nr7695

nr7705

nr7694nr7699
大阪府高槻市二料藤シロ
tel:072-688-9514

GWに行ったお店のレビューが漏れていました。
また高槻です。すみません。
地元愛の証です。辛抱の程を。

なかなか家でジッとしていません。
時間があれば、ブラブラしています。
天気が良いとなおさらです。
一番面白いのは、車で林業専用道路を走ることです。
鹿や猪と遭遇できるからです。
六甲に出てくる不健康そうな猪とか、奈良の鹿とは一味違います。
ほんまもんの野生動物です。
あとは熊ですね。
一度家の近所で目撃されて大騒ぎになりましたが、小生は見ていません。一度は遭遇してみたいです。

これ、大阪府高槻市の話ですよ。

自宅から20分ほど走ると亀岡市との境界近くの山の中に『二料山荘』を見つけます。
交野市の大門酒造無垢根亭と同じく旧酒蔵を利用した飲食店です。
大門酒造無垢根亭は洒落た屋根裏の居酒屋。
二料山荘は村の食堂風ですね。

nr7711nr7712
(以下抜粋)
 旧大西酒造の全館を譲り受け、そのまま宿泊所や酒蔵の趣を伝える研修施設として転用したのが二料山荘のはじまり。酒蔵の趣そのままの雰囲気の中、ボタン鍋、地鶏、丹波牛など地元周辺で採れた四季折々の味覚を楽しめます。春は苺狩り、夏は野菜のもぎ取り、秋には稲刈り、冬は餅つき、味噌造りなど体験実習ができます。毎年6月中頃にはゲンジボタル、ヘイケホタル、ヒメボタルなど6種類が飛びかう蛍の里でもあります。

端的にいうと、
冬はそこらに走っている猪を獲って食べさせてくれます。
(スタッフのおばちゃん談)
春夏は先取りの話ですが、蛍が見れるのです。
とにかく自然と触れ合えるのです。
一泊大人8,000円で泊まることもできます。
再確認ですが、これ大阪府高槻市の話です。

ランチを食べに行きましたが、あいにく時間外でした。
うどんならあるということなので、
季節柄最後の「ししうどん」と竹の子ご飯のおにぎりを注文です。
*この時点で猪肉は鍋にしてあと20人前分くらいしか残っていないということでした。

nr7703【ししうどん】800円。
白味噌に自家製のお味噌を合わせた味噌うどんです。
麺は期待してはいけません。
メインは猪肉と味噌です。

そこらの猪肉とは違うそうです。
裏山で獲れた本物の野生の猪ですからって。


nr7707そうですね。
筋肉食べてるような硬さです。
臭みはありません。
山椒なんて必要ありません。


nr7710【竹の子ご飯のおにぎり】???円。
竹の子タップリです。
お袋の味です。


nr7715これからの季節、蛍が楽しみです。
摂津峡にも蛍は出現しますが人だらけです。
でもここまで人は来ないでしょう。
静かに情緒をたのしむならここまで足をのばすことをお勧めします。

ただし、マムシには注意が必要です!。



高校の同級生がこの近くに住んでいます。
お父さんは猟師でした。
本当に野生の狩をしていたそうです。
だからここの猪は本物に違いありませんね。


雰囲気  :☆☆☆☆
料理   :☆☆☆.5
予 算  :1,000円/人〜
総 合  :☆☆☆☆

レストラン飲食店食べ歩きブログランキングはこちら。大阪のほんまは今何位?
banaポチッとヨロシクリック

管理人へのコンタクトはosakanohonma@yahoo.co.jpまで