永楽町都島タクシーとなり南側大森ビル1F
白木の玄関でお店看板は出てません。いちげん客はいらないのでしょう。入りづらいかもしれませんが、大将は強面ですが気がいいおっさんなので打ち解ければ大丈夫なので挑戦してみましょう。 店内には演歌の有線が流れていて昔の居酒屋の空気がします。お店は白木で清潔感はあるのですがとても演歌が耳につきますね(笑)。カウンター10席、座敷2間で、カウンターの前には無造作に本日の魚がおかれている(見せるため?)。ここの売りはめはり風の細まき、マグロのとろといくらを巻いてのりの代わりにたかなの漬物のようなものをつかっている。結構あっさりしていて美味しいね。ここで「お任せ」というときは覚悟がいります。とにかく量が多い。この前はとろのあぶり、刺身盛り合わせ、焼き魚、あわびのバター焼き、毛蟹の酢の物、吸い物、最後にめはり風細まきで20,000円/人。ここは寿司屋でなかったっけ?お任せは寿司がほとんど出ません。それと高級食材にまかせっきりで少し強引な料理というイメージ。大将本人もそういうのだから間違いありません。プロ野球選手がよく来る店ですが小生は野球選手ではないのでもう少し少なめがいいのよ。
 ちなみにここの大将も五島列島出身。長崎県人が結構新地でがんばってますよ。

訪問回数 :10回以下
雰囲気  :☆☆
料理   :☆☆☆
予 算  :10,000円位/人(寿司と酒)
     :20,000円位/人(お任せ)
総 合  :☆☆☆

rannking