってくれます。

IMG_6040
IMG_6038系列店のカフェ『天人(アマント)』のパテシエさん。
ハッサク入りチーズケーキを試作します。
友人の誕生日に試作ケーキを持ち込みます。^^


IMG_6051
本日出演のみなさんです。
系列店『天人(アマント)』、『朱夏(しゅか)』のスタッフさん、
そしてお客さんです。

芸術研究をされるパフォーマーがオーナーのお店達です。
空間再生パフォーマンスをしているそうです。
スタッフにもみんなある意味のオーラを持っています。
元気なスタッフのお店です。
3軒とも制覇したくなりました。^^


管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

こんなすき焼きどうですか?

IMG_5954

仕事の打ち合わせです。
中崎町の肉懐石『おぼろ庵』です。
完全個室、完全予約、会員制です。
打ち合わせをしながら美味しい料理を舌鼓みます。
最高の環境です。

料理はいつものコースだとおもい写真も撮らず。
するとすき焼き鍋が登場します。
いつもはキングポークのしゃぶしゃぶなんです。
5月からの季節新メニューの試食会も兼ねてだそうです。
味噌肉鍋です。
急いでカメラをカバンから取り出します。

IMG_5944
福島牛のロースステーキです。
まずは焼き色をつけます。
そしていったん避難させます。

IMG_5947
肉汁ののこった鍋に赤味噌をたっぷり。
そして専用の割り下を注ぎます。

IMG_5949
十分かき混ぜ、割り下になじませます。

IMG_5952
先ほど焼いたロースステーキと野菜を入れます。
見た目はすき焼きです。
味は赤味噌が利いたなるほど味噌肉鍋です。
名古屋の人は喜びそうです。
味噌カツ、味噌煮込みうどんが大好きな小生です。
名古屋の本物の赤味噌料理のようです。
かなり満足、凄く美味しいと思います。

大阪で初めてすき焼き店をだしたとされる北浜のお店を思い出します。
もろみ味噌が用意されます。
あくまでも調味として用意されます。

これだけ赤味噌を使うと?と思われますが、割り下があっさり薄味です。
東京にあるようです。
爆発的人気で予約殺到だそうです。

IMG_5956
そして仕上げも炊きたて肉飯です。
これまた美味しいと思います。
さすが肉懐石『おぼろ庵』です。

小生はあくまで試食です。
詳しくはお店にお尋ねください。^^

肉懐石おぼろ庵のホームページ
http://www.oboroan.com/

ビストロな日。^^

IMG_5673
この日はビストロな日。

ランチもディナーもビストロでいただきます。
さて、どこのお店でしょう?
当たれば?
何もありませんが、さすがグルメさん!と呼ばせていただきます。^^

IMG_5661
ランチは久しぶりに北浜です。
かぼちゃのポタージュで始まりです。

IMG_5667
前菜のセレクトはパテ・ド・カンパニュ。
少し柔らかめです。
リエットのような感触もあります。

IMG_5670
定番の鶉のコンフィーはご存知のように流通していません。
鴨のローストをチョイスします。
野菜の煮物とのバランスはナイスです。

IMG_5686
夜は小生お気に入りのこのお店です。
アニバーサリーです。
ではいただきます!

まずはアスパラのポタージュ。
温泉卵と海のとんぶり?
キャビアが添えられます。

IMG_5692
ワインはボルドーのビンテージです。
倉庫から見つけてくれます。
30年弱が経過してもまだ若さを感じます。

IMG_5694
フォアグラのテリーヌ。
フォアグラの塩気とイチジクの甘みがナイスコラボです。
いつも注文をしています。

IMG_5697
アマダイです。
鱗を逆立てて蕪のソースに浮かせます。
福島のKusumotoの料理に真似ています?
違いますよ。
皆さん仲良く、日々情報交換をされているんです。^^

IMG_5698
新メニューはグラタンです。
旬の食材でこれからも用意するそうです。
この日は苦味のある菜の花です。
大人なグラタンに仕上がります。

IMG_5702
そしてメインは豚料理。
ハッカクのソースで仕上がります。
洋風のような、中華風のような。
ピンクの肉は優しく柔らかく仕上がっています。
脂身の甘さも最高です。


さて、回答です。
ランチは北浜『トルトゥーガ』です。
ディナーは北新地『弘屋』です。
両店とも小生の好きなお店です。
しかし太る理由もわかりますな。^^


管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

太陽deSun@ご飯と味噌汁モーニング。^^

IMG_5824
大阪市北区天神橋西町2−13。
tel:06-6364-3680

北浜や裁判所付近での活動が増えています。
中ノ島の東端を含め大阪の好きな景色を眺めることができます。
自転車でコキコキする始まりにモーニングを食することもあります。
パンと目玉焼きとコーヒー。
オーソドックスです。
ご飯と味噌汁。
一昔前の朝食になってしまったかもしれません。

IMG_5833
ムショウに白いご飯を朝から食べたいとき、このお店に潜入します。
『太陽deSun』です。
カフェラウンジです、喫茶店です。

IMG_5821
ご飯と味噌汁、焼き魚に目玉焼き、サラダです。
晩御飯に白飯を食べないこともよくあります。
炊きたての白いご飯は優しさを感じます。

IMG_5820
この日はハタハタの一夜干しと半熟目玉焼きです。

IMG_5828
食後のコーヒーもいただきます。
この店の和食モーニング、コーヒー付450円にやみつきです。^^

IMG_5623
IMG_5622
こんな朝ごはんもあります。
庭先のテラスのガーデンパラソルを広げないと暑いときがあります。
朝鳥のさえずりを聞きながら。
休日の楽しみです。^^


管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

つばめいろ@ツバメの季節です。つばめ色は暖か色です。

IMG_5787
大阪府大阪市北区大淀中1-16-16。
tel:06-4797-2266

天神橋5丁目から中津を通って福島のスカイビル裏側にでます。
「カランカラン」という音を立てて自転車の部品が転がります。
ペダルが取れてしまいます。
ペダルのない自転車は漕ぐ事ができません。^^
22時を過ぎこのあたりは真っ暗、ガソリンスタンドも閉まっています。
工具を借りるアテもありません。
数キロは押して帰らねばなりません。
。。。。
とりあえず、ビールでもくらって思案しましょ。
知人からの紹介でお店の存在は知っていました。
一度はと思っていました。
大淀の隠れ家『つばめいろ』に潜入です。

IMG_5754
2階に案内されます。
20人ほど入れるテーブル席です。
ひと目で感じます、落ち着いて飲めそうな店です。

IMG_5769
まずはサッと出てくるフルーツトマトでグイッと生を一杯。

IMG_5771
つばめセット(1,000円)を注文します。
牛ハラミタレ焼き。
春たけのこ焼いたん。
ササミのレア焼き、生姜ポン酢。
名古屋コーチンねぎ間焼き。
蛸の燻り焼きアンチョビオイル。
少しづつ色んな肴がいただけます。

IMG_5774
お代わりのビールはマンゴビールです。
マンゴージュースで割っています。
これはなかなかいけます。
炭酸を感じません。
いくらでも飲めそうです。
結局3杯注文してしまいます。

IMG_5779
松葉の塩焼き(450円)。
鶏の鎖骨の部位だそうです。
骨付きササミとたとえてみましょ。
淡白なササミのような食感です。
骨をしゃぶっていただきます。

IMG_5781
ウインナー(???円)。

IMG_5784
桜海老と新玉葱のかき揚げ(500円)。
旬の食材も色々用意されています。
小生はやっぱり桜海老をセレクトします。


お店の前にはロードバイクが数台駐輪されています。
もしかしたらスタッフの自転車かもしれません。
工具があったりしてと考えます。
会計の時に相談します。
ありがとうございます。
工具箱一式をお借りします。
修理が終わるまで見届けてくれます。
修理できなければ明日まで自転車預かってくれるとも。
ニコニコ元気がいい若いスタッフばかりです。
凄くあったかさを感じる若者たちです。
いいですねこのお店とスタッフさん。

無事修理を終えて漕げるようになりました。
ありがとう!

スタッフさんのブログつばめいろ通信もよろしくです。^^


雰囲気  :☆☆☆.6
料理   :☆☆☆.6
予 算  :3,000円
総 合  :☆☆☆.6



管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで

高槻散策VOL16@高槻市最高峰ポンポン山登頂します。^^

IMG_5891
IMG_5938
高槻散策VOL16

土曜日深夜3時に帰宅します。
日曜日朝8時には目が覚めます。
本日は愛犬寧々とお留守番だそうです。
こんな天気が良いのに。。。
家に篭っていることはできません。

寧々とポンポン山に登山しようと決意します。

ゴルフの体力をつけなければなりません。
親善大使と一緒にフィジーに付いていく体力も必要です。
そ、そ、そしてホノルルマラソンにも^^。
ブログで高槻散策のコーナーもあります。
高槻最高峰のポンポン山の日記も必要ですw。
という理由を色々とりつけ10時に出発を敢行します。

神峰山寺までは車でまいります。
そこからテクテクコンクリートの道を歩きます。
本山寺の駐車場に着くころにはもうかなりバテ気味です。
すでにペットボトル一本の水を寧々と分け合い空になります。


IMG_5860
本山寺の駐車場から本山寺の入り口までのコンクリート道。
これが地獄の坂道です。
つまずけば転がり落ちそうになる急勾配です。
先回はここでリタイアしてしまいます。

IMG_5863
本山寺の入り口です。左に行ってお参りをして帰っても構いません。
右に行けばポンポン山登山道(東海自然遊歩道)です。
数多くのハイカーは当たり前のように登山道に向かいます。
心して登山道に向かいます。^^

IMG_5866
実はここまでくればもう後は緩やかな勾配なんです。
登頂は目の前です。
あと4キロほどです。
1時間です。ガンバロ!

IMG_5881
尾根の緩やかな勾配は何か楽に歩けます。

IMG_5883
偶にきつい勾配があります。
この抑揚がやめられません。
山谷のあるほうが気持ちを整える時間を与えてくれます。
仕事も同じですなぁと感じながらブツブツ。

IMG_5879
林間の合間に山の景色を見ることができます。
これもマイルストーンの達成感です^^。

IMG_5887
気分転換は空を見上げます。
快晴に気分も爽快です。

IMG_5888
野生の花もちらほら見つけます。
気を紛らわすことも大事です。

IMG_5896
そして高槻市最高峰に登頂成功です。
標高678.9メートルです。
高槻市と京都市西京区の山です。

IMG_5903
山頂では景色を眺めるハイカーさんで人だかりです。
大都会大阪からほんの少しでハイキング登山が楽しめます。
自然も人気のスポットです。

IMG_5909
山頂の2等三角点です。
これは京都市西京区に属するそうです。

IMG_5894
コンビニ弁当は登頂お祝いに自分へのご褒美です。
寧々にも一つプレゼントです。

IMG_5911
樹木に目を向けていると感じるものも多いです。
谷の杉は細く長く育ち、尾根のブナは自然と矢面に向かっています。

IMG_5914
寧々が吠えて小生を呼びます。
アオダイショウ(蛇)が死んでいる?

IMG_5918
卵をも飲み込むアオダイショウはヒキガエルを飲み込もうとしています。
自然の摂理です。

IMG_5920
木の根に躓かないように下山します。

IMG_5921
長い緩やかな尾根は子供にも優しいハイキング道です。
小生も子供の頃から何回登頂したことでしょう。

IMG_5923
静かな杉の中を歩きます。
鳥のさえずりしか聞こえません。
小生の息切れの音のほうが大きいかなw。

IMG_5929
高槻の古木、神木にも出会うことができます。

IMG_5931
下りの急勾配のほうが関節がつらいです。
上りの緩やかな尾根道のほうがありがたく感じます。

IMG_5939
野生のつつじでしょうか?

IMG_5940
遅咲きの桜も見つけます。

すれ違うハイカーと「こんにちは!」と挨拶をしながら。
でもそんな時息切れしている自分の息を止め、
何事もないように会釈をする自分が面白かったです。

この後、美人湯祥風苑のまったりした泉質の温泉で体を癒したことは違いありません^^。


管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

よろしくです。
Twitter
カテゴリー
記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。




ブログパーツ


スカウター





画面にタッチして餌をあげて

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ